城西ドンガルドン

趣味が偏り気味な?玩具ブログ。
その時々、好きな物の画像をのんびり貼っていきます。


ビーストサーガ ガチャブースターvol.1

2012-12-19 22:30:40 | ビーストサーガ
 ビーストサーガ ガチャブースター vol.1
 カプセル自販機のカプセルトイとして販売されているビーストサーガです。
 カプセルトイ版とはいえ、通常の玩具屋等で販売されているビーストサーガフィギュアと同じダイス発射ギミックを
持ち、ダイスバトルが出来ます。
 ラインナップは、フィギュア4種類・マジックロット3個セット2種類の、合計6種類。一回200円。

 
 

 

 

 
 グロリア王国 国王 ライオーガ
 玩具版でも既に発売されているライオーガ。ガチャ版では、ポーズの違いや塗装の省略が行われています。
 ダイスのシューターや付属のバトルロットは玩具版との違いは見受けられませんが、フィギュア自体は
完全新規造形となっています。
 武器は付属しません。
 バトルロットの数値は玩具版と同じ。

 

 
 アップ
 ガチャ版では肘を曲げたポーズ。(フィギュア全種共通)
 このポーズのほうが、今にもダイスを打ち出す!という雰囲気になっていて格好良い?

 
 パーツの分割
 玩具版とは全く異なります。
 腕もそのままでは不可動となる軸の形状になっています。

 

 

 
 ダイス発射は勿論可能。

 

 
 玩具版との違い
 ポーズ違いの他に、塗装箇所が腕・足を中心に省略が。
 頭も玩具版は2パーツで口が開いているのに対し、ガチャ版は1パーツで口も閉じています。

 とはいえガチャ版は、サイズも玩具版とほぼ同じくらいで、200円のカプセルトイでここまで玩具版に近い物が出来ているのはすごい。


   
 
 

 

 
 デスハート団総督 大海賊王 キラーシャーク
 こちらも玩具版で既に商品化されているキラーシャーク。玩具版とガチャ版の違いもライオーガと同様。
 キラーシャークの彩色版はライオーガのように単品売りはされていなかったので、これまではスターターでしか
入手できませんでしたが、これからはこのガチャ版でも入手できる事になります。

 

 
 アップ

 
 パーツの分割
 足が外れるのみ。こちらも可動できません。

 

 

 
 玩具版との違い。
 こちらも頭が1パーツに。塗装箇所の省略は腕だけなので、違いはわかり辛くなっています。
 ガチャ版のほうがちょっと小さめ。

 

 

 

 
 風の騎士団 元将軍 ジェネラルホーク
 ガチャ版で初商品化のビースト。
 ビースト種はおそらく鷹。ガチャではカードの裏書がないので、どういうパーソナリティなのかが分かり難い。
 フィギュアの仕様は他のガチャ版フィギュアと同様。
 空の軍団なので、バトルロットはバランスタイプ。合計値27。

 

 
 アップ
 
 
 格好良い羽根。

 

 
 パーツ分割
 足と羽根が外れます。
 羽根はかなりポロリしやすい。

 

 

 

 
 東方軍 副官 ジャンジャン
 パンダ。
 グロリア王国軍に反旗を翻した東方軍のひとり。
 玩具版でも今月末に東方軍スターターの一体として発売が予定されているビーストです。玩具より一足早い商品化。
 ガチャでは鎧は赤一色ですが、玩具版では鎧の金淵の部分とかが塗られるのかな?
 
 

 
 アップ
 事前のイメージよりも可愛らしい顔でした。口元のωのおかげかも。

 

 
 パーツの分割。
 ライオーガと似た感じ。

 
 マジックロットセット(ミラー)
 マジックロット3個セット。いずれもレベル1です。
 
 
 マジックロットセット(ブレイク)
 こちらもレベル1。
 正直、このマジックロットセット2種は、ハズレ感が…。

 
 ガチャにはカードが付属していない代わりに、ミニブックにミニサイズのカード(表面のみ)が印刷されているので、
ゲームの際にはこれを切り取ってプレイします。
 当然? バーストではなくノーマル。 

 

 
 ライオーガvsキラーシャーク

 
 パンダがいたらやりたかった。
 オルリッチを加えて、南紀白浜アドベンチャーワールドってな感じの軍団に。…ものすげーローカルネタ。
 でも今アドベンにオルカはいないのだったかな。

 
 サイコロット発光ギミックはガチャでも搭載。


 ジェネラルホークは今の所玩具版での発売予定は無さそうなので、このガチャ版は是非おさえておきたい所。
可動箇所は皆無とはいえ、玩具版とも並べて飾れるし。

 今回自販機売りを見かけず、結局ショップのセット売りを購入しました。でもこれ、自販機だとカプセル内の
フィギュアとマジックロットセットのボリューム差は半端無いんだろうな。
 ただまあ、このマジックロットセットがあるからこそ、フィギュアもこのボリュームで出せるのかも知れません。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガシャポン戦士NEXT11

2012-12-19 00:06:16 | SDガンダム ガシャポン
 ガシャポン戦士NEXT11
 ガシャポン戦士NEXT、第11弾。今弾では、クロスボーンガンダム、X1とX2改が登場。
 第一弾以来にRX-78がラインナップ。ver.2となって、カラーも2タイプあります。量産型のザク�も、第一弾の
シャア専用ザク�の一部パーツ変更で遂に登場。
 更に驚きのガンセイヴァーZ(変形可能)と、バラエティ感あふれるラインナップとなっています。

 

 

 

 
 クロスボーンガンダムX1
 X1にはABCマントが付いています。肩の左右から被せて取り付けます。

 カプセルの色は、白。(コメントありがとうございます。)

 
 武器はビームザンバー。

 

 
 勿論、マントを外した状態にも。

 


 

 

 

 
 クロスボーンガンダムX2改
 X1との違いは、色や武装、バックパックのスラスター等。
 頭も、アンテナ部分が違います。
 NEXTではX1もX2も同じへの字付きマスクとなっていますが、X2のマスクはへの字無しじゃなかったっけ?
 
 背中のスラスターが非常にポロリしやすいです。

 
 ショットランサー
 X2改にはマントが付かない代わりに、NEXTベースが付きます。

 

 

 
 X1同様にマントも付けられます。

 

 

 

 
 RX-78-2 ガンダムver.2
 今回のRX-78は、ver.2として、新規造形で登場。
 ver.1でのプロポーションの不満点がかなり解消されました。首や股関節ジョイントといった、ギミック類も
当然現代水準の物に。

 カプセルの色は、黄色。

 
 バズーカとシールド。
 バズーカのグリップは角度が付いてます。おかげで多少持たせやすい。
 
 
 シールドは背中に付きます。

 

 

 
 ガンダムがダブれば、バズーカ両手持ちも可能。

 


 

 

 

 
 RX-78-2 ガンダムver.2(リアルタイプカラー)
 ガンダムのリアルタイプカラーバージョン。色と付属武器以外は、ノーマルカラーと一緒。

 カプセルの色は、黒。

 
 武器はビームサーベル。
 バックパックのビームサーベルの柄は外すことができません。

 
 こちらもシールドを背中に取り付けられます。

 

 

 
 ノーマルとリアルタイプ。
 武器の交換も勿論可能です。

 
 第一弾のガンダムと。
 並べてみると随分違う。ver.1は足がホントにひょろっちい感じ。ver.2になってしっかりとした体型になりました。
 おでこのひさしも長くなった。

 

 

 

 
 ザク�
 量産型のザク�。
 こちらは第一弾のシャア専用ザクの一部パーツ変更品となっています。
 色と頭部、付属武器以外はシャアザクと同様ですが、腰パーツがNEXTベース用股関節ジョイントに対応した物になっています。

 今回のザク、脚の塗り分けを間違ってるんでないかなと。本来膝を黒く塗るはずが、すねの部分が黒くなってます。
 ミニブックでは正しい位置に塗られてるのに。

 カプセルの色は、緑。

 
 ザクマシンガン付属。
 シャアザクに付属していたのはヒートホークだったので、今回ザクマシンガンになったのは嬉しい。

 
 なんちゃって両手持ち

 

 
 ザクは、ダブっても嬉しい。

 

 
 

 

 

 
 ガンセイヴァーZ
 今回の自分的本命。
 「SDコマンド戦記 G-ARMS」に登場。Zガンダムがガンタンクによって強化改造された姿です。空戦部隊のリーダー。
 NEXTでは共通のジョイントパーツを使用していながらも、マッハセイヴァーモードへの変形が可能となっています。
 NEXT体型になっていますが、ディテールは昔のままな印象で良い感じ。メインカメラはZガンダムと同様の形状に。

 カプセルの色は、青。

 
 バックパックは、ハの字に向きを変えることができます。

 
 バルカンライフル
 ガンセイヴァーにはNEXTベースも付きます。

 

 
 
 

 
 マッハセイヴァーへの変形。
 武器と、胸のパーツを外します。
 変形時に取り外す胸パーツは、MS時は胸にぴったりとフィットしてます。一見外れそうに見えないぐらい。

 
 腕と足を後ろに向ける。

 
 バルカンライフルをベースに、胸パーツ、シールドを取り付け。

 
 Z本体の胸に、バルカンライフル後部のピンを差して、変形完了。

 
 前腕部は画像の向きにすると、バックパックのミサイルに干渉しなくなります。

 

 

 

 
 BB戦士と。

 
 マッハセイヴァー。
 NEXTは、BB戦士で言うところのジェットモードには出来ません。

 
 フルカラーのコアブースター後部と。
 ヘビィウェポンガンセイヴァーにしたいな、と思いつつも、バルカンライフル左右のミサイルポッドをどうしよう?
 BBのをそのまま使うわけにもいかんし。


 
 X1 vs X2改
 
 
 10弾でF91、11弾ではクロスボーン、という流れ。

 

 
 シャアザクと量産型。

 
 並べてみる。
 並べると、量産型の脚の塗り分けやっぱりおかしい。

 
 手術前、手術後。


  
 今弾は、11弾にして遂にコマンド戦記登場。しかしながらコマンドガンダムではなくガンセイヴァーとは。
予想の付かないラインナップでお馴染みのNEXTでしたが、コレには腰抜かすわ~。
 あとは、他のガンダム達と見劣りしないようになったRX-78とか、ダブり推奨のザクとか。
 クロスボーンも格好良いし、結局ラインナップ的には今弾はどれもハズレなかったです。
 
 ただ、X2のスラスターポロリとか、ザクの足とか、そういう不具合がちょっと印象的ではあったかな?

 過去記事 ガシャポン戦士NEXT

 ガシャポン戦士NEXT10
 ガシャポン戦士NEXT09
 ガシャポン戦士NEXT08
 ガシャポン戦士NEXT07
 ガシャポン戦士NEXT06
 ガシャポン戦士NEXT SP
 ガシャポン戦士NEXT05
 ガシャポン戦士NEXT04
 ガンドランダーを塗装
 ガシャポン戦士NEXT03
 ガシャポン戦士NEXT02
 ガシャポン戦士NEXT
コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加