ざっくばらん(パニックびとのつぶやき)

詩・病気・芸能・スポーツ・政治・社会・短編小説などいろいろ気まぐれに。2009年、「僕とパニック障害の20年戦争」出版。

大人になるにつれ、かなしく(19)

2016-12-20 23:18:03 | Weblog
僕はたまに「うまい」という言葉を発する以外、黙々とナポリタンを食べることに集中した。

「はい、孝志君、ポークソテー」

「ありがとう。あっ、おじさんずるいな。一人でビール飲んで」

「いいじゃないか、祝杯なんだから。君はまだ未成年だからね」

「一杯だけ」
藤沢が手を合わせる。

「仕方ない一杯だけだぞ」
白川さんはジョッキにビールをついで、藤沢の前に置いた。

「さすがおじさん」
藤沢は旨そうにビールを飲み干す。

「おじさん、俺にもいいかな」

「そうだな。今日は誠君の合格祝いだもんな。一杯だけだぞ」

「ありがとうございます」

しばらくして、僕がナポリタンを食べ終わり、右隣を見ると、藤沢の端正な顔がだいぶ緩んでいる。

「誠君、まだあるよ」

「いや、もういいです。ご馳走様」

僕らがいろいろと話している間、亜衣はほとんど言葉を発しなかったが、落ち着きがなかった。姿を見せたり消したりしている。父と娘がアイコンタクトを取り、娘が頷いた。亜衣はまたいったん、居なくなり、次に表われた時には、いくつものフルーツを盛った、円形のケーキの乗った皿を両手で持っていた。

「あの、これ私が作りました」
生クリームの上に「合格☆おめでとう」と書いてあった。

「これ、亜衣ちゃんが独りで作ったの?」

「はい。味は保障しませんが」

「凄いね。ありがとう。ナポリタン、おかわりしないでよかった」

亜衣の頬は少し赤みが射していた。しかし、白川さんや藤沢がアルコールでさらに赤くなっているので、それが目立つことはなかった。






ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大人になるにつれ、かなしく... | トップ | 大人になるにつれ、かなしく... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL