幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

南海トラフ地震発生帯掘削計画

2015-02-20 | 地震

【ちきゅう号】「おいおい、本当に掘り始ったぞ」誰か こいつ等を止めてくれ!((((;゚Д゚)))))) 南海トラフ地震発生帯掘削計画 http://www.jamstec.go.jp/chikyu/nantroseize/j/expedition_348.html

(ライザー掘削による海底下約3,600mまでの掘削)

http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20130902_2/#z1

図1

図2

コメント

「震度5以上」的中の学者が警告 東北の次は北信越が危ない

2015-02-20 | 地震

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/157307

「震度5以上」的中の学者が警告 東北の次は北信越が危ない

 
 17日、東北地方を立て続けに襲った大きな地震。午前は最大震度4、午後は5強だった。3・11の悪夢をよみがえらせるような揺れだったという。震源は三陸沖と岩手県沖。気象庁は「いずれも東日本大震災の余震」としたものの、午前と午後の地震に「直接的な因果関係はあまりない」との見解を示した。

 だが、東北大災害科学国際研究所の遠田晋次教授はこう言う。
「検証が必要にはなりますが、2つの震源は200キロ以上離れてはいても、午前の揺れが午後の揺れを誘発したと考えています。このところ頻発している地震は3.11で断層が大きくズレた地域の周辺で発生している。2014年以降、東北地方で起きた震度4以上の地震は24回に上っています。3.11の影響がまだ残っているのは明らかです。東京を含め、房総沖まで延びる東日本エリアは安心できません」

 6日に発生した徳島県南部地震に続き、今回の東北地震をピタリと当てたのが「地震科学探査機構(JESEA)」の顧問の村井俊治氏(東大名誉教授)だ。今年の日刊ゲンダイ本紙新年号で<15年1〜3月の間に大地震が発生する可能性がある>と指摘。震度5以上の地震が発
生する可能性が極めて高い要警戒地域に「奥羽山脈エリア」を挙げ、こう警鐘を鳴らしていた。
 
<東北地方の奥羽山脈から日本海側と、青森県から栃木県の那須岳までの脊梁山脈が異常に沈降しているんです>
<経験値から、沈降の方が大きい地震につながることが分かっています>

 村井氏が毎週発行するメルマガの最新号(2月11日号)で、「奥羽山脈エリア」と同様に要警戒地域としたのが「北信越地方」だ。14年11月以降、震度4以上の揺れに5回も襲われている。

 村井氏は14年以降に発生した震度5以上の地震9件をすべて的中させているだけに、用心するに越したことはない。
コメント

東北地震の直前も相次ぎ目撃 「地震雲」どうやって現れる?

2015-02-20 | 地震

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/157345/2

ダイオウイカの移動も不気味

 そもそも「地震雲」とは何なのか。上出氏によると、地震発生前、地中の岩盤に圧力がかかると亀裂が入り、その断層からガスや電磁波が発生する。それが上空の水蒸気に伝わり、地震雲を形成するという。

 岩盤にかかる圧力の大きさによって、雲の形態は変化。太くて濃く力強さがある雲では大きな地震が起き、薄く乱れがある雲では小規模な地震になるという。

 上出氏は、東日本大震災の11日前に地震雲を観測し、発生を的中させた経験を持つ。これまで30年以上にわたり、日の出1時間前から、日の入り1時間後まで雲を研究してきた成果だ。

「最近、北陸沖ではダイオウイカなどの深海魚が次々に発見されています。どれも北陸では見られない魚です。太平洋側から日本海側に、逃げてきているのではないでしょうか。今年中に大きな地震が起こる可能性があります」(上出孝之氏)

ついーとから

【地震情報 2015年2月20日】 13時25分頃、三陸沖を震源とする地震がありました。震源の深さは約10km、地震の規模はM6.1、最大震度3を岩手県や宮城県で観測しています。 ” また地震

 

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント

ついーとから 地震の発生と、静止起動電子グラフの乱れは まだ予断は禁物

2015-02-19 | 地震

地震の発生と、静止起動電子グラフの乱れは明らかにリンクしていますね。最近はずっと平坦でした。まだ予断は禁物です

 

 

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント

東北地方太平洋沖地震 発生地点・規模・時刻分布図

2015-02-18 | 地震

こんなに凄かったのですか。

東北地方太平洋沖地震 発生地点・規模・時刻分布図(2011/10/15)

311が起きる前2011年1月〜の地震をアニメ可したもの

コメント

徳島震度5強もズバリ的中のMEGA地震予測「最新警戒エリア」

2015-02-17 | 地震

徳島震度5強もズバリ的中のMEGA地震予測「最新警戒エリア」

次の予測は、確か秋田付近、川内原発付近だったな

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150216-00000015-pseven-soci

徳島震度5強もズバリ的中のMEGA地震予測「最新警戒エリア」

NEWS ポストセブン 2月16日(月)16時6分配信

 2月6日午前10時25分、徳島県南部地震が発生。今年初めて震度5以上の揺れを記録した。週刊ポスト1月5日発売号に掲載された東大名誉教授・村井俊治氏による『MEGA地震予測が示した2015年「最警戒エリア」』を読んだ人は「また当たった!」と驚いたことだろう。

 同記事で徳島県は、村井氏が警戒ゾーンとして挙げていた「南海・東南海」に含まれており、特にゾーン内で「異常変動地点」としたのが徳島県の「木屋平」だった。最大震度5強を観測した同県牟岐町からはわずか35キロしか離れていない。
 
 村井氏は自身が顧問を務める民間会社JESEA(地震科学探査機構)が週1回発行するメルマガ『週刊MEGA地震予測』の12月17日号でも、
 
〈(南海・東南海エリアの中でも)特に徳島県で異常変動が顕著でした〉
〈徳島県を中心に、かなりの歪みが蓄積されていると考えられます〉
 
 と、徳島県に警戒を呼びかけていた。同県で震度5以上の地震が発生したのは1946年の南海地震以来69年ぶりだ。
 
 昨年、国内では震度5以上の地震が8回発生した。村井氏はこのすべてをメルマガや週刊ポスト記事で事前に予測、的中させた。中でも、圧巻は11月22日に最大震度6弱を記録した長野県北部地震。特に被害が大きかった北安曇郡白馬村を「異常変動地点」として名指ししていたのである。
 
 そして今年の徳島県南部地震発生で、昨年からの「パーフェクト的中」を更新し続けている。ここまでの実績を誇る地震予測は現時点では他にない。村井氏は、2月16日発売の週刊ポスト(2月27日号)でも、「最新警戒エリア」として、北陸・北信越警戒ゾーン、奥羽山脈警戒ゾーン、北海道十勝・釧路・根室警戒ゾーン、首都圏・東海警戒ゾーン、南海・東南海警戒ゾーン、九州・南西諸島警戒ゾーンの6エリアを挙げて解説している。

■MEGA地震予測とは 
 村井氏が予測に利用しているのは国土地理院が全国約1300か所に配備する「電子基準点」のGPSデータ。2000〜2007年に発生した162回のマグニチュード6以上の地震のGPSデータをすべて分析した結果、揺れが大きかった付近の基準点では地震の前に「土地の微細な変動」が観測されていたことが判明。そこで、同氏は1週間の間に基準点がどれだけの上下動があったかに注目し、4センチ以上の変動があった場合を「警戒ライン」とした。
 
 現在は、その基本的な考え方に、地表の隆起・沈降の値を一定期間累積した「累積変位」と、地表が東西南北のどの方向に動いているかの「水平方向の動き」の分析を加味し、過去の地震発生の前兆現象と比較した上で、地震発生の可能性を予測している。

*JESEAでは毎週水曜日にメルマガ『週刊MEGA地震予測』を月額216円で発行している。詳しくはhttp://www.jesea.co.jp/

コメント

青森で震度5強 岩手で震度5弱 1週間程度は余震や落雪などに注意

2015-02-17 | 地震

少し前から騒いでいたの、あたった。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6149971

1週間程度は余震や落雪などに注意〜気象庁

 17日午後1時46分頃、青森県で震度5強を観測する強い地震があった。この地震による津波の心配はないという。(日本テレビ系(NNN))

[映像ニュース]

ついーとから

もの凄い前兆があり、パソコンのブラックアウト切断が頻発、カラスが激しくギャー鳴きだが家鳴り(ラップ)が確認できないので遠方海域と判断東京から東北東〜西南西の帯雲 清姫の帯の報告があったので、予想震源域は青森東方沖と判断したが三陸沖だった絶対にこれ一つではすまない後続がある!

行徳は9日前より巨大地震の前兆データ(赤いアルプス)が出現し、断絶を繰り返していたこれで三陸沖M7で終わるはずがないhttp://earthq.system-canvas.com/browse2.wpp?cmd=view&loc=M_KTR&dir=VERT

東日本震災直前と酷似してきた

http://www.jma.go.jp/jp/quake/20150217135131395-171346.html

速報 JUST IN 】青森で震度5強 岩手で震度5弱

まだ、こんなものじゃすまないよカラスが激しく騒ぎ、頭痛と耳鳴りが止まらない

地震雲を妄想と決めつけてる気象庁が東日本震災の余震とhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150217-00000008-ann-soci

たぶん違う アウターライズ青森沖の前兆、この歪みが北海道方面にドミノしてゆくはず

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/

地震情報

この地震による津波の心配はありません。

発生時刻 2015年2月17日 13時46分頃
震源地 岩手県沖
最大震度 震度5強
位置緯度 北緯 40.1度
経度 東経 142.1度
震源マグニチュード M5.7
深さ 約50km

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00000004-rescuenow-soci

〔地震〕三陸沖でM6.9の地震、岩手県沿岸に津波注意報発表

レスキューナウニュース 2月17日(火)8時10分配信

気象庁によると、17日08:06頃、三陸沖を震源とするM6.9の地震があり、青森県三八上北、岩手県沿岸北部、岩手県内陸北部、岩手県内陸南部、宮城県北部、宮城県中部、秋田県沿岸南部、秋田県内陸南部で震度4の揺れを観測しました。なお、岩手県沿岸に津波注意報が発表されています。

■発生事象
発生日時 :2月17日08:06頃
震源地  :三陸沖(北緯39.9度、東経144.5度、宮古の東210km付近)
震源の深さ:約10km
地震の規模:M6.9(推定)

■津波注意報(津波到達予想時刻)
・岩手県 08:30
 宮古  08:40
 大船渡 08:40
 釜石  08:40
 久慈港 08:50

■震度3以上が観測された地域
震度4:青森県三八上北、岩手県沿岸北部、岩手県内陸北部、岩手県内陸南部、宮城県北部、宮城県中部、秋田県沿岸南部、秋田県内陸南部
震度3:渡島地方東部、青森県津軽北部、青森県津軽南部、青森県下北、岩手県沿岸南部、宮城県南部、秋田県沿岸北部、秋田県内陸北部、山形県庄内、山形県村山、山形県置賜、福島県中通り、新潟県下越

レスキューナウ

コメント

青森県三八上北で震度5強、津波の心配なし

2015-02-17 | 地震

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6149958

〔地震〕青森県三八上北で震度5強、津波の心配なし

気象庁によると、17日13:46頃、岩手県沖を震源とするM5.7の地震があり、階上町で震度5強の揺れを観測しました。(レスキューナウニュース)

[記事全文]

津波の心配はなし

NHK(2015年2月17日)
コメント

ついーとから 行徳は巨大地震前兆のパターンになっている

2015-02-17 | 地震

行徳は巨大地震前兆のパターンになっている

http://earthq.system-canvas.com/browse2.wpp?cmd=view&loc=M_KTR&dir=VERT

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント

徳島で震度5強 2,3日は、震度5程度注意

2015-02-06 | 地震

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150206102515.html

地震情報

2015年2月6日 10時25分頃 徳島県南部 M5.0 5強
コメント

NASAも注目?「エレニン彗星」が大地震を引き起こす?!

2015-02-04 | 地震

http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/476.html

NASAも注目?「エレニン彗星」が大地震を引き起こす (日刊ゲンダイ) 3・11は地球・太陽と一直線に並んでいた 
http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/476.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 7 月 18 日 20:14:08: igsppGRN/E9PQ <iframe id="twitter-widget-0" class="twitter-share-button twitter-tweet-button twitter-share-button twitter-count-horizontal" style="height: 20px; width: 107px;" title="Twitter Tweet Button" src="http://platform.twitter.com/widgets/tweet_button.67ae45a68af44ab435dd5797206058d3.en.html#_=1422979986156&count=horizontal&dnt=false&id=twitter-widget-0&lang=en&original_referer=http%3A%2F%2Fwww.asyura2.com%2F11%2Fjisin17%2Fmsg%2F476.html&size=m&text=%EF%BC%AE%EF%BC%A1%EF%BC%B3%EF%BC%A1%E3%82%82%E6%B3%A8%E7%9B%AE%EF%BC%9F%E3%80%8C%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%83%B3%E5%BD%97%E6%98%9F%E3%80%8D%E3%81%8C%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%20%EF%BC%88%E6%97%A5%E5%88%8A%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%EF%BC%89%E3%80%80%EF%BC%93%E3%83%BB%EF%BC%91%EF%BC%91%E3%81%AF%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%83%BB%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%A8%E4%B8%80%E7%9B%B4%E7%B7%9A%E3%81%AB%E4%B8%A6%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%9F%E3%80%80%20%E8%B5%A4%E3%81%8B%E3%81%B6&url=http%3A%2F%2Fwww.asyura2.com%2F11%2Fjisin17%2Fmsg%2F476.html" frameborder="0" scrolling="no" data-twttr-rendered="true"></iframe><iframe class="hatena-bookmark-button-frame" style="height: 20px; width: 46px;" title="このエントリーをはてなブックマークに追加" src="javascript:false" frameborder="0" scrolling="no" width="70" height="20"></iframe>

 

NASAも注目?「エレニン彗星」が大地震を引き起こす
http://gendai.net/articles/view/syakai/131549
2011年7月15日 掲載 日刊ゲンダイ

 9月26日が危ない

●3・11は地球・太陽と一直線に並んでいた
 NASA(米航空宇宙局)が8月上旬に重大発表をするらしい。米国で話題になっている。巷では「エレニン彗星(すいせい)に関するものではないか」と囁かれている。実は、この耳慣れない彗星が大地震を誘発している可能性があるというのだ。
 東日本大震災が起きた3月11日。エレニン彗星と太陽、地球が一直線に並んだ。10年2月27日のチリ地震のときも同じだった。ネット上で、まことしやかに流れる情報だ。そして9月26日に再び3つの星が直線上に並ぶという。世界のどこかで大地震が起きるのか――。
 オカルトに過ぎないと一笑に付すこともできるが、NASAのサイトにはエレニン彗星と太陽系惑星の軌道シミュレーションが掲載されている。確かにチリ地震、東日本大震災、さらに9月26日前後に一直線になっていた。京大の防災研究所地震予知研究センターの遠田晋次准教授は言う。
「潮汐(ちょうせき)(潮の満ち引き)と地震の関連性を指摘する報告は確かにあります。ただ彗星となるとどうでしょうか。難しい問題です」
 エレニン彗星は、昨年12月にロシア人が発見している。太陽系への接近は1万年に一度、数十万年に一度など諸説ある。大きさは直径2〜3キロで、周辺のガスは数万キロといわれるが、詳しいことはいまだ不明。謎の彗星なのだ。
 NASAのシミュレーションによると、謎の彗星が地球に最も近づくのは10月17日。地球と太陽の距離を1とした場合、0.232まで接近する。太陽と比べ、ほぼ4分の1の距離だ。地上から彗星を見ることも可能だろう。
「不気味な彗星には違いありません。でも実態がハッキリしない。NASAの発表が8月上旬というのも気になります。同じタイミングで、米国は米連邦債務上限の引き上げ法案を議決しなければなりません。もし不可能となれば米国債はデフォルトです。NASAを巻き込む形でエレニン彗星騒動が起これば、連邦債務上限どころではなくなります。そのドサクサで議決に持っていく腹かもしれません」(経済評論家の黒岩泰氏)
 コトの真偽はともかく、エレニン彗星と太陽、地球が一直線に並ぶ9月26日前後と、エレニン彗星が地球に最接近する10月17日前後は注意したほうがよさそうだ。

コメント

震災で沈下した地盤が隆起

2015-02-03 | 地震

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150202/k10015156991000.html

震災で沈下した地盤が隆起 宮城

2月2日 18時51分
 

東日本大震災の影響で、宮城県の牡鹿半島の沿岸部では地盤が1メートル余り沈下し、岸壁のかさ上げ工事が進められてきましたが、4年近くがたつなかで、40センチ近く隆起している場所があることが分かりました。
復旧工事を終えた漁港の岸壁の中には、地盤の隆起のために高くなりすぎてしまい、漁業者の作業に影響が出ているところもあります。

牡鹿半島では、巨大地震で沿岸部の地盤が1メートル余り沈下したため、県はその分を補うかたちで漁港の岸壁の高さを設定し、復旧工事を進めてきました。
ところが、国土地理院によりますと、一度は沈下した地盤が4年近くの間に徐々に隆起し、去年12月の時点で地震の直後と比べ、37.7センチ高くなっていることが分かりました。
牡鹿半島にある石巻市の鮎川漁港では、岸壁の復旧を終えた所もありますが、干潮になると、海面から岸壁までの高さが2メートルにもなる所があり、水揚げなどの作業に影響が出ています。
2日、銀ざけの養殖を行う漁業者が自分の背丈ほどの高さの岸壁の上に置かれた餌の袋を、漁船に下ろすのに苦労する姿が見られました。
宮城県は、こうした地盤の隆起や震災後の漁船の小型化を受けて、復旧する岸壁の高さを見直していますが、一部の岸壁では隆起が判明する前に工事を終えてしまったということです。
地元の牡鹿漁業協同組合の伊藤登さんは「漁業者の高齢化も進んでいて、岸壁が高いと水揚げも一苦労です。ますます地盤が隆起して岸壁が高くなるのではと不安です」と話しています。

専門家「数十年に渡って続く可能性」

国土地理院によりますと、東日本大震災のあと、地震の震源に近い宮城県の沿岸部を中心に岩手県の南部から千葉県までの広い範囲で、いったんは沈下した地盤が10センチ以上隆起したのが観測されています。
地震による地殻の変動に詳しい東京大学地震研究所の加藤照之教授は、地盤の隆起が起きている理由について、地震のあと大きな力が加わった反動で地盤が沈下した場所に逆方向の緩む力が働いていることや、東北地方の沿岸の地下にあるプレートの境界面がゆっくりとずれていることが原因と考えられるとしています。
そのうえで、加藤教授は「地盤の隆起は次第に速度がゆっくりになるが、今後、数十年に渡って続く可能性がある。昭和21年の南海地震では高知市を中心に地盤の沈下が見られ、その後の数十年で地震の前とほぼ同じ高さまで隆起している。今回はマグニチュード9という規模の大きな地震で、影響がさらに長く続くことも考えられる」と話しています。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0127/ym_150127_1610436544.html

地盤沈下一転、12か所で10センチ以上の隆起

読売新聞1月27日(火)7時28分

 東日本大震災で大規模な地盤沈下が起きた宮城、岩手、福島3県の沿岸部で、地盤が一転して隆起し、復興途上にある漁業への影響が懸念されている。

 国土地理院は震災を引き起こした地殻変動の余波とみている。

 国土地理院は震災後、地盤沈下した3県沿岸部の状況を定期的に全地球測位システム(GPS)で調べている。その結果、3県の19か所中12か所で、震災から3年半の間に10センチ以上の隆起が確認された。

 最も大きいのは107センチ地盤沈下した宮城県石巻市の牡鹿半島で、沈下地点から36センチ隆起していた。ほかにも同県女川町で33センチ、東松島市で31センチ、岩手県大船渡市で17センチ、福島県相馬市で16センチの隆起が確認された。

 国土地理院によると、震災をもたらした沖合でのプレート(岩板)のずれが、ゆっくりと沿岸部にも波及している可能性があるという。地殻監視課は「震災前のGPSの観測では、30センチ以上もの隆起が見つかった事例はない」としている。

コメント

〔地震〕石川県輪島市・能登町で震度4、津波の心配なし

2015-02-01 | 地震

〔地震〕石川県輪島市・能登町で震度4、津波の心配なし

気象庁によると、1日00:42頃、石川県能登地方を震源とするM4.4の地震があり、石川県輪島市・能登町で震度4の揺れを観測しました。(レスキューナウニュース)

[記事全文] http://news.yahoo.co.jp/pickup/6148012

コメント

ついーとから バヌアツの法則 地震1/31〜2/3 レベル5(要注意)

2015-01-31 | 地震

BOPPO @Boppo2011  ·  15時間 15時間前

◆バヌアツM6.0 1/31 2:57JSTに発生しました国内対応 M6± 2/2〜9 確率84% 危険重複度 1/31〜2/3 レベル5(要注意)

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント

地震の前兆?瀬戸内海に大型クジラとイルカの大群現る

2015-01-29 | 地震

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000043184.html

珍事!?瀬戸内海に大型クジラとイルカの大群現る(01/26 13:40)

 愛媛県今治市沖の瀬戸内海で、ザトウクジラやイルカの群れが相次いで目撃されました。

 クジラが目撃されたのは、今治市波方町の大角鼻の北約1kmの瀬戸内海で、25日午後1時半ごろ、複数の釣り人が目撃しました。専門家によりますと、クジラは体長10m以上、重さ30tを超えるザトウクジラで、目撃された海域は今治市と広島県尾道市を結ぶしまなみ海道近くだということです。また、この約1時間後には、近くの瀬戸内海で100頭近くとみられるイルカの大群も目撃されています。今治海上保安部によりますと、この辺りの瀬戸内海でクジラが発見されるのは極めて珍しいということです。

コメント

ぽちっと宜しくお願いします。


人気ブログランキングへありがとうございました。