自然回帰

山歩きが好きで自然と共に生きたいと願っています~Myホームページ『宮崎の山歩き』もよろしかったらご覧下さい(^^♪

瀬の本から岩井川岳~扇ガ鼻へ

2013-06-10 | Weblog
岩井川岳(1522m)~扇ガ鼻(1698m)・・・大分県久住町
平成25年6月8日(土)曇り

◆メンバー
yamahiroさん、fujiyamaさん、スーさん+α、michiさん、川越さん、asariさん、yamask
◆コース概要:やまなみハイウェイ、瀬の本登山口より扇ガ鼻と岩井川岳を往復
【所用時間】山頂休憩・昼食タイムは含まない
 登山口⇒岩井川岳分岐(75分)⇒扇ガ鼻(25分)⇒岩井川岳(20分)
 岩井川岳⇒登山口(65分)

▼扇ガ鼻山頂付近で見かけた花です。
^

▼サラサドウダンツツジ?


▼瀬の本高原の三愛レストハウスへ午前8時集合
 右画像⇒やまなみハイウェイ沿いの『瀬の本登山口』
^

▼最初は林道を歩きます/登山道にはササもあります
^

▼樹林帯を抜けると右方に岩井川岳が見えてきます
 右画像⇒稜線から派生する尾根筋へ上がってきました。
^

▼正面に扇ガ鼻が見えてきました/左方には湧蓋山(1500m)も
^

▼岩井川岳分岐を通過/扇ガ鼻山頂部に登山者の姿が見てとれます。
^

▼星生山が見えてきました/扇ガ鼻山頂に到着です
^

▼久住山(1787m)九州本土最高峰の中岳(1791m)天狗ケ城(1780m)


▼左方(北)へ目を向けると星生山(1762m)にも多くの登山者


▼全員集合!・・・自動シャッターでパチリ


▼山頂での展望を楽しんだので岩井川岳へ向います。


▼岩井川岳の山頂部は広い草原です。


▼南方に三角点があります/岩井川岳のミヤマキリシマ
 ミヤマキリシマに囲まれて昼食タイムをとりました。
^
岩井川岳はくじゅう連山の一角に有りながら登山者は稀で喧騒を避けてゆっくりしたい人にはお勧めです。

▼遊覧飛行のヘリコプター/瀬の本登山口へ下山しました。
^

▼下山後は「瀬の本」三愛高原ホテルの露天風呂へ:入浴料(500円)
^
岩井川岳・扇ガ鼻や阿蘇山が見えます(^^♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白鳥山~硫黄山 池巡り周回コ... | トップ | 田植え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL