さくらの個別指導(さくら教育研究所)(SKREDU)

無料体験授業をスカイプで実施中! 
メールでお気軽にお問い合わせ下さい。( info@skredu.mods.jp )

大学入学共通テスト(仮称):記述式

2017-06-05 | ブログ

 文部科学省は16日、大学入試センター試験に代えて2020年度から実施する新テストの実施方針案を公表した。

 名称は「大学入学共通テスト(仮称)」とし、従来のマークシート形式のほか、国語と数学に各3問程度の記述式問題を課す。英語は実用英語技能検定(英検)など民間の資格・検定試験を導入する。

 現在のセンター試験と同様に、1月中旬の2日間実施される。国語は80~120字程度で回答させる問題を含む3問程度が記述式となる。試験時間は、マークシート式と合わせて、現行の80分を100分程度に拡大する。数学も記述式の出題を3問程度とする。試験時間は現行の60分を70分程度にする。

 国語と数学の記述式問題は段階別評価とする。英語の民間試験活用については、受験時期を高校3年生の4~12月とし、受験可能回数は事前申請に基づき2回。想定されているのは、英検、TOEFL、TOEICなどだ。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さくら教育研究所について紹介 | トップ | 数学の発想のしかた/さくら... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む