幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

船越英一郎、離婚決意の理由「彼を変えた2つの出来事」と、動画やブログの制作に協力する “チーム松居”の存在

2017-07-11 | 徒然なるままに

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170711-00010101-jprime-ent

 船越が離婚の決心を固めたのは、ある2つの出来事が起こったからだ。

「'15年に松居さんが著書の出版会見で、2週間前に亡くなった川島なお美さんと船越さんが過去に交際していたことを突然、暴露したんです。

 さすがに亡くなった人を自分の商売に利用したことに“怒りを通りこしてあきれた”とおっしゃっていましたね。それでも、川島さんの遺族にも迷惑がかかるし、“もう、そんなことするな”と怒ったんです」

 その数日後、船越の住むマンションの玄関前に、突然、仏壇が置かれていたという。

「あの仏壇はひとりで運べるような重さじゃないですよ。しかも隣には、まるで捨てたかのように船越さんのお父さん、お母さん、妹さんの3つの位牌が逆さになって入れられた紙袋が置かれていたんです。

 携帯の写真を見せながら私に話してくれましたが、とても悲しそうに話していたのを忘れません。彼女がさみしがり屋だからという気遣いと何か仕返しされるという怖さからなかなか離婚を決断できなかった。でも、これらの出来事で腹を決めたんです」

 その後、船越から離婚の話し合いを何度も提案したが、実現しなかった。しかたなく、今年6月に家庭裁判所へ離婚調停の申し立てをしたのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170711-00010118-jprime-ent

 

松居一代、動画やブログの制作に協力する “チーム松居”の存在

 

 現在も松居とも親交のあるAさんが、以下のように証言をする。

「7月4日までは都内のホテルに滞在していましたが、それ以降は知人の実家に居候しています。現在、松居さんを入れて4人で“チーム松居”として動画やブログを制作しています。彼女はこの作業が楽しいのか、“まだまだアップするわよ”と息巻いてますよ」

 離婚調停のほうも「最高裁まで争う」と闘う姿勢を崩していないそうだ。

「彼女はお金が欲しいわけではないが、裏切られたという気持ちを金額で埋めてもらうしかないんです。

 つまり、億単位の慰謝料を請求することになるでしょう。それに船越さんが応じるまで、ビタ一文もまけるつもりはないでしょうね」

 また松居の動きを追っている芸能プロ関係者も“チーム松居”の存在について語る。

「いまの松居さんには、心から頼れる3人の友人がついているそうですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “在来種のアリはヒアリの定着... | トップ | 空き家「3軒に1軒」放置すれ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然なるままに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。