「未来を平和に」日々徒然♪

ブログ賛否両論だと思いますが、まずはヨロシクです♪(ブログは団体とは関係ない個人私感です)

4度目も廃案だ!ー共謀罪いらない!

2017-03-15 20:58:51 | みんな自由に生きる権利を


共謀罪法案は、2003年に初めて国会に提出されてから2009年まで、計3度提出されましたが、市民の反対の声が政治を動かし廃案においこんでいます。

※過去3回廃案になった流れをおってみました。



●2003年3月11日
犯罪の国際化及び組織化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案を閣議決定。

●2004年2月20日
内閣提出法律案として提出され、その後継続審議に。

2005年8月8日解散総選挙により廃案

●2005年10月4日
第163回国会(特別会)に内閣提出法律案として再提出される。継続審議。
14日衆院法務委員会で審議入り。

●2006年4月24日
審議開始。同年6月2日、協議は決裂。
法案成立断念


※小泉政権は、『共謀罪』を民政民営化法案に続く重要法案として位置づけて国会での成立を目指しました。数の力では法案成立でしたが、先の通常国会に続き今国会での成立を断念することで合意。

2005年は、小泉純一郎内閣が突然の郵政解散で圧勝した後で『数の力』では勝敗は明らかだったものの、成立断念においこんでいます。

●2007年1月19日
安倍首相は、共謀罪創設を柱とする組織犯罪処罰法改正案について成立を目指すよう指示。が、国会とも審議に入らないまま継続審議に。

●2009年7月21日
衆議院解散、国会閉幕。
廃案


『こんな法律ひつようですか!?』


※3月21日にも、安倍政権はテロ等準備罪と名前を変えても中身は過去廃案になった『共謀罪』を閣議決定しようとしています。

『もう何をやっても、変わらないのでは?』

と、絶望したり、あきらめることはありません。



過去3回廃案になったときも、閣議決定後、廃案においこんでいます

私たち市民の運動が広がれば、必ず廃案にできます。

過去3回廃案に追い込んだ力は、市民の力を合わせた運動の結果です。

廃案もとめ、専門家から抗議の声明文などが出され、大々的な、抗議集会やデモ、署名提出などが繰り広げられました。

あきらめない力、継続した地域の力!

今も、国会前、全国各地で共謀罪の学習会や要請行動や宣伝が広げられています。

政治を変える力は、市民が様々な形で声をあげることにあります。

共謀罪は、必ず廃案させよう!!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月14日(火)のつぶやき | トップ | 3月15日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

みんな自由に生きる権利を」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。