ざっくばらん(パニックびとのつぶやき)

詩・病気・芸能・スポーツ・政治・社会・短編小説などいろいろ気まぐれに。2009年、「僕とパニック障害の20年戦争」出版。

大人になるにつれ、かなしく(42)

2016-12-31 18:53:52 | Weblog
その後、藤沢と有紗のことは気がかりだったが、僕は仕事が終わると、やはり生まれたばかりの我が子がいる家庭に帰った。帰ったところで、自分はさして何の役にも立たないのだが、生まれたばかりの長男と2歳の長女、そして亜衣。この輪に加わっていると、気持ちが安らいだ。

時々、病院にも足を運ぶのだが、藤沢の意識は相変わらず戻らず、こないだの有紗との感情的な高まりが、少し居心地を悪いものにしてしまったかもしれない。

いつの間にか秋は深まっていた。藤沢が倒れて2ヶ月が過ぎた。有紗と僕は丸椅子に座り、チューブの数が少し少なくなった以外は、変化のない藤沢を見守る。寝たきりの体は随分、やせ衰えた。時折、有紗に諦めの表情が浮かぶ。それを見るのが辛い。

「ここの病院、出て行かないといけなくなるかもしれない」

「何で?まだ藤沢は意識を取り戻していない訳だし」

「うん。だから病院側も回復の見込みが薄いと考えているんじゃないかな」

「どこの病院に移るのか決まってるの?」

「いや、まだそこまでは。ただ、この病院よりも治療の質は落ちるところになる気がする」

「ここの病院としては、もっと治療効果の上がる可能性のある患者を入院させたいんだろうな」

「そういうことだと思う」

有紗の淋しそうな笑みを見て、僕は少し前から考えていたことを口にした。

「あの、本を出版したいんだけど」

唐突な発言なのは自覚している。

「えっ?小説家にでもなるの」

有紗は意表をつかれた顔を浮かべた。

「違うよ。臨床心理士という職業をもっと知ってもらいたいんだ。認知行動療法についても」

推測でしかないけれど、文学少女だった有紗にとって、天職であるはずの書店員の仕事が、いまは藤沢を支える手段に変貌してしまったのではないかと僕は危惧していた。せめて仕事をしている時は、少しでも藤沢のことを忘れさせてあげたい。その一心だった。




ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大人になるにつれ、かなしく... | トップ | 大人になるにつれ、かなしく... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL