幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

安室奈美恵ベストアルバムにも奴隷契約の影が…ライジングプロダクション時代の曲はすべて歌い直し収録

2017-10-13 | Music

http://lite-ra.com/2017/10/post-3495.html

 先月20日、来年2018年9月16日をもって引退することを自身のホームページ上で発表した安室奈美恵。

 25年にわたる歌手としてのキャリアの締めくくりとして、その足跡を辿るベストアルバム『Finally』が11月8日に発売されることが決まっているのだが、先日その収録内容が発表された。

 新曲6曲に加え、SUPER MONKEY’Sとしてのデビュー曲「ミスターU.S.A.」から最新シングル「Just You and I」までのなかから年代ごとに45曲が選ばれ収録。そのうち39曲については新たにレコーディングし直したものを収録するという。

「ベスト盤なんて古い音源をちゃちゃっと収録すればいいだけなのに、手を抜かずにわざわざ歌い直すなんてさすが安室奈美恵!」と思ってしまいそうになるが、ベストアルバムとしては珍しい大量の新録曲群にはどうも裏があるようなのだ。

 今回のベストアルバムのためにレコーディングし直されるのは、「ミスターU.S.A.」から「TSUKI」までの期間の楽曲。1992年9月から2014年1月までにリリースされたものである。15年12月リリースの「Red Carpet」以降の楽曲はすでに発売されているそのままの音源が収録される。

 周知の通り安室は、契約内容や後述の脱税事件を契機に前所属事務所であるライジングプロダクションに不信感を抱き、その後は”奴隷的”とされた契約などでトラブルとなり、15年1月にライジングとの専属契約を終了。レコード契約を結んでいるエイベックス系列のDimension Pointに移籍し、同年6月には個人事務所stella88が設立されている。

 

 結局、この時点では引退することはなく、事務所独立ということで話はついたのだが、先に述べた通り、ライジングの直接的な管理からは逃げ出すことができたものの、結局はエイベックスに属したままであり、ライジングの裏にいるバーニングの支配構造からは脱することができなかった。そのことが今回の引退につながっていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さすがSMAP! 稲垣、草なぎ、香取が“個を抑圧するすべてのものから逃げよう”と訴える奴隷解放宣言

2017-09-23 | Music

http://lite-ra.com/2017/09/post-3469.html

smap_170922_top.jpg

「新しい地図」HPより

 まさに“華麗なる逆襲”だ。──今月8日にジャニーズ事務所を退所したSMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が、本日、公式ファンサイト「新しい地図」を公開したのだ。

 ファンを歓喜させているのは、そのメッセージだ。まず、サイトでは、東西南北「N・E・W・S」の方位を示すアルファベットの手書きロゴを大きく配置。新しい「地図」=MAPとかけ合わせれば「NEWSMAP」となる。このことから、ファンのみならず多くの人びとから「新しいSMAPのはじまり」として祝福の声があがっている。

 さらに今回、公式ファンサイトの運営元として「株式会社CULEN」という会社の存在も公表。トップページには〈これから、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんとクリエイティブな活動をご一緒させていただきます〉と書かれており、3人が今後も活動をともにすることが明かされた。

 しかし、今回もっとも驚かされたと同時に、感動を覚えたのは、サイトのオープンとともに公開された動画で、このような力強いメッセージを発信したことだろう。

〈逃げよう。自分を縛りつけるものから。ボーダーを超えよう。塗り替えていこう。自由と平和を愛し、武器は、アイデアと愛嬌。バカにされたっていい。心をこめて、心を打つ。さあ、風通しよくいこう。私たちは、新しい地図。〉

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日野皓正“ビンタ騒動”の男子中学生が父親とインタービューに答え「多くの人が誤解をしている」

2017-09-05 | Music

これ、TVで観ましたが、日野さんとは親子のような関係のようで、怒られた少年も信頼しているようで、叱られたことは仕方がないと、親子共に理解しているようでした。

日野さんもドラムが素晴らしい!と評価していて、期待している様子でしたが、少年もずっと続けていくということなので、本人にダメージがなくて、良かったです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00000176-sph-ent

 

日野皓正

 ジャズトランペット奏者の日野皓正(74)が、ジャズコンサート中にドラムを演奏していた男子中学生の髪をつかんで往復ビンタをした問題で、2日放送されたテレビ朝日系「サタデーステーション」(土曜・後8時54分)で当事者の中学生と、その父親がインタービューに答え“ビンタ騒動”には誤解があると訴えかけた。

 中学生の父親は「多くの人がこの件に関して、誤解をしていると思うので…それを一番明らかにできるのは、当事者である息子とその父親」と話し、「すべての映像を見てもらったうえで直接説明します」とした上でインタービューに答えた。

 中学生は昨年のコンサートから参加していたそうで「去年も(バンドに)入るなり、日野さんに怒られているみたいで、(今回も)またやらかしたなと思って、(動画を)見たら、やっぱり悪いじゃんと思って」と父親は話した。

 また父親が「バンドを動かしたかったんです。多分人生で一番楽しい瞬間だったんでしょ? 日野さん来るまでは」と中学生に問うと「(楽しい)瞬間だったかもしれない。(日野さんは)ユーモアもすごくって、それでも『いけない』と思ったことにはガッツリ叱って、根本から変えてあげようという愛があると思います」と心中を明かし、「多分死ぬまで(ドラムは)続けると思います」と明るい声で答えていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界的ジャズ・トランペット奏者、日野皓正が男子中学生を・・・動画

2017-08-31 | Music

やめないで叩き続けたということだからドラマーも悪かったようで、よほど腹に据えかねたのか。暴力はよくなかったけれど。

文より、動画を観たほうがいいかも。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170830-00529717-shincho-soci

【動画】日野皓正氏の暴行の様子

「せたがやこどもプロジェクト2017《ステージ編》 日野皓正 presents “Jazz for Kids”」は世田谷パブリックシアター(東京都世田谷区太子堂)で毎年8月に開催され、今年で13年目を迎える。

 8月19日に開かれた『日野皓正 Quintet Live』も話題となったが、やはり本命は翌20日に開かれた『Dream Jazz Band 13th Annual Concert』だ。公募で集まった世田谷区立中学の生徒たちが日野皓正氏など一流のミュージシャンから指導を受けた成果を発表するのだから、人気を集めないはずがない。

 今年も数百人の観客がシアターを訪れ、ビッグバンドの奏でるジャズに聞き惚れた。演奏者の中学生にも最高の夏休みが保証されていたはずのイベントは突然、暗転する。公開中の動画を見て頂きたいが、本番も本番、観客の前でドラマーが演奏している真っ最中にもかかわらず、ただならぬ雰囲気を漂わせながら、日野氏がステージ上を歩いていく。

 日野氏はドラマーの背後に回り込むと、スティックを取り上げる。ジャズのエンターテインメント性は高い。何より演奏を楽しんでいた観客が、これから暴行事件が起きるとは予想できるはずもない。何か面白いハプニングが起きていると誤解し、笑い声が上がるのが極めてリアルだ。

 スティックを日野氏は放り投げるが、ドラマーが手で叩き続け、観客の誤解も解けない。再び笑い声が起きるが、日野氏がドラマーの髪の毛を鷲摑みにしたあたりから、シアター中を困惑が急速に広がっていく。

 ドラマーの顔のあたりで、日野氏の手が2回ほど動く。ビンタをしているとしか思えない。更にドラマーに向かって「なんだ、その顔は!」と罵倒するに至って、演奏中であるにもかかわらず、世界的ジャズミュージシャンが観客の目の前で中学生に暴力をふるうという異常な状況を記録した動画だと分かるのだ。

世田谷区役所は「行過ぎた指導であったと…」

 我々は世田谷区役所に取材を申し込み、教育委員会から回答を得た。まず、日野氏の暴行については、

〈ソロパートでなかなか演奏を止めなかった子どもに対して、コンサートの進行に支障が出ると日野氏が判断し、演奏を中断させるということがありました。その際にとった行為につきましては、教育委員会としましても、行過ぎた指導であったと捉えております〉

と、事実関係を、ほぼ認めた。今後については、

〈日野氏の事務所とは、今後も事業を実施するために話し合う機会をもつ予定です〉

と、暴行問題の解決を目指し、それが実現した場合は、来年以降もコンサートを続けたいとの意向を示している。回答は最後に、

〈教育委員会としましては、今回の件について、重く受け止め、「新・才能の芽を育てる体験学習」の趣旨に沿った事業運営をとなるよう運営に努めてまいります〉

 との一文で締めくくられている。

 日野氏の所属事務所にはFAXを送り、担当者の携帯などにも電話をしているが、8月30日午後4時に至るまで回答はなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「名曲」って科学的に定義できるの? 科学者に聞いてみました

2017-08-08 | Music

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00010004-giz-prod

近頃作家のTom Cox氏が、「史上最高の名曲」とは何かについてツイートしたところ、ちょっとした波紋を呼んでいました。

史上最高の名曲という確固たるものはない。良い音楽とはつねに変化するコンセプトで、それは天気や希望、失望や月といったものの影響を受けている。

Twitter民のみなさんはそんな意見に反対で、最高の曲? Totoの『アフリカ』に決まってんでしょ、などなどのリプライが寄せられました。

というわけで今回米ギズモードでは、神経科学者や心理学者の方々に、我々がなぜ特定の曲を好むようになるのか、みんなが好きな曲はありえないのか、を聞いてみました。

キングス・カレッジ・ロンドン Daniel Glaserさん

まずはキングス・カレッジ・ロンドン、サイエンスギャラリーディレクターで神経科学者のDaniel Glaserさんに聞いてみます。

Q:科学的に「良い」曲を決める方法はありますか? それが可能、または不可能な理由は何ですか?

A:曲をテストするのに一番良い方法は、今でもやはり人間です。人間の音楽への反応はいろいろな方法で測ることができます。たとえば脳スキャン、ドーパミンなど脳内の化学物質測定、などです(ドーパミンは脳内の報酬系と関連する物質です。つまり良い音楽を選ぶってことは、自分にごほうびをあげるってことなのかもしれません)。リズムを取っている足とか、微笑んでいる顔の筋肉とか、そういう体の動きを測るのもたいていの「科学的」っぽい方法と多分同じくらい有効です。

Q:好きな音楽を聞くと、何らかの化学物質(たとえばドーパミン)が放出されるんですか?

A:何が良い曲をなすのか、適切なモデルはまだできていませんし、まして良い曲を人工的に作ることも不可能です。ディープラーニングネットワークを使えば、ある人が好きな曲を学習して、別の新しい曲がその人にとって当たりか外れかを推測する分類ソフトウェアを作ることはできるかもしれません。でも、それが「科学的」といえるのかはわかりません。というのは、そのネットワークを作った人でさえ、その人の判定の裏に何があるのかわからないからです。

Q:音楽のジャンルは、それぞれ人の脳に対して違う影響を与えるんですか?

A:ジャンルに関連して興味深いのは、音楽の聴き方は2歳まで、ある種の音楽要素に関しては6カ月までの体験で決定されるということです。それより後になると、脳は四部音とかオフビートとかいったことに関して、ある意味固定されてしまいます。だから自分の子供に何らかのスタイルを身に着けさせたい人は、早いうちにそれに触れさせておく必要があります。

ニューヨーク大学 Amy Belfiさん

次はニューヨーク大学心理学部門の博士研究員で、音楽と脳の関係を研究しているAmy Belfiさんに聞いてみます。

Q:ある曲について、生理的にネガティブな反応をする人がいるのはどうしてですか?

A:ある興味深い研究の中で、すべての人は「音楽的快楽主義」の度合いで表せることが示されています。ある種の人たちは、人数は少ないですが「音楽不感症」とも言うべき状態にあって、全然音楽が好きではありません。彼らは音楽を受け止めることができなくて、生理的にポジティブに反応できないようです。

大多数の人は、音楽にはポジティブに反応するんです。音楽不感症の反対側には、ものすごく快楽主義的で本当に本当に音楽が大好きな人たちもいます。それは個人差ですし、音楽にどう反応するかという性格の関連もあります。音楽に全体的に良く反応する人もいれば、どんな音楽にも全く反応しない人もいるということです。

Q:音楽をより「良い」ものにする特徴のようなものはありますか?

A:心理学の難しいところは、特に音楽に関しては、個々人の違いがあることです。音楽に関する好みは本当にさまざまです。音楽の快感や本当にポジティブな反応に関するいくつかの研究では、実験参加者自身に自分が聞く音楽を持ち寄らせて、非常に心地よい音楽とそうでない音楽を比較していました。非常に心地よい音楽は、ひとりひとりまったく違うということです。

私の研究は、どちらかというと音楽そのものの特徴というよりは音楽への反応を重視しています。というのは、非常に似通った嗜好をもつ参加者を選ばない限り(それも難しいんですが)、全員が好む曲を選ぶのは非常に難しいからです。もし完ぺきな曲を作る要因がわかれば、それで何百万ドルと稼げるでしょうね。

ニューヨーク大学教授 Davi Poeppelさん

最後は、上のBelfiさんの属する研究室のトップであるニューヨーク大学のDavi Poeppel教授にもお話を聞いてみました。

Q:一般的な曲のテンポはどれくらいですか?

A:好むと好まざるとにかかわらず、音楽の平均的テンポは数値で表せます。クラシックもロックも、単楽器もアンサンブルも全部ひっくるめて曲を大量に集めれば、平均値を出せるんです。平均すると、音楽が演奏されるテンポは約2ヘルツ、つまり1秒あたり2サイクルで、1分あたり120拍ということになります。あらゆる音楽スタイルと時代を通じて一般的な「平均値」があるという、ちょっと意外な結果です。これは心拍よりは速く、会話よりはゆっくりなテンポです。

Q:ある曲は一生心に残って、そうじゃない曲はそうじゃないのはどうしてでしょうか?

A:科学的見地から見て難しいことのひとつは、すべての人間において、または特定の年代の人だけにおいても、好みとはどう機能するのか、どうしてこれだけ好みが幅広く分かれるかを理解しようとすることです。思春期の曲はなぜか、初恋とか何かそういうことでしょうけど、記憶に残りがちです。でも後から考えると、「うわ、なんじゃそりゃ。ブロンディが好きだったって? 」とかね。自分の美的体験でさえ、人生の中で劇的に変化していくということがわかります。個人の視点では、自分を幸せにする、刺激する、楽しくするものは、時間とともに自分の中でも変化するということです。

Q:史上最高の名曲はTotoの『アフリカ』ですか?

A:Totoは、ミュージシャンたちが実際に好評するミュージシャンたちなんです。Totoはハードコアなスタジオ・ミュージシャン集団で非常に尊敬されていました。彼らはそれらの曲をとても注意深く作り上げ、4枚のアルバムを出して、大きな成功を収めました。本当にみんなTotoが大好きですよね。

[parts:eNozsjJkhAOz1FQjkyTTFLeQwKRMv7KowsRIJjMTAyZjMwMmAyYEcHBwAAAWQQlH
 
一番というのはどうかな?人によって違うから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若者が敬遠か フジロックは“おひとりさま”中高年の祭典に

2017-08-05 | Music

様変わりしている様です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000018-nkgendai-life

 夏フェスの元祖「FUJI ROCK FESTIVAL2017」が7月28~30日に開催された。音楽とエコをコンセプトに富士山のふもとで始まった夏フェスも今年で21回目。来場者数は12万5000人、ロックな若者が集いエネルギーを爆発、発散させる祭典のはずが、現場は“おひとりさま”中高年の坩堝と化していた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JASRACがBGM無断使用で初の提訴!理容店や飲食店、使用料請求については見直しも

2017-07-17 | Music


BGM無断使用、初の提訴 JASRAC、札幌と高松
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/342411/

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は11日、著作権を管理する楽曲をBGMとして無断使用し、権利を侵害されたとして、札幌市の理容店と高松市の飲食店の経営者に対し、使用差し止めや損害賠償を求める訴訟を札幌、高松両地裁に提訴した。BGM使用を巡る全国初の提訴としている。



JASRAC、著作者が自分の作品を使用料請求なしに使える範囲を拡大 音楽出版者との契約がなければ対価を得てもOK
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2875694?news_ref=nicotop_topics_topic

 これまでは、たとえ自分の作品であっても、対価を得た場合などにはJASRACによる使用料請求が発生。しかし、音楽出版者との契約がない作品に限り、「配信期間が3カ月まで」「複製数1000枚まで」といった条件のもと、請求を差し控えさせることが可能になりました。

 JASRACは6月28日、音楽関係者、弁護士による委員会の審議の結果を踏まえ、著作権信託契約約款の変更を決定。同協会に管理委託を行った著作者が、より自分の意思を反映しやすい内容に改めたとしています。主な変更点の1つとして挙げられている「著作者の自己使用の範囲の拡大」は、著作者が自分の作品を使用したときに発生する使用料請求の範囲に関わるもの。

 従来は、著作者が自分の作品を使用するケースであっても、費用を超える対価を得る場合には、使用料請求が行われていました。しかし、今回の変更により、音楽出版者との契約の有無、指定された利用規模を守れば、JASRACによる請求を受けずに使用できるようになりました。規模の条件は利用形態ごとに定められており、演奏会などでは「入場料×会場定員数」の金額が400万円以下になること、複製物では1000枚、部以下であることとされています。インタラクティブ配信(ダウンロード、ストリーム配信などを指す)の場合は、リクエスト回数が1000回に達するまで、もしくは、配信期間3カ月まで。

 その他の変更では、国外に限定して楽曲の管理委託を行うことが可能に。これは海外の管理団体の多くが作詞、作曲者を演奏権使用料の分配対象としていないことなどに対応したもので、国外ではJASRACに委託、国内では別の管理団体に、と使い分けることができるようになります。また、管理委託範囲を利用形態などによって選択する制度では、選択内容を変更できるサイクルが3年ごとから1年ごとに短縮されました。


 

JASRACはいずれの店舗もBGMを無断で再生し、店内の雰囲気づくりに使っていると指摘。札幌市の理容店は2014年5月ごろからの計約3万円、高松市の飲食店には07年9月ごろからの計約7万円を求めています。
BGM使用を巡る全国初の提訴となり、JASRACの主張が何処まで認められるのか注目が集まっている裁判です。

一方で、厳しい取り立てに対する世論の反発に考慮したのか、JASRACは管理委託を受けている楽曲の取り扱いに関わる約款を変更すると発表しました。
変更されたのは著作者(音楽を作った人)が使用料請求を受けずに自分の楽曲を使える範囲で、「配信期間が3カ月まで」「複製数1000枚まで」というような条件で認めるとしています。

ただ、この件に関しても「著作者の曲を制限するのがおかしい」という意見が多く、JASRACの高飛車な対応に批判が殺到中です。



<iframe src="https://www.youtube.com/embed/LQqrSaq5BQ4" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/q52MaZZNuPQ" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Musical「豊田議員」

2017-07-16 | Music

このアレンジすごい

Musical「豊田議員」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「絶対音感」は育てられる。その理由とは?

2017-06-24 | Music

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170623-00010003-biz_lifeh-sci&p=2 抜粋

7歳までに子どもの耳は決まる! 特に3歳までは重要

「1歳までの子どもは、CDやパソコンなど、なにかの媒体を通してしまった音は認識できず、目の前にいる人間からの直接の音でしか学べないのではないか」と推測しています。そして、いちばん届きやすいのがお母さんの声ではないだろうかというのです。

きっと赤ちゃんは、現実の音と機械の音との違いを聴き分けているのではないかと思います。わたしはCDやパソコンからの音は、空気感を含まない「圧縮している音」のように生の音とは違って聴こえます。近年、その空気感のように耳に聴こえない音が、人間にとって「感動」と「安らぎ」になり、きわめて重要だということがわかりました。1歳までの赤ちゃんの聴覚は、人間として成長していくために必要なことと関係しているのかもしれません。1歳を過ぎると、何かの媒体を通した音も認識できるようになります。(53ページより)

そして、それ以降は年齢が上がるほど視覚も発達し、言葉を話すようになること。つまりは、だんだん聴覚に頼らなくてもよくなるということです。そのため、聴き分ける力が下がっていくのではないか? 多くの子供たちを観察してきた結果、著者はそのような考え方に行き着いたということです。そしてさらに、3歳までに脳の80パーセントが完成し、使わない能力の間引きが行われているからかもしれないとも推測しています。

、脳が急激に発達する3歳までのほうが、より質の高い「絶対音感」の能力を育てられるというのです。いうまでもなく、聴覚だけで純粋に音を聴くことができ、それを身につけやすく、臨界期までにも時間があるから。(52ページより)

ところが、そんな幼少期に絶対音感を身につけるレッスンをして「音」がわかるようになれば、子どもたちはぐずることが減り、とてもうれしい表情をするようになると著者は記しています。

その「音」が、お母さんの知っている言葉と一致したとすると、認められたと感じてうれしくなるということ。しかも脳は「音」を覚えていくうちに急激な発達をしていくため、以前よりも言葉の理解力が身につくのだそうです。つまり絶対音感を身につけ、自分のなかに「音」を持つことはとても重要。才能が開花するだけでなく、子どもにとってもうれしいことだというのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JASRACが全国352店舗に一斉法的措置!美容室などのBGM利用に著作権手続き!178事業者が対象

2017-06-14 | Music

美容室もなの?

