すきっぷブログです。

日々の子どもたちの様子をお伝えします。

発表会までのひよこさん

2017年03月11日 | 03ひよこぐみ

もう春だなぁと感じる日々が続いていますね
発表会からずいぶん経ってしまいましたが、今回は発表会までの様子を少しお伝えします。
発表会の時にも模造紙で取り組み内容を掲示しましたが併せてご覧ください。



遅くなりましたが、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。
泣いてしまった子も堂々とやり切り練習以上の姿を見せてくれた子も、いつもと全く同じ様子だった子もいましたが、
それぞれが今の成長した姿だったと思います
保護者の方の姿を見て、一緒にいたいと思う感情も、今はクラスの場所に戻る時だと気持ちを切り替えるのも、見ていてくれる保護者の方に素敵な自分を見てもらいたいと思う気持ちもすべてがそれぞれに大切な気持ちです。その思いの一つ一つを今の思い出として、来年はどのように変化していくのかを楽しみにしていっていただきたいと思います。

発表会に向けてお部屋ではいろいろなことをしました。

一年を通して大きな紙に色を塗るのを楽しんできたので、大きな紙に色を塗り広げるのはお手の物です。


発表会ではお見せできませんでしたが、手遊びのお弁当箱の歌もいっぱい楽しみました。
普通サイズは自分たちのお弁当。「ちっちゃいの」はアリさんのお弁当。「おっきいの」はぞうさんのお弁当として声やしぐさを大きくして表現していました。


お散歩をするところでは、こんな風にバランスボードのでこぼこ道を渡る案もありました。
みんな上手で日常では楽しんでいるのですが、当日は難しいかなということで、手をつないで歩く姿を見てもらいました。
小さな手と手でしっかり手をつないで歩く姿もかわいいですよね。


「おむすびころりん」を踊っているところです。
ちゃんと並んで踊れるところに子どもたちの成長を感じます。


みんなが大好きなお弁当を食べるシーン。
普段から食べる真似をすることが多い子たちなので、とても上手に食べ真似をしていました。

食べる真似と言えば…。
ちょっと前から、ひよこ組では誰かが転んだりすると「いたいいたい」を食べあいっこしています。
「○○ちゃん、転んじゃったね。痛いのどこ?」
「ここ!」(泣きながら痛いところを指して教えてくれます)
「いたいのいたいの~~」と言っていると、心配して集まった子たちが
「パクっ!!」
「パクパク!」
っと、痛いのを食べてくれるのです。
みんなでいっぱい食べてくれるので、その様子を見ていると転んだ子も笑ってしまい、いつのまにか平気な顔で遊びだしているのです。
とても優しくてユーモアのあるやり取りにスタッフも温かい気持ちになります


ひよこ組として過ごすのもあとわずかですが、毎日目覚ましく成長する姿を楽しみながら過ごしていきたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発表会が終わって・・・(うさ... | トップ | 【こぐま】ナン作ったよ💛 »