株式投資で資産運用:バフェット流

元外資系証券会社で戦略作成に携わっていた筆者が本当の投資について語ります。

22日前引けの日経平均株価

2017-06-22 | 日記

 22日前引けの日経平均株価は前日比20円54銭安の2万118円25銭と小幅続落。前場の東証1部の売買高概算は7億4381万株、売買代金概算は9759億2000万円。値上がり銘柄数は984、対して値下がり銘柄数は845、変わらずは188銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、売り買い交錯の展開で前引けはマイナス圏で着地している。前日の米国株市場でNYダウが続落したほか、下げ止まらない原油市況に対する警戒感などが重荷となったが、好業績銘柄を中心に押し目買いが入り前日終値を上回って推移する時間帯もあった。ただ、前場後半に為替が円高方向に振れたことで、前引けにかけて売りが優勢となった。値上がり銘柄数が値下がりを上回る状況にあるが、積極的に上値を買う動きもみられず、前場の売買代金は1兆円を下回っている。

 個別では任天堂<7974>が断トツの売買代金をこなし上昇、ブイ・テクノロジー<7717>が値を飛ばし、村田製作所<6981>も5日続伸と戻り足を加速させている。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクもしっかり。スターティア<3393>がストップ高に買われ、日本カーバイド工業<4064>、オルトプラス<3672>なども急伸となった。半面、東京エレクトロン<8035>が軟調、花王<4452>も冴えない。タカタ<7312>は続急落も5日ぶりに取引時間中に値がついた。沢藤電機<6901>が急反落、石川製作所<6208>も安い。横河電機<6841>、キリンホールディングス<2503>なども下落した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« あす(21日)の東京株式市場 | トップ | 上値追いで上場来高値を更新... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。