国語職人       社会職人

近道は無く,魔法も無い。
確かな技術に裏付けられた実力が大切。

国語が不安定な生徒--1週間の使い方

2017-06-18 10:15:09 | 日記
1週間を前半と後半に分けて

前半は,標準的な問題を宿題に

後半は,チョット難し目の問題を宿題に


標準的な問題をすることで

問題を解く技術・パターンに慣れる

ただ,これでは,難しい問題が出たときに


そこで

週の後半は,難しい問題をして

考える・推理する勉強を


加えて

塾の問題も解く




[おまけ]

標準的な問題を解くことは,大切です

標準的な問題は偏差値付のものを用意して

自分の志望校の偏差値を越えると

やる気が出ます

難しい問題で×ばかりだと

やる気も失せます





大切なのは,わが子の合格

今やらねば,合格発表で地獄を見る

塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います

この方針に賛同される人は,クリックを m(._.)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


中学校受験 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国語の解き方が分からない | トップ | 昔のブログ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。