株式投資で資産運用:バフェット流

元外資系証券会社で戦略作成に携わっていた筆者が本当の投資について語ります。

日経平均株価は19957.16円(前日比125.34円高)で推移

2017-06-16 | 日記

11時00分現在の日経平均株価は19957.16円(前日比125.34円高)で推移している。15日の米国市場でNYダウは14ドル安となった。一部でインフレ率低下のリスクが指摘されるなか、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ見通しやインフレ目標を据え置いたことが警戒されたようだ。一方、米経済指標の予想上振れもあって円相場は1ドル=111円前後まで下落し、本日の日経平均は99円高からスタートした。寄り付き後は伸び悩む場面も見られたが、前場後半に差しかかり再び上げ幅を3ケタに広げている。

個別では、ソフトバンクG<9984>が3%近く上昇しているほか、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、小野薬<4528>、東芝<6502>などが堅調。トヨタ自<7203>も小高い。投資評価引き上げが観測された資生堂<4911>は3%超、日経平均への採用期待が高いエプソン<6724>は4%超の上昇。また、タカタ<7312>を巡る一部報道から芦森工<3526>に思惑買いが広がり、東証1部上昇率トップとなっている。一方、東エレク<8035>、ファナック<6954>、ソニー<6758>などがさえない。投資ファンドによる株式売出しが発表されたすかいらーく<3197>は3%超の下落。また、エンシュウ<6218>、アイエスビー<9702>、イリソ電子<6908>などが東証1部下落率上位となっている。なお、民事再生法の適用申請観測が報じられたタカタは引き続き売買が停止されている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 日経平均は続落、25日線の攻... | トップ | 来週(19~23日)の東京... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。