幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

静岡震度3、御前崎の群発地震 静岡県南西部では29日25回地震が発生

2015-09-01 | 地震

おかしいよね。こんなに。

20150901004517ppo@.jpg

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/

20150901003544ppopo.jpg
20150901004035po@o@.jpg
20150901003627aspod@3.jpg

【みら速】 御前崎の群発地震 静岡県西部(南西部)では29日、25回地震が発生していた

http://mirasoku.com/archives/1038567520.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

ツイートから

おいおい、また、地震かよ。今回4回目しかも、だんだん範囲広がってるし強くなってる。どーゆーこと。大丈夫?ほんとに、そろそろ、静岡やばくない?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜島でごく小規模な噴火 午前に3回 依然として活発 火山性地震1000回以上

2015-08-30 | 地震

依然として活発

http://www.sankei.com/west/news/150829/wst1508290032-n1.html

桜島でごく小規模な噴火 午前に3回

 鹿児島市の桜島の昭和火口で29日、ごく小規模な噴火が3回あった。福岡管区気象台は、火山活動に特段の変化はないとしている。

 気象台によると、ごく小規模な噴火は午前2時32分と午前7時7分、午前11時44分にあり、噴煙は3回目の噴火で約800メートルの高さに上がった。

 15日に噴火警戒レベルが4(避難準備)に引き上げられて以降、ごく小規模な噴火があったのは5日目で、計13回となった。

ツイートから

桜島がまた連続波形でも静穏が続いていますが、動きだしたら、四国、九州周辺は地震にも注意しておく方がよいかも。日向灘M5.2のときもその2時間前から動きだしました。長い沈黙の後は、そういう傾向が見られますので念のため。

◆桜島の震源移動 [D-T図] 桜島周辺で10km以下の発震は8/24を最後に5日間停止中噴火は小規模はあるものの、8/14を最後に2週間停止中 3〜5月の噴火回数は過去60年でも最大記録しかし、今回の急激な沈静化は過去に無い事象

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド洋、フルネーズ火山が今年4度目の噴火、仏レユニオン島

2015-08-29 | 地震

http://www.afpbb.com/articles/-/3058341

動画:フルネーズ火山が今年4度目の噴火、仏レユニオン島

【8月25日 AFP】インド洋のフランス海外県レユニオン(Reunion)島で24日、フルネーズ火山(Piton de la Fournaise)が噴火した。今年に入ってからは4度目。(c)AFP

Twitterで画像を見る Twitterで画像を見る Twitterで画像を見る Twitterで画像を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風通過後、宮崎北部で震度4

2015-08-26 | 地震

九州で地震があったようですが、大きい地震ですと心配です。台風通過後か。

ツイートから

桜島が大変ヤバイ事態になったと思う26日07時51分頃 日向灘 M5.2 震度4

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150826075144.html

地震情報

この地震による津波の心配はありません。

発生時刻 2015年8月26日 7時51分頃
震源地 日向灘
最大震度 震度4
位置緯度 北緯 32.1度
経度 東経 131.9度
震源マグニチュード M5.2
深さ 約30km

震度4

宮崎県 川南町宮崎美郷町国富町小林市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島・諏訪之瀬島で噴火 噴煙1200メートル

2015-08-23 | 地震

鹿児島・諏訪之瀬島で噴火。それほど大きくないものの、桜島と同じ火山群なので活発になっているのか。

25日頃に中規模太陽フレアが到達。台風の接近と重なるので、地震などと共に要注意。

http://www.sankei.com/affairs/news/150821/afr1508210035-n1.html

鹿児島・諏訪之瀬島で噴火 噴煙1200メートル、被害の情報なし

 気象庁によると、21日午後10時10分ごろ、鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島(十島村)の御岳火口(標高約800メートル)で噴火があり、噴煙が火口から高さ1200メートルまで上昇した。十島村によると、被害の情報は入っていない。

関連ニュース

桜島でごく小規模な噴火 レベル引き上げ後初

http://swnews.jp/

2015/ 8/23 11:23 更新
2403黒点群の活動は続き、Mクラスフレアが3回発生しています。

担当 篠原

2403黒点群の活発な活動が続いています。
昨日のニュース以降も、22日15時半(世界時22日6時半)に、M1.2、
22日22時半(世界時22日13時半)に、M2.2、
23日6時半(世界時22日21時半)に、M3.5と、
Mクラスの中規模フレアを3回起こし、
Cクラスの小規模フレアも、10回ほど起こしています。
GOES衛星のX線グラフも、激しく変化しています。

可視光写真では、
2403群は黒点が昨日より更に大きくなっています。
引き続き、フレアの発生に注意してください。

今のところ、目立ったCMEの発生はない様ですが、
黒点群は太陽の中心部に達しているので、
CMEを起こすと、地球へ影響が及ぶ可能性が高くなっています。


太陽風は、速度が400km/秒と350km/秒の間を変化して、
低速気味になっています。
磁場強度は、5nTと10nTの間をゆっくりと変化していて、
やや強まった状態です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜島で16センチの変動 台風通過後に噴火の可能性も

2015-08-21 | 地震

台風通過後に噴火の可能性もありますし、いつ噴火してもおかしくない状態のようです。

原発は大丈夫でしょうか?

ツイートから

大きな台風が接近してくると、気圧が低いため地盤が持ち上げられてマグマへの圧力が弱まるしかし通過後は高気圧に押されて圧力が急上昇満月も地殻を大きく刺激、地球の径が30センチ以上撓む

本日月齢6満月トリガーが8月29日頃台風が通過して気圧トリガーが加わるので、このあたりで桜島が巨大噴火を起こす予想火道に蓋ができてしまったので、もの凄い爆発になる

川内原発1号機、2次冷却系にトラブル 出力上昇を延期   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000029-asahi-soci  二次冷却水は277度、60気圧 これに海水混入この動態修繕は不可能だ 止めるしかない

『川内1号機、出力上昇を延期=2次冷却水に海水混入か−九電』「2次冷却水に海水が混入した恐れ」これも立派な「事故」と見なして再稼働は即刻断念すべきだ。早速起きた「軽微な事故」、このチャンスに止めなければ「過酷事故」発生を待つのと同じだ

二次冷却水に海水が混入するというのは、どういうことか?運転中は60気圧、270度もあるから外部からの侵入は不可能だ4年という長い稼働停止中に穴が開いて冷却用海水が侵入したのだろうもちろん運転中に高圧で穴から二次冷却水が噴出するわけだから、原発稼働を停止させる以外の手段はない

http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015081901001952.html

桜島で16センチの変動 衛星だいち2号で観測


 陸域観測技術衛星「だいち2号」による観測画像。鍋山と南岳の間がもっとも変動が大きい(国土地理院提供)

 

 国土地理院と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、陸域観測技術衛星「だいち2号」の観測により、鹿児島市の桜島でことし1月に比べ、最大で16センチ程度の地殻変動があったことが確認されたと発表した。

 

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7676.htmlURL http://maps.gsi.go.jp/?ll=31.566689,130.671387&z=13&base=std&ls=20150706_20150817_u13l_1_sar_sakurajima%2C0.81%7Csar20150706_20150817_sakurajima&disp=11&cd=f2%2Ff2_3%2Ff2_3_0&vs=c1j0l0u0&d=l#12/31.572393/130.644608
20150820231007po@opo@.jpg

☆「だいち2号」による桜島の緊急観測の結果について
URL http://www.jaxa.jp/press/2015/08/20150819_daichi2_j.html

2015082023094509sfipsdfsid.jpg

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/XzLOLTXhL58" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/G7RL0zIEWn8" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/izEBCjouyUQ" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

ツイートから

BOPPO@Boppo2011 17 時間17 時間前

BOPPOさんがリツイートしました 福島大輔

NPO法人桜島ミュージアム創設者の福島理事長からの貴重なデータです今回の桜島の変化(膨張)は、現在までに約176万m3 これが全て噴火エネルギーとして放出すれば、御嶽山25万m3の約7倍と計算されます

BOPPO桜島 北の海で 気泡これは何を意味するのか?噴火するのは桜島ではないのでは?大丈夫なのか?川内原発は!

台風15号 8/25にも桜島に接近熱せられたマグマに大雨が流れ込むとどうなるのだろうか?詳しい予想は九電に聞けばいいのかな?何せ、学者や気象庁でさえ危険といってるのに平然と通常スケジュール運転させているんだし!

MBCニューズナウ @MBC_newsnow

MBCニュース 桜島の現在の状況について京大の井口正人教授が20日鹿児島市で講演し、規模の大きい噴火の可能性にあらためて警戒を呼びかけました。http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015082000011517

桜島の現在の状況について京都大学火山活動研究センターの井口正人教授が20日鹿児島市で講演し、規模の大きい噴火の可能性にあらためて警戒を呼びかけました。井口教授は桜島で最大16センチ程度の地殻変動が起きていることや山体膨張が続いているとして規模の大きい噴火の可能性が高まっているとしてあらためて警戒を呼びかけました。また、今回は大正噴火規模は想定していないとした上で、マグマの蓄積は大正噴火当時に近づいているとして次のように述べました。「あと10年で桜島が100年前に失ったマグマを取り戻す。100%取り戻す。」また、井口教授は活動の長期化に備え、避難住民の生活を支えるための戦略も求められると話していました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川内原発をも埋め尽くす「カルデラ破局噴火」の兆候。九州に壊滅的な危機が?

2015-08-19 | 地震

噴火すると日本は・・・

http://yukan-news.ameba.jp/20150303-14/

川内原発をも埋め尽くす「カルデラ破局噴火」の兆候。九州に壊滅的な危機が? 

2015年03月03日 06時00分
提供:週プレNEWS

阿蘇山(熊本県)や桜島(鹿児島県)など、活火山の多い九州。そこに異変が起きている。

もしかすると、数万年ごとにこの地で発生する九州を消滅させるほどの破壊力を持った“カルデラ破局噴火”が迫っているかもしれないのだ。本誌は現地に飛び、陸と空から調査した。

(前編はこちら→http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/02/44282/http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/02/44282/


■霧島、桜島、阿蘇で破局噴火の前兆が…

そもそも「カルデラ破局噴火」とは一体なんなのか? この噴火は深いマグマだまりが突発的な大爆発を起こし、短時間のうちに直径数十kmもの陸地や海底の岩盤を粉砕し、高温の火山噴出物となって空中へ噴き出す。それが巨大な「火砕流」と化して、数百kmもの範囲へ広がっていく。

火山研究者の石黒耀(あきら)氏が火山災害シミュレーション小説『死都日本』で描いた「霧島火山群」のカルデラ破局噴火では、宮崎市、鹿児島市をはじめ南九州の各都市が厚さ数十mの火砕流に覆われ、400万人が犠牲となる。これは決して絵空事ではなく、約30万年前に実際に起きた現象を現代に当てはめた科学的シミュレーションなのだ。

九州では、このカルデラ破局噴火が、8万5000年前頃(阿多[あた]カルデラ)から6300年前頃(鬼界[きかい]カルデラ)にかけて、少なくとも4ヵ所で発生。地図を見ればわかるように、それらは「霧島火山帯」の上に南北一列に並び、すべてのカルデラの中に今も現役活動中の火山がたくさんある。

つまり、九州の5ヵ所の巨大カルデラは、遠い昔に終わった火山活動の残骸(ざんがい)ではなく、いつまた超巨大噴火が再発してもおかしくはない「起爆剤=マグマだまり」を抱えているのだ。

しかも、そのマグマだまりが最近になって明らかにパワーを強めてきた。桜島のある姶良(あいら)カルデラの海底下では、すでにマグマだまりが満杯状態になり、大正大噴火から現在までに海底全体が約1.5mも上昇した。

また霧島火山群(加久藤[かくとう]カルデラ)でも、ここ4年間でマグマだまりが異常膨張を続けてきた事実が国土地理院の精密GPS観測でわかった。

つまり、2011年の霧島山・新燃岳(しんもえだけ)噴火と、今回の桜島噴火は、もしかするとカルデラ破局噴火の接近を告げるシグナルかもしれないのだ。

さらにもうひとつ、カルデラ破局噴火の再発の可能性を示唆しているのが、この30万年間で4回の超巨大噴火を繰り返してきた、熊本県の「阿蘇山」である。

霧島火山帯と大山(だいせん)火山帯の接点に広がる「阿蘇カルデラ」の「中岳火口」でも、昨年12月24日から爆発的噴火が始まり、今年1月12日には桜島と張り合うように真っ赤に燃えさかる大量のマグマを噴き上げた。

その中岳火口の現状を確認するため、本誌は2月8日にヘリコプターを使い空中取材を行なった。

中岳上空500mから1kmの高度を旋回しながら様子をうかがうと、楕円(だえん)形(約600×400m)の火口全体のうち約半分の面積を占める第1・第2火口から水蒸気成分の多い白煙が激しく噴き出しているのがわかった。そして、噴煙の合間に今回の噴火で姿形を変えたと思われる内部地形が見えた。

特に中岳の第2火口は、昨年12月前半までの衛星画像には「火口湖」が映っていたが、今は水蒸気爆発で消滅したように見えた。

第1火口内部は白煙が多すぎて真上を横切っても見通せなかったが、その噴出の勢いから推測すると、以前よりも格段に大きな火道が口を開けたのだろう。もしかすると今回の噴火で第1・第2火口を仕切る火口丘が破壊され、ふたつが合体した大きな新火口が出現しているのかもしれない。

マイナス5℃という寒さの中、中岳上空飛行を終えてから石黒氏に感想を聞くと、

「今のところ火口底の位置は噴煙に邪魔されて不明ですが、目を凝らしてもマグマの火影らしきものは見えなかったので、火口底はかなり深い場所に下がっているようです」

だが今回の噴火活動が始まって以来、阿蘇カルデラの地下では活発なマグマの動きを示す火山性地震が続いている。従って、今の噴煙がすぐに止まるとは考えにくい。

この阿蘇山もまた、カルデラ破局噴火の活動シーズンに突入した可能性があるのだ。

■川内原発は火砕流で埋め尽くされる!

では、霧島火山帯でかつて起こった破局噴火によって、どのような被害が起こったのか? 石黒氏が解説する。

「2万2000年前頃の姶良カルデラ噴火を例にとれば、最初の一撃で富士山2個分にあたる深さ10km、直径約20kmの岩盤が吹き飛び、その後も1メガトン級の核爆弾を毎秒100発爆発させるほどのマグマ熱量が実に5時間にわたって噴出し続けたと思われます」

スケールが大きすぎて想像もつかない破壊力だが、この大噴火による推定量4000億立法メートルの「超巨大火砕流」は四方八方に広がっていった!

「この4000億立法メートルという量は、1991年に発生した雲仙・普賢岳火砕流(100万立法メートル)の約40万倍の規模で南九州の標高300m以下の場所をほとんど覆い尽くしました。その厚さは姶良カルデラの縁にあたる今の鹿児島市や霧島市で数十m、それ以外の南九州地域でも10mほどに達したことが地層を調べてはっきりとわかっています」(石黒氏)

この火砕流、「入戸(いと)火砕流」と呼ばれているのだが、これが最近、社会的注目を集めている。というのも、姶良カルデラから約60km北西の「川内(せんだい)原発」の所まで、この時の火砕流が到達していたからだ。

鹿児島湾北部と川内原発の間に横たわる山地は、高くても標高300m。そのため、毎時数百劼僚藺で広がった入戸火砕流は楽々とこの山地を乗り越えた。そして数百℃の高温状態を保ったまま薩摩川内市の海岸地帯に襲いかかった。その痕跡が地層に残っているのだ。

川内原発の南側約2kmの寄田(よりた)地区には、古い火山堆積物層を農地開発した際に地層が露出した場所がある。約7m高のこの「露頭」から土砂を採取し石黒氏が観察したところ、やはり微細な火山ガラス片と軽石を大量に含む入戸火砕流の痕跡が見つかった。

九州電力も、この寄田露頭が火砕流堆積物だと認めているが、川内原発敷地内まで火砕流が到達したかどうかは不明だとしている。だが、原発施設すぐ北側の「川内火力発電所」を海側の防波堤から観察すると、寄田露頭とまったく同じ地質の小山を切り崩す敷地整備工事が行なわれていた。

「原子力規制委員会」は、〈1万年に1回ほどの発生確率の南九州カルデラ噴火と火砕流が、この先30年ほどの期間に再発する危険性はゼロに等しい〉と判断し、川内原発が新しい規制基準に適合していると結論づけた。



しかし、九州の火山災害を時間幅だけの確率論で片づけるのは、あまりにも非科学的で愚かなことだ。1万年に1回の発生周期などまったく説得力はなく、むしろ九州で進行中の火山活動の強まりを見れば、30年のうちに川内原発がカルデラ破局噴火にのみ込まれる確率を上方修正すべきだ。

その時、火砕流堆積層を削って建てられた川内原発は再び高温の灰の丘に埋め戻される。そうなれば、外部電源も冷却機能もへったくれもない。福島第一原発事故に加えてもうひとつ、人類が経験したことがない原子力災害が誘発されるのだ。

問題なのは巨大カルデラ噴火だけではない。規模は小さくても、十分に“破局的”な火山噴火は数多く九州各地で起きてきた。

例えば、4600年前頃に霧島火山群の「御池岳」で起きたカルデラ噴火でも、約30km東の丘陵地帯(宮崎市田野町)に栄えていた日本最大規模の縄文都市が一瞬で滅びた。この「本野原(もとのばる)遺跡」は厚さ70cm〜1mの火砕流堆積層の下に埋まり、平安時代までの約3千年間、無人の雑木林だった。

もっと年代が近い例では、阿多カルデラの「開聞岳」も約3千年前から1千年前にかけて6回の爆発的噴火を繰り返し、そのたびに薩摩・大隅半島地域の古代社会は火砕流にのみ込まれ、厚さ数十cmの火山灰層の下に葬られた。

このレベルの火砕流が現代の九州で再発しただけで多数の死傷者を伴う巨大災害は避けられない。仮に原発施設を包み込む火山堆積物が10cm程度だったとしても、それで九州はジ・エンドだろう。

今、火山活動の不気味なパワーアップは、九州のみならず日本列島全体でも同時進行している。だがやはり鹿児島、熊本のカルデラ噴火が九州を消滅させるほどの壊滅的ダメージを及ぼすことは間違いない。

(取材・文/有賀 訓 撮影/吉留直人 撮影協力/(有)ジェットヘリサービス[阿蘇市]) 【関連記事】
川内原発が火砕流で大事故の戦慄。阿蘇と桜島に異常な火山活動が!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HAARPに反応  串田氏は予想時期を8月30日に延期

2015-08-19 | 地震

久しぶりのハープ

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-13664.htmlから


地磁気データに反応出てます。

アラスカのHAARPは見れなくなってしまいましたので、代わりにスウェーデンのやつを載せときます。
ここで見れます。
http://www.irf.se/Observatory/?link[Magnetometers]=Data/mag.html
LAZVYGI0150817000225.jpg



これは京都のデータ。これも反応出てます。LAZVYGI0150817000226.jpg



以下はロシアのサイト。これも反応出てます。LAZVYGI0150817000227.jpg


まぁ、念のため気を付けましょう。

ちなみにあの串田氏ですが、8月13日±と予測してたのを8月17日±と延期して、
また今度は8月30日±と予想しているようです。

この人の予測はどんどん先に伸びるので信ぴょう性はないのかもしれませんが。
確かに巨大地震は来てないので当たってると言えば当たっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南海トラフ地震、海保調査「年間6センチ海底が移動」

2015-08-19 | 地震

地震もいつ起こるか分からないので、動いていると不気味で不安ですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150818-00000043-jnn-soci

南海トラフ地震、海保調査「年間6センチ海底が移動」

TBS系(JNN) 8月18日(火)19時24分配信

 大きな被害が予想される南海トラフ地震の想定震源域で、海上保安庁が、海底の動きを捉えた初の観測結果を発表しました。

 政府は、南海トラフを震源とするマグニチュード9.1の地震が発生した場合、最悪のケースでは死者32万人、負傷者63万人などの被害が出ると想定しています。

 海上保安庁は、4年前から想定震源域の海底に観測機器を設置するなどして海底の動きを観測してきました。18日に初めて発表された観測結果では、東海沖や和歌山県の潮岬沖で北西方向に最大で年間6センチ海底が移動していることが分かりました。

 専門家は、次のように指摘しています。
 「年間6センチは人間の爪が伸びるスピード、100年たてば6メートルになる。6メートル押し込まれて急激にずれ動いて元に戻ると、マグニチュード8ないし、 それ以上の大きな地震のひずみに対応する」(東京大学地震研究所・古村孝志教授)

 海上保安庁は観測結果を地震予知連絡会などに報告し、国の防災対策に活用したいとしています。(18日17:26)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エクアドル:コトパクシ山が140年ぶりに巨大噴火

2015-08-18 | 地震

ツイートから

地球上、あちこちで火山が活発 「エクアドル:コトパクシ山が140年ぶりに巨大噴火。山頂に積もった大量の雪と人口密度が高いことから、世界でも最も危険な火山のひとつ。人口約230万人の同市全域にはマスクを配布するよう指示が出された」

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜島、「今すぐ噴火の可能性も」警戒レベル4に引き上げ=避難準備呼び掛け―気象庁

2015-08-15 | 地震

九州が噴火すると、北海道を除いて日本列島全体が火山灰に覆われ、全てがストップして富士山の噴火より被害が大きいと言っていましたから、人事ではありません。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6170801

気象庁「今すぐ噴火の可能性も」 桜島警戒レベル4

 噴火警戒レベルが4に引き上げられた鹿児島県の桜島について、気象庁は、重大な影響を及ぼす噴火が切迫しているとして、厳重な警戒を呼び掛けています。(テレビ朝日系(ANN))

[映像ニュース]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150815-00000044-jij-soci

桜島、警戒レベル4に引き上げ=避難準備呼び掛け―気象庁

時事通信 8月15日(土)10時20分配信

 気象庁は15日午前10時15分、鹿児島県の桜島に噴火警報を出し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から4(避難準備)に引き上げた。
 昭和火口および南岳山頂火口から3キロ以内の鹿児島市の有村町と古里町では、大きな噴石と火砕流に警戒し、避難を準備するよう呼び掛けた。2007年の噴火警戒レベル導入以降、桜島がレベル4になったのは初めて。
 同庁によると、桜島では15日午前7時ごろから島内を震源とする地震が多発。島内に設置された計器では山体が膨張していることを示す急激な地殻変動が観測されており、「規模の大きな噴火が発生する可能性が非常に高い」としている。
 記者会見した同庁の北川貞之火山課長は「今すぐに噴火が起こってもおかしくない。(山体の)浅いところまでマグマが上昇してきている可能性がある」と指摘。ただ、噴火が起きても、1914年に死者・行方不明者58人を出した「大正噴火」のような規模にはならないとの考えを示した。

http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_05_20150815101518.html

火山名  桜島  噴火警報(居住地域)
平成27年8月15日10時15分  福岡管区気象台・鹿児島地方気象台

**(見出し)**

<桜島に噴火警報(噴火警戒レベル4、避難準備)を発表>
 昭和火口および南岳山頂火口から3km以内の有村町および古里町では、
大きな噴石および火砕流に警戒(避難準備)をしてください。
<噴火警戒レベルを3(入山規制)から4(避難準備)に引上げ>

**(本  文)**
1.火山活動の状況及び予報警報事項
 桜島では、8月15日07時頃から島内を震源とする地震が多発していま
す。また、桜島島内に設置している傾斜計および伸縮計では山体膨張を示す
急激な地殻変動が観測されており、その変化は一段と大きくなっています。
 
 桜島では、規模の大きな噴火が発生する可能性が非常に高くなっています
。昭和火口および南岳山頂火口から3km以内の鹿児島市有村町および古里
町では、重大な影響を及ぼす噴火が切迫していると考えられますので、厳重
な警戒をしてください。

2.対象市町村等
 以下の市町村では、避難準備などの厳重な警戒をしてください。
  鹿児島県:鹿児島市

3.防災上の警戒事項等
 昭和火口および南岳山頂火口から3km以内の有村町および古里町では、
噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に厳重な警戒(避難等
の対応)をしてください。
 風下側では降灰及び風の影響を受ける小さな噴石(火山れき)に注意して
ください。
 降雨時には土石流に注意してください。

<噴火警戒レベルを3(入山規制)から4(避難準備)に引上げ>

**(参考:噴火警戒レベルの説明)**
【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、災害時
          要援護者の避難等が必要。      
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制
          等。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(平常)】:状況に応じて火口内への立入規制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6170815

レベル5、全域避難も想定=桜島、従来規模上回る噴火で―火道拡大か・気象庁

 気象庁は15日午後、鹿児島県・桜島でこれまでの規模を上回る噴火が起きた場合、噴火警戒レベルを4(避難準備)からさらに5(避難)に引き上げ、鹿児島市が桜島全域の住民を避難させる事態も想定していることを明らかにした。(時事通信)

[記事全文]

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

串田氏も地震予測 8月14〜17日終息予定、近畿で大地震 なければ次10月か

2015-08-15 | 地震

串田氏も地震予測を出して、M7.8 8月14〜17日終息予定、近畿で大地震 なければ次10月。となっていますが、地震予測の専門家が次々に警告を発しているので要警戒です。

九州の噴火も活発になってきていますし、日本列島全体が動いてきている感じです。

http://www.jishin-yohou.com/99_blank003.html

引用:
2012年10月15日、推定領域内の主だった自治体へ電話で概要を説明。10月16日資料・報告書を先の自治体へ発送致しました。報告自治体は13箇所で、主だった自治体のみです。但し、各自治体へ説明も致しましたが、私(串田)は、国の研究機関の人間でも、大学所属の研究者でもなく、一般民間人の観測研究者であり、私の報告は私個人の責任において行ったもので、受けとられた各自治体には一切何の責任もありません。一民間人からの情報提供のひとつとして処理して戴いて構わないことを伝えてあります。従いまして、自治体に対し、皆様からの問い合わせ等はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。
:引用終了

http://www.jishin-yohou.com/1778zokuhou096.pdf

20150814171553sdpfo@1.jpg
20150814171626po@o@p2.jpg
20150814171653aspdo@3.jpg

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行徳香取 収束!伊豆諸島周辺から小笠原海域は、非常厳戒

2015-08-15 | 地震

ツイートから

行徳香取 収束!伊豆諸島周辺から小笠原海域は、非常厳戒の必要がありそうhttp://earthq.system-canvas.com/

M7級超を疑う

 

散歩に出たら宏観は完全な震災級前兆東西の棒状帯雲延長線上で48時間以内にM6超 この場合は西の延長、中央構造線、愛媛県方面雲低高度が大きく上がりM7クラスの前兆畝状雲もM6超明日15日から16日、中央構造線、愛媛方面でM7前後の予想となると伊方付近の異常値はラドンか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震 福島沖 M5 震度4

2015-08-14 | 地震

やはり、ちょっと危ないよ。結構最近、大きめのがたくさん揺すっています。

http://emergency.weather.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/?1439496989

地震画像

 

情報発表時刻 2015年8月14日 5時17分
発生時刻 2015年8月14日 5時13分ごろ
震源地 福島県沖
緯度 北緯37.2度
経度 東経141.5度
深さ 40km
マグニチュード 5.0
情報 この地震による津波の心配はありません。
震度4
福島県 いわき市 
降順 発生時刻 情報発表時刻 震源地 マグニ
チュード
最大震度
2015年8月14日 5時13分ごろ 2015年8月14日 5時17分 福島県沖 5.0 4
2015年8月14日 4時30分ごろ 2015年8月14日 4時34分 周防灘 3.2 1
2015年8月13日 23時08分ごろ 2015年8月13日 23時13分 与那国島近海 5.7 3
2015年8月13日 18時26分ごろ 2015年8月13日 18時29分 北海道北西沖 2.3 1
2015年8月13日 18時23分ごろ 2015年8月13日 18時27分 福井県嶺北 2.9 1
2015年8月13日 9時42分ごろ 2015年8月13日 9時45分 千葉県北西部 3.5 2
2015年8月13日 6時07分ごろ 2015年8月13日 6時11分 青森県東方沖 3.5 1
2015年8月13日 4時29分ごろ 2015年8月13日 4時33分 茨城県沖 3.7 2
2015年8月12日 20時38分ごろ 2015年8月12日 20時41分 岩手県沖 3.9 2
2015年8月12日 16時40分ごろ 2015年8月12日 16時44分 宮城県中部 2.6 2
2015年8月12日 14時21分ごろ 2015年8月12日 14時24分 岩手県内陸南部 3.3 1
2015年8月12日 1時14分ごろ 2015年8月12日 1時18分 和歌山県北部 3.4 1
2015年8月11日 20時05分ごろ 2015年8月11日 20時08分 釧路沖 4.2 2
2015年8月11日 12時31分ごろ 2015年8月11日 12時36分 宮古島近海 4.4 3
2015年8月11日 10時15分ごろ 2015年8月11日 10時19分 栃木県北部 2.9 1
2015年8月10日 23時59分ごろ 2015年8月11日 0時03分 北海道東方沖 4.2 1
2015年8月10日 22時31分ごろ 2015年8月10日 22時34分 宮城県沖 4.2 2
2015年8月10日 20時04分ごろ 2015年8月10日 20時08分 長野県南部 2.6 1
2015年8月10日 18時44分ごろ 2015年8月10日 18時50分 茨城県南部 4.0 3
2015年8月10日 13時15分ごろ 2015年8月10日 13時18分 和歌山県南方沖 4.2 2
2015年8月10日 11時34分ごろ 2015年8月10日 11時38分 宮城県北部 4.5 3
2015年8月10日 5時36分ごろ 2015年8月10日 5時39分 宮城県沖 3.9 1
2015年8月9日 20時04分ごろ 2015年8月9日 20時08分 トカラ列島近海 3.0 2
2015年8月9日 18時18分ごろ 2015年8月9日 18時22分 千葉県北西部 4.2 2
2015年8月9日 11時09分ごろ 2015年8月9日 11時12分 宮城県沖 4.0 2
2015年8月8日 21時58分ごろ 2015年8月8日 22時01分 根室半島南東沖 4.4 3
2015年8月8日 18時33分ごろ 2015年8月8日 18時41分 父島近海 4.8 1
2015年8月8日 6時43分ごろ 2015年8月8日 6時47分 岩手県沿岸南部 4.0 2
2015年8月8日 1時49分ごろ 2015年8月8日 1時52分 長野県北部 1.9 1
2015年8月8日 1時24分ごろ 2015年8月8日 1時27分 奄美大島近海 2.9 1
2015年8月7日 19時24分ごろ 2015年8月7日 19時29分 トカラ列島近海 2.1 1
2015年8月7日 6時27分ごろ 2015年8月7日 6時30分 根室半島南東沖 3.7 1
2015年8月7日 3時06分ごろ 2015年8月7日 3時10分 茨城県北部 3.3 1
2015年8月7日 1時06分ごろ 2015年8月7日 1時09分 沖縄本島近海 2.9 1
2015年8月7日 1時01分ごろ 2015年8月7日 1時05分 沖縄本島近海 3.7 2
2015年8月6日 19時34分ごろ 2015年8月6日 19時37分 根室半島南東沖 3.6 1
2015年8月6日 18時22分ごろ 2015年8月6日 18時45分 茨城県北部 5.2 4
2015年8月6日 14時27分ごろ 2015年8月6日 14時31分 千葉県東方沖 4.0 1
2015年8月6日 10時45分ごろ 2015年8月6日 10時49分 茨城県沖 4.6 2
2015年8月5日 20時56分ごろ 2015年8月5日 21時01分 福島県沖 5.1 3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外出時の大地震対処法 電車内ではシートの両端が生存率高い

2015-08-13 | 地震

どこにいる方がいいか知っておくと、地震の時に違うかも。

http://www.news-postseven.com/archives/20150702_332336.html

外出時の大地震対処法 電車内ではシートの両端が生存率高い

2015.07.02 16:00

 東日本大震災以降、頻発する地震。全国で大規模な地震が観測されているが、実際に自分が見舞われたときにはどのように対処したらよいのだろうか。外出中に大地震に見舞われた際の対処法を見ていこう。  日中の多くの時間を過ごしている会社。オフィスにい

 東日本大震災以降、頻発する地震。全国で大規模な地震が観測されているが、実際に自分が見舞われたときにはどのように対処したらよいのだろうか。外出中に大地震に見舞われた際の対処法を見ていこう。

 日中の多くの時間を過ごしている会社。オフィスにいる最中に地震に見舞われる可能性も高いだろう。その場合には、重量のあるオフィス家具からはすぐに離れるべき。電灯など落下する可能性のある物を避けながら、廊下やエレベーターホールなどに移動して待機しよう。

 続いて、エレベーターに乗っている時の場合には…? 全階数のボタンを押すのが基本。非常電話がつながらない時は携帯やメールで閉じ込め発生を知らせる。救助が来るまで無駄に体力を使わないのがポイントだ。

 買い物中の対処法も気になるところだ。スーパーマーケットでは? 陳列棚から商品が落下することがある。棚からは離れ、店内にあるエレベーターホールや大きな柱の近くに移動して揺れがおさまるのを待つのがよい。

 また、コンビニにおいても、ガラスの近くや、レジや食品が落下する恐れのあるカウンターの近くは危険。割れ物の多い棚がない、店の中央付近が最も安全。

 車の運転中にはどうしたらよいのだろうか。道路の左にゆっくり止まり、揺れがおさまるまで待機。揺れがおさまったらキーをつけたままにして避難する。車内に連絡先等を残しておくとよいそうだ。

 また、電車で移動中の場合には、揺れが激しくなる前に吊り革や手すりにしっかりとつかまること。かりに脱線してもドア付近やシートの両端の席にいると生存率は高まるという。

※女性セブン2015年7月16日号

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽちっと宜しくお願いします。


人気ブログランキングへありがとうございました。