えまちゃんと

GTIピレリ日記とチャリ少し

掃除機の入れ替え

2016-11-05 | お気に入り
14年ほど使った掃除機が怪しくなった。
回すと、モーターの焼ける匂いがすごい。
こんなものから発火などされたら一大事である。
直しの見積もりを出そうかとも考えたのですが、なにせ14年前のモデルですから部品があるかも分からない。
我が家では、使う頻度も高いので入れ替えをすることとした。

パナソニックの上位機種でないと我慢のできない性格の私。
ダストセンサーを便利に使うという事と、パナのデザインが何気に好きであります。
途中、サイクロン式を試したくてシャープのBP-2を購入したことがありましたが、私はやはり紙パック派です。
吸引力が落ちたらパックの交換をすればいいし、あのダストカップの掃除のほうが面倒です。
何しろうるさいので、電話の音が聞こえないし、夜間には気を遣う程に高音である。
コイツは、9枚のフィンを使ってモーターの高音を抑える設計がされ、モーター吸音カバーを付けるほどの気の使いようである。
今回決めたのはコレだ!

毎日使うものですから、掃除機であってもデザインに手を抜けないのは当たり前。

タイトル画は、私のお気に入りの俳優「サイモン・ベイカー」である。
なんと、今月末のジャパンカップ表彰式にプレゼンターとして登場するとか。
メガグルメフェスティバルも催され、1,000円分のチケットをいただきましたので、一目拝見に伺います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原稿 | トップ | ピーケイ(pk) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL