すこる&はてぃのかいぎしつ

思いついたことを思いついたままかいていくダラダラ駄文です。

ドラマ「人は見た目が100パーセント」#10

2017-06-19 01:25:26 | かいぎちゅう
結局最終回までみてしまいました。


でも最終回でよかったのは八王子製紙の上司の優しいことばだけだったかな・・・
まぁそれがこのドラマの「ドラマ」部分のキモだったのかもしれないけどさ。


友情オチって、榊さんをへんにクズ設定にしてしまったら、もうそうするしかないって感じの終わり方だよね。

他の人のドラマ感想にて、
「榊は美容師という職業柄、流行を取り入れる立場なので、その廃れの早さや、次々の乗り換えていく人間、
特に女性に対して嫌気みたいなものがあったんじゃないだろうか」というものがあって、
そう考えると、相手に合わせて自分をガマンしたりしても、それについてもすぐ気持ちが変わるんだろう・・・
だったら好きに生きていく。そんな自分を好きならそれでいいし、嫌いならそれでもいい・・・
という考えに至ったのでは。

と考えると、まぁなしじゃないキャラだなと。


「どうして変わるのがいやなのか」という城之内さんに「なんでだろうね・・・」と返すあたり、
まだ何かを捨てきれてないような気もするけどね。





っていうかさ。ブルゾンとマルオくんは??進展なし??

っていうか室井滋なんだったのよ。素でおしゃれじゃない人間嫌いでおしゃれできたらOKな人なの?
なんかすごい含みがありそうだったのになんにもなかった。雑誌載る回で三人をある程度認めちゃったみたいだし。
今回のパーティーで前田さんと佐藤さんについては「あれでおしゃれのつもりか」
城之内さんは褒めといて、他人に選んでもらったとわかるなり「そうだと思った」
「きれいになるとは?」については「もうわかってるでしょ」
・・・いやわかんねっす。



國木田さんのアドリブ大変そうだな・・・
カットかかるまでは演技続けてくださいっていわれてたんだろうな・・・そしてなかなかカットかからないんだろうな。
水川さん鈴木さんお疲れさまです。



大方の予想通り城之内さんが少しきれいになっておしまいのドラマでした。
最後のファンデーション研究は普通にやってほしかったな。
三人で今までどおり騒いで、これからもビューティー研究やっていきま〜す的な止め絵で終わってくれればよかったのにな。



オシャレ情報番組といえば中途半端で、オシャレに奮闘する女子モドキ成長期としては・・・中途半端だったな。
でも結局見ちゃったのはわちゃわちゃビューティー研究と前田夫婦と國木田さんが微笑ましかったからであって・・・
もうドラマとか盛り上げなくていいから、スペシャルとかでひたすらばか騒ぎしてほしいです。

出演者の皆様お疲れ様でした!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シルバーアクセサリーを口紅... | トップ | ドラマ「ボク、運命の人です... »

あわせて読む