幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

尾木ママ「子供への性犯罪の実態は深刻よ」

2017-09-01 | 徒然なるままに

http://bunshun.jp/articles/-/455?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink

 法務大臣に性犯罪の厳罰化が答申されたことをご存じかしら。来年にも法改正が実現すれば一九〇七年の刑法制定以来百十年ぶりの見直しだとか。性犯罪被害に遭った人たちの苦しみを考えれば厳罰化は当然。大賛成よ!

 ポイントはいくつかあって、まず強姦や強制わいせつを被害者の告訴がなくても起訴できる「非親告罪」化。そして、強姦罪の法定刑は現行の下限である「懲役三年以上」が「五年以上」へ引き上げになるの。「魂の殺人」とも呼ばれる強姦が強盗より刑が軽いのはおかしい――そう言われてきたことを考えると改正は遅すぎるくらいじゃないかしら。

 さらに、親から子への性的虐待など、これまでは軽い罪で済んだケースも強姦罪や強制わいせつ罪などが適用されるようになるの。

 そして、被害者は女性、加害者は男性という性差もなくなるので、男性被害者にとっては救いになると思うわ。あってはならないことだけど、教育現場では、男性教師から男子児童・生徒への加害行為だけでなく、女性教師から男子児童・生徒に対する性犯罪も結構多いの。

 大学で「性的自立」の授業後、小学生のとき女性の担任から性暴力を受けたことを打ち明けてくれた男子学生もいたのよ。それ以来、教師を信頼できなくなって成績も落ち、誰にも相談できずトラウマを抱えて……。その行為がどれほど相手を深く傷つけるか、加害者はきちんと知るべきね。

 それにしても日本は性に対する教育や意識が本当に遅れている。コンビニに成人向け雑誌が置いてあったり、痴漢や強姦のAV(アダルトビデオ)が流通しているなんて国際的にみたら異様よ。小さい頃から相手の人格を尊重するようしっかり教えること。性犯罪の厳罰化だけでなく、性犯罪者向けの再犯防止策も強化してほしいわ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾木ママ「子供の目の前で行われる夫婦ゲンカも児童虐待に含まれます」

2017-09-01 | 徒然なるままに

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170831-00003941-bunshun-life

 児童虐待は「身体的虐待」「性的虐待」「ネグレクト」「心理的虐待」の四つに分類される。殴る蹴るの「身体的虐待」が注目されがちだけど、今回の統計では「心理的虐待」が過半数の五一・五%を占めている。これには子供に直接向けられる脅しなどの言葉の暴力だけでなく、子供の目の前で父親が母親を叩いたり母親が父親を罵ったりする「面前DV」、つまり夫婦ゲンカが含まれるの。面前夫婦ゲンカは児童虐待だっていう認識を、あらためて、国民全体で共有するべきかも!

 児童虐待防止法が施行されたのは二〇〇〇年。四年後には改正されて、大人同士のドメスティック・バイオレンスなど間接的に子供を傷つける行為も児童虐待に含まれることになったの。ボクが公立中学の教員だった頃、機会あるごとにお母さん方に保護者会で呼びかけたものよ。「子育ては、とにかく夫婦仲が良いことが一番! 子供の前でケンカをしないでくださいね」。こう言うと皆さん笑うけど、笑いごとじゃないの! 我々教師から見ると、ご両親の仲がいい生徒は何ともいえずホッコリしている。福井大学とハーバード大学の共同研究で、DVを目撃した子供の脳は縮む、という事実も判明している。逆に家庭環境がいいと脳の海馬が膨らんで記憶力がUPするのヨ、これホント!

 夫婦仲の修復は難しい、なんて言ってる場合じゃない。とにかく、子供の目の前でのケンカはダメ。ケンカをするなら別の部屋か、子供が寝てから存分にやってネ(笑)!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜矩子さん 蓄えは「普通預金と定期預金だけ」の深いワケ お金のプロが教える自分年金の貯め方

2017-09-01 | 徒然なるままに

http://www.asyura2.com/17/hasan123/msg/407.html

 

 

           

 


浜矩子さん 蓄えは「普通預金と定期預金だけ」の深いワケ お金のプロが教える自分年金の貯め方
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/212384
2017年8月28日 日刊ゲンダイ

 

■「貯蓄から投資へ」に踊らされるな

 その結果、「自分年金」と呼べる資金は、銀行預金だけ。ただし、これには“成り行き任せ”という以外の理由もちゃんとある。

「アホノミクスは“貯蓄から投資へ”と旗を振り、国民の資産形成を安全性の高い預金から危険性が高い金融商品へとシフトさせようとしています。金利まで低くして“自分で投資しないとダメですよ”とあおっている。これは株式市場に流れるカネを増やすことで株高を演出するため。国民の資産形成を考えているからではありません。でも、将来に対する不安が高い人ほど“何とかしなければ”と悩み、一獲千金を想像させるような言葉に惑わされ、引っ掛かり、振り回される。それでいつか“こんなはずじゃなかった”と後悔するのです。バブルの頃も“財テク”という言葉に振り回され、ふらふらと株に手を出してひどい目に遭った人は大勢いました。銀行預金は法制度で守られている度合いが高い。これから子供の教育や住宅の購入などで資金が必要な若い人ほど、規制がもたらす安全性の内側にとどまることを考えるべきです」

 素人は鉄火場に出入りしない方が賢明だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「宿題が手に付かない」は前兆かも… 自殺最多の9月1日を前に親がやれること

2017-09-01 | 徒然なるままに

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170830-00000089-sasahi-life&pos=1

 1年間のうちで、子どもの自殺が最も多くなるのは夏休み明け前後です。

 約40年間分の18歳以下の自殺者を内閣府が調べたところ「9月1日」に自殺した人は累計131人で、突出して多かったというデータが2015年に発表されました。また、9月2日(94人)や8月31日(92人)も自殺が多く、夏休み前後は子ども自殺のピークだと言えます。

 「9月1日」とは全国的に「2学期初日」にあたります。北海道や東北、そして2学期制の学校では初日が異なりますが、東京、名古屋、大阪など多くの学校は今年も9月1日に2学期初日を迎えます。

■SOSとその対応

 夏休み明けの子どもの自殺の前兆としては「宿題が手につかない」「体調不良を訴える」「学校に行きたがらない」という3点が挙げられており、児童精神科医・高岡健さんは「一見ささいなサインのようだが軽視すべきではない」と指摘します。

 こうしたサインに気がついた場合、まわりはどう対応をすべきなのでしょうか。「これが絶対」と言えるものはありませんが、専門科への取材を総合すると3つの大事なポイントが見えてきます。

(1)相手の気持ちを軽く見ない
 「死にたい」と子どもから言われたとき「死ぬなんてバカなことを」とか「本気じゃないだろう」などと答える人がいます。しかし、それは死にたいほど苦しい気持ちを軽く見られたと、子どもは受け取ってしまいます。まずはそれほど本人が苦しかったんだ、という前提で話を聞いてください。

(2)話を最後まで聞く
 「宿題が終わらない」と子どもから言われると、親ならば「だから、やっときなさいって言ったでしょ」と言いたくなります。でも、そこをぐっとこらえて最後まで話を聞く必要があります。行動の一つひとつをくりぬいて善悪で考えずに、そうならざるをえなかった状況を理解する必要があります。

(3)安全を確保する
 心理カウンセラー・内田良子さんは「休ませる勇気こそ親の愛情表現です」と話します。「不登校ができた子どもは命を絶たずに済むから」です。本人にとって心から安心・安全だと思える場所はどこなのか。まずは安全な場所で気持ちを落ち着かせることが大事です。

 このほか「気持ちを尋ねる」、「心配しているなど自分の気持ちを伝える」なども基本的な対応の一つだと言われています。

 そのいじめを受けてしまう側にとっても、9月というのは、ほかの月とはちがう意味合いを持ちます。というのも、学校がなくてホッとできる夏休みから、いきなりいじめのピークを迎える学校へ行くことになるからです。一度でも9月にいじめを受けたことがある人ならば「またあの時期がやってくる」と思うのがふつうです。

 以前、不登校経験者から9月1日は「ジェットコースターが落ちる前のような恐怖感があった」という話を聞きました。

■弱音を聞いてほしい

 さまざまに傷つけられて子どもは大人に相談しますが、残念ながら、その気持ちは軽視されることのほうが多いです。

 昨年、いじめに耐え切れず、先生に相談すると「ウソをつくな」と一喝された女子中学生がいました。彼女はそれが悔しくてつらくて、カミソリで自分の手首を切りました。すると親から「バカなことを」と怒られました。誰からも「なにがあったの?」とは聞かれなかったそうです。

 教師からのいじめを受けてきた男子中学生は「学校に問題があるのに、学校を休むと僕が問題にされる」と私に訴えてきました。彼が感じてきた理不尽さは「誰にも共感されなかった」とも話してくれました。

 いずれも2015年に「9月1日は子ども自殺が多い」というニュースが流れた後の話です。「学校よりも命が大事」なんてメッセージは、子どもたちに届いていません。いまだにこの国では学校で苦しむ子どもに冷たいのです。

 多くの方にお願いしたいのは、子どもが弱音を吐いたら気持ちを聞いてほしい、ということです。

 15年間、学校で苦しんだ人への取材を続けていますが「気持ちを聞いてくれる人に出会って状況が変わった」という声をよく聞きます。その相手は友だちや親などさまざまです。「気持ちを聞く」という行為は一見、抜本的な解決策に見えません。しかし、一番大切なのは、まずは本人の気持ちが救われることです。そこから新しいスタートなのです。

 どうしてつらいのか、どうして休みたいのかを尋ね、その気持ちを一人でも聞いてくれる人がいれば状況は変わります。そういう人をたくさん見てきました。

 学校を変える、教育制度を変える、そういうことも必要です。しかし、もっと誰にでもできることの積み重ねのなかに、救われる魂があるのだと私は思っています。(文/石井志昂)

===子どもの相談先一覧===
24時間子供SOSダイヤル 電話0120-078-310
子どもの人権110番 電話0120-007-110
チャイルドライン 電話0120-99-7777

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新学期が死ぬほど苦しい君へ 「義務教育は1日も通わず卒業できる」〈

2017-09-01 | 徒然なるままに

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170830-00000091-sasahi-life

 これから始まる新学期。9月1日は子どもの自殺が1年で最も多い日だ。苦しい気持ちを誰にも打ち明けられずに、学校へ向かう子もいるかもしれない。「不登校新聞」編集長の石井志昂さんは、自身も不登校だった経験から「予想に反して学校へ行かないことは『人生の詰み』じゃなかった」と振り返ります。

*  *  *
 あの日、学校へ行かなかったから、私は自分の命を拾ったのだと今でも思っています。1年のうちで最も子ども自殺が多くなる「9月1日」を前にすると、自分が不登校だったころのことをどうしても思い出します。

 14歳のころ、学校へ行こうとすると自分が溶けてしまいそうなほどつらかったのです。先生のなかにはいい人もいたし、友人も好きでした。でも許せない先生もいたし、許せない同級生もいました。クラスのなかはいつも暴力が飛び交っていました。

 階段から突き落とされた同級生もいました。それを見ていた私は一秒たりとも同級生を救おうとは思いませんでした。自分に暴力が向けられるのが怖かったからです。

 小学生のころからずっと嫌われ、軽蔑されていた女子生徒は、いつも「クサイ」と言われていましたが、いまどうがんばっても彼女がどんな匂いだったのか思い出せません。彼女は私たちの幻想で苦しめられていたのです。

 そんなことはいくらでもありました。私もいじめられもしたし、いじめたし、止めることもできませんでした。先生がいじめを先導しているときもありましたが、基本的には教室で飛び交う暴力が過ぎていくのを見守るだけの日々でした。

 学校がつらいのは自分が弱いせいだとも思えたし、学校が悪いんだとも思えました。とにかく、あれだけまわりの空気を読んで自分を演じ、自分を殺してきた時間が長く続くと、自分が何を感じているのかよくわからない状況になっていました。

■「学校よりイヤなこと」無かった

「学校へ行けない」と親に伝えた日があります。どうしてそんな勇気が湧いたのか今でもわかりませんが、その日から登校していません。

 それからすぐに楽になったわけではありません。私の場合は、しばらく「自分には生きる価値がない」と思う日が続きました。「生きていてはいけない」と死ぬ日を決めたこともあります。

 結局、死ねずに、自分が情けなくてしょうがなかった日を重ねた結果、「もう一度、死ぬほどイヤな目に会うまで生きていよう」と決めました。あの日以来、いまに至るまで20年間、学校へ行くよりイヤなことなんて一度もありません。

■義務教育は子どもの義務じゃない

 学校へ行く代わりに知ったことがあります。同じように学校へ行かない人が集まる場があることです。そこでは、「どうして行かないの?」なんて聞かないし、学校へ行かないことを責める人もいませんでした。

「小中学校の義務教育は一日も通わずに卒業ができる」ということも知りました。出席日数に関係なく校長が認めれば卒業は認められます。中学2年生から一度も通っていない私も、中学を卒業しています。友だちは小学校の入学式にしか行かずに卒業しています。校長と交渉して卒業を認めさせてくれる大人もたくさんいます。

 義務教育は子どもの義務ではありません。

 高校はもっと自由です。転校もできるし、学校へ通わずに、試験を受けて高校卒業と同程度の資格をもらうこともできます(これを高等学校卒業程度認定試験といいます)。

■学校へ行けないのは「詰み」じゃない

 あれから20年、私は大量のゲームをクリアし、大量の漫画を読み、夜中に中継されるサッカーと五輪を思うぞんぶんに楽しんできました。憧れていた糸井重里さんに会いに行き、記者になり、いまではなぜか忌み嫌っていた将棋が大好きです。

 不登校当時、私は「この先、生きてても何の意味があるんだ」と思っていました。意味はいまだにわからないし、当時、想像した理想の人生も送っていません。でも想像以上に「生きててよかった」と思うことにも出会ってきました。

 私の予想に反して学校へ行かないことは「人生の詰み」ではありませんでした。

 もしいま、これから始まる学校が怖いと感じている人がいるならば、私のように生きている人を知ってもらいたいと思っています。

 どうか「死ぬ以外の選択肢がある」ことを信じてもらいたいと思っています。

(文/石井志昂)

<子どもの相談先一覧>
24時間子供SOSダイヤル 電話:0120-078-310
子どもの人権110番 電話:0120-007-110
チャイルドライン 電話:0120-99-7777

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エコノミークラス症候群 医療死亡事故のうち11件

2017-09-01 | 医療、健康

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108837.html

医療事故調査制度に基づいて報告された医療死亡事故のうち、11件の死因がエコノミークラス症候群だったことが分かりました。

 日本医療安全調査機構によりますと、今年3月までの1年半に報告された医療死亡事故330件のうち、11件の死因がいわゆるエコノミークラス症候群でした。エコノミークラス症候群は足などの静脈でできた血の塊が肺動脈に詰まる病気で、死亡する確率が高いとされています。機構は、手術後に体を動かせない患者などでは発症するリスクが高いため、早期に発見して対応することなどが重要とする6つの再発防止策を公表しました。患者側にも、予防のため、足用の弾性ストッキングを使ったり、動悸や息切れした時には症状が軽くても速やかに受診するよう呼び掛けています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米のハリケーン被害、8兆円の可能性 500年に一度と言われる洪水が発生

2017-09-01 | 世界

ツイートから

全米第4位の人口を抱えるヒューストンで、500年に一度と言われる洪水が発生しています。これはハリケーン・ハービーの上陸と停滞によるもので、アメリカ本土史上最大となる1,300ミリ以上の雨が降りましたhttps://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20170830-00075146/

米のハリケーン被害、8兆円の可能性

https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20170830-00075146/ハリケーン・ハービー、ニ度目の上陸 これから懸念されること

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大陽黒点 左隅に滅多にない規模の巨大黒点?

2017-09-01 | 地震

ツイートから

大陽黒点 左隅に滅多にない規模の巨大黒点?https://t.co/LqE0HCgiCV

8月22日以来、長期間断絶の続いていた行徳が29日17時に復活も、再び断絶どう考えても東日本大震災どころじゃないスーパークラス超大型地震前兆なのに結果が現れないのはなぜだ?http://earthq.system-canvas.com/browse2.wpp?cmd=view&loc=M_KTR&dir=VERT

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去最大級の小惑星、9月1日に地球接近

2017-09-01 | 宇宙

https://t.co/CGAmksqJfb

【8月31日 AFP】米航空宇宙局(NASA)によると、過去1世紀以上の間に地球に接近した中で最大の小惑星が9月1日、地球のそばを通過する。地球から約700万キロという異例の近距離まで接近するが、衝突の危険性はないという。

 1981年に発見されたこの小惑星は、近代看護の生みの親として知られる19世紀の英看護師フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale)にちなんで「フローレンス」と名づけられた。

 NASAは声明で、フローレンスのサイズについて「地球からこれほど近い距離を通過する小惑星としては、1世紀以上前に最初の地球近傍小惑星が発見されて以来で最大」としている。

 幅約4.4キロのフローレンスは最大級の地球近傍小惑星で、その大きさはエジプトのピラミッド30基分に相当する。NASAによると、フローレンスがここまで地球に接近するのは1890年以来初めてで、次回の最接近は2500年以降になる見通しだ。(c)AFP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮がさらなるミサイル発射を予告!「太平洋を標的として弾道ロケット発射演習を」

2017-09-01 | アジア

「次の標的はグアム」 北朝鮮、さらなるミサイル発射を予告
https://www.cnn.co.jp/world/35106518.html

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は30日、日本上空を通過した中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」の発射実験について、「太平洋における軍事作戦の第1歩であり、グアム封じ込めに向けた有意義な序章」だったと伝えた。



北朝鮮ミサイル 再突入に問題も数か月後には米本土射程か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170831/k10011121051000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

先月、NHKのカメラが捉えた北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルだとするミサイルの落下映像について、アメリカの専門家グループがこのほど詳細な分析を行いました。



<iframe src="https://www.youtube.com/embed/7M1AG5tMP9A" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/nh2EqVcMH7E" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤の強い反応が月没時に出現 数日間は内陸部のM5クラスの地震に注意が必要

2017-09-01 | 地震

ツイートから

観測機2のデータです。赤の強い反応が月没時に出現しています。数日間は内陸部のM5クラスの地震に注意が必要です。8月19日にツイートした観測機4の東海地方の反応は東海沖で深発地震が直列に列んで発生していました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽちっと宜しくお願いします。


人気ブログランキングへありがとうございました。