たましいのことば

ついに夢を見つけて、全力疾走で走り出す!自分は何をして生きるのか、問い続ける筆者が思いのたけを語るブログ。

妊娠中の体の変化~正産期編~&産休期間の振り返り

2017-05-19 08:43:35 | 日常
いや~予定日まで2週間切りました。
もういつ生まれてもおかしくないので、ビビっている場合じゃないんだけど、正直もう少しだけ待って…という感じ。
昨日妊婦検診に行ったら、子宮口はまだ開いていないと言われ、少しほっとした。
赤ちゃんは順調に大きくなり、3000グラムを少し切るくらいだった。大きくなりすぎも心配ではあるんだが…

今月に入ってからさらに体の変化があってびっくりした。

①お腹がさらに前に突き出て、少し下がってきた
5月の月初は全然赤ちゃんが下がってきた感じがしなかったのだが、37週に入ってから急に目に見えてお腹が突き出てきた感じがあった。
胸のすぐ下まで来ていた子宮が、今はみぞおちあたりまで下がっているらしい。
普通は、赤ちゃんが下がってくると胃がすっきりする感じがするらしいのだが、私の場合は今もあまりすっきりしていない。ただし、食べられる量は若干増えたみたいだ。
胎動は相変わらず激しいが、もしかしたら月初に比べると回数は減っているかもしれない。赤ちゃんの力はむしろ強くなっていると感じる。赤ちゃんが動くと、お腹全体がぶるるんと振動する(笑)

②股関節痛の悪化に加え、恥骨も痛い
寝た状態から起き上がる時、座った状態から立ち上がる時は必ず「イテテテテ…」となる。
一度立ってしまうと平気なのだが、歩き続けているとちょっと痛いこともある。
とにかく坂道を上がるのが大変!歩幅が狭いしすぐ息が上がるので、本当にゆっくりなペースでしか歩けない。
かといって、じっと座っているのが楽かというとそうでもない。下半身がしびれやすくなり、同じ座り方でじっとしていると15分と持たない。
前回の記事では、2時間同じ姿勢でいると痛くなると書いたが、2時間なんてとんでもない!
寝ているときも、同じ向きでずっと寝ていると体が痛くなる。
お腹が出すぎて無意識に寝返りを打つことができなくなったようで、体が痛くて目が覚める→イテテテ…となりながら抱き枕を持ち替えて寝返りを打つ→寝直す、を繰り返しながら寝ている。
寝返りを打つたびに骨がボキボキと音を立てております(^^;)

③お腹が頻繁に張る
お腹が何の前触れもなく、1時間の内に何度も張るようになった。ただし、すぐに収まることが多い。
お腹が張るとへその形が変わるので、見た目にもよくわかる。
産院では、この時期はお腹が張っていてもどんどん動いてかまわないと言われているので、あまり気にせず生活している。

④疲れやすくなり、半日稼働が基本に
大したことをしていなくても疲れやすく、昼間の時間の半分くらいはぼんやりして過ごすか寝ている。
最近は、午前か午後に体を動かす家事や大掃除的な活動をして、残りは音楽を聴きながらネットをしたり、ほつれた布団や毛布を縫ったり、昼寝したり…の生活。
残念ながら、赤ちゃんを心待ちにしながら優雅な時間を過ごす、という理想は実現できていない。

⑤何もしなくても母乳がしみ出てくる!
一番びっくりした変化はこれだった。特にマッサージなどをしていないときでも、少しずつ母乳がしみ出してくるようになった。
38週に入ったある日、素肌に白いTシャツを着ていたら、点々と小さな母乳の染みができていてぎょっとした。
結果、出産前にしてまさかの母乳パッドデビュー…(゚Д゚;)
母乳が出るのはありがたいが、母乳がたくさん出る人は乳腺炎になりやすいと聞いているので、今から警戒している。
出産後はカロリーの高いお菓子やパンを心置きなく食べまくろうと思っていたのに、乳腺炎によくないとされる食品を避けていたらお菓子もパンもダメになっちゃうじゃん(T-T)


以上のような感じなので、最近は休み休み家のことをやりながらゆるく生活している。
ずっと気になりながらできていなかった大掃除が今のタイミングできたのはすごくよかったと思う!
床拭き、窓拭きなども臨月の妊婦にいい運動になると産院で聞いたので、張り切ってやってみた。
床拭きをしていると、ク〇ックルワイパーや掃除機では見過ごしてしまう汚れも目について、部屋全体をきれいにできる気がする。
義母に「体のために毎日床拭きをしたらいい」と言われ、一瞬「えー!そんなのさすがに無理」と思ったのだが、考えてみたら昔の主婦は毎日やっていたんだよな…
昔の家が古くても清潔な感じがしたのはこういうことだったのか!と妙に納得。

拭き掃除だけでなく、普段なかなか洗えない物の洗濯も全部やってやろうと目論んでいる。
晴れた日は洗濯機フル稼働で、家じゅうのカーテン、毛布、カーペット、クッションなどを洗っている。全制覇までもう少し…
季節的にも衣替えの時期だったのでちょうどよかった。
里帰り出産だと大掃除なんてやる時間は一切なかったと思うので、やっぱり自宅で過ごしてよかった。


里帰りしなくてよかったと思ったことは他にもある。
赤ちゃん用品を旦那と一緒にゆっくり検討できたのもよかった。
今後長い間一緒に子育てするのは親でなく夫なので、やっぱり夫とじっくり話し合うことは大事!
旦那と二人で臨月まで成長していくお腹を見守ることができたのもよかった。
初めは自覚がなさそうだった旦那も、お腹の赤ちゃんに愛着を感じるようになったようで、体調や胎動の様子を毎日聞いてくれる。
胎動が少ないときは、お腹に耳を当てて心音を聞いてくれる。(妊婦自身はできないので、これだけはちょっとうらやましい。)
そしてなんと、会社に育休を1ヶ月も申請してくれたそうだ!
私としては、イクメン育成計画が順調に進んでニンマリ…(^ω^)

それと、産休中自宅にいてよかったと思ったのは、旦那の古いコレクションを有効に処分できたこと。
今年の年明け、旦那の実家が引越しをした関係で、旦那が実家に置いていた大量の荷物を自宅に持ち込んできた。
中身は旦那の趣味関連の古いコレクションで、10年以上も見ていない・使っていないものばかり…
旦那は最初、残したいものだけを選別して他は捨てると言っていたが、中には高価な物もありそうなのでもったいないと思い、「私がフリマサイトで売る!」と宣言してしまった。
今までフリマサイトなど使ったことがなかったのだが、某大手サイトに登録し、マニュアルを読みつつ試行錯誤しながら100点ぐらい出品した。
非常に骨の折れる作業だったし、時間もかかったし、「出産前の大事な時期に自分はこんなことしてていいのか?」と思ったりもしたが、結果的にはよかったと思う。
売れた品物はごく一部だったが、トータルの売上げは予想以上にあり、赤ちゃん用品を買う資金にできた!
フリマ特有のやり取りも結構面白かった。相手が喜んでくれるとやはり嬉しい。
価格設定が本当に悩ましくて難しい。安くすればすぐに売れる物でも、送料などを考慮するとフリマに出すより業者に売った方が得な場合もある。
私は今まで物を売るような仕事をしたことがなかったので、ちょっと勉強になったのもよかった。

GW明けまで売れ残った物や、出品しきれなかった物は、マニアックな物を一括買取してくれる業者に送った。段ボール6箱くらいになった。
先方の買取条件に合わせるため、送る前に品物の数を数えたり、仕分けや梱包をしたりと大変だったが、その分結果を楽しみに待っている。
赤ちゃん用品を買った分くらいは戻ってくるかもしれない(*^_^*)


こうして産休期間を振り返ると、普段できないようなことができてそれなりに有意義だったかもしれない。
先月までは友人と会ったり、美味しいものを食べに行ったりもできたので楽しい思い出もできた。
胎教やヨガは結局していないし、優雅な時間の使い方もできていないが、私らしくてこれはこれでよいかなと(;^ω^)
あとは赤ちゃんが元気に生まれて、たくましく育ってくれるよう祈るばかり…
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妊娠中の体の変化~後期編~ | トップ | 予定日まで一週間・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL