◇旅の記録・旅の記憶◇

ちょっとしたお出かけから旅行まで、旅のエピソードをつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

桜の旅〜船岡・大河原(宮城)〜

2007-04-20 00:51:24 | 東北
先日、宮城県大河原町の「白石川堤一目千本桜」と柴田町の「船岡城址公園」の桜を見に行ってきました。

いずれも「さくらの名所100選」にも指定されている場所。
例年だと桜が満開になるのは4月の下旬あたりのこの場所も、今年は4月の中旬には見ごろのようです。

土日ともなれば、人出がすごいことは必至。
今回は平日の休みを利用し、列車でのんびり桜の旅へ、いざ出発!


4月13日(金)

東京のこの日の予想最高気温は20℃。
宮城は「11℃」・・・10℃近くも違うのね
外を歩き回る予定なので、とにかく防寒対策はしっかりしなくては!
と、冬物のセーターを着込みました。さすがに都心では暑かった・・・

東京駅から東北新幹線で福島駅へ。
福島駅からは東北本線下り(仙台方面)列車に乗り換えます。

「白石川堤一目千本桜」は、白石川沿いに続区桜並木で、その長さは約8キロ!大河原駅から船岡駅間は桜並木とほぼ平行しているため、列車の中からも見ることができます。

快速で福島から約40分。大河原駅に到着。
お花見のお客さんと思われる人たちがドッと乗り込んできました。

大河原駅を過ぎると、見えてきました。桜並木!
それはそれはスゴイ数!「一目千本」というのもうなずけます。
しかもいい感じに桜が咲いているではないですか

「ちょうど桜が見ごろとなっています。ゆっくり走りますので、どうぞご堪能下さい」

という車内アナウンスとともに、列車は徐行運転し始めました。

そうなんです!
この時期は、お客さんが花見をできるようにゆっくり走ってくれるのです。
なんて粋な計らい・・・

田舎のこういうところが大好きです

時間にして2、3分ではありますが、列車からのお花見を堪能できました。

さて、船岡駅で列車を降り、「船岡城址公園」へ向かいます。


<東北本線・船岡駅>
ジャンル:
国内旅行
キーワード
一目千本桜 船岡城址公園 車内アナウンス 東北新幹線
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 京都小旅行♪〜ホテル編〜 | トップ | 桜の旅〜船岡城址公園〜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。