国語職人       社会職人

近道は無く,魔法も無い。
確かな技術に裏付けられた実力が大切。

精神論より,確かな技術を

2016-11-20 01:18:28 | 日記
「やる気を出せ」「気持ちで負けてる」

よく言う言葉。


しかし

模試の点数が良くないのに,やる気は起きないでしょう。

過去問の点が,合格点よりはるかに下なのに,平常心で勉強できるのは,よほどの大物か,ニブイかのどちらか。


近頃

難関校志望者で,記述を見てくれ,という依頼が増えています。

記述の技術を確かなものにしたいという現れでしょう。


某塾の講師は

「国語の記述のパターンは,15ある。これを使いこなせなければいけない。」と言っています。

生徒は,「そんなに覚えられない。」と,怒っていました。


社会の年号は

「メモチェにある年表の年号を全て覚えろ」と言う講師もいます。

はっきり言って,無理。

重要かそうでないかを区別できない講師だと思います。


つまり

確かな技術がない。

こんな講師に教わる生徒は,不幸です。



今やらねば,合格発表で地獄を見る

塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います

この方針に賛同される人は,クリックを m(._.)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


中学校受験 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週末のチェックポイント | トップ | 1冊に頼る勉強と,頼らない勉強 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。