読書備忘録

私が読んだ本等の日々の
忘れない為の備忘録です

映画・DVD「ケープタウン」

2016-12-07 | 映画

2013年仏・南ア合作クライム映画。原題「Zulu」原作キャルイル・フェレの映画化。ジェロム・サル監督作品。南アのケープタウンで、ある日、元人気ラグビー選手の娘が惨殺死体で発見される。事件の捜査に当たるのはズールー人警部アリ・ソケーラ(フォレスト・ウィテカー)。彼が率いるチームには酒と女に溺れる問題児ブライアン・エプキン刑事(オーランド・ブルーム)が所属していた。ブライアンとアリは、捜査を進めていくうちに、被害者が殺害前にとある薬物の売人と接触していたことを突き止める。その薬物は最近多発している児童失踪事件の現場にも遺されていたものだった。やがてその薬物の恐ろしい成分を知った刑事二人は、事件の裏にはこの街に潜む恐ろしい犯罪組織が関わっていることを知る。残虐なシーンもあるが治安の悪さとこの国のアパルトヘイトの後遺症が影を落とす中、何でもありの街での展開は早く、心に問題を抱えている2人の刑事の葛藤も描かれる中悪に立ち向かう彼らの活躍は面白かった。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 故郷の山(三輪山) | トップ | 宮部みゆき著「荒 神」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL