医学部、薬学部、看護学部の大学入試について(さくら教育研究所)

無料体験授業をスカイプで実施中! 
メールでお気軽にお問い合わせ下さい。( info@skredu.mods.jp )

2017年度 国公立全50大学の医学部入試・志願倍率

2017-11-18 | 日記

 計50の国公立大学医学部医学科の2017年度入試志願者数は、前期日程試験は1万8010人で、全定員3686人に対して倍率4.9倍、後期日程試験は志願者数9962人で、全定員544人に対し18.3倍となったことが分かった(各大学のホームページ調べ)。

 前期日程試験について大学別に見ると、前年度よりも志願者数を最も大きく伸ばしたのは、奈良県立医科大学の169.3%、以下、福井大学の157.3%、徳島大学の150.5%などと続いた。

 一般入試枠の志願倍率が、センター試験後の志望状況から大きく変動したのは、熊本大学(2.6倍から5.3倍)、弘前大学(3.9倍から7.8倍)、愛媛大学(3.7倍から7.2倍)など。センター試験での志望倍率が4倍未満の比較的競争倍率の低い大学に流入した傾向が見られた。

 国公立大入試は2月25日から前期日程試験が実施され、3月1日~10日までに合格発表が行われる予定。後期日程試験は3月12日から実施される。


表1 2017年度国公立大学医学部入試の志願者状況一覧 (前期日程)


表2 2017年度国公立大学医学部入試の志願者状況一覧 (後期日程)

【掲載データについて】
1)表1と表2のデータは、2月7日時点で各国公立大学のホームページに公開されているデータを基に作成。一部の大学は最終確定数値ではない可能性がある。
2)各大学の学部は、医学科(または医学科に該当する募集単位)を対象に集計。東京大学については、理科Ⅲ類を掲載。
3)「志願者数」は、大学に提出された願書の数を集計した数値で、「志願倍率」は志願者数を入学定員で割った倍率を指す。
4) 地域枠等の特色入試については、個別に志願倍率を公開している大学は個別に掲載。公開していない大学は学科単位でまとめて掲載。 
5)「志望倍率との比較」は、1月19日に掲載した志望倍率との変動率を掲載。
6)本データには、推薦入試や社会人入試は掲載していない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近畿にある医学部に強い高校... | トップ | 防衛医科大学・医学部・数学 1 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事