「未来を平和に」日々徒然♪

Twitterと連携やっています♪ブログ賛否両論だと思いますが、まずはヨロシクです♪

ものは言いようか?戦闘でなく衝突発言!

2016-10-12 07:53:33 | みんな自由に生きる権利を

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-13743.html

http://m.huffpost.com/jp/entry/12438978

◯戦闘行為=人を殺傷しまたは物を破壊する行為。戦闘でなく衝突だ。(稲田)

【銃撃戦】は、物を破壊する行為にあたることは、明確!270人死亡して戦闘でないというのは、通用しない。

◯戦闘をどう定義づけるかということについては、国会などにおいても【定義がない】(安倍)

定義がない=政府解釈で判断できることを、安倍自身が認めてるのと同じ(怒)

安倍も稲田も、国同士の武力衝突以外は「戦闘」ではなく「衝突」だと言いたいのでしょうが、それは余りにもムチャクチャな理論で通用しません。

稲田は、先に「ジュバの中の状況は落ち着いているという認識をした」と発言しています。

さらに、安倍首相は安保法制施行前には、「自衛官の安全が最優先」と繰り返していました。今回ジュバで起きた銃撃戦で、自衛隊員が命を落とすリスクはハッキリしています。

安倍や稲田が、頑なにして「戦闘」と言えないのは、自衛隊は戦闘地帯でのPKO活動を禁止されているからでしょう。今回のような事態が起これば、自衛官を撤退させなければなりません。
 
270人もの死者を出した銃撃戦を「衝突」と言い換える、安倍政権がいかに、自衛隊員の命を軽くみているか明らかになったんじゃないでしょうか?

安保法(戦争法)が、国民の命、財産を守らないことは明らかです。
誰もが等しく大切にされるべき命を、軽視する政治は、断固No!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月11日(火)のつぶやき | トップ | 市内全校6年生の連合運動会。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。