新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌

東京都新宿区の司法書士による商業登記・不動産登記・債務整理(過払い金返還請求)等の日々の業務について。書いています。

振り込め詐欺を摘発してみれば3割は暴力団関係者だった

2013年02月01日 | 悪質商法・消費者問題・消費者費被害
振り込め詐欺を摘発してみれば3割は暴力団関係者だった、というニュースです。

警察庁まとめ 摘発の3割は暴力団だった。振り込め詐欺、巨大な資金源に

平成24年に振り込め詐欺事件で摘発された者のうち、約3割が暴力団関係者だったそうです。これは多いのか少ないのか・・・
皆さんはどう思いますか?
私は少ないと思いますね。うち7割は何なのか分かりません(組織に属さない所謂半グレ集団でしょうか)が、ノウハウの提供など何らかの関係があるのではないでしょうか。

シノギ(資金源)の内、割がいいものは①覚せい剤②振り込め詐欺・・・なのだとか。

シノギの中で我々素人でも分かるモノですが・・・
みかじめ料、用心棒代(一緒か?)、ノミ行為、切り取り(債権回収)
・・・あたりでしょうか。
どれも違法性を帯びたものですね。

多分ですが、私たち一般人よりも稼ぐ事への執着心や嗅覚が鋭いのだと思いますが、一般時は真似したり近づかないようにしましょう!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の信用力(金融機関にど... | トップ | 登記情報提供サービスが運用... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。