医学部、薬学部、看護学部の大学入試について(さくら教育研究所)

無料体験授業をスカイプで実施中! 
メールでお気軽にお問い合わせ下さい。( info@skredu.mods.jp )

東大医学部コンビ 野球と勉強の4年間

2017-05-15 | 日記

 東大医学部在籍の2人の野球部員が、勉強との両立を成し遂げた。東京六大学秋季リーグを終え、安原崇哲投手は「医学部でも4年間続けられることを示せた」と感慨深げに語り、福井大和投手は「両立できたことはこれからの人生に自信になる」と笑顔を見せた。

 ともに兵庫・灘高出身で現役で合格。医学部に進む理科三類からの入部は当時、東大で20年ぶりと話題になった。

 安原はリトルリーグで全国大会に出場し、灘高時代は主将でエース、4番打者と実績十分。リーグ戦は1年秋にデビューし、2年秋に法大戦で先発するなど通算21試合に登板した。勝敗はつかず「できれば勝ちたかった」という思いも持つ。

 福井は2年春に初めてベンチ入りしたが、なかなかマウンドに上がれなかった。「焦りはなかったが、早く投げたい気持ちはずっとあった」。念願のデビューは最後のシーズンの10月23日の法大戦。7回に登板して2死満塁のピンチとなったが、無失点と踏ん張った。「緊張した。テンポは悪かったが、ゼロに抑えられて良かった」とほっとした表情だった。

 ともに授業の関係で全体練習に参加できないことが多かった。ハンディは大きかったが、安原は「自主練習もできるし、投手なので捕手さえ見つければ練習できるので困ったことはない」と言う。福井は「医学部の先輩がいなかったし、4年間やれるか不安だった。あいつと一緒だったからこそ、やってこられた」と安原を見つめた。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学受験の最難関は、医学部... | トップ | 「LinQ」秋山ありす 医... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む