株式投資で資産運用:バフェット流

元外資系証券会社で戦略作成に携わっていた筆者が本当の投資について語ります。

11日の東京市場

2017-07-11 | 日記

日経平均株価
始値  20073.86
高値  20200.88(14:38)
安値  20070.67(09:01)
大引け 20195.48(前日比 +114.50 、 +0.57% )

売買高  14億3621万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆0673億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は続伸、取引時間中の円安進行を好感
 2.対ドル、対ユーロとも円安に振れ輸出株中心に買われる
 3.イエレンFRB議長の米下院での議会証言待ちで商いは低調
 4.売り圧力も乏しく、値上がり銘柄は東証1部全体の74%を占める
 5.ソフトバンク、ソニー、トヨタなどが買われ全体相場の牽引役に

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは5ドル安と小反落。ハイテク株は上昇したものの、イエレンFRB議長の議会証言など重要イベントを控えて様子見ムードが強かった。

 東京市場では、前日の米国株市場が高安まちまちで方向感を欠くなかで、取引時間中に為替が円安に振れたことが追い風となった。

 11日の東京市場は欧州株市場は総じて堅調だったものの、米国ではNYダウが小幅マイナス圏で引けるなど今一つ方向感が定まらず、日経平均も寄り付きは小反落のスタートとなった。しかし寄り後は買いが優勢となり、すぐにプラス圏に浮上、後場に入ると一段高の展開に。12日のイエレンFRB議長の米下院での議会証言を見極めたいとの思惑などが漂い、当初は模様眺め感が強かったが、取引時間中に為替が対ドル、対ユーロとも円安方向に振れたことで、投資家心理が改善、輸出株中心に買いを引き寄せる格好となった。東証1部の売買代金は2兆円をかろうじて上回る程度で盛り上がりを欠いたが、東証1部全体の74%の銘柄が値上がりする買い気の強い地合いだった。
 個別では、ソフトバンクグループ<9984>が上昇、ソニー<6758>も高い。ファナック<6954>、トヨタ自動車<7203>も買いが優勢。安永<7271>は一時ストップ高に買われたほか、プレナス<9945>、トーセ<4728>、クリエイトSDホールディングス<3148>、エスクロー・エージェント・ジャパン<6093>なども値を飛ばした。戸田工業<4100>が上値追い、プリマハム<2281>なども物色人気に。中外製薬<4519>が値を上げ、OKK<6205>も高い。
 半面、任天堂<7974>は本日も断トツの売買代金ながら売りに押された。スズキ<7269>が値を下げ、ファーストリテイリング<9983>も軟調。リソー教育<4714>が急落、ローツェ<6323>、セガサミーホールディングス<6460>も値を下げた。KNT-CTホールディングス<9726>が利食われたほか、ディー・エル・イー<3686>も安い。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、ファナック <6954> 、中外薬 <4519> 、ソニー <6758> 、KDDI <9433> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約52円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、スズキ <7269> 、花王 <4452> 、資生堂 <4911> 、日揮 <1963> 。押し下げ効果は約24円。

 東証33業種のうち29業種が上昇し、下落は3業種のみで下落率の上位から(1)電気・ガス業、(2)その他金融業、(3)水産・農林業。上昇率の大きかった上位5業種は(1)空運業、(2)情報・通信業、(3)電気機器、(4)繊維製品、(5)精密機器。なお、鉄鋼は前日と変わらなった。

■個別材料株

△博展 <2173> [JQG]
 セブン・フィナンシャルの実証実験にグループ会社がロボット提供。
△メディネット <2370> [東証M]
 抗がん抗原抗体の高感度検査法に関する日本特許が成立。
△ディップ <2379
 転職求人倍率は31ヵ月連続最高値を更新。
△クリエイトS <3148
 今期経常は6%増で4期連続最高益・3円増配。
△TSIHD <3608
 1.92%を上限に自社株買いを実施。
△アイリッジ <3917> [東証M]
 O2Oツール「popinfo」が6500万ユーザーを突破。
△ツバキナカ <6464
 米NN社の精密ベアリング部品事業を買収。
△エプソン <6724
 日経平均銘柄に新規採用。
△コジマ <7513
 9-5月期(3Q累計)経常が5.5倍増益。
△プレナス <9945
 3-5月期(1Q)経常は66%増益で着地。

▲リソー教育 <4714
 3-5月期(1Q)経常は赤字拡大で着地。
▲セガサミー <6460
 「パチンコ出玉を3分の2へ規制」と報道。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)タカタ <7312> 、(2)安永 <7271> 、(3)キムラタン <8107> 、(4)プレナス <9945> 、(5)トーセ <4728> 、(6)クリエイトS <3148> 、(7)ツバキナカ <6464> 、(8)日本ライフL <7575> 、(9)エスクロAJ <6093> 、(10)日精化 <4362> 。
 値下がり率上位10傑は(1)リソー教育 <4714> 、(2)Sサイエンス <5721> 、(3)ローツェ <6323> 、(4)KNTCT <9726> 、(5)大幸薬品 <4574> 、(6)セガサミー <6460> 、(7)ハイデイ日高 <7611> 、(8)平和 <6412> 、(9)マクロミル <3978> 、(10)土木管理 <6171> 。

【大引け】

 日経平均は前日比114.50円(0.57%)高の2万0195.48円。TOPIXは前日比11.66(0.72%)高の1627.14。出来高は概算で14億3621万株。値上がり銘柄数は1494、値下がり銘柄数は392となった。日経ジャスダック平均は3290.59円(10.15円高)。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« あす(11日)の東京株式市場 | トップ | あす(13日)の東京株式市場 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事