城西ドンガルドン

趣味が偏り気味な?玩具ブログ。
その時々、好きな物の画像をのんびり貼っていきます。


SDX 騎士アレックス

2012-12-30 22:54:17 | SDX
 SDX 騎士アレックス
 SDXの騎士アレックスです。魂ウェブ商店で限定販売されました。
 アレックスはSDガンダム外伝「アルガス騎士団」で初登場。その時はほぼ封印状態の姿でしたが、次弾「光の騎士」で遂に戦線に加わりました。
 SDXでも封印の鎧が付属し、封印状態に出来ます。また、アレックスの持つ導きのハープの弾き手であるフラウ姫も付属しています。

 
 箱
 前作ダブルゼータと異なり、つや消しの箱でちょっと高級感があります。

 

 

 

 
 まず最初は封印形態。
 箱には普通の騎士状態で入っていますが、こちらからのほうが感じ出るかな、と。
 アレックスの体に封印の鎧が装着された状態。封印の鎧はその名の通り、装着した者を封印し、動けなくしてしまいます。
 SDXでも腰や脚は全く動けなくなります。腕は通常時ほどではないものの可動可能。

 にしても、チョバムアーマーをこういう発想にするって凄いよな~、と改めて思う。

 

 
 アップ
 全身の模様はタンポ印刷で再現。
 後ろに伸びた鉄球が尻尾みたい。

 
 か…体が…。

 
 アルガス騎士団が助けに来た!
 
 「呪縛よきえよ」
 パン

 
 ズバッ

 
 「ありがとう諸君!!」
 おおっ

 
 この状態から、肩鎧、肩のベルト?を装着して騎士状態へ。

 

 

 

 
 騎士アレックス
 ガンダムの騎士としては、騎士ガンダムに続く2人目。
 ベースの色が水色というのは、モチーフのアレックスからすると思い切ったカラーリング。バイザーのヒレのせいか不思議と水系っぽいイメージも。
 
 

 
 顔
 イラストよりちょっとダクトが細め?
 正面から見ると、白目が少し外寄りなような気がします。角度の問題だとは思うのですが。

 
 バイザーは降ろせます。

 
 兜を外した所
 頬の部分は兜にではなく頭側についています。

 
 目の交換はこの頬を外した後に行います。

 

 
 目は、左右を向いたものと

 
 笑い顔。

 
 体

 
 肘が曲がります。

 
 左肩のベルトみたいなパーツ
 左胸と背中の穴に接続。軟質パーツです。
 反対側にも既に同様の穴が開いています。ベルト新造だけでシャドウの造型になれますね。

 
 脚の外装は固定されていないので、可動を妨げないようになっています。

 
 マントを外した背中

 
 背中にはバックパック装着可能。

 
 また、マントとバックパックの同時装着も。

 
 同時装着時には、マントはたなびかせておいた方が位置的にしっくり来るかな。

 
 替えの手首は、持ち手の角度違いが2種。

 
 武器
 ジオンスレイヤー
 刃の部分はクリアパーツ。

 
 アルガスシールド

 
 アルガスシールドにジオンスレイヤーを収納できます。
 
 
 導きのハープ

 
 マウントパーツを使って、腰にセット可能。
 取り付けが緩めなので、脚を動かした時にハープが落ちることもしばしば。



 

 

 

 
 フラウ姫
 人間キャラの立体化とは珍しい。
 「光の騎士」編での白い衣装です。衣装はパール調の塗装が施されています。

 
 アップ

 
 
 首はボールジョイントで可動します。

 
 前髪を外すことで別の表情にも。

 
 腕は別ポーズの物が付属。
 
 
 この様に、ハープを持たせられます。

 
 アレックスと並べる
 ガンダムより小さく、程よい大きさ。

 ポーズ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 アルガス騎士団が遂に揃いました。

 
 
 
 その魂、黄金龍とともに…。


 というわけで騎士アレックス。スタイルは非常に正統派騎士な佇まいで、さすが騎士団長です。封印の鎧が最大のギミックで、アレックス自体は比較的シンプルな印象。でもそれが素敵。
 そしてアレックスが来たことによって、アルガス騎士団のガンダム族が勢ぞろい。ニューでしばらく止まった時はどうなる事かと思いましたが、ネット限定とはいえちゃんと出てくれたのは実に嬉しい。
 元祖の時は一体も持ってなかったので実感がなかったのですが、こうして揃ってると並べた時の相乗効果は非常に大きいのですな。
 
 今回、バーサルはちょっと引っぱり出さなきゃならない所にあったので写していませんが、近いうちに「光の騎士」のパーティも追加するつもりです。

 2012年の更新は(多分)今回で終わりです。
 今年もどうもありがとうございました。良いお年を!

