城西ドンガルドン

趣味が偏り気味な?玩具ブログ。
その時々、好きな物の画像をのんびり貼っていきます。


ROBOT魂 新星龍神丸

2015-09-16 22:32:00 | ROBOT魂
 ROBOT魂 SIDE MASHIN 新星龍神丸
 ROBOT魂の新星龍神丸です。魔神英雄伝ワタル2の主役魔神。
 プレミアムバンダイで販売されました。
 7月下旬ぐらいの発送だったので、もう結構経ってるんですけど、やっと記事に出来ました。
 
 
 箱 
 中身の見えないタイプの箱になってます。
 前のプレバン限定魔神のガッタイダーと違って、こっちはしっかりフルカラーの箱デザイン。

 

 

 

 
 新星龍神丸
 正面から見るとちょっと縦長め?な印象。
 白主体の清潔感あるカラーリングをしっかり再現。
 表面、ほんの少しパールまじりな成型色にも見えるのですが、龍神丸等と比べると薄め。
 個人的には新星にはパール似合わない気もするのでこれで良かったと思います。

 

 
 頭部
 首付根のボールジョイントがかなり硬く、動かすと折れそうで怖い。
 額の登場口が、クリアパーツ+金塗装で質感が良いのが嬉しい。
 ただクリアパーツに気泡が目立つ個体でしたが…。

 
 体
 胸の赤いパーツもクリアパーツ。
 
 
 胴体側面部は引き出し可動。
 肩と胴を繋ぐジョイントはかなり長くなってます。このジョイントの肩側がかなり緩い。

 
 肩の爪は外せます。
 龍の紋章は差し替えなども無く、ワタル未搭乗状態には出来ません。

 
 替えの手首
 武器持ち手と開き手。

 
 下半身 膝が可動します。
 股関節はシンプルなボールジョイント可動のみで、龍神丸ver.2と比べると寂しい。

 
 背中
 
 
 新星翼は差し替えで展開状態を再現。
 青い部分は背中にネジで固定されているので、外して新星翼ブーメランの再現は出来ません。

 
 前から
 翼が付くことで、横幅がかなりのボリューム。
 
 
 翼は可動します。

 
 星龍剣
 背中にマウントしていたものを持たせます。
 オプション類はこれぐらい。
 ワタル2バーションのワタルフィギュアぐらいは付いてて欲しかったな。


 いろんなポーズで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 プラクション箱絵ポーズ
 
 

 

 

 

 
 剣の両手持ちも可能。

 
 龍神丸ver.2と

 
 龍星丸と

 
 プラクションの新星龍神丸と

 

 肩の緩さや簡略化された股関節等、不満な部分もあるにはあるのですが、
 ROBOT魂で新星龍神丸が出たというだけで許せちゃいそうです。
 なんせ、SIDE魔神始まった時から発売を熱望していた魔神でしたし。
 発売されるまで長かった分、喜びもひとしお。

 通常版が出たら次はもちろん宇宙界型も出てほしい所ですが…。厳しいかな?


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ROBOT魂 ネロ・トレーナー型

2015-06-01 23:20:40 | ROBOT魂
 ROBOT魂 Ka signature ネロ・トレーナー型
 魂ウェブ商店、5月発送分の商品。
 これまでもKa signatureで発売されてきたネロシリーズの3体目。今回はトレーナー型で登場です。
 
 
 箱

  

  
 MSA-007T ネロ・トレーナー
 赤いカラーや肩のバインダーが特徴の一体。
 肩バインダーの高機動性を活かした訓練用の仮想敵機というのがトレーナーの名の由来。
 なのでおなじトレーナー型といってもジムトレーナーとはまた異なる感じ。

 商品にはマーキングのデカールも付いていますが、今回は貼っていません。

 

 
 頭
 いかにも量産型な頭部。ゴーグルはクリアパーツ。
 頭を上向けると首がせり出すので、よく動きます。

 
 上半身
 胸のダクトが4つ。
 通常のネロが緑っぽい色に対してトレーナー型は赤いカラーリング。

 

 
 腕の可動

 
 バックパック
 左右のタンクは脱着可能。
 中央のバインダーは可動します。

 
 肩バインダー
 
 
 肩部分も含めて4重関節で、可動の自由度はかなり高い。

 
 肩アーマーを外した所。

 

 
 ボーナスパーツとしてノーマルネロの肩アーマーも付属。
 赤いネロとして遊ぶことも。

 
 
 
 
 手首
 開いた手が2種、ビームライフル用とサーベル用の持ち手が一種ずつ。

 
 下半身

 
 正座できます。

 
 
 
 後ろ側にはプロペラントタンクの装着も可能。

 

 
 武器 ビームライフル
 
 
 ビームサーベル
 ライフルとサーベルのみのシンプルな武装。

 
 柄は膝内部に収納します。
 
 


 ポーズ色々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 ガンダムMk-Ⅴと

 
 ネロ・トレーナーvsガンダムMk-Ⅴ
 おなじセンチネル機体と言っても、こんな戦いはなかったけど。

 
 通常のROBOT魂ZZガンダムと
 やはり通常ラインより大きめ。

 
 
 このシリーズでは、EWAC、ノーマルと続いていたネロシリーズ。
 欲しいと思いつつもスルーしていたのですが、このトレーナー型でついに入手出来ました。
 なにせ商品化に恵まれない機体であるので、初めて手にするネロの立体物。
 デザインは前から好きだったのですが立体で見ると実に格好良いな。
 ノーマル型を買いそびれた自分としては、今回ノーマル肩パーツが付属しているのもうれしかったです。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ROBOT魂 新星龍神丸の展示

2015-03-15 20:00:00 | ROBOT魂
 秋葉原、魂ショールームで展示されていた、ROBOT魂の新星龍神丸。
 もともと魂ショールームへはSDX三代目大将軍の展示を期待して見に行ったのですが、三代目はまだ展示されておらず残念…。
 しかし、同月発送であるこちらは展示されていました。
 上の画像は展示スペースの様子。既発売の龍星丸と一緒に。

 

 

 
 複数の角度で

 

 

 
 アップ
 可動のため、腰の隙間がちょっと広い感じ? まあ縮めればさほど気にならなそうですが。
 肩とか肘の色がグレーなんですね。
 頭の赤い部分はクリアパーツになってるようなので良さ気。
 
 新星龍神丸はROBOT魂のワタルシリーズが始まって以来、ずっと出て欲しかった魔神なので今回は発売が決定して実に嬉しい。
 にしても、まさかSDX三代目と同月発送になるとは思っても見なかったです。
 どっちも好きなので買うんですが、予算確保しとかないと…。
 
 ROBOT魂出るまでに、手元にあるプラクション版も記事にしときたいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ROBOT魂 ガンダムMk-Ⅴ

2013-09-29 00:37:03 | ROBOT魂
 ROBOT魂 Ka signature ガンダムMk-Ⅴ
 間にガンドランダーの台紙をはさみつつも、何気にROBOT魂の記事が連続。
 今回は、魂ウェブ商店で販売されたROBOT魂のガンダムMk-Ⅴです。「Ka signature」のカテゴリーの商品で、
1/144スケールの完成品フィギュアとなります。
 このスケールのMk-Ⅴの商品化は、昔のMGOCK以来?
 
 
 箱

 
 商品にはデカールが付属していますが今回は貼っていません。
 当然貼ったほうが密度感が増して良いでしょうな。

  

  
 ORX-013 ガンダムMk-Ⅴ
 「ガンダム・センチネル」登場の悪役ガンダム。ネロやFAZZ相手に無双し、Ex-Sガンダムとの激闘の末敗れた機体。

 フィギュアは、ニューディサイズカラーで商品化。ニューディサイズブルーもなかなか良く再現されていると思います。
 全高(つま先からビームサーベル先端まで)約18.8cm。設定全高は25.2mなので、1/144にしても大型サイズ。

 

 
 頭部
 正面から見ると目が見えない…。
 Mk-Ⅴの顎、ROBOT魂だと鳥のクチバシのような顎になっています。ここちょっとイメージとは異なり、
違和感がある部分。

 
 上半身

 
 カクカクっとした胸。

 
 肩は引き出すと可動範囲が広がります。

 
 肘は二重関節

 
 Mk-Ⅴ独特の胴体形状。
 
 
 腰との接続は回転軸。
 腹と胸の接続部には上下に傾きを変えられる可動軸があります。
 
 
 バックパック

 
 インコムの収納ギミック。
 コンテナ部が開き、インコムをセットできます。

 
 下半身
 
 
 腰前アーマーは引き出して可動範囲拡大が可能。
 サイドアーマーは太ももに付きます。

 
 ふくらはぎのスラスターは可動します。
 側面のだけでなく、真ん中の丸いスラスターも。

 
 足首部
 足首のボールジョイントがゆるゆるだったのでボンドで補強しました。

 
 換えの手首
 武器持ち手(ビームライフル用とビームサーベル用の二種)と開き手。
 ビームサーベル用は保持用のピンが出ています。

 
 ビームライフル

 
 シールド
 左足同様にDのマーキング。

 
 裏面

 
 ジョイントの位置を替えると、横向きにシールドを取り付けられます。

 
 シールドは、バックパックに付けて追加ブースターにも。

 
 ビームサーベル
 サーベル部が長い。
 手首のピン部分のみで保持させるので、ややポロり率高め。

 
 バックパックを動かしてビームカノンに。
 砲身は、ビームサーベルの柄。

 
 横から見たところ

 
 インコム
 バックパックにセットしたインコムを外し、リード線付きの展開時のインコムに差し替え。

 
 カクカクっと直線的な動きをするインコム。リード線だと、少しよれたり傾いたりも。
 リード線の曲がる部分には、小さな中継器を付けます。
 
 
 インコムのパーツ一覧
 一番上が非展開時のインコム。
 中央がリード線付きの展開時インコム。左右二本分付属。
 下が中継器。六個入ってます。

 
 最終戦時に急遽取り付けたという、ミサイルポッド。
 シンプルな部品ですが、取り付けると意外と印象が変わります。

 ポーズ
 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 
 ガシャポン戦士NEXTのMk-Ⅴと。
 
 
 
 人気の割には、意外な程これまで立体物が出てなかったMk-Ⅴ。ようやく、ある程度以上の大きさや
可動を持った立体物が出ました。とはいえ、ネット限定商品ですが…。
 個人的には顔がちょっと「?」でしたがそれ以外は概ね満足。やっぱMk-Ⅴは格好良いですな。Ex-Sも、HG辺りを
用意して、相対させれば良かったな。
 
 バイアランカスタムがKa signatureで出た後にHG化もしましたが、Mk-Ⅴも同様のパターンでHG化を期待したいところです。
 HGで出てもMk-Ⅴなら買いたい。

 
 過去記事 ROBOT魂 ガンダム
 
 ROBOT魂 ガンキャノン・ディテクター
 ROBOT魂 ガンダムAGE-1 タイタス
 ROBOT魂 ウイングガンダム(EW版)
 ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム
 ROBOT魂 ガンダムF91

 ROBOT魂のガンダム系の記事は久々。ガンキャノンの一部修正しようと思ってすっかり忘れてた。
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ROBOT魂 龍星丸

2013-09-25 23:45:02 | ROBOT魂
 ROBOT魂 147 龍星丸
 ROBOT魂のワタルシリーズ、第四弾。今回登場は龍星丸。
 ついにワタル2からのROBOT魂。前期主人公魔神の新星龍神丸をさしおいての登場です。
 幅広い可動範囲を持ち、飛龍形態への変化ももちろん可能。

 
 箱

 

 

 

 
 龍星丸
 ワタル2において龍神丸がパワーアップした姿。金色のボディや流線型のボディと、それまでの龍神丸の姿からは一気に雰囲気が変わりました。
 ROBOT魂では、金色や白い部分はパール塗装で再現。肩や足首の赤い部分はメタリック塗装です。
 
 

 
 顔
 口や目元には龍神丸らしさが見られます。
 昔はそんなに気にしてませんでしたが、後頭部の白いツノが意外と目立ちます。
 最近アニメ見ててもわりと目立ってた。

 
 首を引き出すと、左右にかなり振れます。

 
 上半身
 大きな肩アーマーが特徴的。

 
 胴体と肩の間には肩アーマー接続用のジョイントパーツを介します。
 ジョイントのおかげで肩の可動範囲は大きく広がっています。
 肩を前に引き出して剣の両手持ちなんかも楽々。

 
 付属の手首。
 武器持ち手と開き手。

 
 背中
 角度によっては飛龍の頭が見えます。

 
 下半身
 
 
 足を左右に広げたり、膝部分も曲がります。
 
 
 足首は引き出し式で、接地性も良好。
 かかと、つま先も可動。

 
 武器
 光龍剣

 

 
 恒例のパイロットフィギュアももちろん付属。
 龍星丸搭乗時のワタルです。

 エフェクトパーツ等は無く、オプション類はこれまでのワタル系ROBOT魂と比べると少なめ。

 
 アップ

 ポーズ
 
 肩の爪は外せるので、ワタル未搭乗時の様に。
 肩の紋章はそのままですが。

 

 

 

 

 

 

 

 
 アイキャッチ風

 

 



 
 飛龍への変形。
 頭を前にずらし、背中のパーツを上向きにします。

 
 肩アーマーの後部を下に動かし、内部に収納されている翼を展開します。
 肩アーマーの爪を後ろに回します。

 
 手首を外し、腕の爪を展開。

 
 腕を上向きにし、本体を逆立ちみたいな姿勢に。

 
 つま先を伸ばした状態にし、脚を後ろ向きに。
 膝や足首カバーも少し動かします。
 
 
 龍の首を回して前を向かせて変形完了。

 

 

 

 
 飛龍
 割と綺麗にまとまってる印象。
 後ろから見て、足先と尾が同じ向きになってるのが何か気に入ってます。
 ロボ時の顔がもう少し隠せれればよかった。

 胴体部分にスタンド接続用のジョイントを取り付けると、宙に浮かせたディスプレイが可能に。
 
 
 頭
 首はブロックごとに分かれており、左右上下に可動できます。
 口は開閉できます。

 
 煽りで見ると格好良い。

 

 
 
 


 
 龍王丸と。
 共に番組後半の龍神丸のパワーアップ形態ですが、並べてみるとかなり印象が異なります。

 
 プラクションの新星龍神丸(フルメタリックバージョン)と。
 ROBOT魂でも新星龍神丸出てほしいな。
 劇中では、呼ばれると最初から龍星丸で来るのがちょっと不満だった…。
 

 龍王丸以降のROBOT魂同様、可動、プロポーション、ギミック、どれも高いレベルでまとまっています。
 割とシンプルなカラーリングということもあり、塗装のクオリティも高いです。
 飛龍も予想外に格好良かった。別形態の頭がもう少し隠せられれば…とは思いましたが、まあ大した問題ではないです。

 龍星丸といえば、昔原宿のドラゴンショップで買ったメッキ版プラクションが強く印象に残っています。
 ROBOT魂でもメッキ版出ると良いなぁ…なんて思ってたら、どこかのイベントで展示されていたとか何とか。
 プレバン販売とかなら迷わず買いたいです。まぁメッキだとスペドラSRの様におっかなびっくりいじることになりそうですが


 過去記事 ROBOT魂 魔神英雄伝ワタル

 ROBOT魂 邪虎丸
 ROBOT魂 龍王丸
 ROBOT魂 龍神丸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ROBOT魂 邪虎丸

2012-12-02 22:59:29 | ROBOT魂

 ROBOT魂 129 SIDE MASHIN 邪虎丸
 ROBOT魂のワタルシリーズ、3体目は邪虎丸。虎王搭乗の魔神です。
 前作龍王丸同様にプロポーションを維持しつつ広い可動範囲を持ち、猛虎形態への変形も可能。

 
 箱
 龍王丸よりも横幅のある箱で、ROBOT魂にしてはかなり大きめサイズ?

 

 

 

 
 邪虎丸
 身長は龍王丸と同じ程度。プロポーションも良いです。
 ウイングがあったり、足首の形状のせいかやや後ろに倒れやすいですが、尻尾が支えになってくれます。
 黒い部分は光沢仕様。ツヤツヤしてます。反射の映り込みが怖い…。

 ちなみに、魔神形態では魂STAGE接続用のジョイントなどがないので、宙に浮かせたディスプレイがとてもやりづらいです。

 

 
 顔
 ひさしの部分に接着剤跡らしき物が付いてた…。
 変形のため、ツノは可動や引き出す事が出来ます。

 
 首関節は引き出し構造。上下左右自在に動きます。

 
 変形の都合上、胸の中は空洞なのですが、首元のパーツでうまく隠れます。

 
 上半身

 
 肩は関節部がせり出します。
 肘は一軸関節。

 
 タイガーウイング
 基部が自由に動きます。やや外れやすい。
 ウイングの途中に折り曲げられる可動軸があります。

 
 胴体にも引き出し式関節。
 この胴体と下半身をつなぐボールジョイントがちょっと長すぎな気も。もう少し短いほうが、胴体と下半身も
密着出来て腰回りもしっかりするような…。


 
 下半身
 
 
 足首に引き出し式関節。
 つま先は開くことが可能。
 足首は可動箇所が多いためか、かかととつま先が同じぐらいの角度に傾いてくれず、うまく接地させ辛かったです。

 
 尻尾は各節ごとに分かれており、自在に曲がります。

 
 手首
 武器持ち手と開き手が左右それぞれ2種づつ。

 
 武器
 タイガーソードとタイガーシールド。
 
 
 シールドはグリップを使って手に持たせるだけでなく、ジョイントを使って腕にマウントさせることも可能。

 
 シールドにソードを収納することが可能。
 ソードは固定されないので、逆さにすると落ちます。

 
 箱によると、ROBOT魂オリジナル武器らしい? 槍。

 でも、この武器はプラクションでも付いていました。

 
 槍を十字に重ねた様な形の手裏剣。
 専用の持ち手で持たせます。

 こちらも、プラクションで既にありました。

 チェンジタイガー! 猛虎形態へ変形。
 
 肩アーマーを後ろに回します。

 
 下半身を後ろに回した後、頭を胴体に収納させる。
 前腕前半分を前脚用のに交換。
 脚アーマーを回して向きを変える。

 
 虎の頭(黒い部分)を上に起こす。
 この時、説明書みたいにうまく魔神頭が収納されないのが不思議でしたが、そんな時はツノを引き出して
頭を前にスライドさせれば、綺麗に収納出来ました。

 
 足首の引き出し関節を伸ばして、後ろ足に。それと連動して、邪虎丸をうつ伏せ体型にして変形完了。

 

 

 

 
 邪虎丸 猛虎形態。
 胴体部分に魂STAGE用のジョイントがあります。

 
 頭

 
 口を開けるとエビルタイガーミサイルの発射口。
 発射口の角度がなにかしっくり来ないような気もしますが。

 
 背中にはシールドの取り付けが可能。

 

 
 虎王のフィギュアが付属。

 
 ポーズ

 

 

 

 

 

 

 
 タイガーソードストーム

 

 

 

 

 
 おすわり。

 SIDE MASHINの他2体と。
 
 龍神丸

 

 

 
 龍王丸

 
 アイキャッチみたいに。

 
 角度違いで。

 


 
 ワタルと虎王のフィギュアを並べてみると…。
 ワタルが小さい。こんなに身長差あるっけ?

 
 龍王丸付属のワタルと。
 こちらでは身長差は多少縮まります。


 変形可能でありながらもプロポーションは損なわれておらず、実に格好良いです。龍神丸や龍王丸とのワタル後半話の
対決シーンの再現なんかも楽しい。
 ただ、龍神丸と並べると、出来の差が激しすぎたりします…。

 変形用の可動箇所もあるお陰で、全身可動部だらけ。よく動くので良い点でもあるのですが、逆にポーズがやや
決め辛かったり、正位置が分かり難かったりも…。まあこの辺は慣れかも知れません。

 ROBOT魂のワタルも龍王丸・邪虎丸で軌道に乗った感も? 次はやはり魂ネイションでシルエット展示されていた龍星丸に
なるんでしょうか。でもその前に非変形の魔神が何か欲しいですが。

 過去記事 ROBOT魂
  
 ROBOT魂 龍王丸
 ROBOT魂 ガンダムAGE-1 タイタス
 ROBOT魂 ウイングガンダム(EW版)
 ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム
 ROBOT魂 ガンダムF91
 ROBOT魂 龍神丸

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ROBOT魂 ガンキャノン・ディテクター

2012-06-25 22:26:03 | ROBOT魂
 ROBOT魂 Ka signature MSA-005K ガンキャノン・ディテクター
 ROBOT魂のガンキャノン・ディテクター。魂ウェブ商店限定で販売されました。

 
 箱
 商品にはディテールアップ用のデカールが付属する予定で、箱や説明書にも記述がありましたが、生産上の都合で商品に同梱できず、後で個別に発送してくるとの事。


  

  
 ガンキャノン・ディテクター
 初出のZ-MSV版ではなく、ガンダムUC版。形状にアレンジが加えられ、機体色も濃紺色に。

 

 
 頭
 ゴーグルはメタリック塗装。
 

 
 上半身

 
 肩アーマーの接続はこんな感じ。
 肩を挟むようにアームがあり、アーム前面に装甲板が付いています。
 右肩アーマーにのみ、砲塔が付きます。角度を変えることが可能。

 
 肩アーマーは肩の可動の妨げにならないようになっています。

 
 肘関節は引き出すことで深く曲げることが出来ます。

 
 引き出した肘関節をもとに戻す場合、最後まできっちり戻すと画像のように横から見た時の前腕の位置が少しずれるので、程々の所で留めておいたほうが良いような気がします。

 
 胴体は引き出すと上体反らしが可能。

 
 キャノン砲

 
 もちろん、前に向けられます。

 
 下半身
 箱裏面のイラストと比べると、商品実物では腿にロール軸が加えられています。それに伴い、腿上部の色がグレーに。

 
 腰アーマーが無いので、脚を大きく前に上げられます。
 反面、左右の開脚はそんなに開けません。

 魂STAGE接続用のアタッチメントが付属します。

 
 股間や膝裏にパイプのディテール。

 
 股に付いてる大きい筒状のパーツは、
 引き出して、アームを展開し、

  
 砲撃形態時の支えになります。

 
 手首は、武器持ち手と開き手がそれぞれ左右分付属。

 
 武器
 ビームライフル
 手持ちの武器はこれだけ。

 
 逆アングル
 上部のアームは可動します。

  
 ポーズ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 ガンキャノンディテクターは何か好きなMSなので、(アレンジが加えられたとはいえ)UCに登場したり、こうやって商品化されたというのは非常に喜ばしいです。機体色が、何故赤じゃなくて濃紺なんだと思ったりもしましたが、濃紺もなかなか格好良いです。でも、赤い機体色でも見てみたいですね。

 ディテクターの商品化は昔のガシャポン戦士以来だったりするんですかね。SDでは、狸の置物みたいに描かれていたのが印象的でした。

 過去記事 ROBOT魂

 ROBOT魂 龍王丸
 ROBOT魂 ガンダムAGE-1 タイタス
 ROBOT魂 ウイングガンダム(EW版)
 ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム
 ROBOT魂 ガンダムF91
 ROBOT魂 龍神丸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ROBOT魂 龍王丸

2012-06-06 22:14:34 | ROBOT魂
 ROBOT魂 SIDE MASHIN 龍王丸
 第一弾の龍神丸から、2年半近く。長かった。
 遂に登場SIDE MASHIN第二弾の龍王丸です。鳳凰形態への変形ももちろん可能。

 
 箱

 

 

 

 
 龍王丸
 龍神丸が空神丸の魂と合体し、パワーアップした姿。カラフルだった龍神丸から、龍王丸では白主体の高貴な感じに。
 フィギュアのプロポ-ションは良好。ボディは少しパール調の白で塗装されています。

 

 
 頭
 格好良い、理想形の顔です。
 
 
 首は引き出し式関節で、可動範囲を広げています。
 龍神丸と比べて非常にスタンダードな構造になりました。

 
 体
 
 
 肩
 左右の開き。

 
 脇部分が引き出し関節で、前に引き出すことが可能。

 
 肘関節は、前腕部分を引っ張ってやると肘関節が露出し、肘を深く曲げることが出来ます。
 
 龍王丸は全体的に引き出し式の関節が多い。
 
 
 胴の引き出し

 
 股関節も左右に引き出すことが出来ます。

 
 膝関節は引き出し式ではなく。普通に曲げます。
 膝関節とふくらはぎの接続部分が後ろ寄りになっているので、一重関節でもわりかし深く曲がります。

 
 足首は引き出してやることで、可動範囲が広がります。

 
 大開脚
 龍王丸はこれが出来ないと鳳凰にはなれない。

 
 背中
 背中から4つの羽と、かかとから伸びた羽。
 かかとから伸びた羽が背中の金の羽根と干渉するので、脚を広げたりする時には注意が必要。

 
 スタンドに接続するのがどうすれば良いのかわからなかったけど、背中の中心部のパーツを外してやれば良いんですね。

 
 手首
 武器持ち手と、開き手2種類が左右両方分付属。

 
 武器
 鳳龍剣

 
 エフェクト付きの鳳龍剣。

 
 エフェクト付き鳳龍剣は、刀身に塗装されていない鳳龍剣にエフェクトを被せる、という仕組み。
 なので、鳳龍剣は商品に2本入っています。

 
 二刀流も出来ます。

 
 鞘盾
 左腕の蓋を外して取り付け。
 蓋は小さいので無くさないように注意。

 
 鳳龍剣を収めることが出来ます。

 
 龍雷拳エフェクト
 拳を外して取り付けます。

  
 龍王丸時のワタルのフィギュア

 
 ポーズ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 龍神丸と
 龍王丸は一回り大きいサイズになりました。
 設定的なものか、それともROBOT魂では龍王丸サイズがこれからの基準になるのだろうか。
 
 ずっと龍神丸に登龍剣を持たせたまま飾ってたら、手に柄の赤が色移りしてました。

 


 鳳凰への変形

 
 手首を外して、鳳凰の脚を展開。
 
 
 頭を後ろに引いて、うつむかせます。
 また、背中の羽も一つに合わせます。

 
 足を開いて、つま先をたたみ、羽根を広げます。

 
 腰内部の鳳凰の頭を引き出す。

 
 この時、背中のレバーを下に押すと、引き出しやすくなります。


 

 

 

 
 鳳凰形態
 人型時の脚が羽になるという、思い切った変形。

 
 頭
 口はひらけます。

 

 

 

 


 龍神丸から、ま~長いこと待たされました。プロポーションの向上や各関節構造の見直しと、龍神丸の難点だった部分が見事に解消されていて、待った甲斐はありました。
 ちょっと前にイベントで展示されていた邪虎丸も楽しみです。

 今、キッズステーションで、またワタル放送されていますね。始まったばっかで龍王丸登場までしばらく掛かりそうですけど。とはいえ、平日連日放送だからあっちゅー間。

 過去記事 ROBOT魂

 ROBOT魂 ガンダムAGE-1 タイタス
 ROBOT魂 ウイングガンダム(EW版)
 ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム
 ROBOT魂 ガンダムF91
 ROBOT魂 龍神丸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ROBOT魂 ガンダムAGE-1 タイタス

2012-04-23 21:07:41 | ROBOT魂
 ROBOT魂 SIDE-MS ガンダムAGE-1 タイタス
 ちょっと前に安売りで売られていたので買ったROBOT魂タイタス。いじってみるとコレが良い出来。グリグリ動くのです。

  

  
 ガンダムAGE-1 タイタス
 タイタスウェアを装備したAGE-1。腕、足が太く力強いフォルムです。

 

 
 上半身
 ROBOT魂のAGE-1は、各形態で胴体の造形が違うんでしたっけ。

 
 肩の装甲は横にスライドします。

 
 下半身

 
 足首が多重関節で接地性はかなりのもの。

 
 腿の外装は膝の可動に連動してスライドします。
 膝が前を向くので、ニーキックもばっちり。

 
 手首は、開き手が二種類。
 手首交換は、画像手前の関節パーツを付け替えるのですが、これがちょっとめんどくさい。

 
 胴・腕・脚の分割が可能。
 腕を動かそうとすると肩が外れる、ということが多々あります。慣れれば外れないように動かすことも容易にはなります。

 
 タイタスには武器はありませんが、多種のエフェクトパーツが付きます。
 肩、腕、膝用のエフェクト。ちゃんと左右分付属。

 
 腕のビームラリアットエフェクトは、前腕の赤い部分を一旦外して取り付け。

 
 肩のビームショルダータックルエフェクトは、肩アーマー内部のスラスター状パーツを外して取り付けます。
 この内部パーツは、エフェクトで押し出すようにすると外しやすい。

 
 膝のビームニーキックエフェクトは膝部分をエフェクト付きのものに交換。
 一番交換しやすい。

 ポーズ
 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 


 タイタスは、何か別のフィギュアと絡ませるのが楽しい。
 
 今回の餌食はガンキャノンじゃい~。

 

 

 

 

 
 キャノンの足位置、間違い…

 
 ゲイジングビルダーのタイタスと。画像のは赤コア。
 GBに比べると、ROBOT魂は異常なぐらいに動きます。アクションではROBOT魂ですが、GBの「THE おもちゃ」な風体もなかなか。


 格闘機体のタイタスにピッタリのアクション仕様。マッシブなボディに格闘ポーズ(イメージとしては
プロレス)が良く似合います。
 これで1200円だったので良い買い物でした。
  
 過去記事 ROBOT魂

 ROBOT魂 ウイングガンダム(EW版)
 ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム
 ROBOT魂 ガンダムF91
 ROBOT魂 龍神丸
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ROBOT魂 ウイングガンダム(EW版)

2011-11-23 20:50:31 | ROBOT魂
 ROBOT魂 ウイングガンダム(EW版)
 魂ウェブ商店限定で販売された、EW版ウイングガンダムです。一般販売された、EW版ウイングガンダムゼ
ロの仕様変更品、ということになるのでしょうか。

  

  
 ウイングガンダム(EW版)
 EW版ゼロからのデザインなので、TV版のウイングとはかなり異なります。ゼロからの変更点は、派手に
なったボディカラーと、メカニカルな羽根等。
 羽根がデカイので、スタンド無しでは立たないかな?とも思ったけど、意外とスタンド無しでも何とか
なります。羽根そのものが支えにもなるし。

 
 
 
 頭

 
 上半身
 
 
 マシンキャノンが展開
 ハッチを開けようとすると、耳に干渉してしまいます。

 

 
 ウイング
 結構複雑な形のウイング。ウイングは一体化しているので、ウイングの展開はできません。

 
 基部が三重関節で、自由に角度を変えることができます。

 
 下半身
 膝は二重関節。

 
 替えの手首
 平手と、武器持ち用の手が、左右一組ずつ。

 

 
 武器 バスターライフル
 グリップが後部に付いていて、銃身がとても長い。

 
 シールド

 
 シールドの内側
 シールドと腕とは、ジョイントパーツを使って取り付けます。
 シールドにはビームサーベルの柄を収納できます。TV版ウイングは、シールド先端に収納してましたが、
EW版はシールド裏側に。
 
 
 ビームサーベル
 クリヤーのサーベル

 
 エネルギーカートリッジポッド
 左右の腕に取り付けられます。
 カートリッジを外してバスターライフルに取り付けることは出来ません。
 ポッドを取り付けた状態でも、シールドは装備できます。

 ポーズ
 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 ROBOT魂では、バードモードへの変形はできません。シールドさえ何とか出来れば何とかなりそうでは
ある。変形はできないけど、良く動くので楽しい。
 前に、BB戦士のEW版ウイングを買ったのですけど、その時リアル等身のも欲しくなったので、注文した
のです。丁度良いタイミングの受注でした。
 
 過去記事 ROBOT魂

 ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム
 ROBOT魂 ガンダムF91
 ROBOT魂 龍神丸 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加