えまちゃんと

GTIピレリ日記とチャリ少し

LEXUSとAUDI

2016-09-18 | 車関連
新型A5のお披露目があった。

アウディとレクサスのコンサバなイメージが似ていると思い始めている人は多いでしょう。
御三家といわれる独逸ブランドの中では、圧倒的にアウディに被ると思う。
上品で上質。
どんな高性能モデルであっても、すましているところが似ている。

得意のフロントフェイスはおいておき、リアスタイルを見て思った。
レクサスとボディイメージまでもが似てきているのかと。
勿論アウディがレクサスの真似をしたのではない。
しかし、私はレクサスがアウディを手本にしているのでもないと思う。
これだけ熟成された時代において、空気抵抗やら安全基準やらを突き詰めると、ある程度同じ方向を向いてしまうのでしょう。
そして売れるデザインを考え、市場調査を行えばデザインが蔓延してしまうのだろう。


以前にも言ったことですが、この高級ブランドの真似事を普及車に投影するのをやめていただきたい。
いくら市場が欲しがるとはいえ、このデザインの改悪による運転マナーの悪化を知らないわけはない。
ノアやボクシー、セレナにオデッセイなど挙げればきりがない。
なぜ鎧の様なフロントグリルを付けるのでしょうか。
その厳ついフェイスと高めのドライビングポジションにより、同じような価格帯のセダンに較べ、マナーが悪いと気が付いていないとは言わせない。
メーカー様、いくら若者の車離れだとか、性能の向上による買い替えのスパンの長期化は分かりますが、こんな幼稚な売り方はおやめください。
道路を走るにおいて、車は云わば鎧となるのでしょう。
その鎧を無駄に虚飾し、わがもの顔の運転を増長させるなど嘆かわしい。

ファニーなKにこれだもの。。
誤解を恐れずに言おう。
これらはカッコの良いデザインではなく、エバリを効かせるだけのデザインだと思う。
さらに問題なのは、これらは若者(若気の至り)をターゲットにしているのではないところが痛い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜘蛛印 | トップ | Ticket to paradise »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

車関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL