えまちゃんと

GTIピレリ日記とチャリ少し

ニードルスイープ

2017-05-19 | A5SB
レクサスなどでは、かなり以前から標準装備していたもので、イグニッションオン時にメーター針が振り切れるアレです。
これにはあまり興味はありませんが、前オーナーさまがコーディングにて施工していたようです。

このニードルスイープが映えるか否か、針の動きのレスポンスの良さに左右されるものでしょう。
ジーと動くような針では色気は感じないものですが、回転計が落ちてきてアイドリングに合ったときの動きで決まるのでしょう。
この動きの良し悪しは、シフトチェンジの時にも感じる筈です。
上のギアに入って回転が落ちる際の針の動きに魅了されるかどうかでしょう。

デジタルメーターの場合、緻密に作ればその雰囲気が出るのかどうか。
GSに装備されているものでは、何も感じませんでした。
当然に精度の高いアナログの方が色気のあるものです。
Audiのバーチャルコクピットのメーターはどうなのだろうと気になります。
A4に乗って試してみたいと思います。(A5には乗りません)

さて、一つ分からない点がありました。
このSトロニックも、Dモードからパドルを引けばすぐさまマニュアルモードに変わります。
減速をして行く分には、その後操作をしなくとも速度に合ったギアへ自動的に落ちます。
しかし、速度が上がっていく場合は変速しません。(当然マニュアルモードですから)
まぁこれは分かるのですが、オートマチックモードへの戻し方が分からないのです。
VWの場合は、「+」側のパドルを長引きすればオートマチックモードに戻りますが、そのやり方では戻らないのです。
これをディーラーに確認してみると、前期型のA5はパドルで戻すことができないとか。
つまり、止まるか一度強制的にシフトを倒してからDモードに戻すという方法らしい。
んー、何だかな。
2006年式のGTIに装備されていた機能が付いていないって、、ありますか。
後期型に付くのかは知りませんが、新しい他の車種には付いてきているらしい。
何となくコーディングも出来そうな雰囲気ありますが、ドライブの制御にかかわるところを弄りたくはありません。
大人しくシフトレバーを戻しますよ。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2.0TFSIの走り | トップ | 菓子パンとラン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

A5SB」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL