読書備忘録

私が読んだ本等の日々の
忘れない為の備忘録です

映画・DVD「Ⅹーミッション」 

2016-11-05 | 映画

2015年アメリカアクション映画。原題「point break」エリクソン・コア監督作品

エクストリーム・スポーツのアスリートという経歴を持つ新米FBI捜査官のジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)は、謎の犯罪者集団の調査を命令される志願する。犯人達は常人には真似できない危険かつ大胆な方法で犯行を行い、盗んだダイヤや現金はそのまま貧民街にバラ撒くという目的も一切不明の集団。ユタはFBIに認知されていない彼らの犯行がもう1件あることを見抜き、さらに彼らが「オザキ8」と呼ばれる8つのエクストリーム・スポーツに擬えて犯行を行っていることに気づく。次に彼らが現れるポイントを予測しフランスを訪れたユタは、4つ目の大波の試練に挑戦するも失敗、死にかけたところを同じく大波に挑戦していたボーディ(エドガー・ラミレス)に助けられる。アスリート達からカリスマ的人気を誇る彼は、かつてのアスリート時代のユタを知っており、ユタは彼が事件に絡んでいると知りつつも潜入捜査という形で行動を共にし交友を深めていく。

日本の荒修行みたいな「オザキ8」とか、エクストリームスポーツなど知らないことばかりの世界だったが、鍛え貫かれた肉体と精神力でムササビスーツでの空中滑空やスノーボードでの雪山滑走など大迫力のシーンの連続で純粋に楽しめた。ストーリーはあるのだが無理ぽい展開であったが大画面で見たかった。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画・DVD「ボーダーライン」 | トップ | 新宮広明著「サマーキャンプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
X-ミッション (本と映画、ときどき日常)
監督 エリクソン・コア 出演 エドガー・ラモレス     ルーク・ブレイシー     テリーサ・パーマー 命知らずの強盗団に極秘潜入捜査したFBI捜査官。 彼らと友情めい......