Catnap Room of にゃんこ

心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてます♪

わちゃわちゃ女子会

2017-07-23 18:44:56 | おでかけ

2ヶ月ほど前に退職した先輩にお声掛けして、女子会ランチを開催いたしました。

非常勤ではありましたが、会社の礎を築いたカッコイイ女性で、年は私より下ですが、憧れの先輩でしたので、ぜひともわが社の女性社員全員を集めて、女子会やりたかったんですよ (笑)

ちなみに、わが社の女性社員、私を入れてたったの4人 (爆)

いつの間にか、オトコばっかりの体育会系職場になっておりましてね。

・・・・・・・というわけで、私が幹事 (笑)

 

1か月近く前から予約していたイタリアンレストラン 「Riku Chika で 、11時半に現地集合。



歴戦の女子チーム計5名は、時間厳守で集合完了、開店と同時にお店になだれ込む。

席数24席のこじんまりした店内は、OPENと同時にテーブル席は満席。

唯一、3~4席のカウンターだけが、開店時には空いていたけど、これもすぐに埋まってしまいましたので、予約は必須みたいね。

 

いくつかあるランチコースの中から、「前菜付きパスタコース」 をチョイス。

お料理を選ぶことができる前菜とパスタは、わちゃわちゃと女子会らしい盛り上がりを見せつつ、メニューから選ぶ。

結局前菜は、メニューの上から5つをずらっと頼んで、全員でシェア (笑)


 


パスタは、それぞれが好きなパスタを選びましたが、「鮪の脳天肉」 とか 「鹿のひき肉」 とか、あまりお目にかからない素材が楽しすぎる。

私が選んだのは、「マグロの脳天肉とケッパーのトマトソースパスタ」

グリーンサラダの上には、蕪の梅酢漬と食用菊の花びらが散っていて、とってもきれい。


 

 

もちろん、アペリティフも (笑) 忘れませんよ。

生ビールもあるけど、女子会なんでね、おしゃれにレモンチェッロのソーダ割をいただきましたが、さわやかな口当たりがおいしい~。

 

20代から60代まで、ほぼすべての年代層が集まっている女性陣の話題は、それはそれは多岐にわたって、いかにも 「女子会」 っぽい。

居心地のいいお店の雰囲気も相まって、過ぎゆく時間はあっという間。

3時ちかくなって、ようやく腰を上げた私たちに、「またのご来店をお待ちしています」 と、丁寧にお店の外まで見送ってくれる対応の素敵さに、「今度は夜に来ますねー」 と言いながら、お店を後にいたしました。


暑い一日だったけど、とってもさわやかな女子会ができて、楽しかった!

たまにはいいね、女子会 (笑)


**************************


今度は、おうちでソーダ割作ってみようかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海は広いな、大きいな

2017-07-16 21:23:08 | おでかけ

「海の日」 がらみの三連休。

あまりありがたみを感じない、8/11の 「山の日」 は、確か去年から始まったような気がしますが、「海の日」 って、いつから始まったんでしたっけね。

まぁそんなことより、この三連休は、京都あたりへお出かけしている、羨ましい方々も多いことでしょう。

祇園祭の京都・・・・・。

羨ましくもあるが、この暑い時期に、さらに暑い盆地の京都へ行くには、ちょっとした根性もいるわけです。

でも、山鉾巡行のお囃子を聞きながら、生ビールをかっ食らい、「厄除けちまき」 買って、納涼床で鱧食べて・・・・・・。

そんなことを妄想しながら、今年も 「海の日」 三連休の行事は、車の定期点検のみ (笑)

 

さて。

そんな車の定期点検で、「バッテリー電圧の低下」 を指摘されましてね。

そういわれると、なんだか 「蓄電」 しなくちゃ・・・と思う私もどうかしているが、ちょっとばっかし 「海の日」 気分でも味わおうかと、海を目指して蓄電ドライブに出かけることにした。

 

最寄りのICから、京葉道路、館山自動車道を経由して、鋸南保田へ。

まず最初に向かった先は、「めざましテレビ」でも取り上げられて、ちょっと気になる場所だった 「道の駅・保田小学校」


 


ここは、廃校になった小学校をリニューアルして作ったという、道の駅。

入ってびっくり、本当に小学校 (笑)

元体育館は、野菜も売ってるビッグマルシェ! 



宿泊施設や温浴施設もあるそうなので、機会があったら利用してみたいなー。


その後は、当初の目的地であった 「富津岬」 へ向かう。

岬の突端にある、「明治100年記念展望塔」 に上って、東京湾を眺めようと思いましてね。


 


この記念展望塔、昨年の暮れから今年の3月あたりまで補修工事をしていて、立ち入り禁止だったんですよ。

当時、補修工事をしている、というニュースを聞いて、「じゃあ補修が終わったら行ってみようかな」と思っていたので。

ここは、「富士見100景」 のひとつでもあるんだけど、この日は残念ながら、富士山は見えず。

でも、第一海保、第二海保はくっきりみえましたよ。

開国間もない明治時代に、敵の侵入を防ぐ目的で建設された砲台の名残ですが、もちろん今は立ち入り禁止。


 

海の向こうは、横須賀。

うっすらみえる対岸は、三浦半島かぁ。

浦賀水道は、狭くて渋滞する危険地帯ってよく聞いていたけど、それでもやっぱり海は広いなー。

生活圏内から離れ、広い海や、緑に彩られた山の風景を見ると、本当に心がハレバレするわ (笑) 


***************************************


祇園祭の山鉾モチーフの扇子、カワイイ!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パズルヲタク

2017-07-09 10:09:49 | 雑記

こつこつやっていれば、いずれは出来上がる・・・・系の仕事は嫌いじゃないです。

ようするに、根っからの文系・事務系ってことなのでしょうね。

・・・・・実際の仕事は、折衝・交渉・現場対応と、こつこつ系から程遠いこともやっておりますが (爆)

 

若い頃、 クイズマニアであった私 、実はパズル系も好きだったりします。

ジグソーパズルや、お絵かきロジックは、結構はまってやっていた時期もありました。

時刻表を読み解いて旅程を作るという、ほとんどパズルに近いことも好きだったしね。

 

現在はといえば、購読している新聞紙上に毎朝掲載されている数独パズル、土曜日に掲載されているクロスワードパズルなどを解くのが、ちょっとした気分転換。

・・・・・・っていうか、掲載されていると、解かずにはいられない (笑)


 

 

元気だった頃の母も、よくやっていました。

特にクロスワードパズルが好きだったようですが、分からない問題にぶち当たるたびに、「ねー、この問題わかるー?」 と呼び出され (笑)、一緒に考える羽目に。

まぁそんなことを思い出しながらこつこつと。

 

やはり文系なので (笑)、クロスワードや漢字ナンクロ、熟語パズルが好きであり、得意でもあるんですが、数独などの数字系ロジックパズルも頑張って解いております (初級がせいいっぱいだけど/笑)

 

今は、インターネット上でも数々のパズルサイトやスマホアプリがあり、やってみたこともあるのですが、なんだかペンを握って紙に答えを書いていくことの方が、まったりと楽しいんですよね。

間違えたら、修正テープで消したりして、ある意味では面倒なのだけど、なんなのでしょう (笑)

なんでもかんでもキーボードに打ち込んだり、スマホをタップしたり、液晶画面をのぞき込むシーンが多い生活に、無意識に抵抗しているのでしょうか (笑)

 

最近は新聞を定期購読している家庭も少なくなっていると聞きました。

ニュースを知るために新聞を読む・・・という時代は、確かにテレビやインターネットに取って代わられているのは間違いないことでしょう。

テレビ番組だって、デジタル放送が定着した現在、リモコン操作でテレビ画面に表示できますしね。

私だって、ニュースはテレビやネットで知り、テレビ番組は画面に表示させて選んでますが、新聞購読を止めるつもりはありません。

(ちなみに、本も電子書籍より、紙の書籍派/笑)

もうこの辺は、個人の価値観みたいなものでしょうけど、私みたいな人も結構いるんじゃないのかなぁ。

 

「瓦版」 時代から、庶民の生活に根付いていたはずの新聞が、将来的にどうなっていくのかはわからないけど、個人的には、パズルだったり、投稿作品だったり、折込広告だったり、むしろニュース以外の付加価値部分が好きなので (笑) 頑張ってほしいと思ってます。

 

さあ! これから洗濯しながら、新聞の日曜版読もうっと!


****************************************************************


1000ピースのジグソーパズル、また挑戦してみようかなぁw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐるっとパスで ANIMALS

2017-07-02 07:59:29 | おでかけ

梅雨の真っ只中、毎日湿気が多くて蒸し暑い。

除湿エアコンを使い始めるこの時期から、例年電気代が急上昇。

それでも、熱中症で医療費がかさむよりはマシであろうと、自分を納得させるしかない夏の到来である。

 

さて。

6月の最終週、年休をぶちこんで、「上野」 へ行ってまいりました。


 


西郷隆盛像・彰義隊の墓を経由して、「片岡鶴太郎展 還暦紅 ~鶴が上野に還ってきた~」 が開催されております

『上野の森美術館』 へ向かいます。


 

 

デビュー当時の片岡鶴太郎さんは、物まね芸で一世を風靡したお笑いタレントのイメージでしたが、彼の才能はそこにとどまることをせず、役者、ボクサーに始まり、水墨画、陶芸、書道等芸術の分野から、最近ではプロフェッショナルヨガ検定に合格したことでも注目されるなど、多方面での才能を発揮しております。

彼の作品は、今までもテレビ等を通じて、断片的に目にしてはおりましたが、今回彼の作品を一堂に集めて開催された展覧会は、型にはまることのない感性の躍動感にドキドキしちゃいました。

着物の絵付けや、今にも泳ぎだしそうな金魚の金屏風。

魚や野菜、植物など季節を感じる身近なものや、彼の人脈を表す芸能人たちの似顔絵など、絵画の題材も幅広い。

そしてその作品群は、ほのぼのと優しかったり、荒々しかったりで、まさに多種多様。

 

ちょうどパンダの赤ちゃんが生まれたタイミングでの展覧会に、鶴太郎さんは、即興でパンダの絵をかいてくれたそうです。

しかもここだけ、写真撮影可!


 

還暦を過ぎてもいろいろなことに挑戦を続けることができる、柔軟な心と好奇心。

私もこんな心を持ったおばちゃんになりたいなぁ。

 

さあ!ぐるっとパスの  LAST は予告通り (笑) 上野動物園ですよ!

鶴の次は、パンダ!


 

子供のころより、何度も来ているはずの場所ですが、あまりにも久しぶり過ぎて、パンダ舎がある場所しか記憶にない (笑)


 

 

ただいま育児中のママ・シンシンは公開されておらず、パパのリーリーだけが公開中。

運動場にいるリーリーは、運動もせずにゴロゴロしていましたが、それでも自分だけが公開されているという責任感からか (笑) カメラ目線でこちらを向いてくれたので、ちょっと嬉しい。


 

 

平日 (しかも雨模様) の動物園は、子供もおらず、お客さんも少なめ。

パンダ舎の奥にいるであろう、カワイイ親子パンダは、まだ公開も決まっていないので、今のところ、さほど盛り上がっている様子はなかったが、久しぶりの上野動物園で、童心に帰ったり、郷愁に浸ったりと、過ぎゆく時間はあっという間でした。


 

 

お土産屋さんの店先にずらっと並んだパンダのぬいぐるみの顔を、一匹ずつ見比べて、一番可愛いコをウチに連れてきました (笑)



