国語職人       社会職人

近道は無く,魔法も無い。
確かな技術に裏付けられた実力が大切。

国語の過去問の勉強方法

2016-12-10 01:16:24 | 日記
過去問を勉強する目的

それは,答え・ヒントを探るため

学校によって,かなりクセがあります

模試で得た解答の出し方とは,かなり違う場合があります

その違いを,過去問から探る


選択肢は

ヒントはどこにあるのか

肢の表現は,ヒントになるのか

ただし

選択肢は,2回もやれば,覚えます

3回以上は,記憶に頼る勉強になるおそれがありますから,やっても2回まで


記述は

物語文・説明文の記述が求められているのか

書く要素は,いくつ必要か

学校によって,かなり違います

E光のように,1行に3つの要素を書かせる学校もあります

できれば,その学校に詳しい講師に添削してもらえれば・・・

記述は,何度も何度もやってほしいです

体が覚えるまで



大切なのは,わが子の合格

今やらねば,合格発表で地獄を見る

塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います

この方針に賛同される人は,クリックを m(._.)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


中学校受験 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去問を3つに分ける | トップ | 過去問は,何年分やれば良いのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。