幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

三菱東京UFJなりすましメール要注意!!貴様のアカウントの利用中止を避けるため」

2014-01-19 | 徒然なるままに

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1601.htmlから

三菱東京UFJなりすましメールに要注意!私の元にもメールが来ました!「貴様のアカウントの利用中止を避けるため」  new!!

20140117220213mitbisi.jpg
最近、三菱東京UFJになりすましたメールが全国にばら撒かれているようです。三菱の公式ホームページでも注意喚起を呼びかけ中で、被害は全国各地に広がっています。

実は、先日に当ブログの公開メールアドレスにも、この三菱なりすましメールが届いていました。そのときのメールを見てみると、タイトルには「【三菱東京UFJ銀行】本人認証サービス」と書かれ、本文には「2014年「三菱東京UFJ銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。以下のページより登録を続けてください。」というようなことが記載されています。その下には謎のURLが張ってありますが、怖いので私は触れていません(苦笑)。

↓当ブログに届いた三菱迷惑メール
20140117205311mitubis000.jpg

そもそも、私は三菱UFJを使っていないので、三菱の認証サービスが来ることがあり得ない話です。それに、「貴様のアカウントの利用中止を避けるために」って、迷惑メールを送っている方も騙す気が無いように感じられます。いずれにせよ、かなり広い範囲にこの迷惑メールが送られているようなので、皆さんも注意してください。


☆インターネットバンキングのパスワード等を騙し取る不審な電子メールにご注意ください(平成26年1月14日更新)。
URL http://bk.mufg.jp/info/phishing/20131118.html

引用:
20140117205610mitubisi01.jpg
インターネットバンキングのパスワードなどお客さまの情報を盗み取ろうとする不審な電子メールが、当行を装った第三者により多数送信されています。これらのメールは第三者により当行とのお取引の有無に関わらず不特定多数のお客さまに送信されています。

1. ご注意事項
(1) 当行が電子メールで、パスワード等の入力をご依頼することは、絶対にありませんので、決して入力することのないようご注意ください。
また、銀行員、銀行協会職員、警察等が、店舗外や電話等で各種パスワードや確認番号(ご契約カード裏面の乱数表)の数字をお尋ねすることは、絶対にありません。
(2) 不審なメールが届いた場合は安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず削除してください。万が一、リンク先の不正サイト等にパスワード等を入力した場合は速やかに下部の問い合わせ先までご連絡ください。 ※当行から配信するメールの確認方法は新しいウィンドウを開きます。こちらをご覧ください。.

2. 不審な電子メールの内容
電子メールのリンク先の偽ログイン画面に誘導して、ご契約番号やパスワード等を入力させ、お客さまの情報を盗み取る手口です。
ログインボタンを押すと、次の偽画面で確認番号表(乱数表)の数字を入力させるものもあります。
※不審な電子メールは送信元のEメールアドレスに「@mufg」を使用して偽装している場合もあります。.

<不審な電子メールの例> ※今後、新しいものが追加される可能性があります。

不審な電子メール例(1)(1月14日追加)
:引用終了


ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会人の「マスク」マナー世... | トップ | 農場で我が子を撮った母親の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
フィッシング詐欺メールを解析してみた (地域活性化と情報化社会を考える)
このところ、またフィッシング詐欺メールが多く出回っているようだ。他のブログでも騒