幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

北海道十勝岳に火口周辺警報!気象庁「噴火が発生する可能性がある」

2014-12-17 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4845.htmlから

【警戒】北海道の十勝岳に火口周辺警報!噴火警戒レベルをレベル2に!気象庁「噴火が発生する可能性がある」  new!!

20141216173308isdufo111.jpg
気象庁が北海道の十勝岳について、12月16日に噴火警戒レベルを2に引き上げると発表しました。気象庁によると、十勝岳では数ヶ月ほど前から山体膨張や火山性微動などが増加していることから、小規模な噴火に注意を呼び掛ける噴火警戒レベル2に引き上げたとのことです。
十勝岳の噴火警戒レベルが引き上げられるのはこれが初めてで、気象庁は火口から1キロ程度の範囲には近づかないよう呼びかけています。

吾妻山(あづまさん)や阿蘇山、霧島連山、蔵王山(ざおうざん)等で相次いで噴火警戒レベルが上昇していますが、それだけ日本中の地殻変動が活発化しているということなのでしょう。不気味なのはこの半年間ほどで急激に火山性微動等が増えていることで、不用意に活火山には近付かない方が良いかもしれません。
御嶽山の噴火も予知出来なかったわけで、噴火というのは突発的に発生するという前提で動かないと本当に危ないです。


☆北海道十勝岳で小規模噴火の恐れ 噴火警戒レベル2に
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/B6qjkxb3ESI" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

☆北海道・十勝岳に火口周辺警報
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141216/k10014016571000.html

引用:
北海道の十勝岳について、気象庁は、ここ数年、火山活動が徐々に高まってきていて、今後、ごく小規模な噴火が発生する可能性があるとして、16日午後2時に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル2の「火口周辺規制」に引き上げて、火口から1キロ程度の範囲には近づかないよう呼びかけています。
:引用終了

☆気象庁 噴火警報
URL http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_01_20141216140010.html

引用:
火山名 十勝岳 噴火警報(火口周辺)
平成26年12月16日14時00分 札幌管区気象台

**(見出し)**

<十勝岳に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表>
62-2火口から概ね1kmの範囲には近づかないでください。
<噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引上げ>

**(本 文)**
1.火山活動の状況及び予報警報事項
 十勝岳では、ここ数年、山体浅部の膨張や大正火口の噴煙量増加および地震増加、火山性微動の発生、発光現象などが観測されており、火山活動が徐々に高まってきています。
 また、今年7月頃から、62-2火口に近い観測点で山体浅部の膨張を示すと考えられる地殻変動の変化率が大きくなっており、膨張がさらに浅いところで発生している可能性があります。このことから、今後、ごく小規模な噴火の発生する可能性が高まっていると考えられます。
:引用終了
コメント

近畿圏大地震を予測の串田氏、来年2月から5月に延期!滋賀地震増加

2014-12-15 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4806.htmlから

近畿圏大地震を予測している専門家の串田氏、来年2月から5月に発生時期を延期へ!収束が観測出来ず!滋賀県では地震が増加傾向!  new!!

new_screenshot13-12-2014 171444oiuythjjhhkj
近畿地方の琵琶湖周囲でマグニチュード7.8の巨大地震を予測している地震専門家の串田嘉男(くしだ よしお)氏ですが、当初の予測よりも巨大地震の発生時期が延期していたことが判明しました。串田氏が11月25日に発表した最新の予測によると、未だにデータの収束現象が観測されていないことから、10月に発表した「2015年2月に発生」という予測が最低でも2015年5月まで延期されるとのことです。

串田氏の予測はデータが完全収束した時期から計算して導き出されています。そのため、現段階で発表している情報は「データが完全収束したら」というような過程の値で、延期になるのは仕方ないとも言えるでしょう。ただ、串田氏は2012年頃から巨大地震への警鐘を鳴らしているので、ちょっと長過ぎるような気もします。
滋賀県北部等で地震がやや増えていますが、このような予測等に関係なく、ちゃんと地震対策だけはしておくようにしてください。


☆「長期前兆No.1778」続報No.076
URL http://www.jishin-yohou.com/1778_zokuhou_076.pdf

new_screenshot13-12-2014 171318oiuytr1111
new_screenshot13-12-2014 171349poiuyt234

☆地震予知研究家が「ニュースな晩餐会」で、来年5月以降に近畿大地震が発生する可能性を示唆
URL http://news.livedoor.com/article/detail/9552565/