JASRAC、美容室など全国352店舗に一斉法的措置 BGM利用の著作権手続き求め
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000051-zdn_n-sci

日本音楽著作権協会(JASRAC)は6月13日、施設内でBGMを利用していながら音楽著作権の手続きが済んでいない178事業者・352店舗(うち163事業者・205店舗が美容室)に対し、全国の簡易裁判所に民事調停を申し立てたと発表した。

ツイートから

JASRAC、美容室など全国352店舗に一斉法的措置 BGM利用の著作権手続き求め(ITmedia NEWS)
いやこれやりすぎだろ

何のために、誰のために存在してるかわからない組織ですね、JASRAC は。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JASRAC「音楽の歌詞をネットに掲載したら、1回の閲覧で数十円を取るかも」

2017-05-22 | Music

これはどうなの?

式辞に歌詞引用、著作権料を 京大HP掲載でJASRAC
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170519000004

京大によると、約1週間前にJASRAC関係者から、許諾の手続きを求める電話があった。回答期限は示されなかったという。

京都新聞の取材に対しJASRACは「一般論として、ウェブ上にある音楽著作物には利用手続きが必要となる」と説明。商用目的でなくても、歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると、1回の閲覧につき数十円が必要になる場合があるという。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人気が再燃中のカセットテープの歴史を振り返る

2017-05-05 | Music

カセットテープが、また復活してきているのね。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170505-74681106-radiolife

1966年に初の国産カセットテープ

カセットテープの歴史は、1966年にオランダ・フィリップス社が無償公開した規格を元に、日立マクセルが生産・販売した初の国産カセット「C-60」から始まります。1968年には、アイワが世界初のラジカセ「TPR-101」を販売開始しました。

1969年には、東京電気化学工業(TDK)が初の音楽専用カセット「SD」を販売。1970年には、ドイツのBASFが世界初のクロムテープ(TYPEⅡ)を発売します。1972年、日立マクセルが音楽用カセット「UD」を発売。ベストセラーになりました。

1974年には、日立マクセルが高級ノーマルテープ「UD-XL」を発売。1978年、住友3Mが世界初のメタルテープ「METAFINE」を発売します。そして、1979年にソニーが初代ウォークマン「TPS- L2」を発売。TDKが初の国産メタルテープ「MA-R」を発売しました。

カセットテープがV字傾向になる

1982年、日本初のコンパクトディスク(CD)が発売。1985年には日立マクセルがハイポジカセット「XLⅡ-S」を発売します。同年、富士フイルムがブランド名を「AXIA(アクシア)」に変更しました。

1986年にはついにCDがアナログレコードの生産量を上回ります。1991年には、ソニーがミニディスク(MD)と最高峰のメタルテープ「Super Metal Master」を発表。2001年、TDKがメタルテープの生産を終了し、メタルテープの国内生産が終了しました。

一方で、2005年にカセットテープの生産・販売が底からV字傾向になります。カセットテープの発売も増加して、2016年に日立マクセルの「UD」が復刻。現在に至るというわけです。(

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

配信するならきっと欲しくなるSteinbergのレコーディング全部セット(前編)

2017-04-22 | Music

配信するならきっと欲しくなるSteinbergのレコーディング全部セット(前編)http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaede/1052441.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JASRACの音楽教室徴収に対抗、「音楽教育を守る会」を発足へ!ネットの歌詞利用にも削除要請が拡大!

2017-02-05 | Music

「音楽教育を守る会」 発足のお知らせ
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104261/201702038454/_prw_PR1fl_3lnjqXXd.pdf

s_ice_screenshot_20170203-185644.jpeg

音楽教室運営のヤマハらが「音楽教育を守る会」を発足 JASRACの著作権料徴収方針に対抗「演奏権及ばない」
http://news.livedoor.com/article/detail/12626535/

音楽教育事業を展開する7つの企業や団体は3日、日本音楽著作権協会(JASRAC)による音楽教室からの著作権料徴収に対応する『音楽教育を守る会』を発足した。



mixiで「歌詞を無断利用」した投稿、ユーザーに削除を要請、JASRACが対応促す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00005656-bengocom-soci

楽曲の歌詞が無断で利用されているとして、SNSの「mixi」がユーザーに投稿の削除などを求めている。日本音楽著作権協会(JASRAC)が「著作権を侵害している投稿が多い」として、mixi側に対応を促していた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も

2017-02-03 | Music

これは酷いんじゃないの?

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000014-asahi-musi

 ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。徴収額は年間10億~20億円と推計。教室側は反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽちっと宜しくお願いします。


人気ブログランキングへありがとうございました。