えまちゃんと

GTIピレリ日記とチャリ少し

熟成の域

2017-08-26 | F20
ここに来てF20の改良が行われた。
本当にBMWという会社は、出し惜しみなく新しいものを投入をしてくる戦略的な企業である。
今回は、インテリアに変更があった。
質感とスポーティさを上げた雰囲気は、改良というにふさわしい。

118モデルに、シャドウエディションなる流行りのブラック仕様の限定車も出たとか。
このCセグFR最後となる現行型F20の有終の美を飾るべく、注力している様にさえみえる。
バリアブルステアも相まって、この大きさの使い勝手は至極快適である。
やはりB48B20A型を載せた120ⅰ(2L)に乗ってみたいものです。
1.6L版に比べて14馬力と2キロほどのトルクアップに留まりますが、400㏄の差は感覚的にそんな数値では表せないのでしょう。
1シリに未練があるかと聞かれれば、無いと答えることが出来るでしょう。
私は2Lになったとはいえ184馬力では刺激が足りませんし、排気音を欲していましたから4発のBMWには今乗りたくはありません。
かといって135や140ではフロントが重すぎるのです。
官能的ではありますが、コンパクトハッチを乗っているという感覚が薄くなりますから。
とはいえ、120はいい車に違いありませんから試乗に赴きたいと考えているのですが、東京、神奈川に試乗車はない。
どうやら売れ線は変わらず118のようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大鉈を振るう | トップ | サウンド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

F20」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL