幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

活発な噴火続く西之島、一部が崩落して1mの津波発生の恐れ!専門家チーム注意喚起!

2014-08-20 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3547.htmlから

【ヤバイ】活発な噴火が続く西之島、一部が崩落して1メートルクラスの津波が発生する恐れ!専門家の分析チームが注意喚起!  new!!

20140819111620sennge02.jpg
2013年11月から活発な噴火が続いている小笠原諸島の西之島ですが、島が急激に拡大している影響で、島の一部が崩落する可能性が浮上しています。西之島を調査した東京大地震研究所助教らの発表によると、島の東側で総体積の約4分の1に当たる1200万立方メートルが崩れた場合、高さ0.5メートルから1メートルの津波が発生する恐れが有るとのことです。西之島から130キロ離れた場所には約2000人が暮らしている父島があり、今後も西之島の動向には注意が必要だと述べています。

現在の西之島はまだ地表が熱く、地震計や津波計等の観測装置を設置することは出来ません。また、海上保安庁の監視活動も数週間に数回程度ですし、「気がついた時には津波が発生していた」という事も有りそうです。西之島は今後も数ヶ月から数年単位で噴火が続くと予想されているので、国家規模での監視が必要だと言えます。


☆西之島:崩落の恐れ 父島に1メートル超の津波も
URL http://mainichi.jp/select/news/20140819k0000e040161000c.html

引用: 
毎日新聞 2014年08月19日 11時01分
 活発な火山活動による島の面積拡大が続いている小笠原諸島の西之島(東京都小笠原村)について、溶岩の流出がこのまま続けば斜面が崩落して父島に津波が押し寄せる恐れがあるとの分析結果を、前野深・東京大地震研究所助教(火山地質学)のチームがまとめた。父島側の東斜面が崩れると、津波は高さ1メートル超に達する可能性があるとしている。
:引用終了

☆海上保安庁 西之島の火山活動の状況
URL http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h26/k20140724/k140724-1.pdf

20140819111607funnka01.jpg
20140819111633nisino03.jpg

☆西之島北東部に新たな火口=噴火活発化か
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/acETxiM4Cog" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

コメント

イランで強い地震が連発!最大震度は5クラス!M6.2、M5.8、M5.6、M5.2等!200人以上が負傷!

2014-08-20 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3544.htmlから

【ヤバイ】イランで強い地震が連発!最大震度は5クラス!M6.2、M5.8、M5.6、M5.2等!200人以上が負傷!  new!!

20140818235651kosomm.jpg
8月18日11時32分(日本時間)にイラン西部でマグニチュード6.2の強い地震が発生しました。イランの災害対策本部の発表によると、この地震で少なくとも約200人が負傷し、多数の建物が損壊したとのことです。震源の深さは約10キロで、今もマグニチュード5前後の強い余震が相次いでいます。余震の規模は大きい揺れから順番にマグニチュード5.8、マグニチュード5.6、マグニチュード5.2、マグニチュード4.9で、計8回も発生しました。

先週は中国の方で数百人の負傷者が発生する大地震がありましたが、アジアの内陸部でプレートの動きが活発化しているということなのかもしれませんね。このエリアは耐震対策の弱い建物が多いですし、被害が大きくなる恐れがあります。地震大国の日本も他人事ではなく、今後も地震の情報には注意が必要です。


☆イラン西部でM6・2の地震 約200人負傷 
URL  http://sankei.jp.msn.com/world/news/140818/mds14081822210012-n1.htm

引用:
2014.8.18 22:21
 米地質調査所(USGS)などによると、イラクとの国境に近いイラン西部で18日午前7時2分(日本時間同11時32分)ごろ、マグニチュード(M)6・2の地震があった。災害対策当局者によると、建物の倒壊などで約200人が負傷した。死者は報告されていない。
:引用終了

☆アメリカ地質調査所 イラン地震の揺れ
URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/shakemap/global/shake/b000s3np/

20140818235400jisinn01010.jpg

☆アメリカ地質調査所 イラン周囲
URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/#%7B%22feed%22%3A%221day_m25%22%2C%22search%22%3Anull%2C%22sort%22%3A%22newest%22%2C%22basemap%22%3A%22grayscale%22%2C%22autoUpdate%22%3Atrue%2C%22restrictListToMap%22%3Atrue%2C%22timeZone%22%3A%22local%22%2C%22mapposition%22%3A%5B%5B30.344435586368462%2C-313.9068603515625%5D%2C%5B34.35250666867596%2C-308.6334228515625%5D%5D%2C%22overlays%22%3A%7B%22plates%22%3Atrue%7D%2C%22viewModes%22%3A%7B%22list%22%3Atrue%2C%22map%22%3Atrue%2C%22settings%22%3Afalse%2C%22help%22%3Afalse%7D%7D

20140818235456irann.jpg
20140818235422jisinan.jpg

☆世界リアルタイム地震地図
URL http://www.iris.edu/seismon/

20140818235708riaasa.jpg

コメント

岐阜ラドン濃度急上昇!大地震前兆!?村井氏観測でも広範囲異常変動!

2014-08-17 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3519.htmlから

岐阜県のラドン濃度が急上昇!大地震の前兆か!?村井氏の観測データでも日本の広範囲で異常変動を捉える!中部周囲で数センチ動く!  new!!

20140816205044sadaiodiao010101.jpg
*2014年に入ってからのラドン濃度
各種データで相次いで地震の前兆を観測しました。阪神淡路大震災の頃から研究調査が開始されている「ラドン濃度」の方では、岐阜県東部で非常に高い値を捉えています。数カ月前に岐阜県で群発地震が発生して以降、かなり静かな推移となっていましたが、8月10日頃から急激に上昇しました。今も物凄い右肩上がり状態で、今後もラドン濃度の推移には警戒が必要です。

また、ラドン濃度とは別に、GPS観測網を使って地震の予測を行っている村井氏のデータでも異常を観測しています。異常を観測したのは岐阜や長野などで、僅か数日の間に数センチもの地殻変動が発生していたとのことです。村井氏は自身のメールマガジンで、淡路島周囲や甲信越地方周囲、伊豆諸島周囲などで地震に注意を呼び掛けています。

今のところは地震のトリガーとなる満月や太陽フレアの発生は観測されていませんが、地中では着実に地震のエネルギーが蓄積されているため、今後も地震対策だけはちゃんとしておいた方が良いです。ラドン濃度に関しては上昇が下落に転じてから地震が発生する事が多いので、対応地震の発生までもう少し時間があると予想されます。


☆飛騨市神岡 「割石温泉」 ラドン濃度
URL http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/~radon/cgi-bin/select.cgi?type=kam

↓8月10日頃から岐阜のラドン濃度が急上昇
20140816205205arann020220.jpg
20140816205225dsifos030303.jpg
↓東日本大震災前の岐阜県ラドン濃度。データは2010年10月から2011年4月。
radonnnoudogifukenn0311.jpg
↓東日本大震災前の福井ラドン濃度。データは2010年11月から2011年5月。
311maeradonnnousoodosinnsaikakou.jpg

☆兵庫県南部地震前の西宮市における地下水中ラドン濃度変動
URL http://sakura.canvas.ne.jp/spr/george-i/research/kobe.html

↓参考情報。阪神淡路大震災のラドン濃度
rnplot.jpg
rndecay.jpg

☆村井氏の地震予測メールサービス-個人向け
URL http://www.jesea.co.jp/%E5%9C%B0%E9%9C%87%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9-%E5%80%8B%E4%BA%BA%E5%90%91%E3%81%91/

↓8月13日号
20140816205805syuukan01.jpg
↓8月6日号
20140816205939sadop.jpg

☆2014/03/17 3.14伊予地震は予測されていた:測量学が挑む新たな地震予測 〜岩上安身による村井俊治氏インタビュー
URL http://iwj.co.jp/wj/open/archives/129791

引用:
村井氏は自らを「工学系のエンジニア」と呼び、地震予測に対する自身のアプローチを「地震のメカニズムは一切考えない」ものだと説明する。「地表のデータの動きと地震発生との関連について相関分析するのがエンジニアリングの立場。地表のデータからでも、地震という事象を説明できる」のだという。

 現在の測量技術では、人工衛星と地上の電子基準点とを組み合わせて運用される「衛星測位」という手法が主流だ。「衛星測位」を通じ、陸地の「微妙」で「微小」な動きを捉え、データとして記録することが可能になったという。日本では国土地理院によって全国1200カ所に電子基準点が設置され、国際的にも高い精度で測量データの収集が可能である、と村井氏は語る。
:引用終了
コメント

地震専門家串田氏の予測情報が更新!少なくとも11月8日以前に巨大地震が発生する可能性は低い模様!

2014-08-12 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3463.htmlから

地震専門家串田氏の予測情報が更新!少なくとも11月8日以前に巨大地震が発生する可能性は低い模様!  new!!

20140811154713sada.jpg
電磁波を分析して地震を予測している串田氏の地震予測が更新されたのでご紹介します。2014年8月8日に更新された「長期前兆No.1778続報No.067」によると、8月に入ってからも各種データで収束する気配が無く、11月8日以前に対応する巨大地震が発生する可能性は低いとの事です。串田氏のデータでは5年ほど前から巨大地震の前兆を観測中で、串田氏はマグニチュード7.9前後の巨大地震が近畿地方で発生するとの予測を2年前から公の場で発表しています。

また、串田氏の観測機は近畿圏のほかにも東北方面でも大地震の前兆らしき変化を捉えているようで、公開された資料には東北で大地震が発生した場合の予想図が書いてありました。ただ、こちらはあくまでも参考程度もので、本人にも確証が無いようです。

彼の対応地震は長いこと発生していませんが、今回のように「何時までは大地震が起きない」という予測もちゃんと当てているため、そこそこの精度があると考えられます。今も色々と予測を改善しているようですし、ちゃんと地震を的中させてくれることを期待しておきましょう。


☆長期前兆No.1778続報No.067
URL http://www.jishin-yohou.com/1778_zokuhou_No067.pdf

20140811154743jisin01.jpg
20140811154759asdao.jpg

☆長期前兆その後 – PHP新書「地震予報」フォローページ
URL http://www.jishin-yohou.com/99_blank003.html

引用:
2012年10月15日、推定領域内の主だった自治体へ電話で概要を説明。10月16日資料・報告書を先の自治体へ発送致しました。報告自治体は13箇所で、主だった自治体のみです。但し、各自治体へ説明も致しましたが、私(串田)は、国の研究機関の人間でも、大学所属の研究者でもなく、一般民間人の観測研究者であり、私の報告は私個人の責任において行ったもので、受けとられた各自治体には一切何の責任もありません。一民間人からの情報提供のひとつとして処理して戴いて構わないことを伝えてあります。従いまして、自治体に対し、皆様からの問い合わせ等はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

私の解析が間違っており、最終的な結果が、推定した内容と全く異なることになった場合には、全て私の責任であります。推定領域内の皆様方、自治体の皆様方に対し、多大なる心配をおかけしたことになりますので、その際は、心より深く謝罪いたします。ただ、規模の大きな地震発生の可能性が「否定できない」データを観測しておりますことから、念のため、ご迷惑にならない程度の範囲内でも防災点検や防災準備をして戴けたらと、お願い致しました。
:引用終了

☆テクノ・ギャラリー (47)地震予報!可能性への挑戦
<iframe src="//www.youtube.com/embed/cDya0sz4zn4" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>

☆北海道大学 森谷武男博士 凄すぎる地震予知(2008年十勝沖地震)
<iframe src="//www.youtube.com/embed/uD6bHcNTD7Q" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>

コメント

青森県東方沖で震度5弱!津波は確認されず! 8月10日夜スーパームーン!引力増大!

2014-08-10 | 地震

台風時や後で、地震が起こりやすく、スーパームーンですので、余計に引力の影響で起こりやすいかもしれません。と書いていたら、地震が起こりました。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3454.htmlから

【地震速報】青森県東方沖で震度5弱、M6.1の強い地震が発生!津波の発生は確認されず!  new!!

20140810124707sadiuo02.jpg
8月10日12時43分頃に青森沖で震度5弱の強い地震が発生しました。気象庁の発表によると、津波の発生は観測されていないとの事です。地震の規模を示すマグニチュードは6.1で、震源の深さは50キロと推定されています。最大震度を観測した場所は青森県の七戸町で、この地震は東日本大震災の余震である可能性が高いです。 現時点では特に大きな被害報告などはありません。

当ブログでは事前に「8月10日の夜はスーパームーン!月の引力が増大!大きな月を見るチャンス!ただし・・・」という記事で警告をしていましたが、やはりこの時期に揺れましたね。台風も気圧の急変から地殻変動を刺激しますし、当面はスーパームーンとの相乗効果で地震が発生し易い環境となるでしょう。念のために当面は地震に注意をしてください。


☆地震情報
URL http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/

20140810124949sadaodi.jpg
20140810124332-20140810124902-large.jpg

☆気象庁プレート地図
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png

☆高感度地震観測網
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/

20140810125957sajdia011.jpg

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3444.htmlから

【天体】8月10日の夜はスーパームーン!月の引力が増大!大きな月を見るチャンス!ただし・・・  new!!

20140809122147suap-munn.jpg
8月10日夜は月が普段よりも地球に接近する「スーパームーン」という現象が発生します。スーパームーンは月が大きく綺麗に見える日で、普段の30%も月が明るくなると言われているのです。しかしながら、日本ではこのスーパームーンを観測することは出来ません。正確に言うと、沖縄や北海道の一部以外では、物理的にスーパームーンを見ることが出来ない状態になってしまいます。気象庁によると、8月10日は台風が接近している影響で、全国的に雨か曇になるとのことです。

どんなに月が地球に接近しても空が曇りや雨では厳しく、今回のスーパームーンは諦めるしか無いと言えます。個人的にはスーパームーンを見ながらゆっくりと飲み物を飲むのが好きでしたが、今月は見送りになりそうです(苦笑)。後、月が急激に接近することで地震や噴火などの地殻変動を誘発することがあるので、スーパームーン後は地殻変動にも注意をしてください。


☆日曜夜にエクストラ・スーパームーン
URL http://mainichi.jp/feature/nationalgeo/archive/2014/08/08/ngeo20140808002.html

引用:
8月10日の日曜、月の出を待って、空を観察してみてはどうだろう。今年最も大きくて明るい満月、いわゆる“エクストラ・スーパームーン”を堪能できるはずだ。

 今年の夏はスーパームーンが3回発生し、10日の満月はその2回目にあたる。

 2014年に月が最も地球に近づく(35万6896キロ)タイミングと、満月の時期が偶然重なったおかげで、通常の16%大きく、30%明るい満月を見ることができる。
:引用終了

☆気象庁 天気予報
URL http://www.jma.go.jp/jp/yoho/000_telop_tomorrow.html

20140809122218asdasod.jpg

☆独立行政法人:防災科学技術研究所『月の引力が地震の引き金に』
URL http://www.bosai.go.jp/press/pdf/20100128_01.pdf

o0561035711955135444.jpg

☆スーパームーンを通過する飛行機
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/Zn1018JP3xg" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>
コメント

京都府南部で震度4の地震…津波の心配はなし

2014-08-06 | 地震

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6126078

京都府南部で震度4の地震…津波の心配はなし

読売新聞 8月6日(水)1時31分配信

 6日午前1時17分頃、京都府南部を震源とする地震があり、同府南部や大阪府北部で震度4を観測した。

 大阪管区気象台によると、震源の深さは約10キロ、マグニチュードは4・2と推定される。主な震度は次の通り。

 ▽震度4 京都府亀岡市、南丹市、大阪府能勢町

 ▽震度3 京都市北区、中京区、右京区、西京区、伏見区、京丹波町、兵庫県三田市、篠山市

コメント

鹿児島県の口永良部島で噴火!噴火警戒レベル3に引き上げへ!周辺住民は緊急避難!

2014-08-04 | 地震

世界で大地震といい、火山の噴火が活発になると心配ですね。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3377.htmlから

【火山噴火】鹿児島県の口永良部島で噴火!噴火警戒レベル3に引き上げへ!周辺住民は緊急避難!  new!!

20140803165209fdsuak.jpg
8月3日12時24分頃に、鹿児島県屋久島町の口永良部(くちのえらぶ)島にある新岳(しんだけ)が噴火しました。今回の噴火では高さ800メートルの噴煙が観測され、気象庁は噴火警戒レベルを「1」(平常)から「3」(入山規制)に引き上げると発表し、周辺住民らに注意を促しています。この場所での噴火は実に34年ぶりで、付近の住民たちは自主的に高台への避難を行っているとのことです。今のところはけが人などの発表はありません。

気象庁が規制している場所は火口の2キロ圏内で、これから更に噴火活動が活発化する可能性も指摘されています。このエリアでは先日から奄美大島でマグニチュード5.7等の強い地震が頻発中で、今後も地殻変動には警戒が必要だと言えるでしょう。口永良部島にはあまり人が住んでいませんが、周囲の断層やプレートが活発化している可能性もあるので、今後も油断は禁物です。


☆口永良部島の新岳、34年ぶりに噴火…住民避難
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00050063-yom-soci

引用:
読売新聞 8月3日(日)14時27分配信
 3日午後0時24分頃、鹿児島県屋久島町・口永良部(くちのえらぶ)島の新岳(しんだけ)が噴火し、噴煙が800メートル以上に達した。

 新岳の噴火は1980年9月以来、約34年ぶり。気象庁は「噴火活動がさらに活発になる可能性がある」として、噴火警戒レベルを「1」(平常)から「3」(入山規制)に引き上げ、火口から半径2キロの範囲に立ち入らないよう呼びかけている。
:引用終了

☆気象庁
URL http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_05_20140803125010.html

引用:
火山名 口永良部島 噴火警報(火口周辺)
平成26年8月3日12時50分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台
**(見出し)**
<口永良部島に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を発表>
 火口から概ね2kmの範囲では噴火(大きな噴石)に警戒をしてください
:引用終了

☆口永良部島 地図
URL https://www.google.co.jp/maps/place/%E5%8F%A3%E6%B0%B8%E8%89%AF%E9%83%A8%E5%B3%B6/@30.3723822,130.4723457,448269m/data=!3m1!1e3!4m2!3m1!1s0x353d43b5a603101d:0x8d981eb058149578

20140803165257saii.jpg

☆インドネシアの火山が噴火する瞬間
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/DnlwMbdClbA" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>
コメント

中国雲南省M6.1で150人以上死亡!ニューギニアM7.2アルジェリアM5.6奄美大島M5.7! new!!

2014-08-04 | 地震

この所、大きな地震が連発しています。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3383.htmlから

【大地震】中国雲南省でM6.1の直下型地震、150人以上死亡!多数の建物が崩壊!更に被害が拡大する恐れも!  new!!

20140803222159sadasidaoi.jpg
先日に太陽フレアが接触したのを合図に世界中で規模の大きな地震が発生しています。8月3日早朝にミクロネシアで津波警報を伴う大きな地震が発生した後に、今度は中国でも大きな地震が観測されました。地震の規模はマグニチュード6.1で、震源の深さが12キロの直下型地震となっています。中国メディアの報道によると、中国雲南省昭通市魯甸県で少なくとも150人が死亡し、今後も更に死者の数が増える可能性が高いとのことです。

今回の地震が発生した場所は地震の回数が少ない影響で、昔から建物の作りが弱く、それが大きな被害を誘発したと見られています。
地震トリガーとなる太陽フレアの発生は収まっていますが、今後も地球規模で強い地震が発生する恐れがあるため、日本でも地震や噴火等の地殻変動には注意してください。
*8月3日は鹿児島でも口永良部(くちのえらぶ)島にある新岳が噴火していましたね。


☆【新唐人/NTD】雲南魯甸6.5地震 已知20死多人受困|雲南|地震|魯甸縣|
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/7crBDIQRAMg" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>

☆中国雲南省でM6・5地震、150人以上死亡か
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00050096-yom-int

引用:
読売新聞 8月3日(日)21時21分配信
 【広州=比嘉清太】中国雲南省昭通市魯甸県で3日午後4時半(日本時間同5時半)頃、マグニチュード(M)6・5の地震が発生し、国営新華社通信によると少なくとも150人が死亡した。

 現地では地震で建物が倒壊するなどしており、死傷者はさらに増える可能性がある。中国地震局によると、震源の深さは約12キロ。
:引用終了

☆アメリカ地質調査所
URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usb000rzmg#summary

20140803222347cua.jpg
20140803222333demos01.jpg

☆リアルタイム地震地図
URL http://www.iris.edu/seismon/

20140803221751jsiin01.jpg
20140803221817tyuugoku01010100.jpg

☆気象庁プレート地図
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3373.htmlから

【地震連発】ニューギニア付近でM7.2の大地震が発生!現地では津波警報も発令!アルジェリアM5.6、奄美大島M5.7等の地震も!  new!!20140803125712dijidinns.jpg
*過去1周間の地震履歴
世界各地で強い地震が相次いで発生しました。8月3日午前9時22分(日本時間)頃に太平洋中南部のミクロネシア付近でマグニチュード7.2(後にマグニチュード6.9に修正)の強い地震が発生し、周囲で津波に対する注意が呼び掛けられています。気象庁によると、日本には津波は到達しないとのことです。また、8月1日にはアルジェリアの首都アルジェで震度5弱の地震が発生しています。この地震で6人がパニックで死亡したのが確認されました。


日本でも奄美大島などでマグニチュード5以上の地震が頻発していますが、いずれの地震もMクラス太陽フレアの直撃を合図に頻発していますね。太陽フレアは一段落しているので、あと2〜3日程度で一旦は収まる可能性が高いです。
今は地球規模で地殻変動が活性化しているので、今の内に地震対策はシッカリとしておくと良いでしょう。備えあれば憂いなしです。


☆ニューギニア付近の大地震 日本への津波影響なし
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140803/k10013511601000.html

引用:
8月3日 11時50分
気象庁によりますと、日本時間の3日午前9時22分ごろ、赤道に近いニューギニアの北のミクロネシア付近を震源とするマグニチュード7.2の大きな地震がありました。
気象庁は、この地震による津波の影響を調査していましたが、午前11時半に「日本への津波の影響はない」と発表しました。
ただ、震源の近くでは津波が発生している可能性があり、気象庁は、太平洋沿岸の各国に「北西太平洋津波情報」を発表しています。
:引用終了

☆地震のパニックで6人死亡 アルジェリア
URL http://sankei.jp.msn.com/world/news/140802/mds14080212190003-n1.htm

引用: 
2014.8.2 12:19
 米地質調査所(USGS)によると、アルジェリアの首都アルジェ近郊で1日午前5時11分(日本時間同午後1時11分)ごろ、マグニチュード5・6の地震があり、揺れの後のパニックで6人が死亡した。ロイター通信が伝えた。
:引用終了

☆アメリカ地質調査所
URL http://earthquake.usgs.gov/

↓ミクロネシアM6.9
20140803125209asdusaidu.jpg
↓アルジェリアM5.6
20140803125641afurikaaas.jpg
↓アルジェリアの震度マップ
20140803125238afurik.jpg

☆地震情報
URL http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/

20140803130616-20140803131105-large.jpg

☆高感度地震観測網
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?ft=1&LANG=ja

EXPJPW20140803101001010101010110jonnmsduui.png

コメント

Mクラス太陽フレア連発!一部地球と接触!カナダや米国では高い値!

2014-08-03 | 地震

http://blog.goo.ne.jp/admin/showentry?p=1&disp=30から

【太陽風】Mクラス太陽フレアが連発!一部は地球と接触へ!カナダやアメリカでは高い値を観測する!  new!!

20140802113936asadk.jpg
7月31日に太陽でMクラスの中規模太陽フレアの発生が観測されました。規模はM2.5で、その後もM2.0やM1.5の強い太陽フレアが相次いで発生しています。これらの太陽フレアは8月2日15時頃に地球と接触すると予測されているので、当面は電子機器の障害や地殻変動等の活発化に注意が必要です。

今回は中規模の大きさなので、そこまで大きな影響は無いでしょうが、太陽の黒点数が増えているため、更に大きなフレアが連発する可能性もあります。太陽フレアは地球環境に様々な影響を与えることが知られているので、今後も太陽フレアの情報には警戒をしてください。


☆NASAの太陽フレア進路予測
URL http://www.swpc.noaa.gov/wsa-enlil/

20140802112619nasa.jpg

☆宇宙天気ニュース
URL http://swnews.jp/

引用: 
20140802112854asdosap.jpg
1408011306_sdo_hmii2taiyoukokutenn1.jpg
2014/ 8/ 1 13:06 更新
M2.5の中規模フレアが発生しました。太陽風は低速ですが、磁場が強まっています。

担当 篠原

太陽の東側(左側)に見える2130黒点群で、
昨夜、31日20時(世界時30日11時)に、
M2.5の中規模フレアが発生しました。

Mクラスのフレアは、7月10日のM1.5以来で、
3週間ぶりのことです。
:引用終了

☆アメリカの地磁気データ
URL http://www.irf.se//Observatory/?link=Magnetometers

20140802113326tuhjjki01.jpg

☆カナダの地磁気データ
URL http://geomag.nrcan.gc.ca/plot-tracee/ssp-1-eng.php

20140802113420kanda01.jpg

☆NASA が管理運営している「宇宙物理学関係文献情報検索システム」
URL http://adsabs.harvard.edu/abs/2007AGUSMIN33A..03J

o0591046411897168654.jpg
一部翻訳
1991年から2007年の間に発生した682回のマグニチュード4.0以上の地震と太陽フレアの関係を調べた。観測機器は、SOXS衛星とGOES衛星を使用。

SOXS衛星の観測結果から、50回の地震については、太陽フレアが発生した位置とその後の地球上での地震発生について、興味深い結果が得られた。

太陽フレアで発生した荷電粒子が、宇宙空間で加速し、天体に衝撃を与え、地球の磁気圏では、環状電流を発生することによって、断層におけるテクトニクスプレートの突発的な移動を引き起こすといったモデルを提唱。
 
さらに、そのようなプレートの突発的な移動が空間の熱勾配を増加させて、地震を引き起こすといった考え方を提案。
:翻訳終了

☆宇宙線と火山、地震との関係
<iframe src="http://www.youtube.com/embed/rHZa6-50dDU" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>

☆NASAビデオ解説: 太陽フレアの強さB,C,M,Xレベル
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/eKyJhBfP9w4" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>
コメント

太平洋側で地震雲や環水平アーク相次ぐ!村井教授「異常変動を観測」と発表!鹿児島や埼玉で7cm

2014-08-02 | 地震

http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/から

本州太平洋側で地震雲や環水平アークの報告が相次ぐ!専門家の村井教授も「異常変動を観測」と発表!鹿児島や埼玉で7センチ動く!  new!!

20140801205554dsf.jpg
各地で地震雲や環水平アーク(特殊な虹)の報告が相次いでいます。目撃情報は関東から本州中部や四国等の太平洋側に集中しており、このエリアではしばらく地震に注意したほうが良いかもしれません。ただ、地震雲の形状を見てみると、東日本大震災前や阪神淡路大震災前に見られたような禍々しい形状が少ないことから、地震の規模は震度5程度だと予想されます。

 


また、名誉教授の村井氏が観測しているデータの方でも異常を捉えました。村井氏が発行している有料メルマガによると、埼玉県で9.98センチの地殻変動を観測し、鹿児島県でも7.96センチという大きな動きを7月下旬に観測したとのことです。

有料メルマガなので詳細については書けませんが、村井氏は甲信越飛騨地方や九州、四国などで地震に注意を呼び掛けています。彼の書き方だと、四国や九州の地震と甲信越地方では別のタイプの地震が発生するようです。他にも東北でも活発な異常が継続中で、何時でも地震が来ても大丈夫なように備えておく必要が有ると言えます

 

 

 

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見る

先程写した写真を引き延ばしたら、二枚目に、アークが。地震雲に関係あり?東京都足立区より西側。

コメント

伊豆諸島の三宅島付近で地震が連発!相模湾等で揺れを観測!伊豆諸島沖巨大地震の前兆か?

2014-07-29 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3303.htmlから

【地震】伊豆諸島の三宅島付近で地震が連発!相模湾等で揺れを観測!伊豆諸島沖巨大地震の前兆か?  new!!

20140728171530siasoaio.jpg
*7月28日に相模湾で観測した揺れ
当ブログでは前に『TVタックルで大学教授らが巨大地震の発生を警告!木村政昭名誉教授「2017年までに伊豆諸島でM9の巨大地震」』という記事などで伊豆諸島沖の巨大地震について注意を呼び掛けましたが、その伊豆諸島沖で先日から地震が連発しています。
高感度地震観測網等のデータによると、この24時間の間に伊豆諸島の三宅島付近で数十回の地震を観測したとのことです。

以下に高感度地震観測網も観測したデータを貼っておきますが、三宅島付近が有感地震で真っ赤になっているのが分かります。一連の地震は伊豆諸島沖巨大地震の前兆であると同時に、三宅島での活発な火山活動を示唆している可能性が高いです。現時点では気象庁等からも発表はありませんが、念の為に今後も伊豆諸島沖には注意をしてください。


☆地震情報
URL http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/

20140728171309iosixzusyotou01.jpg

☆ハイネット高感度地震観測網
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?ft=1&LANG=ja

20140728171125sdsaduaisisjinan0101.jpg
20140728171511sagaimiwan01.jpg

☆気象庁プレート地図
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png

<iframe style="border: transparent 0px;" src="http://www.ustream.tv/embed/8393945?v=3&wmode=direct" frameborder="0" scrolling="no" width="480" height="392"></iframe>

Live streaming video by Ustream
コメント

群馬県の草津白根山で火山性地震が急増!国道292号を全面通行止めに!24日は148回も火山性地震を観測!

2014-07-27 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3284.htmlから

【ヤバイ】群馬県の草津白根山で火山性地震が急増!国道292号を全面通行止めに!24日は148回も火山性地震を観測!  new!!

20140726231124sadusidsua.jpg
7月24日に群馬県が草津白根山の火山性地震が増加したとして、周辺の国道292号を全面通行止め(歩行も禁止)にしました。気象庁によると、今年に入ってから草津白根山では活発な火山性地震を観測中で、24日は24時間で148回も火山性地震を観測したとのことです。

草津白根山では6月に噴火警戒レベルが引き上げられたばかりで、今後も更に活動が続くと予想されています。群馬県だけではなく、長野県にも草津白根山は隣接しているので、この両県にお住まいの方は今後も草津白根山の情報には注意してください。


☆草津白根、火山性地震が急増…周辺全面通行止め
URL http://www.yomiuri.co.jp/national/20140725-OYT1T50057.html

引用:
 群馬県は24日、草津白根山(標高2160メートル)の火山性地震が増加したとして、周辺の国道292号(8・5キロ区間)を全面通行止めにした。
 気象庁の発表によると、草津白根山の火山性地震の発生回数は22日が11回だったのに対し、23日は午後9時以降に42回、24日も午前7時までに66回を観測した。
:引用終了

☆群馬県 草津白根山周辺 国道292号の通行規制について
URL http://www.pref.gunma.jp/06/h2800035.html

引用:
(1) 通行再開日
平成26年7月26日(土)午前8時30分
(2) 通行可能時間
毎日8時30分〜17時
ただし、噴火の危険性が高くなった場合は、安全確保のため終日全面通行止とする。
(3) 通行条件
立入規制区間内(火口から半径1km圏内)含む2.5kmの区間での駐停車禁止
(4) 通行可能車両
自転車を含む車両(歩行者不可)
20140726231140asdsaudiu.jpg
:引用終了

☆噴火警報・予報: 草津白根山
URL http://www.jma.go.jp/jp/volcano/info_03_20140725160003.html

引用:
火山名 草津白根山 火山の状況に関する解説情報 第9号
平成26年7月25日16時00分 気象庁地震火山部
**(本 文)**
<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
1.火山活動の状況
(7月18日から7月25日15時までの草津白根山の活動状況)
 火山活動の活発化を示すデータが引き続き観測されています。
 23日21時頃から湯釜直下を震源とする火山性地震が増加していましたが、24日に入ってからは減少しています。その他の観測データに特段の変化は認められませんでした。7月18日からの火山性地震の発生回数(速報値を含む)は以下のとおりです。
     火山性地震
7月18日         3回
7月19日        26回
7月20日        31回
7月21日         4回
7月22日        11回
7月23日        50回
7月24日       148回
7月25日(15時まで) 27回
20140726231533sdasui.jpg
20140726231437nagano01.jpg
:引用終了

☆草津白根火山
URL https://www.google.co.jp/maps/search/%E8%8D%89%E6%B4%A5%E7%99%BD%E6%A0%B9%E7%81%AB%E5%B1%B1/@36.2859172,138.4040137,833342m/data=!3m1!1e3

20140726231205sadsaduias.jpg

コメント

TVタックルで大学教授らが巨大地震を警告!木村政昭名誉教授「2017年までに伊豆諸島でM9の巨大地震」

2014-07-25 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3245.htmlから

TVタックルで大学教授らが巨大地震の発生を警告!木村政昭名誉教授「2017年までに伊豆諸島でM9の巨大地震」 

20140723222503jisinn00000.jpg
7月21日に放送された「ビートたけしのTVタックル」に、東日本大震災を4年前から予測していた琉球大学の木村政昭名誉教授が出演し、2017年までに伊豆諸島付近でマグニチュード9の巨大地震が発生すると警告しました。木村教授は2007年に太平洋学術会議で「東北に巨大地震の兆候がある」と発表した方で、その後も様々な地震を的中させた実績の有る方です。

木村教授は地震の空白域と小規模な地震の発生回数に着目し、空白域で小地震が頻発している「地震の目」と呼ばれる場所を発見しました。この「地震の目」が観測されると、その付近ではかなり高い確率で大地震が発生するため、木村教授はこれを利用して地震予測の手法を確立させたとのことです。
番組中で木村教授は「伊豆諸島や鳥島沖(小笠原諸島)付近で地震の目が観測されている」と発表し、その裏付けとして昨年に発生した西之島の大規模な火山噴火などをあげています。

地震と噴火には密接な関係があり、かつて関東大震災が発生する前にも伊豆諸島では大規模な噴火が発生していました。木村教授はこれらの情報をまとめた結果、2017年までに伊豆諸島でマグニチュード9クラスの巨大地震が発生するという予測を導き出したと述べています。

当ブログでも前々から「次の巨大地震は小笠原諸島近海で発生する!」と警鐘を鳴らしていましたが、公の場でもそのことをやっと言及する専門家が出て来てくれたようですね。昨年から発生しているかつて無いほどの規模の西之島新島大噴火や過去の地震履歴などを調べれば、必然的に伊豆諸島付近で巨大地震が近いという推測をすることが出来ます。
逆に世間で話題になっていた東海地震や関東直下型地震は発生がまだ先であると見られ、今までこの話が出て来なかった事の方がとても不思議です。

↓番組のキャプチャー
20140723222357jisn01.jpg
20140723222416jisin02.jpg
20140723222548jisnn05.jpg
20140723222701sjinn07.jpg
20140723223228asdsda.jpg
20140723222813jisnn08.jpg

次の巨大地震は間違いなく、着実に迫って来ています。地震や津波は事前の備えで生存率が大幅に変化するので、今の内にちゃんと防災対策の確認をしておくと良いでしょう。


☆「TVタックル」で大学教授らが巨大地震の発生を警告
URL http://news.livedoor.com/article/detail/9069112/

引用: 
21日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に、琉球大学の木村政昭名誉教授が出演し、2017年までに伊豆諸島を震源とした巨大地震の発生を警告した。

番組では木村氏を、2011年の東日本大震災も、震災4年前から予知していた人物として紹介した。木村氏の地震予知方法は、巨大地震が起きていない「空白域」に注目し、さらに空白域で小地震が頻発している場所を「地震の目」と名付け、目の近くで巨大地震が起こるというのが木村理論なのだという。

その理論に基づき、次に大地震が起こる場所を木村氏は「震源域は、伊豆鳥島を中心として、それより北と南に広がった伊豆諸島ですね。規模はマグネチュード9クラスになるだろう」と推定した。
:引用終了

☆ビートたけしのTVタックル - 2014-07-21- part 3
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/yi0Y595n3Mg" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

☆ビートたけしのTVタックル - 2014-07-21- part 4
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/tEo_6yK5h0Y" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

<iframe src="//www.dailymotion.com/embed/video/x21v70x" frameborder="0" width="480" height="270"></iframe>
ビートたけしのTVタックル 140721 投稿者 marmarly7
コメント

阿蘇中岳で湯だまり量ゼロ21年ぶり火口底露出!2013年3月から減少!

2014-07-24 | 地震

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3242.htmlから

【噴火前兆】阿蘇中岳第1火口で湯だまり量がゼロに!21年ぶりに火口底が露出!2013年3月から徐々に減少!  new!!

20140723202719as.jpg
熊本県の阿蘇中岳第1火口で湯だまり量がゼロになっていることが判明しました。阿蘇山では今年2月にも小規模な噴火があったばかりで、火山活動が活発化しつつあることを示唆していると言えます。湯だまりが干上がるのは1993年2月以来で、実に21年5ヶ月ぶりです。

調査を行った福岡管区気象台火山監視・情報センターは、「地下の活動がやや活発化している」と述べつつも、「今のところは大きな噴火の兆候は認められない」と発表しています。阿蘇山は富士山の数百倍とも言われているほど大きなエネルギーを持っている火山で、これが本格的な大噴火をすると日本全体に影響を及ぼす事になるでしょう。ただ、大噴火をするのは非常に稀で、気象台が発表しているように今直ぐに噴火する可能性は微妙です。

最近は海外でもイエローストーン国立公園等で噴火の兆候らしい現象を捉えていますが、地球全体で火山活動が活発化しているということなのかもしれませんね。略

☆阿蘇中岳、火口底が露出 21年ぶり
URL http://kumanichi.com/news/local/main/20140722002.xhtml

引用:
阿蘇中岳第一火口の湯だまりがなくなり、火口底が露出していることが21日、分かった。湯だまりが干上がるのは1993年2月以来、21年5カ月ぶり。福岡管区気象台火山監視・情報センターが17日の現地調査の結果を明らかにした。

 同センターは「地下の活動がやや活発化している」と分析。今のところ、周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められないとして、噴火警戒レベルは平常の1を継続している。
:引用終了

☆熊本)湯だまり量がゼロに 阿蘇中岳第1火口
URL http://www.asahi.com/articles/ASG7Q4V2NG7QTLVB014.html

引用:
湯だまりは、雨水や地下水が火口にたまってできる。九州北部豪雨災害後の2012年9月には10割だったが、次第に減り、昨年12月以降は1割以下が続いていた。このため火口底が露出、第1火口周辺のひび割れも見える状態になっていた。

 また孤立型微動は、今年に入って多くて月1200回だったが、16日から増え始め、20日は1日で1579回を数えた。火山性地震も20、21日には1日500回前後に増えた。小噴火するなど活動が活発だった今年1月に月8100回を記録した後は、月260回が最高だった。
:引用終了

☆阿蘇山
URL https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E9%98%BF%E8%98%87%E5%B8%82%E4%B8%80%E3%81%AE%E5%AE%AE%E7%94%BA%E5%AE%AE%E5%9C%B0+%E4%B8%AD%E5%B2%B3/@32.73258,131.0972188,342361m/data=!3m1!1e3!4m2!3m1!1s0x3540d87254240f03:0x7f257403039cc948

20140723202429kumamoto.jpg

☆九州の旅−6阿蘇の火口を覗く
<iframe src="//www.youtube-nocookie.com/embed/EeyRn8lgaQg" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

コメント

12日のM6.8クラスの地震に1.2週間は要警戒

2014-07-18 | 地震

麒麟地震研究所 @kirinjisinken  ·  10 時間

観測機2フルレンジを十倍に拡大したデータです。16日の0時から6時にかけて赤の強い反応が出ており全体的に収束傾向です。12日のM6.8クラスの地震に1.2週間は要警戒です。観測機1にも非常に大きな反応が出てきました

 

 

埋め込み画像への固定リンク

 
コメント

ぽちっと宜しくお願いします。


人気ブログランキングへありがとうございました。