コネリンのイージーライフ”テキサス”編

テキサス州は最南端ロックポートで、今度は色んなフィッシングにチャレンジな日々を綴ります🎵

魚釣りは難しい!!

2017-01-04 02:33:16 | ライフスタイル
先日から始めた”Wade fishing” 最初数回近所のEdに連れて行ってもらい またその後一度だけ一人で行って釣れたことに気を良くして その後何度も何度も(すでに6日間連続)一人で同じ場所にGPSに出てくるベストタイムの時刻に行ってみたのだが”まったく”釣れない それどころか竿先で感じる”あたり”も全く無い

さっそくEdに相談 ”今はその場所に魚はいないかもね” と言う 詳しく聞くとGPSやAPPに出てくるベストタイムはもちろんのこと 気象条件が魚の行方を左右するとも言う 気温が1度F違っても移動するらしい そして最後に常に出かけチェックすることも教えてくれた

2歳からこの地区でフィッシングをしていると自負し スポーツショップ アカデミーで見つけた”Wade Fishing”のブックに登場しているEdの話を聞けるだけでもありがたい それと同時にコネリンが今まで経験の無かった”竿とリール”での魚釣り これほど奥が深いとでも言おうか それともこんなに難しいものだと思っていなかった これを読まれた方の中には”当たり前だよ”と思われる方がおられると思う

コネリンの魚釣り コンセプトは ”釣りたい魚を釣りたい時に” これがこれからの目的 おそらく数年はかかるだろう いやっ 一生できないかもと思うこの数日です

とりあえず この Wade fishing 釣れようが釣れまいが水の中を歩くという運動も兼ねてこのRockportに滞在する限り毎日数時間 行くつもりである
昨日はすでにこの界隈のチャート(海図)も手に入れてきた 開けてみて再度びっくり これって一体何なのって感じ おそらくこのチャートがわかるようになるのにも半年はかかるだろうな〜と思うーーーーーー


さて 年末にはこのコミュニティーのお向かいの家族からニューイヤーズイヴの夕食に誘われた 彼らはヒューストンからの滞在者 我々と同じ時期にこのプロパティーを購入したという
食事は東海岸の一つの名物 クラブケーキであった ケーキと言ってもお菓子ではない 食事のプレートである それに付け合せはほうれん草のソテー
とても 美味い   


                                         



7歳と10歳の子供も一緒にテーブルに付いたのだがその子どもたちの”マナーの良さ”にも驚いた コネリン 改めてアメリカ人のアッパーミドルクラスの人の子供への教育熱心さにも感心
子どもたちがテーブルを離れる時も親の許可を得るなど それに子どもたちがその親のオーダーすることに自然に従うマナーの良さにも なんとも微笑ましい家族である

その翌日はみんなで近くのピアに魚釣りに行こうということになり数時間その家族と楽しんだ


                  



っというようなわけで 2017年の始まり 和やかな年明けとなった

今年もなんか 良い年になりそうな雰囲気 事故と健康だけは更に気をつけて”歩き続ける”つもりーーーーーーーーー
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サプライズ?! | トップ | 2017年の動き出し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ライフスタイル」カテゴリの最新記事