ざっくばらん(パニックびとのつぶやき)

詩・病気・芸能・スポーツ・政治・社会・短編小説などいろいろ気まぐれに。2009年、「僕とパニック障害の20年戦争」出版。

どうにもならないものがあるんだ

2016-10-10 21:13:10 | Weblog
記憶のない遠い朝

天からの使いとして、ふわふわと舞い降りる小さな羽は

触れられるほどの間近に至福の太陽を浴びて

神々しく輝いていた



祝福の中、緩やかに下降する天の子ら

彼らは例外なく、柔らかな笑顔を浮かべていた



努力だけでは、どうにもならないものがあるんだ

才能だけでは、どうにもならないものがあるんだ

強さだけでは、どうにもならないものがあるんだ

優しさだけでは、どうにもならないものがあるんだ

金でも、腕力でもどうにもならないものがあるんだ







黒ずんだ物体が緩やかに下降し、やがて土の中に埋まっていく

ひとつ、そしてまたひとつと

人々は嫌なものを見てしまったとばかりに、顔をしかめ、足早に通り過ぎていった










『ポエム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK朝8時台が菅野であふれた | トップ | ふたつの結論 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL