城西ドンガルドン

趣味が偏り気味な?玩具ブログ。
その時々、好きな物の画像をのんびり貼っていきます。


5周年

2013-08-28 23:35:40 | 雑記
 2008年8月28日に始めたこのブログ、丸5周年です。
 当初は何する予定も考えずブログをはじめましたが、5年もやってるとなんとなく方向性が出てきました。
 近年はコメントも多くいただけるようになって。みなさんのおかげです。多謝です!


 このブログで最初に上げた画像はポカリスエットの飛行機雲の画像を乗せてました。上の画像はそれを撮った場所の
現在の姿。さすがになんもない。でも、昨日なら、タイミング合えば気球を写せたかも。
 
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

FW GUNDAM CONVERGE SP04

2013-08-28 22:59:10 | ガンダム食玩
 GUNDAM CONVERGE SP04
 ガンダムコンバージのSP弾、第4弾。
 今回は百式とキュベレイがセットとなっています。2体で対決セットの体になっているのは、これまでのSPと同様。
 百式は、以前通常弾でもラインナップされましたが、今回は武装をメガ・バズーカ・ランチャーに変更しての登場となります。

 
 箱

  

  

 
 MSN-00100 百式[メガ・バズーカ・ランチャーver.]
 メガバズーカランチャー装備の百式。11弾のZガンダムと同じく、武器を立てかけたポーズです。

 武装以外にも、1弾の百式から、いくらかの変更が加えられています。
 金の塗装は明るめの塗装に。頭部は完全新造。等。

 

 
 アップ
 新規造形の頭部。1弾のと比べると、全体的に大きめで角ばった印象。アンテナも太くなりました。
 目が赤いのは1弾同様。
 胴体も微妙に1弾とはディテールが異なります。

 
 
 
 メガ・バズーカ・ランチャー
 畳んだ状態での造形。すこしディフォルメが強め?
 大型で、セット商品ならではの武装です。

 
 右掌からピンが出ているので、メガバズは手に固定できます。

 
 バックパック

 

 

 

 


 

 

 

 
 AMX-004 キュベレイ
 こちらはコンバージ初登場のキュベレイ。
 全体的にボリュームのある一体です。
 肩はなんとなくパールっぽい表面ですが、それ以外の部分はつや消し仕上げ。もっとツヤツヤしていた方がキュベレイらしかったかも。

 

 
 アップ
 特徴的な後ろに伸びた頭部。
 首は可動しません。

 
 頭部外装を外すとこんな感じ。
 結構衝撃的な見た目。
 
 
 この眼の部分は回転します。

 
 肩アーマーは取り外し可能。

 
 差し込み方によっては開いた状態にも。

 
 ファンネルコンテナ

 

 

 

 

 

 
 百式と

 

 
 百式vsキュベレイ
 
 

 
 第一弾の百式と。
 並べてみると、色の違いがはっきり分かります。
 腰後ろに挿してるビームサーベル。1弾では別パーツ化してますが、今回のは腰と一体化してます。見比べると、ちょっと見劣りする部分。

 
 11弾のZガンダムと
 同じように大型武器を持っていても、大きさの差は歴然。

  
 
 百式は第1弾のは中古でも妙なプレ値が付いているので、今回武装違いとはいえ再度登場となったのは良いことですね。
 ただ、武装以外の部分が第1弾そのままとは行かなかったのは良いのか悪いのか?
 箱に、1弾の金型を流用云々…のような事も書かれていないので、ひょっとしたらこの百式、完全新規造形なのかもしれません。
 リバイブでも百式は候補に入っていますが、復刻された際は、1弾そのままとなるのか、このSPを踏まえた物となるのか気になるところです。

 キュベレイは、SPならではの大きいサイズ。このタイミングで発売ということは、9月発売12弾のZZガンダムに相対させるのにもちょうど良いです。
 すでに、Mk-2や量産型の発売も決定しているので、こちらも楽しみ。
 個人的には、この造形で、ツヤツヤテカテカの塗装を施したキュベレイってのも見てみたい。
 
 過去記事 FW GUNDAM CONVERGE

 FW GUNDAM CONVERGE クロスボーンガンダムX-0
 FW GUNDAM CONVERGE 11
 FW GUNDAM CONVERGE 10
 FW GUNDAM CONVERGE SP03
 FW GUNDAM CONVERGE 9
 FW GUNDAM CONVERGE 8
 FW GUNDAM CONVERGE SP02
 FW GUNDAM CONVERGE バンシィ(ユニコーンモード)
 FW GUNDAM CONVERGE 7
 FW GUNDAM CONVERGE 6
 FW GUNDAM CONVERGE 5
 FW GUNDAM CONVERGE 4
 FW GUNDAM CONVERGE SELECTION ガンダムMk-2/ズゴック
 FW GUNDAM CONVERGE SP01
 FW GUNDAM CONVERGE シャア専用ザク
 FW GUNDAM CONVERGE3
 FW GUNDAM CONVERGE2
 FW GUNDAM CONVERGE 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

バトエンバトルミュージアム

2013-08-25 23:53:58 | おもちゃ
 今日、秋葉原へ買い物に行ったら、ヨドバシでバトエンのイベントがやってました。
 ドラゴンクエストの対戦できるえんぴつ。昔えらい流行ってましたね。なんと今年で20周年なのだそうです。もうそんなに経つのね。

 イベントでは、第一弾から現在までのバトエンの展示や、体験会などが行われていました。

 
 バトエンの出来るまで

 
 バトエンヒストリー

 

 
 バトエンの展示
 懐かしの初期シリーズから最新シリーズまで。
 個人的に思い入れがあるのは、初期のシリーズです。

 
 ちょうどこの頃にえらいハマってました。
 当時はバトエン買いあさってて、A4ぐらいの大きさの専用ケースに収納したりしてたな。ノートや消しゴムも買ってたし。まだ実家においてあるはず。
 惜しむらくは台紙類を捨ててたこと。

 
 キングバトエン
 普通のえんぴつより、太くて長い。これも勿論持ってた。

 
 キングは後のシリーズでもあったんですね。買っときゃ良かった。

 
 当時の広告等。
 画像のようなディスプレイの他に、バインダーに入れられて閲覧できるようにもなってました。
 バトエン以外に、パキパキカードやトレーディングバトルカードの広告なんかもあったりして、これらも買ってたから懐かしかったです。

 
 これ買いました。
 新作のバトエンGXと、復刻版の初期バトエン。
 今のバトエンはキラキラしてますね。
 復刻版は、前におもちゃショーで見て以来、買おうと思ってました。もう出てたんだな。
 今回買ったのは気任皚靴任睫気供手元にある当時品と見比べてみようと。

 ちょうど4本ずつだったので、新旧で4体4の団体勝ち抜き戦をしてみたら、なんと復刻版チームが勝ちました。キャップ装備の勇者が活躍。

 
 というわけで、当時品と。はぐれメタル。
 このはぐれメタルの入ってる4弾を少し前に中古で入手していたのです。
 左が復刻版。字の感じや上部のマルC表記は変わっていますが、パラメータや大体のデザインはそのまま。

 
 今日、ヨドバシでバトエン2セットを買うとパスケースがもらえました。バトエン20周年柄。
 パスケースを貰うときに、その流れで体験会も。キラーマシンのバトエンを貰えました。

 

 十云年ぶりに新品のバトエンを買いました。たまに買うと、当時のことを色々と思い出しますね。友人と町まで
買いに行った時の事とか、そんな事まで。
 このえんぴつの香りも懐かしい…、えんぴつなんだから別にそうでもないのか?
 バトエンって自分の中では、妙に匂いの印象が強くて。前述のケースもなんか特徴的な香りがあったような覚えがあります。
 
 バトエンには思い入れはあるのですが、ドラクエの本編というのはほとんどプレイしたことがないのです、自分。犬鬚舛腓辰箸笋辰討燭阿蕕ぁ
 でもドラクエ全然詳しくなくても、楽しく遊べるから良いですね、バトエン。
 
 
 
 今日は、元々これを買う予定で出かけていました。
 レッドフレーム。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

すーぱーそに子 SQフィギュア

2013-08-22 23:43:28 | すーぱーそに子 フィギュア
 すーぱーそに子 SQフィギュア
 アミューズメントのプライズ景品のすーぱーそに子のフィギュアです。
 今回のはバンプレスト発売の商品。SQシリーズの一体として登場です。
 全一種類。

 
 箱
 中身の見えない箱。
 フィギュアは上半身や下半身などに分割されて入っています。

  

  

  

  
 グルッと一周
 一番くじのポスター等のイラストを立体化。ちびきゅんキャラでディフォルメタイプのものはありましたが、今回リアル等身で登場。
 なんというか、アイドルっぽい服。
 高さ約19cm。一番くじのA賞やサマービーチフィギュアとだいたい同じくらい。

 

 
 顔 
 イラストより、やや赤っぽい?顔。目や眉が赤めなのと、口の内側が赤く塗られているからかも。
 前髪がちょっとだる目。

 
 後ろ髪が2層構造になってます。
 これまでそに子フィギュアは色々見てきたけど、こういうのは初めて見たかもしれません。

 
 上半身
 
 
 胸元アップ
 ひげたいがーのプリントもバッチリ。
 バッジ?のそに子マークもプリント。
 上着は脱がせません。
 ネックレスがちょっと大きめ?

 
 背中にもそに子マークのプリント。

 

 
 マイクから伸びたコードは、左手の親指と人差指で摘むように持たせます。
 コードはチューブで再現。中に針金等は入っていないので、癖を付けたりはしにくい。

  
 コードは長いので、身体に絡めたりも出来ます。
 また、コードを外してマイクのみを持たせることも可能。

 
 下半身
 ひらひらのスカート。所々埋まっている部分もありますが、複雑な断面がよく造形されています。

 

 
 スカートが広がってパンツ丸見え。
 上着の裾も翻っているのと合わせて、躍動感のある造形です。
 にしても、普通にしてても見えそうなぐらい短いスカート…。
 スカートも、腰と接着されているので脱がせません。


 色んな向きで
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 ちびきゅんキャラと

 
 衣装が、可愛いすよね。ひらひらで。ほんとアイドルみたい。そに子の衣装ではかなり好きなデザイン。
 SQシリーズは、これまでのを店頭のディスプレイ等で見た感じ、プライズでもそれなりにクオリティが高そう
だったので期待していたのですが、期待を裏切らないクオリティでありました。顔に若干違和感あるけど、まあそれぐらいは。
 プライズながら、クオリティは高いです。と、サマービーチの時もおんなじようなことを書いたような気もしますが 一昔前から考えるとプライズのそに子フィギュアもどんどん良くなってくなぁ。
 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

GUNDAM STANDart: Z&フルアーマーガンダム

2013-08-20 01:45:04 | ガンダム食玩
 GUNDAM STANDart:18
 これまで、ガンダム食玩はコンバージやアサルトキングダムは記事にしていましたが、これは初めて記事にしますね。ガンダムスタンダート。
 現行ガンダム食玩では、もう古株のシリーズです。今月発売の新弾でもう18弾目にもなるシリーズ。
 今回の記事はその18弾からZ兇肇侫襯◆璽沺璽ンダムです。ラインアップにはジム3もありますが、今回は買ってません。

 
 箱
 
 

 

 

 
 068 MSZ-008 Z
 今回、これが目当てで買いました。
 個人的に鉄機武者鋼丸のモチーフとしての印象が強いMSです。
 右手のメガビームライフルと上に伸びてるバックパックで、全部画面に収めようとすると本体がかなり小さめに写ります。

 立ち姿をコンセプトにするシリーズということで、可動ほぼ無し、勿論変形もしません。

 

 
 本体アップ

 

 
 上半身
 他はそうでもないのですが、頭の仕上がりがちょっと雑に感じます。流石にこのサイズだとしょうがないのかな。
 
 
 一応、可動
 首、肩、上腕、手首に回転軸があります。コンバージに上腕可動を加えた程度。
 ポーズを付けるより、普通に立たせたほうがよっぽど格好良いです。

 
 メガビームライフル

 
 バックパック
 バックパックの真ん中部分なんかはメタスを彷彿とさせます。

 
 下半身

 
 裏側のディテール。

 

 

 

 

 



  

  
 069 FA-78-1 GUNDAM FULL ARMOR TYPE
 と、上ではパッケージに習って英語で書いてますが、まあ要するにフルアーマーガンダムです。
 子供の頃はあまり格好良く思ってなかったのですが、歳を取ると不思議と格好良く思えてきた機体です。
 この渋いカラーリングが素敵。

 

 
 上半身
 Z兇望,襪箸睥瑤蕕覆い阿蕕い冒討て部。
 ツノの真ん中のオレンジの部分、3分の1ほど塗り漏れがあります。

 
 バックパック

 
 キャノン砲は可動します。

 
 右腕の2連装ビームガン。

 
 下半身
 脚側面の増加スラスターが好きです。

 

 

 

 

 

 

 
 

 
 二体並べた所
 設定では2体とも頭頂高は18.3mで同じなのですが、フィギュアだとZ兇諒が少し背は高め。

 
 Z兇塙欖
 金剛鋼丸形態はほぼZ兇修里泙泙憤象がありますが、こうして並ぶと、違いも分かります。

 
 これまでに持ってたスタンダートと。
 2弾の百式とHI-νだけ買ってたんです。
 HI-νのツノはPVC製で柔らかいですが、今回の2体はABS製で固い。だからといって特段シャープになったというわけでもないのですが。

 
 アサルトキングダムのMk-兇
 大体似たような大きさ。



 これまで、F91やSガンダムと興味のあるMSが出ていながらも、値段が高いのもあって買ってこなかった自分…。
 しかし今回はZ兇ラインナップということで、「これは!」と数年ぶりに購入しました。前からZ兇亮蟶△蔑体物が
欲しかったのです。GFFとかも買いそびれてたし…。

 フィギュアは単体のアップで見ると顔とかキツイのですが、数種類集めて飾るとこの統一されたポーズの
おかげか、妙な満足感があります。
 これまでは、「コンバージのほうが場所も取らないし良いやん」とすら思っていましたが、スタンダートの
リアル体型はコンバージとはまた違った魅力がありますね。
 やっぱりちょっとづつでも摘んでくればよかったな。

 今回は新兵器、「大理石調の背景紙」を使ってみました。前からこういう背景やってみたかったのです。
 でも百均のなので、小さいのが難点。
 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ガシャポンフェスタ 2013

2013-08-17 23:08:47 | 雑記
 ガシャポンフェスタ2013
 ラジオやなんかではもう残暑とか言っている今日この頃、まだまだ暑い日は続いております。
 さて、今回は池袋サンシャインシティで開催されているガシャポンフェスタに行ってきました。
 このイベント、昨年の夏に続き2回目となるんでしょうか。バンダイのガシャポンを現行の物から昔の物まで集めて展示しているイベント。
 上の画像はエントランス。入場無料です。

 
 入ってすぐのディスプレイ。
 巨大な自販機など。
 
 
 新旧の自販機展示。
 実際に店舗に置かれた自販機はもっと種類がありましたね。真四角なのとか。
 手前のやつはコンビニ用のカプセルポン。

 
 旧自販機にはガシャポン戦士の台紙。
 
 
 自販機の仕組み。

 
 現行キャラクターの商品の展示。

 
 やはり、個人的にはガシャポン戦士NEXTに注目したい所。
 他のキャラクターより大きくスペースが取られていました。

 

 

 
 おもちゃショーと同様な全種展示。
 新発売の15弾とSAGA02までで、今後発売予定の物はまだ展示されていませんでした。

 
 台紙もずらりと。

 
 アンパンマンのくっつくんですも一挙展示。
 
 
 95年から現在まで続く長寿シリーズ。

 
 新作展示コーナーには来月発売のHG-MSガンダム。

 
 
 
 アジアのガシャポンコーナー
 この自販機、パッと見だと普通の自販機に見えますが、

 
 実は、電子マネー対応の自販機。
 ハンドルのひとつがカードリーダーに改造されています。
 
 
 アジアでは、ブルース・リーのガシャポンも出ている。

 
 ここからは旧シリーズ展示のコーナー。
 
 
 HGシリーズの解説。

 

 

 

 

 
 HGシリーズやカプセル超合金等の展示。
 このへん、前回と同じものが展示されてるっぽい。

 
 ガシャポン発信のヒットアイテム

 
 解説にもあるように、ガシャポン戦士と、

 
 キン消しの展示。

 
 エコに取り組むガシャポン。
 右下の新型カプセルっていうのがNEXTで15弾から導入されたやつでしょうか。

 
 展示を全て見終わるとしっかりあります、販売コーナー。

 
 ガシャポン戦士NEXTも勿論売ってます。
 8弾から15弾まで(SP二種も)。画像では12弾が写ってませんが、別の場所で売っていた…ような覚えがあります。
 15弾はお店なんかでは売り切れている所もちょくちょく見かけるようになりましたが、ここではバッチリ買えます。

 画像では切れてますが、自販機の隅っこの方にランク王国第2位とのPOPが貼ってありました。

 
 自販機の上に貼っていたパネル。
 ガンダム系勢ぞろいで、格好良い。

 
 先行販売のがんばれショッカーを買いました。
 NEXT15も買ったんですがリガカス…。ほんとボール出ないなー。
 
 
 サンシャインシティ、近くにはウルフェスの会場もあります。
 できればこちらも見たかったのですが、今回は、時間も遅目だったし入りませんでした。
 ガシャポンとウルトラマンの他に、プリキュアやトーマスのイベントも開催されていました。もうイベントだらけの様相。

 
 ツイッターにも貼ったウルトラマン。

 

 前回は、指人形系やら、ガシャポン戦士のキャンペーン品なんかも展示されていたので、それと比べると
今回は旧商品の展示の点ではちょっと物足りなさがありました。
 ただ、NEXTが大きめに取り上げられていたのは、嬉しかったです。おもちゃショーの時も思いましたが、
これだけズラッと並ぶと凄いわ〜。ウチにもあんなスペース欲しいす。

 過去記事 ガシャポンフェスタ

 ガシャポンフェスタ2012
 
コメント (9)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

すーぱーそに子 B2ツインクリアポスター

2013-08-12 23:09:44 | すーぱーそに子
 連日暑い日が続く中、この夏も開催されたコミックマーケット。
 今回も行って来ました。目当ては、ニトロプラスブースで販売された、すーぱーそに子のポスターです。
 しっかり買えました。毎度ながら、昼過ぎぐらいに行っても、並ばずに買えているのはありがたいです。
 
 というわけで、上の画像がそのポスター。
 サイズはB2。
 ただのポスターではないのです。

 
 アップ
 透けてますな。

 
 ツインクリアポスターの意味がここで明らかに。
 2層構造になっていて、一枚目には服のみが描かれており、これをめくると、服を脱がせた状態になるという物。
 だから、上で透けてるのも実際に下の絵が透けてます。
 2枚のポスターは上部で接着されているので、服がずれることがありません。

 
 アップ
 ムチムチさんやな。わーい。
 ポスターの素材は、紙ではなく薄いポリプロピレンのようなもの?
 折れると目立つし、裏側は傷がつきやすいので、割と扱いには注意が必要かも。

 
 筒に入れられて販売されていたので、保管も安心。
 今回、ニトロブースのそに子関係はこれだけだったので、予算的には結構助かりました。

 
 ちなみに、ニトロプラスブースはこんなの。
 外側から入ると、一番端まで歩かないといけないのでしんどかった。

 

 コミケ時期に合わせて、都内や近郊の献血ルームでは、献血するとポスターが貰えるというキャンペーンが開始されています。
 今回は、そに子のポスターもあるというので、そんならいっちょ献血しようやないかいと、献血ルームへ向かったのですが、検査でアウトくらいました。ありゃ。
 理由は、自分の血液はヘモグロビンの量が常人より少ないのだそうです…。そいえば、母親や婆さんもそんな事を言ってたような気がする。遺伝か?
 
 
 コミケ会場にポスター貼ってあったので、写真だけでも撮って来ました。
 欲しかったなああ。絵は使いまわしだけど。欲しかったなあぁ。


 
 今回、そに子以外にも目当てがあって。
 まんだらけの、境外滅伝。
 ビックリマン風のシール入り菓子。イラストもビックリマンと同じグリーンハウスが担当、という商品。
 1個500円で、ボックス買い(18個で9000円)はちょっとキツイので、バラで売ってたら買おうと思ってました。
 実際、バラでも売ってたので、良かった。

 
 4個買って、この内訳。魔闘ヒヒがダブりましたが、主人公?な也時来周馬が当たったのでまあ良し。
 お菓子はチョコではなく、駄菓子のさくら餅っぽいお菓子。
 

 おまけ
 

 
 晴海客船ターミナル
 いつもビッグサイトの帰り道に見えていて気になってたのですが、今回やっと行けました。
 東映特撮ではちょくちょく出てくる所。

 
 三角屋根の部分は、展望台になっています。
 風通しが良く、涼しくて気持ち良かったです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ガシャポン戦士NEXT15

2013-08-10 00:22:53 | SDガンダム ガシャポン
ガシャポン戦士NEXT15 
 ガシャポン戦士NEXT、第15弾。
 今弾は、ラインナップのほとんどが「逆襲のシャア」関連のMS。連邦系は全てMSVの機体という、なんともマニアックな弾です。
 逆シャアだらけの中、初代ガンダムよりボールもラインナップ。可動範囲の広いDX NEXTベースが付属しています。

 

 

 

 
 HI-νガンダム
 最近BB戦士でも発売されたHI-ν。
 NEXTは、青の色が紫に近い感じの色。個人的には、こっちの色のほうが好みです。
 
 カプセルの色は、白。

 
 アップ
 隈取部分が銀で塗られているのが細かい。
 肩には、マーキングがプリントされています。

 
 背中
 フィンファンネルのおかげで、ボリュームがあります。

 
 ビームライフルとシールド
 シールドにもマーキング。

 

 

 


 

 

 

 
 量産型νガンダム
立体化は珍しい量産型ν。
量産型νは、武装違いで2種類ラインナップ。こちらはフィン・ファンネル装備タイプ。

 カプセルの色は、紫。

 
 アップ
 
 
 背中
 
 
 ビームライフル

 
 腕には、ビームスプレーガンが付きます。
 ミニブックでは左腕に付いていますが、調べてみると右腕が正解っぽい?
 
 
 スプレーガンの取付穴は左腕にもあるので、左腕にも付けられます。
 右手にビームライフルを持つのだから、こっちのほうがバランスよく見えます。
 
 
 ダブれば、両腕に装備なんてのも。

 
 スプレーガン取り付け穴は、前弾のヘイズルの腕の穴と同じ形状なので、ヘイズルのパーツを使ってシールドを取り付けられます。
 画像ではνガンダムのを取り付けましたが、シールドに開いている穴がジョイントのピンに比べて小さめなので、ちょっと無理矢理。

 


 

 

 

 
 量産型νガンダム(インコムパック装備)
 こちらは、インコムパックタイプ。オールドタイプ向きの装備。
 違いは、背中の装備のみです。

 カプセルの色は、赤。
 ショップのセット売りを見た感じ、量産型νは1/2アソート?

 
 という訳で、背中。
 インコム射出状態は再現出来ません。

 

 

 

 
 2体の背中を並べた所。

 

 

 

 

 
 ギラドーガ(一般機)
 こちらは、緑の一般機。
 普通のNEXTベースが付属します。

 カプセルの色は、緑。

 
 アップ 
 ツノなしの頭。

 
 モノアイは、向きを変えられます。
 可動範囲はやや狭め。

 
 右肩のシールドは、首と似た形のジョイントで接続。
 自在に向きを変えられますが、やや保持力が弱めです。

 
 ビームマシンガンと左肩シールド。
 シールドには、シュツルムファウストが付きます。

 
 シールドにはエンブレムのプリント。

 
 シュツルムファウストは、一体に2本付属。

 
 シールドには、取付穴が4つあり、別の穴に装着した状態。

 
 また、ギラドーガがダブると、4つ全ての穴にシュツルムファウストの装着も可能。

 
 シュツルムファウストは手にも持てます。

 

 

 


 

 

 

 
 ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー機)
 こちらはレズン用ギラドーガ。
 色は青で、頭部にはツノが付きます。

 カプセルの色は、青。

 
 アップ
 モノアイが動くのも一般機同様。

 
 一般機とはビームマシンガンの形状が違います。
 シールドは、一般機と同様。色が違うのみです。

 

 

 
 ギラドーガ二機

 
 

 

 

 
 リ・ガズィ・カスタム
 リガズィカスタムも、プライズ以来の立体化かな。

 カプセルの色は、黄色。
 
 
 アップ
 ガンダムタイプのツノが付いて、かっこ良くなった。主役出来そうな見た目に。

 
 バック・ウェポン・システムを小型化したようなバックパック。
 機首状のパーツが付いています。

 
 ビームライフルとシールド

 
 リガズィカスタムは変形可能なMSな様です。
 想像できる感じだと、こんな変形かな〜?、と。
 機首を上向きにして、シールドで頭隠して…という。
 シールドをセットするピン等は無いので、シールドの上に本体を乗せてるだけです。

 
 バックパックを分離して、飛ばしたり…とか。

 

 

 

 
 

 

 

 
 ボール&DX NEXTベース
 普通のMSより小さめサイズ。NEXTジョイントは付属していません。
 目?窓?の部分はメタリック塗装。

 カプセルの色は、黒。

 
 砲塔は可動。

 
 アームも付け根部分のみ動きます。
 
 

 
 どっちかというとこちらがメイン?のDX NEXTベース
 複数の可動箇所を持ち、NEXTベース以上に多彩なディスプレイが可能なスタンドです。

 
 ランナー状態。

 
 パーツ分割
 
 
 支柱付け根はボールジョイント。
 ボールジョイントはかなりキツメだったので、オイルを塗って動かしやすくしました。
 縦方向には3つの可動軸。

 
 先端には横向きの回転軸。
 その先にNEXTベースと同形状のMSとの接続部があります。

 
 ボール以外のMSも当然接続可能。
 これまでの画像ですでに何度も使ってますが、改めて。
 
 
 ほぼ浮かせるだけだったNEXTベースから進化して、様々な向きでMSを飾れる様になります。

 

 
 他の弾のMSも勿論接続OK。

 
 アルガスの馬も、空飛べる。


 
 今回から導入の新カプセル。
 上下が繋がっており、色も上下同じになりました。開け閉めは出っ張りとフックを用いた物に。タカラトミーアーツのガチャのカプセルっぽい。
 ベンダーを見ると、中に何が入っているのかわかりやすくなりました。

 
 連邦系機体(ボール除く)
 皆MSV。

 
 νガンダム色々
 今見ると、νガンダムぶっさいくだな…。

 
 ネオ・ジオン

 
 
 
 量産機同士の戦い。

 
 HI-νvsサザビー
 サザビーも再販版SP01ならDXベースでディスプレイ出来るのですが。まだ当たってないのです。

 
 ボール二機

 
 シュート!


 ほぼ逆シャア、MSV多め、新型のDXNEXTベースと、ネタが多彩な弾です。
 量産型νとか、枠としてはラインアップ最後のシークレット枠でもおかしくない機体だと思うのですが、
 通常枠でラインナップされたのには、驚きです。
 かつてのガシャポン戦士では量産型νのどっちかが1/2どころではない極悪アソートらしかったので、
 万が一その再来となったら…と不安でしたが、まあそうはならなかったので、幸いでした。

 これまでの弾では1/2アソートは全然自販機では当たらなかったのに、今回は量産型νがポンポン出ました。
 こんなこともあるもんだな〜。

 むしろ今回は個人的にはボールが全然出なくて。なんとか2つ入手出来ましたが、DXベースは良い物なので
 もっと入手しておきたいです。
 NEXTベースみたいに毎弾ラインナップはされないみたいだし、ある時に出来るだけ入手しておかないと。

 時々で良いので今後もDXベースをラインナップしていって欲しいものです。
 DXベースが付けられそうな小さめな機体というと…、コアファイターのような飛行機系とかかな?

 過去記事 ガシャポン戦士NEXT

 ガシャポン戦士NEXT SAGA02(ジオン三魔団&ジオダンテ編)
 ガシャポン戦士NEXT SAGA02(アルガス騎士団編)
 ガシャポン戦士NEXT14
 ガシャポン戦士NEXT13
 ガシャポン戦士NEXT SAGA01
 ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)を塗装
 ガシャポン戦士NEXT12
 ガシャポン戦士NEXT SP02
 ガシャポン戦士NEXTプレミア (クリアver.編)
 ガシャポン戦士NEXTプレミア (新規造形編)
 ガシャポン戦士NEXT11
 ガシャポン戦士NEXT10
 ガシャポン戦士NEXT09
 ガシャポン戦士NEXT08
 ガシャポン戦士NEXT07
 ガシャポン戦士NEXT06
 ガシャポン戦士NEXT SP
 ガシャポン戦士NEXT05
 ガシャポン戦士NEXT04
 ガンドランダーを塗装
 ガシャポン戦士NEXT03
 ガシャポン戦士NEXT02
 ガシャポン戦士NEXT
コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

ガシャポン戦士NEXT SAGA02(ジオン三魔団&ジオダンテ編)

2013-08-06 00:10:34 | SDガンダム ガシャポン
 ガシャポン戦士NEXT SAGA02の続きです。(前回 アルガス騎士団編
 今回はジオン三魔団と、アルガス騎士団編のボス、ジオダンテ。
 ジオダンテはセット商品ならではの大型サイズでの立体化です。

 
 ジオン三魔団

 

 

 

 
 剣士バウ
 首のジョイントが奥まできっちりはまらず、頭がちょっと浮き気味です。

 
 アップ
 モノアイはメタリック塗装。
 頭が浮いているからというのもあるかもですが、正面から見ると縦長な印象を受ける頭。

 
 武器
 剣
 2本あるので2刀流が出来ます。

 
 また、拳の前後両方から持たせると、槍風に。
 カードダスのイラストではこの持ち方でした。
 
 
 梟の杖

 

 

 

 

 

 
 剣士バウの愛馬、グワンバン。
 ゼータのアーガマに対し、バウも馬が付属。
 馬2体に流用箇所はなく、それぞれ別物の造形となっています。

 
 バウと

 
 騎乗
 アーガマ同様、グワンバンも騎乗させた状態のほうがバランスよく見えます。

 

 

 
 

 

 

 
 闘士ドライセン
 今弾のフィギュアの中では、割と地味な印象?な一体。
 でも、大柄なボディで予想より格好良かったです。

 
 アップ
 ドライセンのモノアイは普通の塗装。

 
 武器
 剣と竜の盾。
 
 

 


 

 

 

 
 モンスター メデューサキュベレイ
 呪術士キュベレイが変身した姿。
 下半身が蛇の姿になってるのが特徴的。
 この形状のため、NEXTジョイントの下半身用は使いません。

 
 アップ
 髪の先端はファンネルっぽい形。
 バウ同様に目がメタリック塗装です。

 
 蛇っぽい下半身
 仰角の調整が出来ないので、キュベレイは常に少し胸を反らせた感じのポーズに。

 
 武器はなく、左手に獅子の斧をもたせることが出来ます。
 獅子の斧は、三魔団カラーもアルガスカラーも似たような感じなので、キュベレイに持たせてもさほど違和感無いです。

 

 

 



 

 

 

 

 
 モンスタージオダンテ
 大サイズでの登場。身長が高く、前後・横にも面積を取り、実に大ボリュームな一体。
 
 
 頭
 ノーマルのジ・オの印象も残る頭部。
 頭部は普通に他のMSと同様の接続方式。

 
 腕の可動も他のMSと同様。

 
 腹の口。
 まさにモンスターと言った雰囲気のお腹。

 
 下半身から無数に生えている触手。

 
 背中の棘
 こういう所も、怪獣っぽい。

 
 底から見ると、脚の造形もあるのが分かります。
 ジオダンテも下半身用ジョイントは使いません。

 

 

 

 
 普通の体型のフィギュアと比べると、このボリューム差。

 
 
 仲の悪い三人

 
 同じタイプで戦っては不利だ

 
 技には魔法

 
 魔法には力

 
 力には技

 
 OVA見ると、こんな武器の使い方もしていた。

 
 こうしてジオン三魔団を倒し、3つのアイテムを手に入れたアルガス騎士団。

 

 
 いざ、ジオダンテとの戦い。
 
 
 
 この組み合わせなら、アルガスにも勝てたのかもなぁ。
 バウには盾を取り付けられる部分がないので、前に置いてるだけです。

 
 全員集合。
 元々見出し画像に予定していた画像。

 
 怪獣王来ちゃったー!

 
 SDガンダム公式カタログ3より
 左側のボードゲームが昔、凄く欲しかったのです。
 大きめのジオダンテ等、コマも良いのですが、ムンゾ城を再現したという立体のゲーム盤が凄く魅力的でした。
 人形の大きさは大きく違うのだろうけど、上に今回のSAGA2を飾ったりしてもイケそう。

 

 三魔団とジオダンテも、特に塗装が悪いということはなく、安定した品質。
 馬も入れて全9種類、全て新規造形という、これまでのプレバン限定NEXTでは最も豪華な内容でした。
 SAGA01と違い、今回はアルガス騎士団編のみに焦点を絞った商品内容だったので、アルガスも三魔団も揃ってくれて、
相対する様に飾れるのは良かったですね。
 特に剣士同士、騎乗させた状態で戦わせると実に格好良い。
 大型枠のジオダンテも期待を裏切らない迫力でした。
 
 SAGA03は、こうなると光の騎士篇でしょうか。
 ラインアップ的には割と予想出来ますね。バーサル、アレックス、ネオブラ、スペドラ。大型枠ではジークジオンか。
 あと、ゼノンマンサと親衛隊も入るといいなあ。
 
 過去記事 ガシャポン戦士NEXT

 ガシャポン戦士NEXT SAGA02(アルガス騎士団編)
 ガシャポン戦士NEXT14
 ガシャポン戦士NEXT13
 ガシャポン戦士NEXT SAGA01
 ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)を塗装
 ガシャポン戦士NEXT12
 ガシャポン戦士NEXT SP02
 ガシャポン戦士NEXTプレミア (クリアver.編)
 ガシャポン戦士NEXTプレミア (新規造形編)
 ガシャポン戦士NEXT11
 ガシャポン戦士NEXT10
 ガシャポン戦士NEXT09
 ガシャポン戦士NEXT08
 ガシャポン戦士NEXT07
 ガシャポン戦士NEXT06
 ガシャポン戦士NEXT SP
 ガシャポン戦士NEXT05
 ガシャポン戦士NEXT04
 ガンドランダーを塗装
 ガシャポン戦士NEXT03
 ガシャポン戦士NEXT02
 ガシャポン戦士NEXT
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ガシャポン戦士NEXT SAGA02(アルガス騎士団編)

2013-08-05 01:07:31 | SDガンダム ガシャポン
 ガシャポン戦士NEXT SAGA02 〜アルガス騎士団篇〜
 プレミアムバンダイで販売された、ガシャポン戦士NEXTのセット商品第3弾。
 SAGA01の「ラクロアの勇者」と「伝説の巨人」に続き、今弾は「アルガス騎士団」登場のキャラクターが立体化。
 今回は、写真が多くなったので記事を二回に分けます。まずは、アルガス騎士団のガンダム族の面々。

 
 箱
 毎度おなじみ、味も素っ気もないシンプルな箱。

 
 開けた所
 
 

 

 

 
 剣士ゼータ
 NEXTなので、SDXと比べると脚が長めのデザイン。
 伸びた脚には、モチーフとなったMSの脚の意匠も組み込まれています。

 
 アップ
 前弾の騎士ガンダムの目なんかは、ズレがあったりしてあまり良いとはいえませんでしたが、今回は綺麗に塗装されていました。
 耳の羽の付け根部分が細くなっていて、ふとした拍子でちぎれる恐れがありそうなので、注意が必要。

 
 剣と飛翔の盾

 
 グレートソード

 
 剣は、飛翔の盾内に収納出来ます。
 こういうギミックを入れてくれているのが嬉しい。

 
 竜の盾
 商品内では闘士ドライセンの袋に入ってますが、勿論ゼータに装備も可能。

 

 
 
 

 

 

 

 
 ゼータの愛馬、アーガマ
 横から見ると、ちょっと体型がおかしな感じ?SDXみたいに鞍があったら良かったかも。
 ポーズは固定されており、可動はしません。
 アーガマの袋には、NEXTベースも入っています。

 
 ゼータと

 
 騎乗
 スタンド用の穴にアーガマのピンを挿します。
 
 
 横から
 乗せた時の見た目はかなり良いです。
 ちゃんと、「乗ってる」って思えます。

 
 アーガマの腹部には穴が開いているので、アーガマもベースで浮かせることも可能。とはいえ、ベースの支柱が短いので飛んでるようなポーズはちょっと厳しい。
 傾かせる程度ですが、これだけでも随分良い感じ。

 


 

 

 

 
 闘士ダブルゼータ
 左手を開いている造形。
 
 
 アップ
 ダブルゼータも綺麗な塗装。
 
 
 胸の赤いパーツは外すことが出来ます。
 取り付け部は背中側にあります。
 
 
 ダブルハンマー

 
 ジャマダハル

 
 獅子の斧

 SDXで付いていたバックパック等はありません。
 

 

 

 


 

 

 

 
 法術士ニュー
 
 
 アップ
 ニューは、目の塗装は綺麗だったのですが、ひさし部分がちょっと汚かったです。でも全然許容範囲。

 
 杖

 
 梟の杖
 3アイテムは、アルガス騎士団が入手して以降のカラーリングです。なもんで、ジオン三魔団に持たせると色にちょっと違和感が。
 でも三魔団と同じ袋に入ってるという。

 
 ファンネルスケイルは、左右3つづつ繋がった形状で造形されています。

 

 
 

 というわけで、アルガス騎士団のガンダム達でした。
 3体とも白主体のカラーリングなのに加えて、全体的に艶消し風の塗装で清潔感があります。
 前弾の事もあり、ガンダム系の瞳の塗装は心配の種でしたが、今回は綺麗に塗装されていたので何よりでした。
 次回は、ジオン三魔団とジオダンテ編です。アルガス騎士団vsジオン三魔団も。

 過去記事 ガシャポン戦士NEXT

 ガシャポン戦士NEXT14
 ガシャポン戦士NEXT13
 ガシャポン戦士NEXT SAGA01
 ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)を塗装
 ガシャポン戦士NEXT12
 ガシャポン戦士NEXT SP02
 ガシャポン戦士NEXTプレミア (クリアver.編)
 ガシャポン戦士NEXTプレミア (新規造形編)
 ガシャポン戦士NEXT11
 ガシャポン戦士NEXT10
 ガシャポン戦士NEXT09
 ガシャポン戦士NEXT08
 ガシャポン戦士NEXT07
 ガシャポン戦士NEXT06
 ガシャポン戦士NEXT SP
 ガシャポン戦士NEXT05
 ガシャポン戦士NEXT04
 ガンドランダーを塗装
 ガシャポン戦士NEXT03
 ガシャポン戦士NEXT02
 ガシャポン戦士NEXT
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加