引用:
7日放送の「ニュースな晩餐会」(フジテレビ系)で、八ヶ岳南麓天文台代表の串田嘉男氏が、来年5月以降に近畿圏で大地震が起きる可能性を示唆した。

串田氏は、FMラジオ電波の異常から地震の「場所」「日時」「規模」を予知する方法を開発し、これまでに2008年の岩手県沿岸北部地震や2011年の宮城県沖地震を的中させてきたと主張している。

串田氏は10月26日にも同番組へ出演し、「この番組がオン・エアされる日に、この前兆がもし消えれば、発生は来年の2月の数日(中頃)になる」と語っていた。
:引用終了

☆長期前兆その後 – PHP新書「地震予報」フォローページ
URL http://www.jishin-yohou.com/99_blank003.html

引用:
2012年10月15日、推定領域内の主だった自治体へ電話で概要を説明。10月16日資料・報告書を先の自治体へ発送致しました。報告自治体は13箇所で、主だった自治体のみです。但し、各自治体へ説明も致しましたが、私(串田)は、国の研究機関の人間でも、大学所属の研究者でもなく、一般民間人の観測研究者であり、私の報告は私個人の責任において行ったもので、受けとられた各自治体には一切何の責任もありません。一民間人からの情報提供のひとつとして処理して戴いて構わないことを伝えてあります。従いまして、自治体に対し、皆様からの問い合わせ等はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

私の解析が間違っており、最終的な結果が、推定した内容と全く異なることになった場合には、全て私の責任であります。推定領域内の皆様方、自治体の皆様方に対し、多大なる心配をおかけしたことになりますので、その際は、心より深く謝罪いたします。ただ、規模の大きな地震発生の可能性が「否定できない」データを観測しておりますことから、念のため、ご迷惑にならない程度の範囲内でも防災点検や防災準備をして戴けたらと、お願い致しました。
:引用終了

☆滋賀県北部地震/M7級を想定する
URL http://boppo20110311.blog.fc2.com/blog-entry-1644.html

20141128192259957asidsiudaudoui222.jpg
20141128192259cbbasioiadas22.jpg

☆テクノ・ギャラリー (47)地震予報!可能性への挑戦
<iframe src="//www.youtube.com/embed/cDya0sz4zn4" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>

☆北海道大学 森谷武男博士 凄すぎる地震予知(2008年十勝沖地震)
<iframe src="//www.youtube.com/embed/uD6bHcNTD7Q" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>

コメント

数週間は注意が必要

2014-12-15 | 地震

麒麟地震研究所 @kirinjisinken  ·  12月13日

観測機1フルレンジデータです。アウターライズ域 3.11余震域、内陸部等多くのパターンの反応が出ています。数週間は注意が必要です。観測機2は収束傾向です。赤の強い反応が出現して来たら警戒が必要です。

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント

行徳データが大変な動き!数日中に千葉沖?

2014-12-15 | 地震

かなりやばい感じの香取なのですが・・・。

ツイートから

行徳データ、恐ろしいことに数日中に千葉沖で超大型発生の疑いが出てきた

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント

12月〜来年1月にM9地震の予測!

2014-12-13 | 地震

直近ではないけれど、起こる可能性はあります。

ツイートから

今はM9.4スーパー地震半年前の宏観と見る

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/904.html

12月〜来年1月にM9地震の予測!ただちに原発の緊急危機対策と停止を求める!(秋場龍一)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/904.html

 

秋場龍一のねごと ブログ
http://akiba1.blogspot.com/

 

【ただちに危険だ! 原発通信】19

 


12月〜来年1月にM9地震の予測! 

 


ただちに原発の緊急危機対策と
停止を求める!

 


「再びマグニチュード9の地震が発生する確率が高くなってきました」

 


地震予知サイトを検索していたら、こんなフレーズが眼に飛び込んできた。

 


この見出しは、北海道大学地震火山研究観測センターの研究員である森谷武男氏が、ご本人のHP「森谷武男のページ」http://nanako.sci.hokudai.ac.jp/~moriya/index.htmに載せたものだ。

 


この「M9地震再発生説」が根拠としているのは、VHF電磁波の地震エコー観測によるもので、この地震エコーの観測状況が、今年3月11日の東北地方太平洋沖地震とよく似た経過をたどっているらしい。

 


予測される場所は、「宮城県南部沖から茨城県沖の日本海溝南部付近」、「発生時期は「12月から2012年01月にかけて」とされ、「巨大津波になる可能性も考えられます」とある。専門的なことはこのHPに記載されているので、直接ごらんいただきたい。

 

コメント

吾妻山で火山性微動観測!34分も!噴火警戒レベル「2」に!

2014-12-13 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4795.htmlから

【注意】吾妻山で火山性微動観測!火山性微動が34分も観測される!噴火警戒レベルを「2」に引き上げへ!  new!!

new_screenshot12-12-2014 183446kjhgf11
福島県と山形県にまたがる吾妻山(あづまさん)で火山性微動を観測しました。仙台管区気象台によると、12月12日午前6時20分ごろから火山性微動が約34分にわたって観測されたとのことです。吾妻山で火山性微動を観測したのは2013年8月以来となります。
気象庁は火山性微動を観測したことから、5段階の噴火警戒レベルを平時の1から火口周囲規制の2へ引き上げる決定をしました。今後の活動によっては大穴火口や周辺で噴気活動が活発になったり、火山ガスの噴出量が増えたりする可能性もあるとして、注意を呼びかけています。

御嶽山の噴火をキッカケに全国の活火山で監視体制が強化されていますが、それで今回のような異変を次々に発見しているようです。つまり、今まで気が付かなかっただけで、他にも同じ様な異変が発生しているかもしれないと言えるでしょう。東日本大震災以降の日本は全国で地殻変動が活発化しているため、火山や断層には警戒が必要です。


☆吾妻山で火山性微動 噴火警戒レベルを「2」に引き上げ
URL http://www.minyu-net.com/news/news/1212/news14.html

引用: 
 気象庁は同日、吾妻山で火山性地震の増加や火山性微動の発生を観測したため、5段階の噴火警戒レベルを平常の1から、火口周辺規制の2へ引き上げた。
(2014年12月12日 福島民友ニュース)
:引用終了

☆吾妻山で火山性微動観測 注意呼びかけ
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141212/k10013918981000.html

引用:
仙台管区気象台によりますと、福島県と山形県にまたがる吾妻山で、12日午前6時20分すぎから地下のマグマや火山ガスなどの動きを示すと考えられる火山性微動がおよそ34分にわたって観測されました。吾妻山で火山性微動を観測したのは去年8月以来です。
:引用終了

☆吾妻山
URL https://www.google.co.jp/maps/place/Azuma-yama,+%E8%8B%A5%E5%AE%AE+%E7%8C%AA%E8%8B%97%E4%BB%A3%E7%94%BA+%E8%80%B6%E9%BA%BB%E9%83%A1+%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C/@37.7477771,140.3002252,7z/data=!4m2!3m1!1s0x5f8a96ed2b530569:0x1b6c5ee8990dfd6b!5m1!1e4

new_screenshot12-12-2014 183138poiuyt11111

☆吾妻山の活動が活発化、気象庁「火口周辺警戒」発表
<iframe src="//www.youtube.com/embed/dRTyvRiKHAU" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

☆吾妻山で1年4カ月ぶりに火山性微動観測される(福島14/12/12)
<iframe src="//www.youtube.com/embed/PHKyQ4zy3aw" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>
コメント

富士五湖でM4.3、最大震度4の地震を観測! 神奈川県西部などが揺れる!

2014-12-11 | 地震

富士山の方の地震は、噴火のこともあるので、心配になります。

ツイートから

山梨東部地震は関東地震の前兆です! 11日15時07分頃 山梨県東部・富士五湖(北緯35.5度、東経139.0度)で、震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は4.3 震度4

M6を超えると関東大震災の前兆になります

12月11日 6時4分石垣島北西沖で(マグニチュード6.2)の地震。この震源域も3.11の影響がある震源域。2008年以降、13回の地震のうち、3.11大震災後が11回と多くなってる震源

 

 

埋め込み画像への固定リンク

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4784.html

【地震情報】富士五湖でM4.3、最大震度4の地震を観測! 神奈川県西部などが揺れる!  new!!

20141211150757-20141211151148-large.jpg
12月11日15時7分頃に山梨県東部の富士五湖でマグニチュード4.3の中規模な地震を観測しました。気象庁などによると、この地震で神奈川県西部で最大震度4の揺れを観測したとのことです。現時点では地震による被害報告などはありません。

富士五湖では昨年から中規模な地震が数カ月おきに発生しています。2013年には箱根山付近で震度5の地震を観測したこともあり、最近は活発な地殻変動が連発中です。富士山の方でも噴火の兆候と見られる活動が複数報告されていますが、今後も地震と火山噴火の両方に注意が必要だと言えるでしょう。


☆神奈川で震度4
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000077-jij-soci

引用:
11日午後3時7分ごろ、山梨県東部・富士五湖を震源とする地震があり、神奈川県の相模原市と秦野市などで震度4の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約20キロ。地震の規模(マグニチュード)は4.3と推定される。主な各地の震度は次の通り。
 震度4=神奈川県相模原市、秦野市、山北町
 震度3=神奈川県小田原市、山梨県大月市、静岡県小山町
 震度2=埼玉県秩父市、東京都八王子市、長野県小海町。 
:引用終了

☆地震情報
URL http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/

new_screenshot11-12-2014 155647poiuyt1

☆高感度地震観測網
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?ft=1&LANG=ja

new_screenshot11-12-2014 160025poikujy1111

☆気象庁プレート地図
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png

コメント

濃尾平野は伊勢湾の一部 一宮には小島があった 大きく揺れたら、酷い状態に

2014-12-08 | 地震

超怖い!

BOPPO @Boppo2011  ·  13時間 13時間前

◆名古屋の古地図で見易いのが無かったのですがほぼ「濃尾平野」は、伊勢湾の一部で「海の底」現在の一宮には、小島があったようです大きく揺れたら、酷い状態になるでしょうね

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント

各地でクジラやウバザメなどの希少魚が相次いで発見される!北海道や茨城、兵庫、富山など!

2014-12-07 | 地震

【地震前兆】各地でクジラやウバザメなどの希少魚が相次いで発見される!北海道や茨城、兵庫、富山など!  new!!

new_screenshot06-12-2014 193306poiuyt33
日本各地でクジラの打ち上げ報告などが相次いでいます。富山県では11月28日に全国的にも非常に珍しい魚である「ペンテンウオ」が水揚げされ、北海道の根室管内羅臼町沖でも12月1日に全長8メートルのウバザメが水揚げされました。
更には茨城県で全長12メートルのザトウクジラが浜辺で発見された上に、兵庫県赤穂市の沿岸でもクジラが目撃されています。また、和歌山県では非常に珍しい白いクジラも捕獲されました。

先月末頃から深海魚や希少魚の報告が増加傾向で、とても不気味です。11月末には長野県で大地震がありましたが、その影響も少なからずあるのかもしれませんね。海での地殻変動が活発化すると魚介類の打ち上げ報告や異常行動が激増しますが、今後も地震との関係も含めて注意が必要です。
*過去の大地震では本震の数カ月前から魚の異常報告が増加する傾向が見られます。


↓各地で相次ぐ珍しい魚の報告
new_screenshot06-12-2014 193009oiuyt1121
new_screenshot06-12-2014 193154oiuytr1
new_screenshot06-12-2014 194505poiuyt4

☆図鑑でしか見ない…「ベンテンウオ」水揚げ
URL http://www.news24.jp/articles/2014/11/28/07264243.html

引用:
富山市沖の富山湾で28日朝、全国的にも非常に珍しい魚「ベンテンウオ」が水揚げされた。

 富山市浜黒崎の沖合約2キロのところにある水深60メートルの定置網に28日朝、ベンテンウオがかかっているのが見つかった。体長は56センチある。ベンテンウオはシマガツオの仲間で、帆を立てたような大きな背ビレと尻ビレが特徴。

 水族館によると、富山県内で捕獲されたのは平成9年に氷見市で揚がって以来で、全国的にも非常に珍しく、詳しい生態などは分かっていない。
:引用終了

☆8・8メートルのウバザメ 羅臼で刺し網に絡まる 国内最大級か
URL http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/577644.html

引用:
 【羅臼】根室管内羅臼町沖で1日、体長8・79メートルの巨大な雄のウバザメが見つかり、漁業者を驚かせた。

 同町松法(まつのり)漁港から出漁した第28龍宝丸(4・9トン)が沖合1・8キロ、水深70〜80メートル地点で発見。刺し網とロープに絡まっていた。三浦博勝船長(49)は「大きな黒い塊があってびっくりした」。

 羅臼漁協の指導船でえい航して水揚げした際には死んでいた。クレーンでつり上げたが、ロープが切れるなどして重さは計測不能。この後、羅臼町内の水産系廃棄物処理施設に運ばれた。
:引用終了

☆海水浴場近くに打ち上げられた体長12mの…
URL http://www.yomiuri.co.jp/national/20141127-OYT1T50066.html

引用:
 茨城県鹿嶋市の下津海水浴場近くで27日早朝、体長約12メートルのザトウクジラの死骸が、波打ち際に打ち上げられているのが見つかった。

 アクアワールド茨城県大洗水族館(大洗町)の海獣展示課職員が確認したところ、大きさなどから成体とみられ、雌雄などは不明。
:引用終了

☆瀬戸内海に珍客、ザトウクジラか 兵庫・赤穂沖
URL http://www.asahi.com/articles/ASGCF5WGCGCFPLBJ004.html

引用:
 13日午後、兵庫県赤穂市の沿岸で、1頭のクジラが目撃された。本社ヘリから確認した須磨海浜水族園(神戸市)の中村清美学芸員によると、ひれの形などからザトウクジラとみられる。体長は10メートルほどで、ゆっくり泳ぎながら、ときどき浮上して潮を吹いていた。大型のクジラが目撃されるのは瀬戸内海では珍しい。
:引用終了

☆和歌山・大地町で捕獲された白いクジラが話題を呼んでいます。
URL http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00281691.html

引用:
白いクジラが、話題を呼んでいます。
11月23日、捕鯨が盛んな町、和歌山・大地町で、体のほとんどが白い、珍しいクジラが捕獲されました。
体長は2m40cm、体重180kgのメスで、目が通常の個体と同じ黒色であることから、色素が減少して白く変化した「白変種」と推測されてます。
:引用終了

☆和歌山・太地町で珍しい白いクジラ捕獲 一般公開の予定なし(14/11/29)
<iframe src="//www.youtube.com/embed/uM6NrR8S7nw" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

☆波打ち際に黒々と・・・茨城の海岸に12mのクジラ(14/11/28)
<iframe src="//www.youtube.com/embed/_waM89ukrpo" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

コメント

若狭湾の地震で福島、茨城揺れる???

2014-12-07 | 地震

ツイートから

12月6日:1時頃若狭湾で、マグニチュード5.1の強い地震(深さ360km)の深発地震で、実際に揺れたのは、福島と茨城の異常震域→( http://www.jma.go.jp/jp/quake/20141206010821395-060102.html若狭湾沿岸には14基の原発がある。若狭湾の地震は要注意

 

 

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント

日本中地殻変動が活発化!西之島、御嶽山、長野地震、阿蘇山・・・超巨大地震後は噴火発生!

2014-11-30 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4663.htmlから

【ヤバイ】日本中で地殻変動が活発化!西之島噴火、御嶽山噴火、長野大地震、阿蘇山噴火・・・!超巨大地震後は例外無く噴火が発生!  new!!

20141130171331sdfsopi.jpg
この1年間だけでも小笠原諸島の西之島や御嶽山、桜島、阿蘇山、長野等で規模の大きな噴火や地震を観測していますが、これは序の口に過ぎない可能性が高いです。
今の日本の噴火や地震の発生状況は、9世紀頃の日本と非常に良く似ていると言われています。阪神淡路大震災や新潟県中越沖地震、東日本大震災、九州の噴火などは発生する順番や規模が9世紀の時と全くと言っていいほどに同じで、9世紀の時は最後に南海トラフ巨大地震と関東直下型地震が連発しました。

また、世界中を見てみても、マグニチュード9クラス前後の巨大地震が発生した後には例外無く大噴火が発生しています。最近ではスマトラ島沖地震(M9.1)やチリ沖地震(M9.5)などが典型的で、いずれも地震が発生してから数年以内に複数の噴火現象を観測しました。

日本に当てはめてみると、これが御嶽山噴火や西之島噴火などになると考えることが出来ます。問題なのは、マグニチュード9クラスの巨大地震はあまりにもエネルギーが膨大な事から、年単位で大地震や噴火を誘発させ続ける事が有ることです。

事実、2014年になってから噴火や地震の前兆は減るどころか逆に増え続けています。今直ぐに全てが発生するということはないでしょうが、徐々に大地震や大噴火が迫って来ているということだけは間違い無いです。政府の対応は基本的に遅いので、皆さんが各自で防災対策などをしておくことがとても重要になります。
便利な防災対策用品なども増えていますし、防災対策をしていない方は今の内にちゃんとしておくと良いです。


20141130170342sdfisop11.jpg
20141130170319sdifu01.jpg
20141130170326sdiuf2.jpg
20141130170409sdfoip5.jpg
20141130170425ifsdog6.jpg

☆超巨大地震
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87

引用:
20世紀に地球上で発生したMw9クラスの巨大地震および2004年スマトラ沖地震等は何れも地震後数年以内に近隣の複数の火山の噴火を誘発している[62]。

684年白鳳地震
当日:伊豆大島
5ヶ月後:浅間山?焼岳? (VEI : 3)

869年貞観地震
1年11ヶ月後:鳥海山 (VEI : 2)

1707年宝永地震
49日後:富士山(宝永大噴火)(VEI : 5)
1年2ヶ月後:浅間山 (VEI : 2)
1年4ヶ月後:阿蘇山 (VEI : 2)
1年6ヶ月後:岩木山 (VEI : 2)および三宅島

1952年カムチャツカ地震
1日後:カルビンスキー山 (VEI : 5)
8日後:タオ・ルシィル山 (VEI : 3)
31日後:マールイセミャチック山 (VEI : 3)
1年9ヶ月後:サリチェフ山 (VEI : 2)
2年11ヶ月後:ベズイミアニ山 (VEI : 5)

1957年アリューシャン地震
2日後:ヴィゼヴェドフ山 (VEI : 2)
1年5ヶ月後:オクモク山 (VEI : 3)

1960年チリ地震
2日後:コルドン・カウジェ火山 (VEI : 3)
49日後:ベテロア山 (VEI : 1)
54日後:トゥプンガティト山 (VEI : 2)
7日ヶ月後:カルゴフ山 (VEI : 3)

1964年アラスカ地震
64日後:トライデント山 (VEI : 3)
1年10ヶ月後:リダウト山 (VEI : 3)

2004年スマトラ沖地震
105日後:タラン山 (VEI : 2)
1年2ヶ月後:メラピ山 (VEI : 1)
1年5ヶ月後:バレン山 (VEI : 2)
2年9ヶ月後:ケルート山 (VEI : 2)
2年10ヶ月後:アナク・クラカタウ山 (VEI : 2)

2010年チリ・マウレ地震
1年3ヶ月後:コルドン・カウジェ火山 (VEI : 3)
1年6ヶ月後:ペテロア山
:引用終了

☆世界のプレート
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

20141130165437sdoifp02.jpg

☆フォッサマグナ
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Tectonic_map_of_southwest_Japan.png

20141130165352podffpd.jpg

☆プレートテクトニクスからみた日本列島
URL http://www.zenchiren.or.jp/tikei/zeijaku.htm

20141130165544poiu.jpg

☆各地で火山活動活発化 立山連峰地獄谷周辺でもガス噴出に懸念
URL http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00281611.html

引用:
地獄谷は、2012年6月以降、水蒸気や硫化水素などの火山ガスの噴出が活発化しており、一帯の遊歩道およそ2.5kmの一般利用が禁止されている。
気象庁の調査では、火山ガスが噴き出る噴気孔の一部が、2014年9月までのおよそ1年で拡大していることがわかった。
富山地方気象台の飯村慎一技術専門官は「(一部の)噴気孔の活動が活発化している。2013年から比べると、活動が活発化していた」と語った。
:引用終了

☆口永良部、御嶽山、そして阿蘇山、次は... 「火山列島」活発化で富士山噴火が危ない
URL http://www.j-cast.com/2014/11/28222051.html

引用:
2014年に火山活動が活発化したのは、阿蘇山と御嶽山だけではない。草津白根山(群馬県)では3月から火山性地震が増加、火山ガスの噴出も見られるようになり、気象庁が6月3日に火口周辺への立入規制等を伴う「噴火警戒レベル2」に引き上げた。8月3日には口永良部島(鹿児島県)の新岳が34年ぶりに噴火し、当初は火砕流発生の恐れがあると警戒された。11月25日の時点で、警戒レベルは御嶽山と同じく「3」が継続されている。桜島(鹿児島県)でも噴火が続いており、入山規制が解除されていない。蔵王山(宮城・山形県)では8月以降に火山性微動の発生が増え、10月20日には今年最大規模の揺れが観測された。
:引用終了

☆「八甲田山など3火山の常時監視」提言 火山噴火予知連
URL http://www.asahi.com/articles/ASGCX4DV1GCXULBJ00B.html

引用:
気象庁は現在、全国110の活火山のうち47火山を24時間態勢で監視している。提言では、2013年に山頂近くで火山性地震が観測された八甲田山▽12年から噴気温度の上昇が確認されている弥陀(みだ)ケ原(富山・長野)▽今年に入って火山性地震が増えている十和田(青森・秋田)の3火山を常時監視の対象に加えるよう求めた。
:引用終了

☆各地で火山活動活発化 立山連峰地獄谷周辺でもガス噴出に懸念(14/11/27)
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/uWukiQFHc4A" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

☆地震予測  巨大地震はいつどこに来るのか
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/agZ0REsNk70" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>

☆日本火山群は大活動期に入りつつある
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/QXq9c54swSs" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>
コメント

【速報】阿蘇山で再び噴火を観測!火口から赤い溶岩が溢れ出る!

2014-11-29 | 地震

大噴火になれば、以前にもお伝えしたように、日本の半分以上が影響を受けます。

九州の大切な食料調達にも影響が・・・。今、くまもんの小麦粉や米粉を使っているのです。

出来るだけ小麦粉を使わずに、米粉で処理。フライの衣も。

近くの方々は、大変でしょうね。灰など飛んできて。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4655.htmlから

【速報】阿蘇山で再び噴火を観測!火口から赤い溶岩が溢れ出る!  new!!

new_screenshot29-11-2014 180359poiu
11月29日午後に九州の阿蘇山で再び噴火を観測しました。今回の噴火は爆発的な噴火と言うよりも、マグマを伴ったドロドロしたような感じの噴火になっています。夕方頃からライブカメラでもその様子を捉えており、真っ赤な火柱を見ることが出来ました。今後も阿蘇山では活発な活動が続くと見られているため、付近にお住まいの方は続報に注意してください。


☆阿蘇火山博物館ライブカメラ(協力:RKK)
<iframe src="//www.youtube.com/embed/Nclov4Vc0VA" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

☆阿蘇山噴火中 ライブカメラ映像録画
<iframe src="//www.youtube.com/embed/Q3CIIPdaSZo" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見る

京都大学火山研究センター阿蘇山・中岳第一火口カメラ(スクリーンショット) 発光してる?!

コメント

長野北部(白馬村)で発光現象

2014-11-28 | 地震

http://bran7.net/archives/47280から

長野北部(白馬村)で発光現象

Twitterで画像を見る

長野北部(白馬村)地震の影響で発光現象があったか!?(-_-;) 白根山のカメラに発光現象!?なのか明るく光ってるなぁ… 

地震発生に先だって謎の光が輝く「地震発光現象」は、世界各地での目撃例が伝えられていが、原因が解明されたという。

地震前の謎の発光現象、ついに解明か? – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
January 7, 2014
アメリカにあるサンノゼ州立大学とNASAエイムズ研究センターに所属する物理学者フリーデマン・フロイント(Friedemann Freund)氏は、「一口に地震発光現象といっても、決まった形状や色があるわけではない」と話す。

「地面からくるぶしの高さまで上昇する青味がかった炎のような光や、空中を数十秒から時には数分ほど漂う光の玉などの目撃例が多い。雷によく似ているが上空からではなく、地面から伸びる一瞬の閃光(せんこう)が最大200メートルに達したという証言もある」。

◆迷信から科学へ

「昔は宗教的な観点からの解釈が多かった。今はUFOと考える人も多い」とフロイント氏。

まともに受け取るには信憑性に欠け、地質学者や物理学者ら専門家も学問的に取り組む対象ではなかった。

 ところが1960年代半ば、長野の松代群発地震をきっかけに状況が変わる。発光現象がカメラにはっきりととらえられ、地震活動との関連が確認されたのだ。「写真や動画に記録されるケースが急増した。監視カメラが普及した影響も大きい」。

◆地震発光現象のメカニズム

 以来、発生メカニズムについてさまざまな説が登場したが、フロイント氏の研究チームが岩石の電荷に注目するまで決着は付かなかった。同氏によるとまず、「力が加わった玄武岩や斑れい岩に、電荷の“充電スイッチ”が入る」という。

 そこに地震波がぶつかると、岩石内の電荷が解放される。

 地質的な条件、「岩脈」という垂直構造も重要だ。マグマが垂直の割れ目に流れ込んで冷えた地盤で、地下100キロに達する場合もある。ここで玄武岩や斑れい岩が電荷を解放すると、地下から地表に向けて一気に駆け抜けていくことになる。

「電荷は結合して一種のプラズマのような状態になり、猛スピードで移動し、地表ではじけて空中放電を起こす。これが色鮮やかな光の正体だ」。

 フロイント氏の説明によると、世界中で発生する地震で、発光の条件が揃うケースは0.5%未満だという。比較的まれな現象というのも頷ける。

「タイミングや場所もそれぞれ異なる。大地震の数週間前に発生する場合や、実際に揺れている最中に光ることもある。また、震央から160キロ離れた地点で観測された記録も残っているそうだ」。

コメント

東海関東地方で地震雲!奇妙な渦巻きや竜巻型が相次ぐ!長野大地震前も雲が!

2014-11-28 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4631.htmlから

【地震前兆】東海地方や関東地方で地震雲が話題に!奇妙な渦巻きや竜巻型が相次いで目撃される!長野県大地震前も不思議な雲が・・・!  new!!

new_screenshot27-11-2014 185114oihugkhlj
先週に長野県で震度6弱の大地震が発生したばかりですが、今度は関東や東海等で地震の前兆と見られる地震雲の発見報告が相次いでいます。投稿された写真などを見てみると、形状は竜巻型や直立型の地震雲が多いです。このような形の地震雲は本震が発生する数日ほど前に見られることが多く、発見報告の多さからも非常に不気味だと言えます。

雲と地震のメカニズムについては多くの方が現在進行形で調査していますが、大地震前に発生するプレートの地滑り現象が大きな原因になっている可能性が高いです。プレートや断層というのは岩の塊で、その中に含まれている石英は強い刺激を受けると電磁波などを発生させます。地殻変動の際にはこれが物凄い膨大な量で動くため、大気の流れをゆがめる程の強い電磁波を放出し、それが地震雲を作り上げているようなのです。

そのため、電磁波に過敏なナマズなどの魚は昔から地震前になると暴れたりする上に、精密機器などでも地震前に狂ったりすることがあります。電磁波で雲の形を歪めることが出来るのは各大学の実験でも確認済みで、電磁波の強さによって雲の形状が変化することも最近では分かってきました。
必ずしも変な雲と大地震が連動するというわけではありませんが、念の為に今後もしばらくは地震などの地殻変動に警戒をした方が良いです。


Twitterで画像を見る

中部地方の愛知県、静岡県を中心に地震雲らしきものを目撃が相次ぐ! また地震が起きるのか・・・? - でっちでち速報 http://dechisoku.com/archives/1014447937.html 

コメント

インドネシアでM6.8の地震!M7.1やM6.5が連発!巨大地震の恐れも?

2014-11-27 | 地震

この近くに行く予定の人は、近づかないほうがいいようです。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4623.htmlから

【地震速報】インドネシアのモルッカ海でM6.8の地震が発生!同じ場所でM7.1やM6.5の強い地震が連発!更なる巨大地震が発生する恐れも?  new!!

20141127030131sdiufio.jpg
インドネシア東部のマルク諸島沖で11月26日23時分(日本時間)にマグニチュード6.8の大きな地震を観測しました。アメリカ地質調査所(USGS)によると、震源の深さは41キロで津波の発生などは観測されていないとのことです。今のところ被害者などの報告は入って来ていません。

ただ、この場所では11月15日や11月21日にもマグニチュード7.1やマグニチュード6.5の強い地震を観測しているため、後で更に大きな巨大地震が発生する可能性があります。東日本大震災やチリ沖巨大地震の時も本震前にマグニチュード6前後の地震が頻発していたので、今後も警戒が必要です。


☆アメリカ地質調査所 インドネシアM6.8
URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usb000t08w#summary

20141127030022sauoduo.jpg
20141127030043sdpoif02.jpg
↓今月にインドネシアのモルッカ海で観測した地震の数。
20141127030937ofdigidp.jpg

☆リアルタイム世界地震情報
URL http://ds.iris.edu/sm2/

20141127030301odsipfip.jpg

☆気象庁プレート地図
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png
Twitterで画像を見る

◆南太平洋M6.8/インドネシア東部モルッカ海ここでは11/15 M7.1,11/21 M6.5が発生震源域L=130kmから宇津則でM7.8と計算 M7.1+M6.5+M6.8⇒M7.2なら、M7.7超本震も可能性あり

コメント

ぽちっと宜しくお願いします。


人気ブログランキングへありがとうございました。