国語職人       社会職人

近道は無く,魔法も無い。
確かな技術に裏付けられた実力が大切。

社会の基本的勉強方法

2017-03-30 00:32:02 | 日記
1冊にまとめる

コアプラス,4科のまとめ,メモリーチェック・・・何でも良いです

ただし

その1冊で全てカバーできるわけではありません

書き込みが重要


例えば

「5世紀中頃には,大和朝廷の力が,関東から九州北部まで及んでいたのは,何から分かるか」(渋幕)


「埼玉県の稲荷山古墳」「115の金文字がある鉄剣」とは,書いてあります

これでは,足りません

どう書き込んでもらうか

「熊本県江田船山古墳」「ワカタケル大王」の2つの書き込み


「律令時代の国司・郡司・里長」は書いてあります

中央から行くのは,「国司」のみ
「郡司・里長」は地元民で,年貢の取り立ては「里長」

鎌倉時代は,年貢の取り立ては「地頭」

飛鳥時代と鎌倉時代との比較で,書き込み

そして,「『里長』と『地頭』の年貢の取り立て方の違いは?」

里長は,「ムチとツエでたたくぞ~~」

地頭は,「耳と鼻を,刀でそぐぞ~~」

この2つは,テキストに載っています(が,生徒は読み飛ばすところ・・面白いのに)

私「どっちがイヤ?」

生徒「どっちもイヤ」


などと,話は進みます

約2時間の指導で,
地理4回(地形・農業・工業・貿易交通)
歴史4回(~平安・~安土桃山・江戸・明治~)
公民2回
時事1回(冬休みにやります)

で,基本的なところは終わります


社会は,基本的なことを学んだ後は,反復練習です





大切なのは,わが子の合格

今やらねば,合格発表で地獄を見る

塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います

この方針に賛同される人は,クリックを m(._.)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


中学校受験 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パターン化で十分 | トップ | 春期講習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。