国語職人       社会職人

近道は無く,魔法も無い。
確かな技術に裏付けられた実力が大切。

6年になると---特にS塾の場合[追加記事あり]

2017-04-20 00:29:32 | 日記
満を持した(十分に用意した)生徒たちが

S塾に入塾して来ます


そこで

元々S塾で勉強してきた生徒たち

偏差値が下がる


しかし

毎年そうですから,心配する必要はありません


私が教えていたS塾の生徒は

5年までは,50番に落ちたことはなく

6年になると,頭のいいやつが入ってきたから,順位は下がったけど,3ケタになったことはない

と言っていました


その生徒

色々あって,受ける予定がなかった2月1日の学校を受けて

西日暮里の学校に通っていました

今は,某国立大学医学部に進学しています



ちなみに

S塾の生徒は,他塾のことをあまり気にしません

自信があるのでしょう



[追加記事]
S塾の生徒が,他塾のことを何と呼んでいるのかは
ま~~,口が悪い口が悪い

例えば
Y塾のことは,そのマークが0(ゼロ)に似ているところから・・・




S塾以外の生徒は

優秀な生徒がS塾に抜けることもありますから

偏差値を下げてはいけません



大切なのは,わが子の合格

今やらねば,合格発表で地獄を見る

塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います

この方針に賛同される人は,クリックを m(._.)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


中学校受験 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 励ます言葉 | トップ | 量か質か時間か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。