花菖蒲

日常やら何やらかんやら気儘に綴ります。気儘に。

オステオパシー。part03

2016-11-02 14:18:32 | 日記
何で施術に行く日に限って移動すら危うい体調に陥るんだよ!_:(´ཀ`」 ∠):

12:00から施術を受けにゃならんと云うのに朝から身体がクソ重たくて吐気と貧血に加えて身体が冷えまくり。
と、云う体たらく。
しかし、行かないと更に酷くなるんじゃないか…と、何とか身体を起こし向かう。
道中は本気で頭痛と吐気にやられ死にかけた…(´∀`;A
久々にバスなんざ使ったもんだから明らかに酔ったな…これ…
と、思いつつフラフラと電車に乗換える。
1時間弱の移動は中々、キツイ。
さて、巣鴨に着いて少し早かったので時間調整をしてフラフラと歩き出す…
徒歩5分。
柴岡先生の元へと雪崩れ込む…


施術開始すると先ずは腰から仙骨辺りを調整。
次に足。前回はやらなかったが、何故か施術後に足が痛み2〜3日足を引きずった話しをしたらこうなった。笑
そして骨盤辺りを調整して…
おっ、下半身が楽になりましたね~
不思議だなぁ、掌を施術箇所に当てて一見、温めて居る様な感じしかしないのに血液やら酸素やらが身体をしっかりと循環する感覚がハッキリ分かる…
余計な力が抜けてうとうとと微睡む…
が、眠らない。笑
そうして30分くらいかけて下半身を。
次は背中。
今日は背中が割りと酷かったらしく…
念入りに何度も何度も先生はチェックしていた様に思う。
と、云うか施術された際に頸のつけ根と云うか背中に繋がる位置というか…
無茶苦茶、痛かった点を鑑みると背中が思いの外、やられていたに違いない。
頭蓋は施術を受けると直ぐに痛みが出てキツかった。
が、力が抜けた瞬間に治る。
ミラクル。
お陰様で凄く楽になり、軽い軽い。


しかし、特にこう関節を嵌める為にストレッチ的なのがあまりない。
身体の駆動部分を滑らかに駆動させる為にストレッチみたいな事をしたりするが…
基本は掌を施術箇所に当ててる。
それだけに見えるのだが、実際は温まるし気付いたら余計な力が抜けて楽になる。
凝り固まった箇所があれば綺麗に解れてる。
不思議な何かを感じる。
身体の力が抜けたら自然と身体が自らの意思を持って治っていく感覚だ。
あゝ、分かった!
身体に無理なく身体が治そうとする作用を高めてくれてる様な感じ。
これが当て嵌まるな。
初回よりも施術を受けて身体が凄く楽になった。
と、云う事は…今日よりも次の施術後は楽になるのだろうか…。
それとも死にかけて這々の体で行くから堂々巡りになるだろうか?
まっ、次の施術日にどうなってるか次第かね(○´д`A)フキフキ
さぁて、寝よう…
施術後は御飯を食べて消化し出すと眠くて堪らなくなる。
理由はよく分からないが、お腹が空いて食べてお水を飲んで消化が始まって気付いたら寝てる。
自然体って奴だろうな。きっと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頸、痛くねぇの? | トップ | オステオパシー。part04 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL