宮仕えのひっそり放談

なお、タイトルと内容は一切関係ありません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やあ,みんな,異動の時間だお

2017年03月13日 | 雑記
いい加減,このネタ止めようかと思っているのだが,やはり宮仕えの身としては,このシーズンには異動話は避けて通れないのである。

「ああ,Aさん,ちょっと」

などと,露骨に怪しい呼び止められ,別室に連行された後,さも何もありませんでした風を装って席に着くさまは,いつ見てもなんかおかしい。

そして,その様子をおちょくって見ている俺ですら,実際に呼ばれるとそんな顔をして席に戻る・・・かと思いきや,どうしてもそのふりができず,ニヤニヤ笑いながら,隣の席の奴にアイコンタクトを取ったりしてしまうのであった。

最近は歳をとったせいか,若手より早めに呼ばれるので,部屋に戻ると全員の突き刺さる視線にクールなポーカーフェイスで応じなければならない・・・のだろうな,やはり。

今期は特に何もないので,そんな目に合わずにはすんではいるが。

ところで,他の会社はどうか知らんが,うちの会社はそれなりに異動希望というやつを聞いてくれる。

いや,実は,聞きはするがそれが実現するかどうかはまた別の話なのだが,俺個人に限って言えば,結構希望を聞いてもらっている気がする。

もっとも,俺は仕事にはあまりこだわりがないので,正直どんな仕事でも別に構わないと放言している。
勤務先にはこだわりたいが,そうも言っていられない事情もあって,こればかりはどうしようもないのが切ないが。

ただ,なるべく異動希望を通したいと思うなら,「~はしたくない」ではなく「~はやってみたい」と言ってみることであろうか。前向きって,案外重要だ。

それから,なるべく勤務評価は良いほうがよい・・・気がする。
これは,単に枠の問題もあって,複数候補者がいた場合には,やはり成績が良い奴の希望が通りやすいのではないかという憶測である。

ちなみに,うちの会社は,当人の向き不向き(ただし,上から見てどう見えるかなので,実際との齟齬を排除することは甚だ困難なのであるが。)に応じて,それなりのキャリアパス的なものがある気がする。

分かりやすいのは,現場もそこそこにすぐにスタッフラインに行ってしまう奴で,だいたいいわゆる出世が早い組に入る。

仕事ができるのはもちろんだが,それ以上に真面目な奴がピックアップされている印象であり,間違っても職場で「こんなアホなこと言いだしたの誰だよw」などと口にしたりはしない連中である。
まあ,それはそれでもちろん大事なのだが,あいつらとあいつらをピックアップした連中には,一度ゼークトの組織論について吟味してもらいたいものである。

正直,最近の施策を見ていると,あるべき論ばかりが先行し,費用対効果的な発想が欠落していると思わざるを得ない。
やらなければならないことは,どんなコストをかけてでもやる,というのは理念としてはありうるが,実際にやらされる方としてはたまったものではない。

あつものに懲りてなますを吹くって知ってんのかな,あいつら。

だいたい,自分が納得できていないことを人にやってもらうというのは,ホント無理である。
そういう意味では,上の言うことに疑義を差しはさまない真面目が取り柄みたいな奴のほうが,確かに,うちの会社に向いているのかもしれない。

ここまで書いて,異動話が完全に愚痴にかわってしまったが,なんていうか,うちの雰囲気が出ている気がするので,これはこれで良しとしよう,うんうん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんかね,ニッポン平和だよ... | トップ | 粗製乱造 »

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。