国語職人       社会職人

近道は無く,魔法も無い。
確かな技術に裏付けられた実力が大切。

国語の記述

2016-11-07 00:14:45 | 日記
まず,記述の型を固めなければ

物語文の気持ちはこう書く

説明文の記述はこう書く

型(パターン・フレーム)を決めていなければ,安定した記述は書けません


その上で

各学校の特徴を,どう型に練り込むか


学校解答があっても

とても,ここまでは書けない,という学校解答もあります

某塾の看板講師が作成した解答が,学校解答とは違っていました

その某塾の私の教え子は,学校解答そのままでした(何度も,国語で全国1番を取った生徒)


なぜ,その解答が,問題文から読み取れたのか

この辺の説明をすると,生徒のまなざしが生き生きしてきます

生徒は,解説の背後にあるものが大好きです

でも,それを説明できる講師は,・・・・





今やらねば,合格発表で地獄を見る

塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います

この方針に賛同される人は,クリックを m(._.)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


中学校受験 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたの子供,イチローかも | トップ | Nは速い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事