ざっくばらん(パニックびとのつぶやき)

詩・病気・芸能・スポーツ・政治・社会・短編小説などいろいろ気まぐれに。2009年、「僕とパニック障害の20年戦争」出版。

大人になるにつれ、かなしく(37)

2016-12-28 22:03:47 | Weblog
「いつ頃やめたの?」

「3月だからもう3ヶ月近く前」
あのレストランであった時には、すでに藤沢は法律事務所をやめていた事になる。

「孝志も新しい就職先でも探す気になったのかな。あいつがアシスタントなんてもったいないよ」

僕は少し無理して声の調子を上げた。

「実はね、あの人、解雇されたんだ」

「解雇、された?」

「うん。欠勤や、遅刻、早退が多かったみたい」

「そうなんだ」

「藤沢と、孝志さんと再会した時から、この人変わったなと感じてた。いい意味の変わったではなく。昔のような輝きは消えてた」

「じゃあ何で孝志と結婚したの?」

「やっぱり好きだからかな。だからこうした事もあるかもしれないとは薄々ね」
次第に有紗の声が力を失っていく。

「酒の量は増えてない?」

「増えてると思う」

「飲みすぎると、体だけでなく、心に悪影響を与えることもあるから。鬱にもなりやすいんだよ」

「そうなんだ。言われてみるとあの人、寝つきが悪いみたいだし、食欲も落ちてきてる。病院へ連れて行ったほうがいいのかな?」

「出来れば、診てもらった方がいいと思う。ただ、孝志を精神科や心療内科へ連れて行くのは難しいだろうね」

「うん、あの人はプライドが高いところがあるからね。とにかく彼とよく話し合ってみる」

「そうだね。俺もこの次に顔を合わせた時は、もう遠慮しない。嫌われても構わない。孝志が立ち直ってくれるのが大事だから」

「ありがとう」
有紗の声は心なしか張りを取り戻したようだった。僕は有紗の携帯番号を聞き、電話を切った。
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大人になるにつれ、かなしく... | トップ | 大人になるにつれ、かなしく... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL