-FACES OF STRANGERS-

【事実】は、それよりはるかに多い【顔】で覆い隠されている様に感じる。
私の心が【FACE】を捉えた瞬間を書きとめたい。

映画『インディペンデンス・デイ』の大統領スピーチ

2007年10月18日 12時14分29秒 | 小さな気づき

YouTubeの凄さ・・・

 様々な『スピーチ』が投稿されているんですねー・・・

 さっきの投稿と重なりますが、まずオリジナルを。
    http://www.youtube.com/watch?v=xBR4g_H7JD4

 次に、これもさっきと重なるけど、日本人の英語。
    http://www.youtube.com/watch?v=VezP6yqhs9k

 その他、熱く語る人。
    http://www.youtube.com/watch?v=v3I4eJA9WK0

 これはパーティの席上か?
    http://www.youtube.com/watch?v=ke7HmyYptoA


 うーん、なんか元気が出てきた。。。

 心って、案外単純だなぁ・・・(笑)

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『Independence Day』の... | TOP | 水を燃やす!? »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
普通に学校で学ぶみたいですよね。 (林檎)
2007-10-18 21:52:03
演説や討論の仕方を欧米では学校教育に取り入れられているみたいですよね。
はっきりと主張することができるようにと。
そういえばフランス人はミスがあってもなかなか認めないばかりか謝らないそうです。
あまり自己を持ちすぎるのも・・・。
中庸が一番かもしれませんが、これもなかなか難しいですよね。
庶民レベルでもグローバル化の影響が出ている現在・・・。
中庸の定義そのものがかわっているかもしれませんね。
うんうん、ただし・・・ (skyoko05)
2007-10-18 22:08:48
中庸を目指すのも息苦しいですよねー

交流分析で言えば、『OK』と『not OK』の境界軸上、下手をすれば原点か身動きが取れなくなる。。。

だから、思いっきりでなくてもいいから自己表現が出来るようにトレーニングを積むことも必要でしょうね。

ところで、この人達、一人で部屋の中で「うぃー、せれぶれーと、あわ、いんでぃぺんでんす、でー」と言っている人達は、実社会でこれくらいしっかり主張できるんだろうか・・・

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。