ざっくばらん(パニックびとのつぶやき)

詩・病気・芸能・スポーツ・政治・社会・短編小説などいろいろ気まぐれに。2009年、「僕とパニック障害の20年戦争」出版。

正義のA

2017-01-25 20:49:00 | Weblog
正義のAは数年前に絆ブームを楽しんでいた
「被災地の人たちの力になりたい」と主張した

その一方で正義のAは「コンビニとか、どこにでも置いてある募金箱、本当に被災地に届ける気があるのかねえ。企業ってのは何でも自分の懐に入れちまうから」と嘆く。

「それにさあ、こっちも生活に余裕がある訳じゃないし。金持ちなら募金して力になりたいけど」とも語った。

絆ごっこに飽きた正義のAは、世界の紛争に目を向けた
「シリアとかさあ、ヨーロッパへ逃れようとする難民がいるよね。どうしてもっと寛容に受け入れられないものかね」と力説するのだ

「日本だって、もっと難民を積極的に受け入れるべきだよ」と力をこめる。

その矢先、正義のAはアジア系の外国人とすれ違う
「最近、外人多いよなあ。何でこんなに増えたんだろう。大体、声が大きいんだよ、奴ら。郷に入れば郷に従えっていう言葉があるだろ」と正義のAはご立腹。

正義のAは少子高齢化にも関心を持つ
「子供の住みやすい環境を作ってあげないと、若い人がかわいそうだし、日本の将来もない」と言い切るのだ。

その矢先、近所に保育所が建設されるという噂が広がった。

正義のAは「ここは駄目だ。土地の価値も下がってしまうし、ガキはうるさいだろ。こっちはただ静かに暮らしたいだけなんだ」

正義のAは真っ向から保育所建設に反対した。


正義のAは日本各地に住むという
『ポエム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「コンビニ人間」感想 | トップ | 青春ちゃん »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL