国語職人       社会職人

近道は無く,魔法も無い。
確かな技術に裏付けられた実力が大切。

夏期講習で気をつけるべきこと

2017-08-16 00:23:21 | 日記
量よりも質

中途半端に,量をこなしても,学力向上は見込めません


しかし

塾によっては,膨大な過去問の宿題を出すところもあります

それをやらなければ,生徒の塾での立場が悪くなる

そこで

とりあえず,答えを埋めることになってしまいます


こんな勉強では

「力がつかない」と思うようでは,受験生とは言えません

限られた時間

夏期講習に体力・知力を取られ,集中力もない時の過去問解き

その時にこそ

自分の不得意な分野・問題が如実に現れます

例えて言えば

マラソンでの35キロ状態

フラフラになりながらも,解く過去問


塾の宿題には

疑問に思うものも,確かにあります

しかし

その宿題を活かすも殺すも

自分自身の気持ちの持ちよう

どうせやらなければいけない宿題なら

それを活かす方法を考えなければ


[おまけ]

某塾監修の解答・解説

プラス,私のタブレットにある解説・解答

加えて,私自身が考えた解答・解説

過去問検討には,この3つの解答・解説を,生徒に話します

「どれがいいと思う?」と,生徒に聞きます

「コレ」と生徒が応えたら

「その根拠は?」と,生徒自身の主体性ある答えを求めます

この訓練が,入試会場では,威力を発揮します

ただし,これをするのは,秋からです

今は,基本的な答え方(方法)を,体で覚える時期です





大切なのは,わが子の合格

今やらねば,合格発表で地獄を見る

塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います

この方針に賛同される人は,クリックを m(._.)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


中学校受験 ブログランキングへ
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 複数の解説・解答 | トップ | 不思議な姉妹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事