その昔我が家にいた、デカいパンダの何十分の一かのちっちゃいコですが、パソコンの横にちょこんと座らせたそいつは、ついつい手を伸ばしてモフっちゃうほどのカワイコちゃんです (笑)


  ★  ★  ★  ★  ★

 

2,000円で80ヶ所、2か月間有効のぐるっとパス。

このパスがなければ知らなかったであろう博物館を訪れることもできたし、積極的に下調べをして訪れた場所は、どこも大変楽しかった。

今回は、残念ながら10ヶ所しか行けなかったので、来年もまた買っちゃおうかしら (笑)


*******************************************************************************

 

白くまラーメンを超えるか!?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人はいかに生きるか

2017-06-24 15:50:14 | 雑記

ブログという形の中で、自らの病を、自らの言葉で発信しつづけた小林麻央さんが、22日にお亡くなりになりました。

テレビの向こう側の人であり、自分とはまったく違う世界の人ではありますが、勇気と信念をもって、力強く発信を続けた彼女の精神力には、頭が下がります。

幼い二人の子供と、日本の伝統芸能・歌舞伎の未来を担った夫を残しての旅立ちは、さぞかし無念であったであろうことは、想像に難くないことです。

 

麻央さんが亡くなった翌日、夫である市川海老蔵さんは、自主公演  『ABKAI 2017 ~ 石川五右衛門 外伝 ~』  で、鬼気迫る迫力の気丈な舞台を披露されたと報道されております。

お若いころは少々ヤンチャな海老蔵さんでしたが、麻央さんとご結婚なさってからのお姿は、近い将来の 「成田屋」 名門跡を継ぐ重責を担った役者に成長したように、お見受けしておりました。

麻央さんの訃報を伝える会見でご本人もおっしゃっておりましたが、もしかしたら、彼を変え、成長させたのが麻央さんだったのかもしれませんね。

 

  ← 成田屋ゆかりの成田山新勝寺山門

 

長男の勸玄くんは、来月7月の歌舞伎座で、史上最年少の宙乗りを披露するそうです。

その雄姿を、そしてその先にある、夫と長男の襲名披露の場を、空の上から見守っていてほしいと KOKORO. から思います。

 

ご冥福をお祈りいたします。


******************************************


麻央さんも、この伝統を受け継ぎたかったことでしょうね・・・・。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一発変換の弊害

2017-06-18 21:34:58 | 雑記

ここのところ、「履歴書」 を見る機会が増えている。

はい、現在ウチの会社では、社員を募集しておりましてね。

 

遠い昔、私が就職活動をしていた頃は、携帯電話もインターネットもない時代であった。

もっと言うなら、ワープロでさえも、一般家庭には復旧していなかった。

もちろん、「履歴書」 は、自分の手でペンを握って直筆する以外の方法はありえない時代でもあった。

 

そんな時代から何十年も過ぎた現在、「履歴書」 は手書きではなく、パソコンからフォーマットに打ち込んだものでも違和感を持たれることはほとんどなくなっている。

いい時代になったもんだ。

私が履歴書を書いていた頃は、一文字間違えただけで、最初っから書き直すしかなく、もう、何枚あっても足りやしなかった (笑)

 

「直筆」 で字を書かなくなったのは、履歴書に限ったことではない。

現在の私も、直筆で書いているのは、電話を受けながら書くメモぐらいだ (笑)

 

文章を読む。

文章を書く。

計算をする。

この基本的な学力の中、もともと計算力は劣っているが、最近はそれに加えて、「文章を書く」 ・・・・というよりも、「漢字」 が書けなくなってきている。

 

パソコンという文明の利器が普及したおかげで、分からない漢字などは一発変換。

細かいところまで書けなくても 「こんな感じの漢字」 (←洒落ではない) 程度でコトは済む。

分からない漢字を書くために、いちいち辞書を引くというような面倒な作業をしなくなってから、もうどれぐらい経つのだろう。

 

先日、社内で使っているエクセル表に、違和感ありありの文字が書かれているのを発見してしまった。



【剪定】??

・・・・ああ、「植栽を剪定する」 ・・・・の 「剪定」 だね。


そういえば数日前、かかってきた電話の内容をメモしながら、漢字が思い出せずに、ココで漢字を調べてからメモを書いたことを思い出した。

そして、消すのを忘れたまま保存した (笑)

「剪定」 はまあいいとしても、あまりにも簡単な文字を調べてるのが他人にわかると、ちょっと恥ずかしいので、今度はちゃんと消しとかなくっちゃ。

 

いや、問題は消すとか消さないとかではなく、すべてをパソコンやスマホに頼りきった脳みそに、何か違う刺激を与えていかなければいけないんじゃないかということだ。

便利すぎる世の中にも、弊害はあるのかもしれないなぁ。


************************************************


とりあえず、漢字のお勉強でも?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

你好!熊猫宝宝

2017-06-15 01:01:29 | 雑記

「シンシンが、自分の赤ちゃんを胸に抱く姿、また見られるといいですね」

・・・・・・5年前、こんな言葉で締めくくった記事 を、今、感慨無量で読み返しました。

 

6月12日、午前11時52分、上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生いたしました。

5年前、たった1週間で星になってしまった赤ちゃんも、空の上で弟妹の誕生を喜んでいるんじゃないかな?

シンシンとリーリー、やっぱり相性のいいご夫婦だったんですね (笑)

 

名前は公募により決められるそうなので、まだ当分は、「パンダの赤ちゃん」 なんですが、1週間ほどで性別はわかるそうです。

母乳を飲んだり、お母さんのシンシンが一生懸命、育児をしている・・・・なんていう報道を耳にすると、なんだか今回はすくすくと育ってくれそうな予感がいたしますので、性別と、デビュー日程の発表を、楽しみに待ちたいと思います。


 ← その昔、ウチにいたデカいパンダのぬいぐるみ(笑)

 

ところで、期限が7月3日に迫っている 「ぐるっとパス」 で、上野動物園も入場できるんですが、赤ちゃんパンダの公開には間に合わないだろうなー (笑)

・・・・・・・でも、盛り上がってることだけは確かだと思うので、Last の訪問場所は上野動物園にしようと思っております (笑)


***************************************************************


今が旬(?)なパンダ柄もカワイイ!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ぐるっとパスで BEAUTIFUL

2017-06-11 17:45:36 | おでかけ

2ヶ月の使用期限が、残り3週間になりました。

週に1回出かけられればいい方だもんなぁ、さすがに80ヶ所は無理か (笑)

それでもいきます! ぐるっとパス!

 

実はこのぐるっとパス、私の大好きな (笑) スタンプラリーにもなっておりましてね。

80ヶ所の施設が、7つのエリアに分かれているのですが、そのエリア内の施設を1ヶ所ずつでも回れれば (最低7ヶ所ってことですね) コンプリート。

スタンプが7つ押してある用紙を事務局に送ると、ミュージアムグッズが貰える・・・・・かも (爆)

 

3回目の今回は、新宿エリア、多摩エリア、そして今年から加えられた、千葉・埼玉・神奈川エリアと、ちょっと遠いところを重点的に回ってきました。

そしてこういうときにも 「こだわり」 を求める難儀な性格のわたくし・・・・。

はい、今回のテーマは、「美」 です。

 

まず向かったのは、新宿駅南口から徒歩8分、 「文化学園服飾博物館」

衣 (ファッション) をテーマにした学校付属の博物館ということもあり、日曜・祝日はお休みなので、土曜日狙い。 

ハードル高いわぁ。


 


「世界の絞り」 と銘打った企画展は、日本の 「辻が花」 や 「鹿の子」 しか頭に浮かばないにとって、ちょっとしたカルチャーショックでした

世界中の民族衣装に使われているんですね、しぼり染って。

総しぼりで作られたサリー (インド) の美しいことったら! 

企画展示が変わったら、都庁の展望台とセットで再訪してみたい博物館でした。

都庁は、土・日・祝が休みなので、もっとハードル高いけど (爆笑)


 


新宿から京王線に乗って、次は分倍河原へ向かいます。

分倍河原の駅前ロータリーには、鎌倉幕府軍と、この地で戦った新田義貞の銅像が立っておりますが、個人的には、分倍河原といえばバラガキのトシが浮かぶ私でございます。

 

ああ、なんだか懐かしい・・・・・・・ (苦笑)


駅から歩くこと20分で到着したのは、 「府中市郷土の森博物館」

こちらでは現在 「あじさいまつり」開催中。


 


そして博物館では 「戦国の府中・小田原北条氏の時代」 という企画展に加え、常設展では 「くらやみ祭り」 の歴史なんぞが紹介されていて、どれもこれも魅力的 (笑)

ちなみにこの日は天気が良すぎて、美しかるべき紫陽花が、少々お疲れ気味だったことが残念。

 

この時点で時間はすでに15時。

郷土の森を歩き回ったので、私も紫陽花同様お疲れ気味ではあるのだが、気合を入れてもう一ヶ所!

分倍河原から南武線・東急東横線を経由して、みなとみらい駅へ。

電車の中で爆睡したら、元気回復 (笑)


 

 

みなとみらい駅から徒歩3分で、 「横浜美術館」 へ到着。

こちらでは、「ファッションとアート 麗しき東西交流展」 という企画展が開催されているのですが、実はこちら、ぐるっとパスで入れるのはコレクション展までで、企画展は100円割引のみ。

が! お金払ってでも見たかった。

そして、見てよかったっ!


 


明治以降の日本に、西洋からもたらされたファッションやライフスタイル、逆に日本から輸出された着物が西洋の人々に纏われる美しさったら!

昭憲皇太后 (明治天皇の御后) が着用された、深緑のベルベット地に花の刺繍が施された、長いトレーンの大礼服にも惚れ惚れしちゃったし、リバティ商会 (リバティ社:今も健在) が扱った輸出品のティーガウンなども、打掛を彷彿とさせる素敵さでしたよ。

撮影禁止なので、画像の紹介はできないけど、頑張って行った甲斐がありました!(笑)


**********************************

 

リバティプリントの旅行用傘、これからの季節にいいかも。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軽井沢の魅力

2017-06-03 08:31:54 | 旅行

軽井沢が避暑地・別荘地というのは確かなことではあるけれど、それが全てと決めていると、別の魅力を見つけることはできないでしょう。

雪化粧をまとった白糸の滝や雲場池、澄み切った空気や、満天の星空。

夏の喧騒を前にした新緑の季節。

確かに開いてるお店は少なめだけど、その分ゆったりとした買い物だってできるはず♪

 

まぁそんなワケで、ここ3年連続で訪れている軽井沢に、今年も日帰りで行ってまいりました。

そして目的はまたしてもアウトレット&スーパー TSURUYA (笑)

あははは、これもほぼほぼ恒例化してきましたねー。

 

今年は、ちょっとだけアクセントを加え、軽井沢駅からテコテコ歩いて雲場池へも行ってきましたよ。


 


同行の友人は、 「近くは何度も通過しているのに、実際には訪れてない」 と宣い、私はといえば、たぶん数十年ぶり2回目の訪問。

・・・・うふふ、雨だったんだけどね (笑)、新緑が綺麗でしたよ。

 

お昼は軽くランチ・・・のつもりだったんだけど、少々回り道をしてしまった雲場池の往復でお腹がすいて、ついついがっつり 「赤浅間うどん」 を注文。


 写真撮り忘れて食っちまったので、またお借りしてきました (こら)


唐辛子たっぷりの辛いスープが身体を温め、豚肉・温泉卵・にら・餅がはいった手延べうどんは、午後の活力になりました (笑)

 

はい、ここからは 去年と同じ ですよ (爆)

 

食事の後は、しなの鉄道に乗り換えて、お隣の駅・中軽井沢へ。

駅から約1.2キロ、15分ほど歩いたところに、お目当ての TSURUYA がございます。

(文章までコピペかよ)

 

1年前、初めての TURUYA 体験で、狂喜乱舞の挙句、見境もなくカートの上下山盛りに買いまくった後の1年間を 「効果検証」 として、今年の TSURUYA に突撃です。

 

昨年も買ったけど、リピート購入決定だった、「丸山珈琲」 「フルーツソース」 「りんごジュース」 「ドライフルーツ」 の他、今年はコレを買おうとスマホのメモに書き込んだ 「信州味噌マヨ風ディップソース」 「りんごかりんとう」 「信州りんごスパークリングジュース」 等々。


 

そして今年は、「軽井沢ビール」 も (笑)



6月からビールも値上げしましたからね、まさにタイムリー! (←単なる言い逃れ/爆笑)

もちろん、全部まとめて宅配便ですが、今年は宅配便の再配達問題が深刻ですので、伝票に、「宅配ロッカーに入れてください」 と書き添えておきましたw

 

軽井沢アウトレットでウォーキングシューズを購入し、昨年同様、フードコート内の  「ステーキ炭」  で、ちょっと早めのディナーを済ませ、今年も満足だった軽井沢弾丸旅行。



この日、歩いた歩数は22,691歩、距離にして12.8キロ。

あれ? 去年より歩数が少ないのはなぜだっ!!


****************************************************************************


素敵なビアグラス、買っちゃおうかな 🎵

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラック・ブラック 2017

2017-05-28 11:41:38 | おでかけ

5月27日、ほぼほぼ恒例となりましたロッテの野球観戦に行って参りました。

 

昨年の記事を見直して、「ああ、去年は好調だったんだ・・・・・」と少々遠い目。

はい、今年のロッテ、オープン戦では12球団トップの防御率を記録していたのに、ペナント戦ではまるで別チーム。

両リーグ最速の30敗到達、両リーグ最悪のチーム防御率・打率・得点。

もちろん、順位はパリーグ最下位、歴史的な100敗ペース・・・・とまで囁かれる始末。

っていうか、自力優勝も消滅しちゃいましたからね・・・・・・。

もうココまできたら、不名誉でもいいから球史に名を残すのもネタになって・・・とヤケにもなってくるが、25日以降、私たちが応援に行った27日までの3連勝が功を奏して、勝率3割を超えましたよ!! (打率ですか?とか言わない)

 

まぁ、そんなワケで、至極気楽に向かったZOZOマリンスタジアム。

はい、去年はQVCマリンスタジアムだったんですが、2016年12月から名称が変わりました。 

場所は変わってませんけどね (笑)


  


そしてこの日、私が非常に楽しみにしていたのは、来場者全員に配られるという、ビジター用ブラックユニフォームのレプリカ!


 


この日は、選手もビジター用のブラックユニフォームで戦います。

ちなみに、本日の対戦相手・オリックスのユニフォームも濃いネイビーなので、スタジアム全体が黒っぽかったです (爆笑)


 

 

試合は、ロッテが3回裏の1死2・3塁から、清田のタイムリーヒットで2点先制。

9回表には、オリックスのT-岡田が、ソロホームランで1点を返したので、完封とはいかなかったものの、2-1でロッテの勝利、めでたく連勝 (笑)


 

 

友人が取ってくれた席も、年々フィールドに近づいて、今年はフィールドウィングシートの前から2列目。



ただし、外野席に限りなく近い席だったので、ついつい目は盛り上がる外野席と、ライトの清田に行ってしまうのだが、勝利後は目の前に来てくれた選手たちとハイタッチだよ!(わお)

 

天気もよく、程よい風が吹くスタジアムでの勝ち戦、ついつい生ビールも4杯飲んじまいましたとさ (爆)


    ← カップが3つ重なってる(笑)

 

*************************************

 

折れたバットを再利用した、エコな箸。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加