 過去記事 SDX

 SDX 闘士ダブルゼータガンダム
 SDX キングガンダム2世
 SDX 灼熱騎士ガンダムF91(聖機兵物語編)
 SDX 灼熱騎士ガンダムF91(円卓の騎士編)
 SDX 聖機兵ガンレックス その2
 SDX 聖機兵ガンレックス その1
 SDX 剣士ゼータガンダム
 SDX 龍装劉備ガンダム
 SDX キャプテンガンダム
 SDX 法術士ニューガンダム
 SDX マスクコマンダー
 SDX ネオブラックドラゴン
 SDX フルアーマーナイトガンダム 伝説の巨人編Ver.
 SDX ヘビーウェポンコマンドガンダム 
 SDX バーサルナイトガンダム
 SDX 騎士ガンダム[烈伝版]メッキVer.
 SDX スペリオルドラゴン
 SDX コマンドガンダム
 SDX サタンガンダム
 SDX フルアーマーナイトガンダム
 SDX 騎士ガンダム(烈伝版)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

すーぱーそに子 添い寝シーツとカレンダー

2012-12-29 21:56:42 | すーぱーそに子
 今年も、冬コミケの時期になりました。今回もニトロプラスブースでは、そに子さんのグッズが販売されるというので、買って来ました。
 今回は、CD付き添い寝シーツとカレンダー。
 それぞれ別売り。シーツは12000円。カレンダーは2500円。


 
 添い寝シーツ
 シーツだから、めちゃでかいです。横140cm以上、縦は200cmを超えます。なので、絵のそに子さんは、等身大ぐらいになるでしょうか。
 壁に吊って撮りました。実物は写っている範囲よりもっと大きいです。

 シーツの素材はポリエステル。手触りがサラサラしてて、良いです。抱き枕でも使ってそうな素材。
 ていうか、シーツじゃなくて、抱き枕カバーが良かったなぁ。

 
 アップ
 これまで3DCGのそに子さんはどうにも違和感があり、そんなに…。って感じだったのですが、このそに子さんは不思議と違和感が無いです。イラストに近い感じなんかな?

 添い寝シーツってぐらいだから、横には寝れるよう、スペースが空いてるんですよね。せっかくだから添い寝してみましょう。









 
 抱き枕が。
 バカダー。
 
 前の夏の時もこんな事、してましたね。

 
 付録のCD
 添い寝ボイスの音声データと、ソニコミ用の衣装パッチが収録されているそうです。

 ボイスをipodに取り込みました。抱き枕と添い寝ボイスのコンボ…。危険すぎる!
 添い寝ボイスは10分程。寝息だけのトラックもあったら、ずっとループさせられたのにな。
 

 
 2013年カレンダー
 B2サイズ。シーツと比べると小さいけど、これも結構な大きさ。
 表紙?はへび年だから、へびのマフラーな手袋。

 
 中身はこんな感じ。
 2013年は一枚に2ヶ月ずつで、全6枚。更に2014年も3月までの分が1枚の、計7枚(プラス表紙)。
 個人的に去年の2012用カレンダーの中の絵は、別に…。って具合でしたが、今回のは表紙以外は既存絵なんだけど、津路さんのイラストなので良いです。

 
 無料配布のエコカイロ。
 今回昼過ぎに行ったのでブースには行列も無いし、カイロは貰えないんだろうなと思っていたら袋に入っていました。


 別に今回は、秋葉原のミュージアムでも来年元日から発売されるそうなので、これ目当てならわざわざお台場まで行く必要は無いですが、まあ、祭りですからね。あの雰囲気はやはり良いね。

 いつもは、昼過ぎだと会場に入るの自体には行列なんてできないのですが、今回は行列が。アナウンスによると、警備強化で手荷物検査の為だそうで。某バスケ漫画の事件の影響でしょうね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一番くじそに子の結果

2012-12-29 00:10:31 | すーぱーそに子
 28日発売の一番くじそに子。引いて来ました。いざ、討ち入り!
 22回引いて結果は上の画像。ラストワンやCDもありつつ、下位賞も大量に。
 予算が20回分12000円で、目標がCDと、フィギュアがAかBどちらか出れば良し、というものだったので、予算ちょっとオーバーしてますが一応目標達成ではあります。
 
 下から順に、貼っていきます。

 
 G賞 ボイス付き生ブロマイド
 全3種類。
 生ブロマイドと言われても…な一品。ボイスは携帯でダウンロード、という物。
 これが6回当たった。2個づつ均等に行けばよかったのだけれど、そうも行かず。

 
 中身
 入れ物よりは小さめ。

 
 F賞 ラバーストラップ
 全4種類。
 7回あたって、左から、1・2・3・1個。

 
 E賞 クリアファイル&シール
 全2種類。
 クリアファイル2枚とシールのセット。シールとは、下側のロゴやアイコンがそれ。
 3回当たって、左1枚。右2枚。

 
 D賞 フェイスタオル
 全2種類。
 5回当たって、左2枚、右3枚。
 まあタオルは家の中で使う分には実用的ではあります。ちゃんとした形のタオルだし。前にライダーのくじで当てたタオルは丸くて使いにくかったなあ。

 
 開けてみたところ

 
 C賞 ポスター(CD付き)
 全1種類。
 ポスターとCDのセット。CDは80年代バンドの曲をそに子さんがカバーしているというもの。リンドバーグ、ブルーハーツ、プリプリ。
 そういや、かーちゃんがブルーハーツのファンだったから、昔ライブに連れてってもらったな。自分。

 
 ポスターと
 細長いポスター。

 A・Bは飛ばして、

 
 ラストワン賞 プレミアムフィギュア フェアリーカラーver.
 くじの最期の一枚を買うと貰えるもの。A賞のフィギュアの色違い。
 
 
 秋葉原で行われている、携帯を使ったラリーの景品。ポストカード。
 なにせ自分の携帯は6年前のものなので、苦労しました。QRコードはなかなか読まないし、表示もすごい時間かかるし、電池もすぐ切れかけるしで。
 結局QRコード読むより、アドレス直打ちするほうが早かったもんな。

 
 裏面
 切手貼る所が蛇に絡まれた虎になってる。

 
 始め5回引いて見事に下位賞ばかりで。その後、残り17個で上位はC一つのみという店で一気に買い込みラストワンもゲットと。今考えると、一応目標達成とはいえかなり効率が悪い方法…。同じ位でBも残ってる様な店とかもあったのかもなぁ。
 きゅんキャラも欲しい事は欲しいけど、それは後からでもどうにかなりそうなので、今回はこれでひとまず終了。お疲れ様でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パチ組み レジェンドBB 武者號斗丸

2012-12-28 22:00:57 | SDガンダム パチ組み
 BB戦士 377 レジェンドBB 武者號斗丸
 レジェンドBBの武者號斗丸です。BB戦士の人気投票でもトップの人気者が、レジェンドBBとして現代に復活。
 初登場は「新SD戦国伝 超機動大将軍編」。当時のキット同様、レジェンドBBでも軽装・武者・爆熱の陣の三段変化が可能です。

 
 箱
 背景に鋼丸もいるのが良いですな。
 説明書やBB25周年記念サイトのコミックワールドでも、鋼丸はなかなか目立ってます。

  
 Aランナー
 白いランナー。

 
 B・Cランナー

 
 Dランナー
 クリアーのパーツ。

 
 Eランナー
 E1ランナーは普通の金色パーツで、E2ランナーにのみメッキ加工されています。
 
 他に、PC-303、PC-7があります。

 
 シール
 黒いスリット用のシールが多い。
 今回も、目だけシールを貼っています。

 

 
 軽装
 背中にポリキャップがあるのが目立ちます。
 昔のキットよりも、より軽装になれます。主に胴体。
 どことなく武威丸の面影も残す軽装姿。

 
 レジェンドBB恒例の表情チェンジギミック。
 
 
 旧キットっぽい軽装にも出来ます。

 

 

 

 
 鎧兜を装着して、武者姿。
 パチ組でもかなりカラーリングの再現はされていますが、やはり要シール・塗装の箇所は多め。
 
 

 
 顔
 吹き返しが青一色だとそれだけでも随分と印象が変わった感じ。もちろん吹き返しの内側は白です。
 鳳来鶴の根元の鳥頭は非メッキパーツ。ですが、結晶状のパーツにはクリアパーツが使われています。

 
 体

 
 炎水の玉
 旧キットでは小さなビーダマだった炎水の玉。レジェンドBBでは残念?なことに普通のクリアパーツ。
 炎水の玉の内部には旧キット同様、號の字の入ったシールを貼ります。

 

 
 闘覇の羽織
 旧キットでは板状だった羽織も、レジェンドBBでは背中から前にグルリと回っている立体的なものに。前面の形状も折れが入っていて立体的。
 新世大将軍の肩鎧に似ている。

 
 バックパックを外した所。
 軽装背中のポリキャップに羽織を取り付け。
 レジェンドBB騎士のマントの破損箇所をどことなく思い出しましたが、號斗丸は一段深くポリキャップを埋めるのもあるのか、破損の心配は無さそう。

 
 羽織は肩とは独立しているので、羽織を付けても腕を前に向けられます。
 ただやっぱり形状が形状なので、可動範囲は結構制限されます。

 
 ちなみに羽織を外した状態。

 
 手甲は、腕には横向きに取り付け。肘を曲げても、手甲はちゃんと横向きになります。
 そのため、上腕の装甲取り付け用の穴は、外側の物のみ使います。

 
 バックパック
 左右二枚ずつのウイングの展開は、旧キットと同様ですが、付け根部分は球状ポリ使用でへたれにくくなっています。
 ウイングの根元の部分は旧では青い設定でしたが、レジェンドBBでは白に。 
 
 
 鞘はバックパックから分離可能。

 
 武器
 爆烈刀と熱破刀。
 前から見て、鍔がGの形になっているのが爆烈刀。その逆が熱破刀と。

 

 

 
 

 
 各部を展開して、スーパーモード 爆熱の陣へ

 

 

 

 
 爆熱の陣
 
 
 アップ
 上の爆熱心眼翼は羽織が上に展開したもの。羽織は、前半分を一旦前にスライド後、上に展開します。
 前述のように肩と羽織が独立しているので、「肩を動かすと翼も一緒に動く」、と言う事が無くなりました。
 
  
 
 爆熱心眼翼
 クリアパーツが使われていますが、非常にポロリしやすいです。ゲートが残った状態を想定しているかのような緩さ。
 あまりにもポロリするので、パワープリットを使って、一時的に補強しました。

 ポーズ
 

 

 

 
 唸れ爆烈

 
 轟け熱破

 
 熱火爆輪斬っ!!


 
 旧キットと

 
 爆熱の陣

 
 武零斗や羽荒斗、天凱王に付いているパーツを使って、パワーアップ。
 とはいえ、胸の神具は顎と胴体に挟ませているだけだし、鳳来鶴のパーツは緩すぎて保持できないし、石破天驚剣も旧キットの手首に合わせた鍔の形状だから、きちんと持たせられないし、と言う事で、しっかり取り付けるには加工が必要です。
 あと、肩の鳳凰の文字も何とかしないと。

 
 鋼丸と
 鋼丸より大きくなった!

 
 金剛鋼丸形態だとやはり抜かれますが。
 
 
 目牙守羽多

 
 目牙走機・零零八式
 號斗丸の手首は裏側が肉抜きされているので、グリップをうまく持てません。


 
 旧キットは、腕周りは肩しか動かなかった為、ポーズの幅が実に限られていましたが、やはりレジェンドBBは可動箇所が多くなったので、多種多様なポーズが取れるようになっています。
 旧キットでの「こうなってたらよかったのにな」が解消されている、理想的なキット。もう発売されるのなんて何ヶ月も前に知ってたのに、いざ手にすると興奮が止まらんです。

 旧キットも、発売をリアルタイムで体験していたから、当時のこともなんとなく覚えてます。当時開店したSATYで初めて買ったのが、旧號斗丸で。SATY開店と號斗丸発売が偶々同じタイミングだったので、オープン初日の玩具売り場には同じ様に號斗丸目当ての奴がいっぱいいたな~。

 過去記事 レジェンドBB

 パチ組み レジェンドBB コマンドガンダム
 パチ組み レジェンドBB 武者頑駄無
 パチ組み レジェンドBB 騎士ガンダム
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

一番くじそに子の展示

2012-12-26 02:22:23 | すーぱーそに子
 こんな看板まで。
 近所のナムコで、一番くじのそに子の展示がありました。他のくじとかプライズの展示もあるのを知ってたから、もしやと思えば、やっぱりあった。
 フィギュアとCDの展示です。

  

 

 
 A賞のフィギュア。
 なんか、太い?

 
 B賞のきゅんキャラ。
 後ろにチラッと写ってるのがCD。

 もう今週でやす。今年最後の運試し、おっそろしいなぁ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

すーぱーそに子 ベビードール ストロベリー・ソルベver.

2012-12-25 22:23:20 | すーぱーそに子 フィギュア
 CL#028 すーぱーそに子 ベビードール ストロベリー・ソルベver.
 過去に発売された、ベビードールver.そに子のカラーバリエーション。そに子の衣装のカラーリングや、オプションの色も変更されています。
 メーカーはやまと。
 通常版とオプションの豊富なDX版の2種類がありますが、今回は通常版を購入しました。

 
 箱
 ちなみに、店頭でDX版の箱も見かけました。DX版は、フィギュア本体の箱はそのままに、もう一つオプション用の箱がありスリーブで2つの箱を包んでいる、という箱でした。

  

  
 ぐるっと。
 デフォルトでも露出は高め。今回のver.は、赤主体のベビードールに。
 スケールは8分の1ぐらい?

 

 
 顔
 元絵とはちょっと違う感じですが可愛い顔です。目には光沢があります。
 難点としては、左右の目の焦点があっていません。左目の瞳が正面から見て、もうちょっと左寄りであれば…。
 
 

 
 上半身
 ベビードールはクリア素材で透けます。右手首のブレスレットもクリア素材。

 
 左手に載せてるマカロン入りのお皿は載せてるだけなので取り外し自由。

 

 
 下半身
 
 
 猫2体。この猫達もストロベリーver。では別の猫になっています。
 こちらはあじたま。
 ハイヒールをもった造型で、足の裏のピンで台座に取り付けます。

 
 メン
 マカロンを突くポーズ。メン、マカロン共に接続用のピン等がないので、自由にディスプレイ出来ます。

 
 なので、こんな事も。

 
 猫をこんな持ち方してはいけません。

 色んなアングルで
 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 
 ベビードールの脱衣。
 胸部分に分割部があるので前開きになります。
 上腕のリングが分割線隠しなので、そこで腕を外してからベビードールを脱がします。
 このフィギュアでは頭は外せないので、着せる時はちょっとコツが必要。

 

 

  

 
 脱がした状態。ぐるっと。
 
 

 
 アップ

 

 

 

 

 

 

 
 全身にまとわりつくメン。

 
 パッケージ状態では、ベビードールを外すとビニールを巻かれた状態になっています。
 これもこれで衣装っぽい?
 
 
 シールが付いてます。

 
 以前発売されたナースの別衣装のベビードールと。
 
 
 手持ちの小道具とあわせて、DX版っぽく。
 冷蔵庫とぎゃんぐまが小さい。
 でも流石にオプション類のみで+4000円程はきっつい。

 
 今回のマカロンや猫達は、他のフィギュアにもよさそう。

 
 ベビードールは、以前入手し損ねたので、カラバリでも今回再び発売されたのは良かったです。出来れば以前のと同じ衣装が良かったけど、贅沢は言えませんな。
 今回の赤いベビードールは可愛いってより、アダルト~な感じに結構イメージ変わっちゃってるんですよね。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

D-Arts ロックマン

2012-12-24 02:30:58 | おもちゃ
 D-Arts ロックマン
 2012年はロックマン25周年。12月17日のアニバーサリーデイに近いタイミングでロックマンのD-Artsが発売されました。
 これまで、D-ArtsのロックマンはロックマンXシリーズが発売されていましたが、ついに無印。
 今回のロックマンは、ロックマンのみではなく、愛犬ラッシュや、雑魚キャラのメットールもセットになっている盛り沢山な内容になっています。

 
 箱

 

 

 

 
 ロックマン
 ファミコン時代よりももうちょっと後の、ロックマン7・8ぐらいの等身のロックマン。
 シンプルなデザインはそのままですが、やはりアクションフィギュアなので上半身は可動用に分割されて
います。
発売前に見ていた見本等では、胸の部分がタンクトップみたいな印象を持ったのですが、実物ではさほど
そう感じませんでした。

 

 
 頭
 ヘルメットは、腕や足の同色の部分と異なり光沢が強め。
 デフォルトの顔は少し微笑んだ顔。

 
 歯を食いしばった顔や

 
 口を開いた顔に交換できます。
 
 
 体

 
 肘・膝は、90度ほど曲がります。肘は引き出すと少しだけ深く曲げることが可能。
 肩関節の可動範囲は、外側にはよく動くのですが、内側へは向けることが出来ません。その為、前に向けた
バスターをもう片方の手で支える、といった様なポーズがとれません。
 股関節は下にずらせます。ずらすことで股関節の可動範囲が広がります。

 
 胴体
 胴体の可動範囲は割と狭め。胸を反らせたり下を向かせたりは殆ど出来ません。

 シンプルなデザインの為、アーマータイプのエックスと比べると全体的に可動の面では劣っている印象です。


 
 交換用手首は、開き手のみ。

 

 
 ロックバスター
 前腕を抜いてバスターに交換します。
 左腕・右腕それぞれにバスターがあります。
 
 
 穴の開いた銃口に交換することで、バスターショットのエフェクトパーツを取り付けられます。
 エフェクトは3連射のみ。単発やチャージバスターは付属していません。

 

 

 

 
 ラッシュ
 ロックマンの愛犬で、ゲーム中ではサポートメカに変形するラッシュ。
 D-Artsではこの姿のみで、ラッシュコイルや、ラッシュジェットには出来ません。

 付属品とは言え、ロックマンに見劣りしない造型と塗装です。

 
 頭
 顔は常にベロ出し。

 
 可動は、前後それぞれの足で、付け根・中程・足首の部分に可動軸が。
 首は頭側・胴体側の2重ボールジョイントでよく動きます。また、尻尾もボールジョイント可動。

 

 

 

 
 メットール
 メットールはEXとか細かい違いがありますが、今回のはどのタイプに近いのでしょうか。
 少なくとも、ロックマン1のメットールではないですよね。

 
 メットは外せます。
 メットのみで防御形態にも出来るのは嬉しい。

 ポーズ
 
 立ち

 
 ジャンプ

 
 攻撃

 
 スライディングで回避。

 
 別アングル

 

 

 
 ロックンアーム
 腕の接続部にバスターのエフェクトの一部を付けられるので、雰囲気もそれっぽく出来ます。

 

 
 ロックマン5のパケ絵っぽく。
 なんだけど、前述のように右腕をバスターに添えられないのが辛い。

 
 防御しているメットールにはバスターが効かない。

 
 ならばチャージショット!

 
 キンッ 
 はじかれたぁ~。
 
 チャージショットは色的にフルアーマーXのを使ったのですが、ちょっと派手すぎでしたね。
 
 
 メットールの体当たり。
 
 
 ラッシュにもダメージ。

 
 ロックマンとラッシュ

 
 ラッシュコイルで大ジャンプ
 ラッシュコイルには出来ないので、「なんちゃって」です。

 
 サーチラッシュ
 何が出るかな?

  
 ネジ小(のつもり)でした…。

 
 合体してスーパーロックマンへ?
 

 
 同D-Artsのエックスと。
 まさに大人と子供ぐらいの身長差。
 昔のメガアーマーでも結構身長差があった。

 
 ダブルバスター

 
 というわけでロックマン。エックスと比べると可動では見劣りするのは否めないですが、ロックマンの
アクションフィギュアってだけでなんだか満足している自分が…。ラッシュ&メットールが付いて、コスパが
良いのも好感触。

 以前、コトブキヤのプラキットの時でもそうでしたが、R20を参考にしていると、再現したいポーズが
多すぎて迷ってしまいます。D-Artsだと再現の難しいポーズもあるんだけど。
 未だにR20は良く読んでるので、R20+5は買うのに何か躊躇してます。でもメガミッションも載ってるら
しいので、気になる。

 そいえば、20年前のクリスマスは、サンタクロースにロックマン5のソフトを貰ったのでした。包み紙に
「おもちゃのヒシヨシ」ってでかでかとテープ貼ってたけど! でも良い思い出。
 e-shopでロックマン5買うかな…。

 
 
 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガシャポン戦士NEXTプレミア (クリアver.編)

2012-12-23 00:11:33 | SDガンダム ガシャポン
 ガシャポン戦士NEXTプレミアの続き(前回 新規造形編)、今回はクリアver.フィギュア。
 通常弾で既に登場したMS達がクリアタイプの成型色となって再び登場、というもの。単色ではなく、
フルカラークリアとなっているので綺麗な仕上がり。
 Ex-s・ウーンドウォート・ガンドランダー・Mk-3・ケストレルという、通常弾の1・2・3・4・7弾の
シークレット枠(?)からのラインナップとなっています。

 
 袋
 例はガンドランダーのものです。

 
 このクリアバージョン、ジョイントパーツとベースもクリアに。
 NEXTベースも全員に付属。ラインナップされているのはどれもNEXTベース導入前のMS達ですが、それぞれ、
ベース対応ジョイントが取り付けられるように腰パーツが改良されています。
 
 
 ガンダムMk-3のみ、機体色に合わせた青いジョイント&ベース。
 この辺、細かい配慮。

 

 

 

 

 

 

 
 Ex-Sガンダム
 全体的な色合いがものすごい綺麗。



 

 

 

 
 
 

 

 
 ガンダムTR-6 ウーンドウォート
 


 

 

 

 

 

 

 
 ガンドランダー
 ちゃんと瞳もあります。


 

 

 

 

 

 

 
 ガンダムMk-3
 他のMSが無色クリアベースなのに対し、Mk-3は青クリアベース。異彩を放ちます。
 前述のようにジョイントも青クリアなので、機体にぴったりマッチ。

 

 

 

 

 

 

 
 ガンダムケストレル
 シールドのビーム部もクリアなので、ここだけ通常版に付けてやったりしても良いかも。

 
 透明度が比較的高く、光の当て具合によって、色々と面白い輝き方になります。
 後ろに光源を置いて透かす、というのが一番綺麗にはなるでしょうか。

 
 プレミアの中身全集合。
 


 クリア成型色の上から、クリア塗料での塗装という仕上げ。SDフルカラーでも後半のSTAGEやボンボンの付録であった仕様です。
個人的にはこういうタイプのクリアフィギュアは好きです。ゼリーや寒天ぽくって美味しそう?
 
 NEXTプレミアは続く…ということで、次はNEXT SAGA。ジークジオン編前半のキャラが登場しますね。新規造形も多くて期待出来ます。
 今回の説明書にフルアーマー騎士とサイコゴーレムの対比が乗っていますが、この図通りならサイコは通常サイズのSDXぐらいの大きさをイメージすれば良いかな?

 過去記事 ガシャポン戦士NEXT

 ガシャポン戦士NEXTプレミア (新規造形編)
 ガシャポン戦士NEXT11
 ガシャポン戦士NEXT10
 ガシャポン戦士NEXT09
 ガシャポン戦士NEXT08
 ガシャポン戦士NEXT07
 ガシャポン戦士NEXT06
 ガシャポン戦士NEXT SP
 ガシャポン戦士NEXT05
 ガシャポン戦士NEXT04
 ガンドランダーを塗装
 ガシャポン戦士NEXT03
 ガシャポン戦士NEXT02
 ガシャポン戦士NEXT
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ガシャポン戦士NEXTプレミア (新規造形編)

2012-12-22 22:40:55 | SDガンダム ガシャポン
 ガシャポン戦士NEXTプレミア
 プレミアムバンダイで販売された、ガシャポン戦士NEXTの特別版です。
 新規造形のGP-03デンドロビウム、ノイエ・ジール、GP-04と、クリアタイプになった通常弾からのセレクション5体という内容になっています。
 今回、画像が多くなったので、キリの良い所で新規造形組とクリア組の2回に分けた記事にしました。
 今回は新規造形組編。ガンダム0083より、大型フィギュア2体とGP-04という内容。

 
 箱
 凄くシンプルな箱。

 
 開けました。
 一体一体(GP03は2つに)仕切られて入っています。おせちみたいね。
 左にあるのは説明書。
 右のノイエ・ジールの下のダンボールを外したら、ねとねととした虫?のようなものが入ってました。気持ち悪。

 
 
 
 袋。一応大型のだけ。
 こりゃカプセルには入らんわな。

 GP-03から
 

 

 

 
 ガンダム試作3号機 ステイメン
 デンドロビウムの中核をなすMS。
 バックパックがいささか小さめ。オーキスとの合体時用に穴が開いています。

 顔が、酷い…。への字の部分崩れてるわ、赤が散ってるわで。お前はオムライスでも食べてきたのか?

 

 
 フォールディングバズーカとビームサーベル。
 ビームライフルやシールドは付いていません。
 なので、あくまでもデンドロビウムの中の人としてのステイメンという意味合いが強い。
 
 
 オーキスと、合体するのだ。
 犬小屋じゃないよ。

 
 ステイメンの下半身を外してバックパックに付けます。

 
 まず本体部分にステイメンを乗せて、コンテナを取り付けます。

 

 

 
 ガンダム試作3号機 デンドロビウム
 砲身の先から、後部のスラスターまで、約12cmのビッグサイズ。
 ほぼPVCのパーツで構成されているのが、塊感があって良いです。
 専用の台座を使います。

 
 コンテナのハッチ展開。
 ステイメンにフォールディングバズーカを持たせたり、クローにビームサーベルを取り付けることが可能。
 ただ、ビームサーベルが取れやすいです。

 
 マイクロミサイルコンテナを取り出せます。

 
 後部アップ
 本体とコンテナ部を繋ぐパーツのみ、ABS製になっています。

 
 底部

 


 
 

 

 

 
 ノイエ・ジール
 頭のてっぺんから下半身のスタビライザーの先まで約8cm。デンドロが前後幅なら、こちらは縦に長いイメージ。台座を含めるともっと長い。
 色分けは割合シンプル。
 SDFCDXにはあった、隠し腕はこちらには付いていません。また、手にビームサーベルも付けられません。

 
 肩関節
 このサイズでも、関節にはNEXTジョイントを使用。

 
 下半身も
 本来足用のジョイント部に小さなスタビライザーを付け、NEXTベース接続用の穴にプロペラントタンクを
取り付けるという、ジョイントの形を有効活用した形。

 

 

 

 デンドロビウムvsノイエ・ジール
 

 

 

 
 SDフルカラーDXのデンドロビウムと。
 SDFCDXのステイメンはちんまりしていて可愛い。
 SDFCDXの方はクローを片方無くしてます。

 
 横からのほうが大きさの違いは分かりやすい。

 
 ノイエ・ジールも
 SDFCDXの方が、密度感はあるかな?


 

 

 

 
 ガンダム試作4号機
 0083本編には出てこないガンダム。
 肩のスラスターや胸の塗り分けが細かい。
 こちらもステイメンほどではないけど、顔に赤い塗料が散っています。

 

 

 

 
 本来は、ガーベラ・テトラの役なんだけど。

 

 
 GP4兄弟。
 三国伝で言うところの孫家ですね。
 後は地上用のGP01も出たら良いなあ。実の所、GP01はそっちのほうが好き。
 模型誌の企画でGP00なんてのもあるんだっけ。

 
 今回の新規造形組。カプセルには入りきらないボリュームなのは良いんだけれども、ガンダムの顔が…。
せっかくの限定品なんだから、もっとしっかりとした品質であって欲しかったです。ただまあ、ステイメンは、
バックパック大型化&ビームライフル・シールド付きとかで通常弾で出そうな気もするし…。もし出たら頭を
交換するのだ。
 ノイエ・ジールはなんのギミックもないけれど、この大きさならボスに見立てて遊ぶのにはとても良さそうです。

 続きます。次は、クリアver.組編です。こっちは顔は綺麗なんだよなぁ。

 過去記事 ガシャポン戦士NEXT

 ガシャポン戦士NEXT11
 ガシャポン戦士NEXT10
 ガシャポン戦士NEXT09
 ガシャポン戦士NEXT08
 ガシャポン戦士NEXT07
 ガシャポン戦士NEXT06
 ガシャポン戦士NEXT SP
 ガシャポン戦士NEXT05
 ガシャポン戦士NEXT04
 ガンドランダーを塗装
 ガシャポン戦士NEXT03
 ガシャポン戦士NEXT02
 ガシャポン戦士NEXT

 
 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新装版 SD武者ガンダム風雲録 天下統一編+地上最強編

2012-12-20 22:14:50 | 雑記
 新装版 SD武者ガンダム風雲録の第2巻。3ヶ月連続リリース。まさに月刊風雲録。 
 今回は、天下統一編+地上最強編。初期三部作の完結と、新SD戦国伝の最初の物語。ワイドKC版だと飛び飛びでしか持ってなかったので、今回通しで読めて、やっともやもやが晴れた感じ。
 武者七人衆編であったカオスさはこの辺りになるとほぼ皆無に。
 

 天下統一編で大将軍が集結するところはコミックワールド(以下CW)等と同じですが、こっちだと最後に皆各々の時代へ別れちゃうんですね。この辺、CWやアニメ・天下泰平編とは異なっていますね。元祖!の4コマのオチでも風雲録と同じく各時代に帰る物もあったな。
 にしても、とかく天下統一編はどの媒体でも時間軸というか、分岐した世界の把握がややこしい。

 あとは、未来から攻めて来た若殺駆頭と殺駆の親子対決とか。CWとは異なる若殺駆頭の末路が切ない。


 地上最強編は、この頃からSDガンダムにハマりだしたので、思い入れのあるシリーズです。黒守暴穏島で9人の勇士が揃う見開きが素敵。
 烈光の影に隠れがちですが、衛府弓銃壱もやっぱ格好良いよ。

 12話のサブタイトル「奇跡!闇をつつむ光!! ~風林火山編~」て、地上最強編最終話なんだけど、何故か風林火山編? あとこの話、ページ数がやけに少なめ。雑誌掲載時はそのまま伝説の大将軍編へと繋がるような構成だったりしたんでしょうか。

 というわけで、次の伝説の大将軍編も楽しみ。ワイドKCはこの辺になると全く手に入らなかったからなぁ。やっと読める。
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加