三酔人の独り言

ルポライター・星徹のブログです。歴史認識と国内政治に関わる問題を中心に。他のテーマについても。

当ブログ「コメント欄」のルール

2017-04-21 09:44:56 | ブログの形式・ルール
昨日2017.4.20、当ブログ「樋口陽一&小林節『「憲法改正」の真実』から学ぶ」(2016.4.30)に関するコメント投稿がありましたが、名前欄に記載がありません。カテゴリー欄の「ブログの形式・ルール」にある記事をご覧になれば分かるように、名前欄に記載のないコメントは掲載できません。当該投稿者は、もし掲載を望むのであれば、下記のルールを厳守の上で再投稿をお願いします。 改めて、当ブログのコメン . . . 本文を読む
コメント

水島治郎『ポピュリズムとは何か』から考える

2017-04-17 17:31:37 | 政治論
長い間、当ブログの新しい記事を更新しませんでした。この間、別のことに多大な時間を取られ、更新する余裕がなかったのが、最大の理由です。もし少しでも期待してくれた方がいらっしゃれば、誠に申し訳なく思います。 当ブログの記事の中心は「身辺雑記」的なものではないので、作成するのに多大な時間と労力を要します(*以前も書きましたが、大部分は「自分のため」です)。これからもそれほど頻繁には更新できないかもしれ . . . 本文を読む
コメント

自民党憲法改正草案への危惧への危惧

2016-07-19 10:35:12 | 憲法
 最近やっと自民党憲法改正草案(2012年4月)への関心が高まり、この草案への危惧の声が広がり始めているようだ。「朝日新聞」などがしぶとくこの問題を取り上げたことが影響しているのだろう。  私自身も当ブログでかつて、繰り返し同草案の危険性を訴え、危惧する文章を書いてきた。しかしそれは「安倍政治の下での改憲」の内容面に限ったものだ。形式面での危惧はまた別で、憲法骨抜きなど「近代立憲主義への冒涜」で . . . 本文を読む
コメント

「安倍政治の下で改憲か否か」こそが争点だ

2016-07-07 20:48:21 | 国内政治
 参議院議員選挙の投開票が間近に迫っている(2016.7.10投開票)。と言っても、近年は期日前投票の制度により、投票は実質的に始まっている。ここ数日の報道各社の参院選終盤情勢調査の結果を見ると、与党の自民・公明は順調に議席を確保しそうな状況にある。そして、改憲を主張するおおさか維新の会なども含めた「改憲4党」は、非改選議席を合わせて2/3に迫る勢いだ(*「朝日新聞」2016.7.7朝刊など参照) . . . 本文を読む
コメント

立憲主義や憲法は些事なのか?

2016-06-18 19:36:28 | 国内政治
 参議院議員選挙が間近に迫っている。公示は6/22(水)、投開票は7月10日(日)の予定だ。最近は東京都知事問題ばかりがニュースになり、参院選の方はどうも盛り上がりに欠けるようだ。今までのところは、だが。    新しい話題がマスコミ等でくり返し取り上げられると、その問題にばかり関心が集中し、以前の重要問題が次々と忘れ去られる。人間の「関心スペース」が有限なためなのだろうが、こういった人間の性(さが . . . 本文を読む
コメント

神奈川県議会で「共産党いじめ」? このレベルを見よ

2016-05-22 20:26:00 | 国内政治
 神奈川県議会の2016.5.16本会議(定数105、全員出席)は、「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議案」を賛成多数で可決した。賛成は、自民党・かながわ民進党・公明党・県政会・県進会の主要5会派などで、反対は共産党の6人のみ。一人会派の神奈川ネットは採決時に退席した。  決議は、共産党議員団は責任ある立場の交渉団体(後述)であるにも拘わらず、本会議や委員会で「誤った又 . . . 本文を読む
コメント

「立憲か非立憲か」こそが最初の論点では?

2016-05-04 18:27:17 | 憲法
 昨日5/3の憲法記念日までの数日間、テレビで日本国憲法に関する番組やニュースが数多く放送された。その全てを見たわけではないので断言できないが、その論点は「護憲か改憲か」に収斂するケースが多かったように思う。特にNHKは、この論点で番組を制作する傾向が強いように思った。「偏っている」と批判されないようにか、護憲派・改憲派の双方の言い分を同じ程度に伝え、どちらにも偏らないように気を付けて番組作りをし . . . 本文を読む
コメント

樋口陽一&小林節『「憲法改正」の真実』から学ぶ

2016-04-30 10:43:51 | 憲法
 樋口陽一東京大学名誉教授(憲法学)と小林節慶應義塾大学名誉教授(同)の対談共著『「憲法改正」の真実』(集英社新書/2016.3.22発行)を読んだ。両者とも憲法学の重鎮と目され、数年前まで「護憲派の樋口」「改憲派の小林」などと対立的に述べられてきた。しかし、ここ数年の安倍晋三内閣を中心とする安倍政治による憲法骨抜き・立憲主義無視の状況下で、「まずは憲法・立憲主義に基づいた政治を取り戻す」ことで共 . . . 本文を読む
コメント (2)

政府の朝鮮学校補助金停止「推奨」の低レベル

2016-04-10 21:17:03 | 国内政治
 馳浩(はせ・ひろし)文部科学大臣は2016.3.29、朝鮮学校が設置される28都道府県の知事あてに、「朝鮮学校に係る補助金交付に関する留意点について」と題する通知を出した。この中核部分を以下に転載する。 <朝鮮学校に関しては、我が国政府としては、北朝鮮と密接な関係を有する団体である朝鮮総連が、その教育を重要視し、教育内容、人事及び財政に影響を及ぼしているものと認識しております。    ついては . . . 本文を読む
コメント (1)

日本は北朝鮮の「相貌」に近づくのか否か

2016-03-27 19:12:10 | 国内政治
 本日2016.3.27(日)の朝、フジテレビ「新報道2001」を見ていたら、北朝鮮の教科書を取り上げて批評していた。前文部科学大臣の下村博文衆議院議員も、ゲストとして参加していた。「ながら見」だったので、正確ではないが、おおむね以下のような内容。 (1)北朝鮮の教科書では、自国の社会・政治がいかに素晴らしいか、「将軍様」の指導がいかに素晴らしいか、が無批判に記述されている。 (2)小学校低学 . . . 本文を読む
コメント

有権者は安倍政治にコケにされ続けるのか?

2016-03-14 18:01:46 | 国内政治
 安倍晋三首相(自民党総裁)は2016.3.13に行なわれた自民党大会で、国会答弁などで繰り返し意欲を示した憲法改定には一切触れず、今夏の参院選に向けてアベノミクスの「成果」を強調した。  この事に関連する「朝日新聞」2016.3.14(朝刊)【時時刻刻】「首相、改憲語らず 自民党大会」は、タイムリーでとても良い記事だ。できれば紙面を参照してもらいたいが、重要部分のみ以下に引用・紹介する。  * . . . 本文を読む
コメント

緊急事態条項のための改憲? その2

2016-03-13 19:28:23 | 憲法
 当ブログ2016.1.9「緊急事態条項のための改憲?」では、長谷部恭男早稲田大学教授(憲法学)の月刊『世界』2016年1月号論考を引用しつつ、「憲法に緊急事態条項を新設する」ことを中心とする改憲論の危険性について述べた。  長谷部氏は、2016.2.5開催のシンポジウム「憲法に緊急事態条項は必要か?」(東京都千代田区)で、同じ論旨で基調講演をした。  *『週刊金曜日』2016.2.12号金曜ア . . . 本文を読む
コメント

憲法破壊しつつ改憲主張 これ信用できる?

2016-03-04 18:27:51 | 国内政治
 安倍晋三首相は2016.3.2の参議院予算委員会で、憲法改正について「私の在任中に成し遂げたいと考えている」と述べ、強い意欲を示した。  *「朝日新聞」2016.3.3web「安倍首相「改憲、在任中に」 18年9月までを念頭」参照  私は、この単体としての「安倍首相の『憲法改正』意欲発言」にあまり関心がない。もちろん、「首相として」の発言か否か、は重要ではあるが。  私が最大の問題だと思うの . . . 本文を読む
コメント

安保法は憲法違反だが廃止すべきでない?

2016-02-24 17:34:25 | 国内政治
 共同通信社の最新世論調査(2016.2.20-21 全国電話調査)の結果が発表された。  *「東京新聞」2016.2.22&23(朝刊)「共同通信社 世論調査」参照。  この調査結果を見て、予想どおりの事が1つ、驚いた事が1つあった。  まず、「予想どおりの事」。 【問1】あなたは、安倍内閣を支持しますか。  *(   )内は前回2016.1.30-31調査の結果 →「支持する」 46.7 . . . 本文を読む
コメント (2)

野党共闘がスタート 先の先を見据えるか?

2016-02-21 22:30:09 | 国内政治
 民主・共産・維新・社民・生活の野党5党は2016.2.19、安全保障関連法(*「違憲戦争法」)を廃止する関連二法案(*「安保法廃止法案」)を衆議院に共同提出した。安保関連法は、違憲性が極めて強いにも拘わらず今年3月末までに施行され予定で、それ以降は(とりあえず)法律として効力を持つことになる。  「安保法廃止法案」の衆院提出に先立ち、野党5党は党首会談を国会内で行ない、安保関連法とその元になっ . . . 本文を読む
コメント