たましいのことば

ついに夢を見つけて、全力疾走で走り出す!自分は何をして生きるのか、問い続ける筆者が思いのたけを語るブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妊娠中の体の変化

2017-02-13 18:37:09 | 日常
早いもので、もう妊娠7ヶ月にもなっている。
ぼやぼやしていると準備もままならずに、あっという間に出産を迎えてしまいそうな予感。
妊娠後期は何が起こるかわからない感じだし・・・

まぁ今のところ順調に来ているので、できることから無理なく進めることにする。

ところで妊娠中は、いろいろな体の変化があり、びっくりすることの連続だ。
良い記念にもなると思うので、ここに書き留めておきたい。

・何もしていなくてもだるい、眠い(初期)
妊娠初期は高温期が続くこともあり、いつも体がだるかった。
そして無尽蔵に眠れる。
そういえば座っているだけでしんどい日もあったな・・・
でも寝込むほどではなかったので幸運だった。
つわりと風邪がダブルで来たときはつらかった!
ちょっとコタツで寝て深夜に風呂に入ったくらいで風邪を引いてしまった・・・
妊娠中は抵抗力が落ちているので油断大敵、夜更かしは禁物と痛感。

・空腹になると気持ち悪くなり、食べれば食べるほど調子が良い(初期)
いわゆる食べづわり。
私の場合は実際に吐くことはなく、食べているときが一番調子が良かった(笑)
でも体重増加が怖かったので、大好きなパン、ケーキ、チョコレートはやめた。
職場でこそこそ小さなおにぎりを食べたり、こんにゃくゼリーを吸ったりしてたな~

・乳首が1日にして脱皮する(全3回)
初期から今までに3回くらいあった。
乳首の皮が一気に全部剥けて、脱皮?状態。痛みは特にない。
何事かと思ったが、どうやら原因は乾燥らしい。
脱皮の後は何がグレードアップ的な変化があるのか?と期待したが、
ほぼ変化はなく、なんかがっかり。

・よく餅が食べたくなり、餅の大袋を常備(初期~)
今も餅は食べるが、初期の頃はもっと顕著だった。
特にきな粉餅がおいしく、餅にきな粉とはちみつをまぶしてしょっちゅう食べていた。
妊娠してから1キロ入りの袋を3回くらい買ったのではないか?
(旦那はあまり餅を食べないので、私一人でほぼ全部食べている)
ちなみに、私の母は私がお腹にいる間、しょっちゅう赤飯を食べていたらしい。
(甘納豆入りの甘いやつ)
遺伝かねぇ

・便秘がちになり、酸化マグネシウムが手放せない(初期~)
今まであまり便秘体質ではなかったのに、便秘するようになり、
朝晩欠かさず酸化マグネシウムを飲んでいる。
酸化マグネシウムは妊婦には定番の薬らしいが、これのお陰ですごく助かっている。
1度でも飲み忘れるとたちどころに影響が出るので、葉酸・鉄分サプリと共に飲むのが
習慣化した。

・よくトイレで出血しているが、原因は99%お尻(初期~)
また下の話で恐縮ですが・・・上記の便秘による慢性切れ痔(´;ω;`)
初めは、トイレで出血を見るたびにヒヤッとしていたが、今はもう驚くこともなく「またか」と思っている。

・天ぷら定食で腹痛になり、流産するのではないかと冷や汗をかいた(4ヶ月)
これは、妊娠中最も恐ろしかった出来事。
職場の近くで美味しい天ぷら定食を食べ、満足して帰路につくと、突然強い腹痛に襲われた。
普段感じないような、内臓を絞られるような痛みで、このまま流産したらどうしようかと
めちゃくちゃ焦った。
結局出血はなく、数回下痢をしただけで治ったのでほっとした。
今まで油でお腹を壊すなんてことはなかったので、本当にびっくりした!
今も、揚げ物をたくさん食べないようにしています・・・

・眠りが浅くなり、毎日たくさんの夢を見る(4ヶ月~)
今まで不眠とは無縁の人間だったのだが、ホルモンの影響か中途覚醒が多くなった。
大抵、一晩に1~2回は目覚めてトイレに行く。
また、睡眠が浅いせいか毎日数多くの夢を見るようになった。
悪夢の割合も多く、叫んで旦那を起こすことも度々ある。

・胃が圧迫されてたくさん食べられない代わり、甘いものが異様に食べたい(5ヶ月)
通常つわりが終わると食欲が増すと言われるが、私の場合は逆に量が食べられなくなった。
でもとにかく甘いものが食べたいので、「量が多くなきゃいいだろう」とばかりに
スイーツを食べ始めた。
ランチ代わりにちょっと贅沢なパンケーキやソフトクリームやパフェを食べていたなぁ。
ところが!6ヶ月の半ばを過ぎると胃が圧迫感に慣れたのか、
再びたくさん食べられるようになった。
現在は急増する体重に怯える日々・・・orz

・立ち上がる時、座る時に「どっこらしょ」「よっこいしょ」等の掛け声が必要(5ヶ月~)
これは前の記事に書いた通り。お腹が成長し始めた5ヶ月頃からこの有り様。
まだまだお腹が大きくなるのに、先が思いやられる・・・

・腹がつかえて、靴下(特にタイツ)をはくのが困難(6ヶ月~)
腹が出ていると、こんなところが不便になるのか!と目からウロコだった。
もう立ったままタイツ履けません・・・

・腹帯ベルトをしないと股関節が痛くなる(6ヶ月~)
歩くと時々股関節が痛むようになったが、休むとすぐに治る。
産院で相談したところ、トコちゃんベルトを勧められ、巻き方も教えてもらった。
試しに、戌の日参りの時に買った腹帯ベルトをトコちゃんベルトと同じ位置につけたら、
見事に股関節痛がなくなった!
(腰の低めの位置につけるのがいいらしい)
今ではちょっと近所に出かける時も腹帯ベルトをつけている。
これさえあれば長距離出張も今のところ大丈夫。

・乳房の下が腹の上に接している(6ヶ月~)
ブラを着けずに家でくつろいでいると、お腹の上の方に何か温かい感触が・・・
見ると、乳房の下側がお腹に接しているのだった!
今まで胸と腹がくっつくという感覚がなかったから、なんか新鮮。

・胎動の位置で赤ちゃんの位置が推測できる(6ヶ月~)
前回の検診で、たまたま赤ちゃんが逆子状態(頭が上)になっていた。
その前後2日間くらい、胎動を下の方に感じていたので
「手足が下に来ていたから胎動も下だったのか!」と納得。
それ以来、赤ちゃんの頭が上か下か予測ができるようになり楽しい。
ちなみに、逆子状態の時に元気に動かれると、内臓にけっこうな衝撃がある。
もう少し経つと逆子を治す体操が必要になるらしく、かなりきつい体勢みたいなので、
自然に頭が下になることを祈ろう。

・横から見ると、胸より腹が前に出ている(7ヶ月~)
妊娠前にも太っていた時期はあるが、胸より腹が前に出るほどにはならなかった。
今は明らかに腹の方が前に出ている。
ただ太っているのとは違う体型だなとしみじみ。

・足が上がらなくてだんだん歩行しにくくなり、歩くのが億劫に(7ヶ月~)
前より歩幅が狭くなったような気がして、ちょっと歩きづらい。
少し長く歩くのが億劫に感じられる。
駅から職場まで歩いて12~13分なのだが、バスに乗ってしまうことが増えた。
(バス代は出ない)
朝の通勤は、多少持ち出しになっても楽なルートを選ぶようになった。

・自分のボディイメージが実態についていかず、狭い通路で腹が引っかかる(7ヶ月~)
これくらいは通れるはず、と思った狭い通路で腹がつかえてしまう。
自分の腹は思っている以上に幅を取っているらしい。
(自分の幅のイメージを掴む前に腹が成長していく・・・)


以上、書き出してみたら結構な数になった!
また妊娠後期にいろいろ出てきそうので、後日書き足します。





ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気の抜けた正月(=嵐の前の静... | トップ | 出産前の大仕事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL