幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

TVタックルで大学教授らが巨大地震を警告!木村政昭名誉教授「2017年までに伊豆諸島でM9の巨大地震」

2014-07-25 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3245.htmlから

TVタックルで大学教授らが巨大地震の発生を警告!木村政昭名誉教授「2017年までに伊豆諸島でM9の巨大地震」 

20140723222503jisinn00000.jpg
7月21日に放送された「ビートたけしのTVタックル」に、東日本大震災を4年前から予測していた琉球大学の木村政昭名誉教授が出演し、2017年までに伊豆諸島付近でマグニチュード9の巨大地震が発生すると警告しました。木村教授は2007年に太平洋学術会議で「東北に巨大地震の兆候がある」と発表した方で、その後も様々な地震を的中させた実績の有る方です。

木村教授は地震の空白域と小規模な地震の発生回数に着目し、空白域で小地震が頻発している「地震の目」と呼ばれる場所を発見しました。この「地震の目」が観測されると、その付近ではかなり高い確率で大地震が発生するため、木村教授はこれを利用して地震予測の手法を確立させたとのことです。
番組中で木村教授は「伊豆諸島や鳥島沖(小笠原諸島)付近で地震の目が観測されている」と発表し、その裏付けとして昨年に発生した西之島の大規模な火山噴火などをあげています。

地震と噴火には密接な関係があり、かつて関東大震災が発生する前にも伊豆諸島では大規模な噴火が発生していました。木村教授はこれらの情報をまとめた結果、2017年までに伊豆諸島でマグニチュード9クラスの巨大地震が発生するという予測を導き出したと述べています。

当ブログでも前々から「次の巨大地震は小笠原諸島近海で発生する!」と警鐘を鳴らしていましたが、公の場でもそのことをやっと言及する専門家が出て来てくれたようですね。昨年から発生しているかつて無いほどの規模の西之島新島大噴火や過去の地震履歴などを調べれば、必然的に伊豆諸島付近で巨大地震が近いという推測をすることが出来ます。
逆に世間で話題になっていた東海地震や関東直下型地震は発生がまだ先であると見られ、今までこの話が出て来なかった事の方がとても不思議です。

↓番組のキャプチャー
20140723222357jisn01.jpg
20140723222416jisin02.jpg
20140723222548jisnn05.jpg
20140723222701sjinn07.jpg
20140723223228asdsda.jpg
20140723222813jisnn08.jpg

次の巨大地震は間違いなく、着実に迫って来ています。地震や津波は事前の備えで生存率が大幅に変化するので、今の内にちゃんと防災対策の確認をしておくと良いでしょう。


☆「TVタックル」で大学教授らが巨大地震の発生を警告
URL http://news.livedoor.com/article/detail/9069112/

引用: 
21日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に、琉球大学の木村政昭名誉教授が出演し、2017年までに伊豆諸島を震源とした巨大地震の発生を警告した。

番組では木村氏を、2011年の東日本大震災も、震災4年前から予知していた人物として紹介した。木村氏の地震予知方法は、巨大地震が起きていない「空白域」に注目し、さらに空白域で小地震が頻発している場所を「地震の目」と名付け、目の近くで巨大地震が起こるというのが木村理論なのだという。

その理論に基づき、次に大地震が起こる場所を木村氏は「震源域は、伊豆鳥島を中心として、それより北と南に広がった伊豆諸島ですね。規模はマグネチュード9クラスになるだろう」と推定した。
:引用終了

☆ビートたけしのTVタックル - 2014-07-21- part 3
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/yi0Y595n3Mg" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

☆ビートたけしのTVタックル - 2014-07-21- part 4
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/tEo_6yK5h0Y" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

<iframe src="//www.dailymotion.com/embed/video/x21v70x" frameborder="0" width="480" height="270"></iframe>
ビートたけしのTVタックル 140721 投稿者 marmarly7
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

阿蘇中岳で湯だまり量ゼロ21年ぶり火口底露出!2013年3月から減少!

2014-07-24 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3242.htmlから

【噴火前兆】阿蘇中岳第1火口で湯だまり量がゼロに!21年ぶりに火口底が露出!2013年3月から徐々に減少!  new!!

20140723202719as.jpg
熊本県の阿蘇中岳第1火口で湯だまり量がゼロになっていることが判明しました。阿蘇山では今年2月にも小規模な噴火があったばかりで、火山活動が活発化しつつあることを示唆していると言えます。湯だまりが干上がるのは1993年2月以来で、実に21年5ヶ月ぶりです。

調査を行った福岡管区気象台火山監視・情報センターは、「地下の活動がやや活発化している」と述べつつも、「今のところは大きな噴火の兆候は認められない」と発表しています。阿蘇山は富士山の数百倍とも言われているほど大きなエネルギーを持っている火山で、これが本格的な大噴火をすると日本全体に影響を及ぼす事になるでしょう。ただ、大噴火をするのは非常に稀で、気象台が発表しているように今直ぐに噴火する可能性は微妙です。

最近は海外でもイエローストーン国立公園等で噴火の兆候らしい現象を捉えていますが、地球全体で火山活動が活発化しているということなのかもしれませんね。略

☆阿蘇中岳、火口底が露出 21年ぶり
URL http://kumanichi.com/news/local/main/20140722002.xhtml

引用:
阿蘇中岳第一火口の湯だまりがなくなり、火口底が露出していることが21日、分かった。湯だまりが干上がるのは1993年2月以来、21年5カ月ぶり。福岡管区気象台火山監視・情報センターが17日の現地調査の結果を明らかにした。

 同センターは「地下の活動がやや活発化している」と分析。今のところ、周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められないとして、噴火警戒レベルは平常の1を継続している。
:引用終了

☆熊本)湯だまり量がゼロに 阿蘇中岳第1火口
URL http://www.asahi.com/articles/ASG7Q4V2NG7QTLVB014.html

引用:
湯だまりは、雨水や地下水が火口にたまってできる。九州北部豪雨災害後の2012年9月には10割だったが、次第に減り、昨年12月以降は1割以下が続いていた。このため火口底が露出、第1火口周辺のひび割れも見える状態になっていた。

 また孤立型微動は、今年に入って多くて月1200回だったが、16日から増え始め、20日は1日で1579回を数えた。火山性地震も20、21日には1日500回前後に増えた。小噴火するなど活動が活発だった今年1月に月8100回を記録した後は、月260回が最高だった。
:引用終了

☆阿蘇山
URL https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E9%98%BF%E8%98%87%E5%B8%82%E4%B8%80%E3%81%AE%E5%AE%AE%E7%94%BA%E5%AE%AE%E5%9C%B0+%E4%B8%AD%E5%B2%B3/@32.73258,131.0972188,342361m/data=!3m1!1e3!4m2!3m1!1s0x3540d87254240f03:0x7f257403039cc948

20140723202429kumamoto.jpg

☆九州の旅−6阿蘇の火口を覗く
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/EeyRn8lgaQg" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

12日のM6.8クラスの地震に1.2週間は要警戒

2014-07-18 | 地震

麒麟地震研究所 @kirinjisinken  ·  10 時間

観測機2フルレンジを十倍に拡大したデータです。16日の0時から6時にかけて赤の強い反応が出ており全体的に収束傾向です。12日のM6.8クラスの地震に1.2週間は要警戒です。観測機1にも非常に大きな反応が出てきました

 

 

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

何かの前兆?昆虫大発生全国で相次ぐ!新潟ドクガ、滋賀カメムシ4倍、兵庫で窓黒くコバエ大発生!

2014-07-14 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3128.htmlから

何かの前兆?昆虫の大量発生報告が全国で相次ぐ!新潟でドクガ、滋賀でカメムシ4倍、兵庫で窓が黒くなるほどコバエが大発生!  new!!

20140713022808sad.jpg
先月辺りから全国各地で昆虫の大量発生報告が相次いでいます。新潟県上越市では膚炎を引き起こす「ドクガ」が大量発生し、兵庫県篠山市や愛知県豊田市などでは「コバエ」が窓を覆い尽くすほど大発生しました。他にも滋賀県などでカメムシの大量発生なども報告されており、今年は各地で昆虫の異常な増加が報告されています。


昆虫の大発生は「大災害の前兆」とも言われていますが、実際に滋賀県では過去最悪のカメムシ大量発生があったのは東日本大震災直前の2010年でした。日本は災害大国なので、普段から防災への備えをしっかりしているかと思いますが、念の為に今年は特に備えをシッカリとしておいた方が良いかもしれませんね。


☆ドクガが大量発生 上越・頸北地区
URL http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20140709122746.html

引用: 
 県上越地域振興局は9日までに、上越市の柿崎区や大潟区でドクガが大量発生していると発表した。ドクガに触れると、皮膚炎を引き起こすとして、注意を呼び掛けている。

 ドクガは体長2、3センチほどで、全体が黄色。毒のある毛に触れると、激しいかゆみを伴うという。

 住民からの情報を受け、7日に柿崎、大潟両区の一部を調査し、大量発生を確認した。同振興局は「特に草むらや街灯周辺を通る際は、長袖や帽子などで肌の露出を少なくしてほしい」としている。
:引用終了

☆「コバエ」大量発生中 「窓が黒くなるほど」 篠山市内全域
URL http://tanba.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=2017

引用:
篠山市内全域で先月末からコバエの一種、 「クロバネキノコバエ」 が大量に発生し、 住民らを悩ませている。 丹波新聞の取材では、 今田地域を除くほぼ市内全域で発生が確認されており、 窓が黒くなるほど張り付いていたり、 溜まった死骸をほうきで掃くケースも。 丹波健康福祉事務所は、 「基本的に無害だが、 抜本的な対処法はなく、 朝方に発生するようなので、 窓を開けないようにするくらいしかない。 梅雨が明ければいなくなるはず」 と話している。
:引用終了

☆コバエが大量発生、給食センター休止 愛知・豊田
URL http://www.asahi.com/articles/ASG7C313PG7COBJB004.html

引用:
愛知県豊田市の市藤岡給食センターが、周辺でコバエが大量発生したため今月7日から給食の調理を一時休止していることが11日、分かった。窓や網戸などを補修し、14日から調理を再開する予定。同センターが給食を提供している小中学校10校とこども園8園の児童生徒ら約2900人は、弁当を持参している。
:引用終了

☆カメムシ:滋賀で大量発生 平年の3.9倍に県「注意報」
URL http://mainichi.jp/select/news/20140711k0000e040239000c.html

引用:
毎日新聞 2014年07月11日 13時48分(最終更新 07月11日 15時19分)
 柿や梨などの果樹に被害をもたらすカメムシが、滋賀県内全域で大量発生している。県の採集調査では5月以降の累積数が過去10年で2番目の多さとなった。カメムシは今月中旬から8月中旬に向けて最も増えるといい、県は「害虫発生予察注意報」を発令し、農家などに対し、こまめな見回りや朝夕の薬剤散布などを呼び掛けている。
:引用終了

☆米の品質低下招くカメムシ、2014年も大量発生の見通し(福島14/07/03)
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/ExTJFwL5WBM" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

M8級地震の前兆か…早朝に東北・関東で震度4 専門家、大地震を警戒

2014-07-13 | 地震

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140712/dms1407121528006-n1.htmから

M8級地震の前兆か…早朝に東北・関東で震度4 専門家、大地震を警戒

突然の揺れが東日本の広い範囲を襲った。12日午前4時22分ごろ、最大震度4の地震が発生。東京など首都圏でも震度3を記録し、東北の太平洋沿岸地域で津波を観測するなど列島に緊張が走った。気象庁は東日本大震災の余震とみているが、これで終わりではない。専門家はマグニチュード(M)8級の巨大地震を警戒している。

 早朝の静寂を突然のサイレンが切り裂いた。

 緊急地震速報の直後、東北と関東を中心に強く長い揺れが襲い、気象庁によると、宮城、福島、茨城、栃木の各県で震度4を観測。東京都千代田区大手町や横浜市、千葉市など首都圏で震度3を記録した。

 震源地は福島県沖で震源の深さは約10キロ。地震の規模はM6・8と推定され、宮城県石巻市鮎川、岩手県大船渡市で20センチの津波を観測。岩手、宮城両県で一時、計約1万1000世帯、約2万6000人が避難勧告の対象となった。

 福島市消防本部の情報では、この地震で、福島市の女性(68)が自宅の階段から転落し、足首の骨を折る重傷を負った。東京電力、東北電力などによると、福島県の福島第1、第2原発、宮城県の女川原発、茨城県の東海第2原発で異常は確認されていない。

 気象庁は、2011年3月11日に発生し、東日本大震災を招いたM9・0の東北地方太平洋沖地震の余震とみている。


12日早朝、東日本を襲った強い揺れ。余震は100年続くという見方もある【拡大】

 本紙で「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」を連載する武蔵野学院大学の島村英紀・特任教授は、「(震源域が)陸地から140キロぐらい離れているからこれぐらいで済んだ。もう少し陸地に近ければ、もっと大きな被害が出ていただろう」と指摘し、こう続ける。

 「『3・11』の余震はこれで終わりではない。これまでの統計によると、あれほどの巨大地震の後には、震源地近くで最大マグニチュードからマイナス1の余震が発生するとされている。これからM8級程度の地震が起きる可能性は残っている。それに明治三陸地震(1896年)の後、連動して昭和三陸地震(1933年)が発生したように、20〜30年後に東日本大震災をきっかけとしたアウターライズ(海溝外縁部)型の大地震が起きる危険もある」(島村氏)

 警戒は怠れない。

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

【地震前兆】月が地球急接近!7月12日夜はスーパームーン!引力誘発地震注意!Mクラス太陽フレア発生!

2014-07-13 | 地震

満月ですよ。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3124.htmlから

【地震前兆】月が地球に急接近!7月12日夜はスーパームーン!引力増大による誘発地震に注意!Mクラス太陽フレアも発生!  new!!

20140712174204suapa-.jpg
本日7月12日は普段よりも月が大きく見える「スーパームーン」という現象が発生します。スーパームーンは年に数回程度しか無い珍しい現象で、月が地球に接近する時期と満月が重なることで月が大きく見えるという現象です。

スーパームーン自体はとても綺麗で素晴らしい自然現象ですが、月が地球に普段よりも近づくということは、地球に対する引力などの影響も大きくなります。そのため、スーパームーンの時期に前後する形で規模の大きな地震が発生することが多く、現に本日の早朝も福島沖でマグニチュード6.8の強い地震が発生したばかりです。

また、日本の地震と連動性が高いバヌアツでも7月8日にマグニチュード6.3の地震が発生し、地球の磁気圏やマントルを刺激する太陽フレアも先日に発生しました。太陽フレアの一部は7月14日0時(日本時間)に地球と接触すると予測されており、当面は各種現象による誘発地震や噴火に注意が必要です。
*太陽フレア直撃後の7月14日0時から2〜3日は特に注意。


☆月が地球に接近、「スーパームーン」の観測迫る
URL http://www.cnn.co.jp/special/science/35050739.html

引用:
(CNN) 月が地球に接近する時と満月が重なる現象「スーパームーン」が、今年の夏は7月12日と8月10日、9月9日(いずれも米国時間)の3回見られる。米航空宇宙局(NASA)が明らかにした。
米海軍天文台のジェフ・チェスター氏は、定期的に起こる現象でそれほど珍しいものではないと言及。昨年も3カ月連続で見られ、注目を集めた6月のスーパームーンでは、通常の満月に比べ大きさが14%、明るさが30%増して見えたという。
:引用終了

☆月齢カレンダー
URL http://www.moonsystem.to/calendar/cgi/calendar2.cgi?year=2014&month=07

20140712173938geturei.jpg

☆独立行政法人:防災科学技術研究所『月の引力が地震の引き金に』
URL http://www.bosai.go.jp/press/pdf/20100128_01.pdf

o0561035711955135444.jpg

☆NASAの太陽フレア進路予測
URL http://www.swpc.noaa.gov/wsa-enlil/

20140712133212taifuyoudrea.jpg

☆宇宙天気ニュース
URL http://swnews.jp/

20140712173639taifyou.jpg

☆アメリカ地質調査所 M6.3 - 13km NNE of Port-Vila, Vanuatu
URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usc000rrmg#summary

↓7月8日に発生したバヌアツM6.3
20140712173311jisinn.jpg

☆行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
URL http://earthq.system-canvas.com/

VERTgyoutoku20140712.gif

☆スーパームーンは本当に大きいのか?比べてみた
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/lKLHsdg-fVE" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

福島沖で強い地震が連発!台風による気圧の急変がトリガーとなった可能性大!

2014-07-12 | 地震

7月12日は、起こりました。

ツイートから

月が地球に接近する時と満月が重なる現象「スーパームーン」が、今年の夏は7月12日と8月10日、9月9日(いずれも米国時間)の3回http://www.cnn.co.jp/special/science/35050739.html

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3118.htmlから

【地震情報】福島沖で強い地震が連発!M6.8、M4.7など数連発!台風による気圧の急変がトリガーとなった可能性大!  new!!

20140712111649jisinn.jpg
当ブログでは数日前から台風通過後の気圧の急変による地震発生に注意を呼び掛けていましたが、7月12日早朝にその対応地震が発生しました。12日4時21分ごろに福島沖でマグニチュード6.8の強い地震が発生し、福島県周囲で震度4の揺れを観測したとのことです。


幸いにも震源が陸から百キロ以上も離れた場所だったので、規模の割に揺れは小さくなりました。この地震が発生した後も福島沖ではマグニチュード5前後の地震が頻発中で、ほとんどは揺れを観測していない無感地震となっています。

7月11日夕方に台風が関東を抜けたので、翌日早朝に地震が発生するというのはお手本通りだと言えるでしょう。頭の悪い方が当ブログのコメント欄で「人工地震だ」とか断言していますが、現段階で言い切っているのはあまりにも傲慢過ぎると私は思います。地震の揺れは震源の位置、プレートの動き方等が複合的に合わさって決まるもので、それらを分析せずに「人工地震だ」と言っているのは頭が悪過ぎです。「人工地震かも?」と疑問を投げかけるのは良いですが、無闇矢鱈に断言をするのはハッキリ言って「馬鹿」だと言えます。

人工地震についてはアメリカ政府や日本政府高官も公文書や国会で認めている事実ですが、自然地震と人工地震の判別は非常に難しく、安易に断言できるものではありません。更に言えば、人工地震で騒いでいるとある方は波形図を勝手に編集して、「ほら人工地震だ」等と言っているため、ネット上の情報も安易に信用することは出来ないのです。

画像の偽造や書き換えが指摘されている人工地震説
20140712113237hennsyuu.jpg

というわけで、人工地震については知識として知っておく程度で、現段階では断言をするのは避けるべきだと私は思います。安易な断言は逆に人工地震という考え方をオカルトにしてしまい、信用を失うことになるでしょう。そこら中で安易な断言をしている方はもう少し書き方や身の振り方を考え直すべきです。


☆地震情報
URL http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/

20140712042221-20140712042945-large.jpg
20140712045934-20140712050404-large.jpg

☆地震波形図
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/strace/?LANG=ja

20140712111329namiemati.jpg
20140712111318jisin001010.jpg

☆ハイネット高感度地震観測網
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?LANG=ja

KANTO_MAP20140712010101010.png

☆気象庁プレート地図
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

岩手、宮城、福島に津波=東北、関東で震度4 <津波>石巻で20センチ

2014-07-12 | 地震

当たりました。やはり、台風の後、地震に注意のようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140712-00000007-jij-soci

岩手、宮城、福島に津波=東北、関東で震度4

時事通信 7月12日(土)4時46分配信

 12日午前4時22分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、宮城、福島、茨城、栃木の各県で震度4の揺れを観測した。気象庁は同4時26分、岩手、宮城、福島の3県に津波注意報を発令。最大1メートル程度の津波が予想され、同5時すぎには宮城県石巻市鮎川と岩手県大船渡市で最大20センチ、同県釜石市と福島県いわき市小名浜で微弱の津波を観測した。同庁は海岸に近づかないよう呼び掛けた。
 原子力規制庁によると、東京電力福島第1原発など、福島、宮城、茨城各県にある原発や原子力関連施設から異常の報告はないという。
 岩手県久慈市は沿岸部に避難指示を、大船渡市や宮城県東松島市なども避難勧告を出した。
 気象庁によると、震源の深さは約10キロ。地震の規模(マグニチュード)は6.8と推定される。
 主な各地の震度は次の通り。
 震度4=宮城県岩沼市、川崎町、丸森町、福島県郡山市、田村市、いわき市、川俣町、猪苗代町、会津美里町、天栄村、茨城県常陸太田市、栃木県大田原市、市貝町、高根沢町
 震度3=仙台市、福島市、水戸市、宇都宮市、盛岡市、山形県米沢市、群馬県桐生市、さいたま市、千葉市、東京都墨田区、横浜市、新潟県長岡市、山梨県忍野村、長野県南牧村。

福島・宮城・岩手に津波注意報…M6.8の地震

読売新聞 7月12日(土)4時40分配信

 12日午前4時22分頃、福島県沖を震源とする地震があり、福島・宮城・栃木・茨城の各県で震度4を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約10キロ、マグニチュードは6・8と推定され、同庁は福島県・宮城県・岩手県の沿岸に津波注意報を出した。

<津波>石巻で20センチ

 気象庁によると、東北地方の地震の影響で12日午前5時19分に宮城県石巻市鮎川で、同22分に岩手県大船渡でそれぞれ高さ20センチの津波を観測した。また、岩手県釜石で同17分、いわき市小名浜で同2分にそれぞれ微弱な津波を観測した。

(毎日新聞)


[記事全文]

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

地震に注意かも

2014-07-12 | 地震

ツイートから

地震予知研究所が近日中にもM6クラスの地震が・・・と最近あったよ。台風が去った後に地震の起きている確率70%だとか。

 

行徳 数日中に関東東北太平洋岸にM6を大きく超える地震が起きる疑い

 
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

千葉、震度3

2014-07-11 | 地震

地震が多いです。

情報発表時刻 2014年7月11日 0時18分
発生時刻 2014年7月11日 0時14分ごろ
震源地 千葉県東方沖
緯度 北緯35.5度
経度 東経140.5度
深さ 30km
マグニチュード 3.5
情報 この地震による津波の心配はありません。
震度3
千葉県 大網白里市 
震度2
千葉県 千葉緑区  茂原市  東金市  市原市  山武市  いすみ市  九十九里町  一宮町  白子町 
震度1
千葉県 千葉中央区  千葉若葉区  勝浦市  匝瑳市  香取市  芝山町  横芝光町  睦沢町  長生村  長柄町  長南町  大多喜町 

履歴

発生時刻 情報発表時刻 震源地 マグニチュード 最大震度
2014年7月11日 0時14分ごろ 2014年7月11日 0時18分 千葉県東方沖 3.5 3
2014年7月10日 18時16分ごろ 2014年7月10日 18時19分 胆振地方中東部 3.6 2
2014年7月10日 18時09分ごろ 2014年7月10日 18時12分 茨城県北部 3.5 1
2014年7月10日 17時58分ごろ 2014年7月10日 18時02分 茨城県北部 4.8 4
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

茨城北部、震度4

2014-07-10 | 地震

台風の時は、地震が起こりやすいです。

http://emergency.weather.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/?1404982835

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。 <form style="margin: 0px; display: inline;"><input type="button" value="再読込" /></form>
情報発表時刻 2014年7月10日 18時00分
発生時刻 2014年7月10日 17時58分ごろ
震源地 ---
緯度 ---
経度 ---
深さ ---
マグニチュード ---
情報 今後の情報に注意してください。
震度4
茨城県 茨城県北部 
震度3
福島県 福島県中通り  福島県浜通り 

履歴

発生時刻 情報発表時刻 震源地 マグニチュード 最大震度
2014年7月10日 17時58分ごろ 2014年7月10日 18時00分 --- --- 4
2014年7月10日 12時22分ごろ 2014年7月10日 12時26分 茨城県南部 3.3 1
2014年7月9日 20時10分ごろ 2014年7月9日 20時14分 愛知県東部 3.0 1
2014年7月9日 19時36分ごろ 2014年7月9日 19時40分 福島県沖 3.2 1
2014年7月9日 19時23分ごろ 2014年7月9日 19時27分 千葉県北西部 3.2 1
2014年7月9日 11時30分ごろ 2014年7月9日 11時34分 茨城県北部 3.8 2
2014年7月9日 7時09分ごろ 2014年7月9日 7時13分 大分県中部 2.3 1
2014年7月9日 6時41分ごろ 2014年7月9日 6時45分 千葉県東方沖 3.4 2
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

北海道でマグニチュード5.8、震度5弱の強い地震が発生!

2014-07-09 | 地震

台風時は、地震も発生しやすいので、注意。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3078.htmlから

【地震】北海道でマグニチュード5.8、震度5弱の強い地震が発生! 

20140708182057jisin02.jpg
2014年7月8日18時5分頃に北海道で強い地震を観測しました。地震の規模はマグニチュード5.8で、最大震度は5弱となっています。震源の深さは非常に浅く、津波などの発生は観測されていないとのことです。現時点では特に大きな被害報告等はありません。

台風通過前後というのは気圧の急変化に伴い、地殻のエネルギーバランスが崩れて地震が発生しやすくなります。例えば、新潟県中越沖地震では地震が発生する数日前に台風が本州を直撃し、九州などに記録的な被害を与えました。今回の地震も同じ様な原理で発生したと考えられ、今後も当面は地震に注意が必要です。


☆地震情報
URL http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/

20140708180529-20140708181120-large.jpg
20140708182044jisinn01.jpg

☆気象庁プレート地図
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

メキシコでマグニチュード6.9の直下型地震が発生!現地では震度5弱相当の揺れを観測!2名が死亡!

2014-07-08 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3070.htmlから

【大地震】メキシコでマグニチュード6.9の直下型地震が発生!現地では震度5弱相当の揺れを観測!2名が死亡!  new!!

20140707234729tmeksiiko.jpg
日本時間の7月7日午後8時24分ごろ、メキシコのチアパス州沿岸でマグニチュード6.9のかなり強い地震が発生しました。アメリカ地質調査所によると、震源付近では震度5弱相当の揺れを観測したとのことです。津波などは発生していませんが、一部ではインフラが損傷したとの情報も入っています。
ロイター通信などは「グアテマラで2人が死亡した」と報道しており、更に被害報告が拡大する可能性が高いです。また、余震なども発生する恐れがあるため、今後もメキシコ周囲では地震に注意してください。


☆メキシコでM7.1の地震=グアテマラで2人死亡
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2014070700862

引用:
米地質調査所(USGS)によると、太平洋に近いメキシコ南部チアパス州で現地時間7日午前6時24分(日本時間同日午後8時24分)ごろ、マグニチュード(M)7.1の大きな地震があった。震源地はグアテマラとの国境に近く、ロイター通信はグアテマラで2人が死亡したと伝えた。(2014/07/07-22:24)
:引用終了

☆アメリカ地質調査所 メキシコ揺れマップ
URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/shakemap/global/shake/c000rr6a/

20140707234810mekisiko.jpg
intensity2014070701010101002.jpg

☆リアルタイム地震地図
URL http://www.iris.edu/seismon/

20140707234702sekaijisinn01.jpg

☆気象庁プレート地図
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

岩手沖M5.9、5弱地震!ニュージーランドM6.3パプアニューギニアM6.6等強地震相次ぐ

2014-07-05 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3046.htmlから

地震情報】岩手沖でM5.9、最大震度5弱の地震が発生!他にもニュージーランドM6.3やパプアニューギニアM6.6等の強い地震が相次ぐ!  new!!

20140705122652dasuiduo.jpg
日本を含め、世界中でやや強い地震が相次いで発生しています。7月5日午前7時42分に岩手沖でマグニチュード5.9、最大震度5弱の地震が発生しました。震源の深さは約50キロで、東北の広い範囲で震度3前後の揺れを観測しています。また、海外では先日にニュージーランドでマグニチュード6.3や、パプアニューギニアでマグニチュード6.6の強い地震が相次いで発生しました。

いずれも津波の発生や特に大きな被害報告などはありませんが、今後も誘発地震には警戒が必要です。地震の前兆を観測している各種データや地震の予測をしている専門家たちも警鐘を鳴らしているので、今の内に地震対策を見直しておくと良いでしょう。


☆アメリカ地質調査所 ニュージーランド地震
URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usc000rqbg#summary

20140705122410papiaNZ.jpg

☆アメリカ地質調査所 パプアニューギニア地震
URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usc000rqgz#summary

20140705122426papiua.jpg

☆リアルタイム地震地図
URL  http://www.iris.edu/seismon/

20140705122621jisinn.jpg

☆地震情報
URL http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/

20140705074213-20140705094009-large.jpg
20140705122447jjisinn.jpg

☆高感度地震観測網
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?ft=1&LANG=ja

JAPAN_MAP20140705jiaj.png

☆行徳地震予測
URL http://earthq.system-canvas.com/

VERTgyoutoku20140705.gif

☆全世界の電子数
URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

↓太平洋中部の電子数が上昇傾向。当面は地震が連発しそうです。
latest_rtidennsisuu201407061010.gif

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

村井教授警告!北海道から沖縄の広範囲大規模異常変動!数ヶ月以内に大地震の恐れ!

2014-07-04 | 地震

ツイートのところで、お伝えしましたが。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3030.htmlから

村井教授が警告!北海道から沖縄の広範囲で大規模な異常変動!数ヶ月以内に大きな地震が発生する恐れ!  new!!

20140703192709jisnn01.jpg
当ブログでは何度かご紹介した地震予測を発表している東大の村井俊治(むらい しゅんじ)名誉教授ですが、彼の観測しているデータでかなり大きな地震の前兆を新たに観測していることが判明しました。
村井氏が発行しているメールマガジンである「MEGA地震予測7月2日号」によると、今回は北海道から沖縄県の全国で週間異常変動が見られ、山形県遊佐(10.46cm)や埼玉県大滝(7.92cm)等で7cmを超える地殻変動を観測したとのことです。

また、北海道の上富良野、福島県の吾妻小富士、栃木県の那須、岐阜県の南濃、三重県の大安、鹿児島県の鹿屋でも5センチを超えるような地殻変動を観測していることから、村井氏は「かなり大きな地震が数か月後におきる可能性を否定できません」と警鐘を鳴らしています。

大地震というのは前兆が数ヶ月から数年間も続くため、今の段階では具体的な日時の断言は難しいですが、少なくとも今年中には何からかの大地震が発生する可能性が高いです。ですので、今の内に地震対策や防災対策だけは入念に充実させておきましょう。
*村井氏のメールマガジンでは詳細な観測データなども紹介しているので、興味のある方は是非登録してみてください。


☆村井氏の地震予測メールサービス-個人向け
URL http://www.jesea.co.jp/%E5%9C%B0%E9%9C%87%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9-%E5%80%8B%E4%BA%BA%E5%90%91%E3%81%91/

20140519201336sasioi.jpg
20140703192730asuiou.jpg

☆2014/03/17 3.14伊予地震は予測されていた:測量学が挑む新たな地震予測 〜岩上安身による村井俊治氏インタビュー
URL http://iwj.co.jp/wj/open/archives/129791

引用:
村井氏は自らを「工学系のエンジニア」と呼び、地震予測に対する自身のアプローチを「地震のメカニズムは一切考えない」ものだと説明する。「地表のデータの動きと地震発生との関連について相関分析するのがエンジニアリングの立場。地表のデータからでも、地震という事象を説明できる」のだという。

 現在の測量技術では、人工衛星と地上の電子基準点とを組み合わせて運用される「衛星測位」という手法が主流だ。「衛星測位」を通じ、陸地の「微妙」で「微小」な動きを捉え、データとして記録することが可能になったという。日本では国土地理院によって全国1200カ所に電子基準点が設置され、国際的にも高い精度で測量データの収集が可能である、と村井氏は語る。

 村井氏が顧問を務める地震科学探査機構(JESEA)では、地表の隆起・沈降現象のデータを継続的に記録し、地表各地の上下変動幅の傾向を分析することで、地震の前兆を読み取る試みを続けている。
:引用終了
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

ぽちっと宜しくお願いします。


人気ブログランキングへありがとうございました。