「未来を平和に」日々徒然♪

ブログ賛否両論だと思いますが、まずはヨロシクです♪(ブログは団体とは関係ない個人私感です)

疑わしきは罰せず

2017-08-09 16:10:39 | 袴田事件・冤罪




袴田事件ー。 2014年3月27日、再審決定が下りて即時釈放された袴田巌さん。

再審決定したのは、静岡地裁裁判長・村山浩定氏。

【袴田は、捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ、極めて長期間死刑の恐怖の下で身体を拘束されてきた。無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在、これ以上、袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある】 


●地裁再審決定書●
http://free-iwao.com/wp-content/uploads/2017/07/C-1_140327kettei.pdf


ところが、検察は再審を受けて再審取り消しを求めて、即時抗告しています。


東京高裁(大島隆明裁判長)は、再審開始の決定については審理を開始しましたが、拘置の執行停止(釈放)については地裁決定を支持、静岡地検の抗告を棄却しました。


「拘置は死刑執行のための身柄拘束で、死刑執行の一環。再審開始決定をした時は拘置も執行停止できる」とし「年齢や精神状態に鑑みれば、身柄確保の必要性が高いといえない」と述べています。 しかし、審理が開始されている以上、袴田さんが再び拘置される可能性もゼロとは言えません。


袴田巌さんを支援しようと、日本プロボクシング協会・ボクシングの世界王者らが「袴田さんを自由に」と訴えています。


司法の原則は、【疑わしきは罰せず】につきるはずです。 袴田事件においては、自白の強要、犯行着衣の捏造疑惑、日に日に変わる供述調書、無実の心証をもっていながら、多数決で死刑判決を書いた、元・裁判官の証言、検察によるDNA鑑定の矛盾など、袴田さんを犯人とするには、あまりにも疑わしいものが揃っています。司法は即時抗告を棄却すべきです。


※袴田事件の詳細は過去ブログに。


◼︎下記動画もご覧ください 【待ちわびて 袴田事件】(動画)


https://youtu.be/mjBqfjfPXN8


【2014年法務委員会 仁比氏質問】


https://youtu.be/QspkN_YxNYs 


◼︎◼︎再審決定開始に対する即時抗告の棄却を求める署名◼︎◼︎


chrome://external-file/%EF%BD%B8%EF%BE%93%EF%BE%85%EF%BE%84.pdf



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦争嫌だ!スタンディング202... | トップ | 8月9日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

袴田事件・冤罪」カテゴリの最新記事