国語職人       社会職人

近道は無く,魔法も無い。
確かな技術に裏付けられた実力が大切。

不得意科目

2016-10-29 00:48:30 | 日記
今やらねば,いつやるの?

社会が不得意な生徒も,徐々に気合いが入ってくる時期。

自分がメインとするもの--コアプラス・メモチェ・4科のまとめ--に書き込む

みんな同じ教材を使っているのに差が出るのは---工夫の差

自分がメインとしたテキストに,他人と差をつけるために,一言書き込む

テストで間違えたこと,入試でよく聞かれることを,書き込む

社会は,年号語呂合わせ・地図も必要


国語が不得意な生徒は

国語が不得意といっても,ばくぜんとしてます

どこが不得意?--文章題が不得意というのは,答えになっていません

もっと,緻密に,分析しなければ。

(注)よく,電車で,「信号が赤なので,しばらく止まります」というアナウンスがありますが,いつも,ムッとします。勝手に信号が赤になるわけではないだろう。何か,原因があって信号が赤になるんだろう。その原因を言え!!!と。

文章題が不得意というのも,原因を詰めていないのは,同じだと思います。



語句でよくつまずくのか,説明文の言語論が苦手か,物語文の記述がどうも・・・なのか。

直近の模試を3回も分析したら,生徒の不得意の傾向が分かるでしょう

その対策は・・・。

例えば,語句なら,一つ一つ辞書をひいて,意味を覚える作業は,時間的に厳しくなってきました。前後からの推理,または,無視するというのも,一つのやり方です。

新聞を読むとき,意味が分かたない語句は,推理したり,飛ばす(無視する)ことをするのと同じ。


国語は,素直な文章題をやってみて,基本的な対策・解法を身につけるのは,大切。




今やらねば,合格発表で地獄を見る

塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います

この方針に賛同される人は,クリックを m(._.)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


中学校受験 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強は,工夫です | トップ | 復習のやり方と,新しい問題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。